千穐楽

(一般)
せんしゅうらく

興行の最終日のことです。
略して楽日(らくび)とも言いますね。
また同意で「千歳楽」とも言います。
語源は、雅楽の最終曲の名称「千秋楽」からとられました。


しかし「千秋楽」とう字では
「秋」に「火」という字が入っており、
劇場での「火」は御法度のため
縁起の良い「亀」の字を取り入れ、「穐」という字を使うところが多いようです。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ