スマートフォン用の表示で見る

春分

一般

春分

しゅんぶん

二十四節気 : 啓蟄→春分→清明

二十四節気の一つ。旧暦二月(如月)の中気。

太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日。

3月20〜21日頃。今後20年間ほどは、閏年とその次の年が3/20、その他の年が3/21になると予測されている。

天文学的には、太陽が黄経0度の点(春分点)を通過する瞬間。黄道十二宮では白羊宮(おひつじ座)の0度。

この日は日本では「春分の日」として国民の祝日とされる。

復活祭春分直後の満月の直後の日曜日と定められているが、ユリウス暦グレゴリオ暦天文学的なものとでは定義が違う。