スマートフォン用の表示で見る

新極真会

スポーツ

新極真会

しんきょくしんかい

フルコンタクト系の空手団体。正式名称は、全世界空手道連盟新極真会NPO法人である。

極真空手の創始者で初代極真会館総裁大山倍達十段を創始者とし、第5回全世界空手道選手権大会王者の緑健児が代表理事を務める。

1994年に創始者の大山倍達総裁は死去、国際空手道連盟極真会館極真会館)は、松井章圭が館長に就任するも、遺言書問題で三瓶啓二を中心とした多くの支部長が結成したグループ、大山の遺族によるグループに分裂した。後者2グループは大山総裁が遺したとされる遺言書が無効として裁判を起こし、最高裁判所まで争い法的に無効という判決がでる。

現在の新極真会三瓶を中心とするグループの流れを引き継いでいる。マスコミ等では、三瓶が代表理事を務めた時期には「三瓶派」、2000年の緑健児の代表理事就任以後は「緑派」と称されていたが、2003年になって「NPO法人国際空手道連盟極真会館」から「NPO法人全世界空手道連盟新極真会」と名称を変更した。