スマートフォン用の表示で見る

小山清

読書

小山清

こやまきよし

作家。私小説を主に執筆。太宰治に師事。小沼丹井伏鱒二らによる回想がある。

明治44年浅草生まれ。昭和40年没。著書に『落穂拾ひ』(昭和30年)、『小さな町』(昭和29年)、『幸福論』(昭和30年)、『犬の生活』(昭和30年)、『日日の麺麭』(昭和33年)などがあり、遺稿集として『二人の友』(審美社、昭和40年)がある。

昭和44年筑摩書房より『小山清全集』が刊行、1999年に増補新装版(ISBN:4480703918)刊。