スマートフォン用の表示で見る

小名木川

地理

小名木川

おなぎがわ

河川として

小名木川は、隅田川から旧中川まで東西に江東区を横断している長さ4640mの一級河川で、本区の発展に大きな役割を果たしてきました。

 天正18年(l590)徳川家康江戸入城に伴い、多数の住民が流入し、米・塩などの生活必需品をはじめ、多くの物資が諸国から江戸へ送られるようになりました。そこでその物資の輸送路として水路を開いたのが、小名木川の始まりといわれています。

 また一説には、慶長年間(1596〜1614)に江戸千葉県行徳を結ぶ必要があり、家康の命により小名木四郎兵衛が開さくしたともいわれています。

 小名木川の名称の由来も諸説あり、小名木四郎兵衛の姓をとった説、うなぎがよくとれたのでうなぎ川といわれたのがなまった説、また、女木山谷小名木沢になった説などがあります。

 小名木川江戸大都市になるにつれ、消費物資搬送集散の重要河川となりました。そのため、寛永6年(1629)に川幅を拡げ、また、船番所を隅田川との合流点付近に設け(後に旧中川との合流点に移転)航行する船舶を監視しました。

 明治時代には、小名木川の水運を利用して諸工業が発展しましたが、近年は陸上運輸が発達し、運輸機能が次第に低下しました。

 小名木川隅田川寄り、常盤付近の深川芭蕉庵に住んでいた芭蕉は、しばしば小名木川に船を浮かべて句を吟 じ、秋に添て行かばや末は小松川川上とこのかわしもや月の友の句を残しました。

駅として

かつて越中島貨物線に、「小名木川駅」と言う貨物駅が存在した。

廃止後、2010年に跡地は商業施設アリオ北砂」として再開発された。