清澄白河

(地理)
きよすみしらかわ

地域

東京都江東区北部の地域。清澄 一〜三丁目白河 一〜四丁目
清澄地区は、北端が小名木川・西端が隅田川・南端が仙台堀川に接する。
もと三菱財閥創業者・岩崎弥太郎邸の庭園であり、都指定名勝の清澄庭園が二丁目・三丁目に広がる。
町名は、江戸初期に沼地だったこの地を開拓したうちの一人・清住弥兵衛に由来するという。
白河地区は清澄の東に位置し、北端が小名木川・東端が大横川に接する。
寛政の改革で有名な老中・松平定信の墓所がある霊厳寺が一丁目にあり、町名も松平定信が白河藩主であったことに由来する。
霊厳寺に隣接して深川江戸資料館がある。
両地区ともいままで交通の便が悪かったが、2000年(平成12年)の都営大江戸線開通・2003年(平成15年)の半蔵門線延伸により飛躍的に便がよくなった。現在ではマンションの建設ラッシュである。

清澄白河駅 東京地下鉄(半蔵門線)・東京都交通局(大江戸線)

東京都江東区白河一丁目に存在する、東京地下鉄東京メトロ)と都営地下鉄の駅。→ 清澄白河駅

リスト駅キーワード

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ