スマートフォン用の表示で見る

川柳

読書

川柳

せんりゅう

俳句と同じく、五七五で詠む短詩。季語は含まなくても良く、諧謔・風刺・機知が目的である。

時事ニュースなどを取り込むと川柳らしくなる。風刺などを得意とする。

なお、歴史的には江戸期の前句付けから発生している。(五七五七七の「七七」を先に詠んで、それにうまく合わせた「五七五」を前句としてつけた。後に、前句のみが独立して川柳となった。) 

川柳」の名前は、この前句付けの名点者・柄井川柳から由来している。