スマートフォン用の表示で見る

聖火リレー

スポーツ

聖火リレー

せいかりれー

オリンピックパラリンピックで、ギリシャオリンピアで採火した「聖火」をトーチに灯し、開催地まで多くの人の手によるリレーで運ぶこと。最終ランナーが開会式会場で聖火台に点火する。1936年ベルリンオリンピックが最初。

日本の国民体育大会でも類似のイベントがあるが、これは「炬火リレー」と呼ばれる。