諏訪大社上社

一般

諏訪大社上社

すわたいしゃかみしゃ

諏訪大社上社の由来】

諏訪大社の由来は、古事記の『国譲り神話』に出てくる

国津神の建御名方神(たてみなかたのかみ)が、天津神

建御雷之男の神(たけみかづちのお)に戦いで敗れて

諏訪湖のほとりに御静まりになったとされるところから

始まります。

諏訪大社上社

諏訪湖南部の本宮(ほんみや)と茅野市に建つ前宮

(まえみや)の二つがあり

主祭神 建御名方富命(たてみなかたとみのみこと)

前宮は今では八坂刀売命(やさかとめのみこと)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

諏訪大社での御祈願の手順は以下となります。

?修祓(おはらい):知ってか知らずか行ってしまった罪や穢れ

          を払って、本来の自分に戻るの意味がある。

?祝詞奏上    :本人に代わり神官が、御祈願者の望みを昔

          の言葉で神様へ伝える。この時、本人が一緒に

          望みを唱えてもよい

?金幣神事    :金幣により神様の力を分け与えるという

          儀式

?玉串奉てん   :本人が2礼2拍手1礼の作法で玉串

          をお供えする。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【交通】

諏訪大社上社本宮(ほんみや)までは、かりんちゃんバス1日券(300円)

がお勧め、かりんちゃんバスは、諏訪市内を循環していて運行ルートが

旅行者にはわかりにくいので、ともかく運転手や地元の人にどういけば

よいか聞くのが良いと思います。

バスは、片道150円ですが、バス1日券(300円)を買えば

諏訪市内一日乗り降り自由となります。

上諏訪駅から上社までの乗車時間も30分〜50分くらいとバラツキ

があるようです。

時間のない人には、茅野から上社本宮までタクシーでいけば、

2000円くらいでいけるらしい。(地元の人)