スマートフォン用の表示で見る

新・光神話 パルテナの鏡

ゲーム

新・光神話 パルテナの鏡

しんひかりしんわぱるてなのかがみ

任天堂より2012年3月22日に発売されたニンテンドー3DS専用3Dシューティングゲーム

1986年12月にファミリーコンピュータディスクシステムで発売された「光神話 パルテナの鏡」の続編。日本国内ではなんと25年ぶりのことである*1

星のカービィシリーズ大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの生みの親として知られる桜井政博が率いる「プロジェクトソラ」が開発を手がけている。

パッケージには「新・光神話 パルテナの鏡」のソフトに専用ARカード、ニンテンドー3DS専用スタンドが同梱される。


主人公のピットが復活した女神メデューサに戦いを挑む。ピットは背中の羽根で空を飛ぶことはできないが、女神パルテナの「飛翔の奇跡」を受けて約5分間だけ飛翔できる。シングルプレイモードの各ステージは、空中戦で戦ったあと地上に降りて戦い、地上戦の最後に待ち構える強大なボスを撃破するという流れでゲームが進行する。

操作はスライドパッドでピットの移動、Lボタンで攻撃、タッチスクリーンでエイミングを行う。ニンテンドー3DS専用拡張スライドパッドに対応しており、移動を右側のスライドパッドで行うこともできる。

ピットは敵を倒すための“神器”、サポート能力の“奇跡”を装備できる。神器には「撃剣」「射爪」「神弓」など9種類あり、各カテゴリーごとに性能の異なる複数の神器が登場し、神器を一つだけ装備して戦場に出撃する。奇跡は「回復」「ジャンプ」「バテしらず」などピットをサポートする特殊能力で、複数の奇跡を組み合わせることができる。

マルチプレイではローカル通信、インターネット通信で最大6人での協力・対戦プレイを楽しめる。3対3のチームバトルを行う「天使の光臨」と自分以外の全員と戦う「バトルロイヤル」という2つの対戦ルールが用意されており、バトルが終了すると成績に応じてハートがもらえ、さらに神器や奇跡がもらえることもある。

「おドール」というキャラクターフィギュアのコレクション要素があり、ARカードを使った遊びも用意されている。

すれちがい通信およびいつの間に通信対応作品。

主要登場人物&キャスト

ボス一覧

  1. 魔獣ツインベロス
  2. 魔王ガイナス
  3. 再生ヒュードラー
  4. ビッグ死神
  5. 邪神パンドーラ
  6. ブラックピット
  7. 魔神タナトス
  8. 星獣クラーケン
  9. 冥界女王メデューサ
  10. 聖鳥フェニックス
  11. 剛力のロッカ
  12. 初期化爆弾ジェネレーター
  13. 静寂のアロン
  14. 電光のエレカ
  15. オーラム大陸の核
  16. オーラム要塞リアクター
  17. オーラムラーズ
  18. ピットのからだ
  19. 戦車の主
  20. 女神パルテナ(の後ろの混沌の遣い)
  21. 混沌の遣い
  22. 女戦士パンドーラ
  23. ハデスの心臓
  24. 魔王ガイナス、マグナ
  25. 女神パルテナ→パルテナもどき
  26. 真・三種の神器

関連商品

新・光神話 パルテナの鏡

新・光神話 パルテナの鏡

*1:海外では1991年に第2作目となるゲームボーイ用ソフト「Kid Icarus: Of Myths and Monsters」が発売された。