スマートフォン用の表示で見る

千穐楽

一般

千穐楽

せんしゅうらく

興行の最終日のことです。

略して楽日(らくび)とも言いますね。

また同意で「千歳楽」とも言います。

語源は、雅楽の最終曲の名称「千秋楽」からとられました。


しかし「千秋楽」とう字では

「秋」に「火」という字が入っており、

劇場での「火」は御法度のため

縁起の良い「亀」の字を取り入れ、「穐」という字を使うところが多いようです。