スマートフォン用の表示で見る

太安万侶

一般

太安万侶

おおのやすまろ

太安万侶(AD.???-AD.723)

奈良時代の文人。從四位下、民部卿。姓は朝臣

元明天皇の勅により稗田阿礼の誦習した『帝紀』・『旧辞』を筆録し、『古事記』の三巻を撰進。(『古事記』序より)

弘仁私記』の序によって、『日本書紀』の編纂にもあたったという。


一度、虚構の人物ではないかとされるが、AD.1979/01/20、太安万侶の墓が発見された。

墓誌銘では、「左京四條四坊從四位下勲五等太朝臣安万侶以癸亥年七月六日卒之 養老七年十二月十五日乙巳」がある。

『続日本記』の「養老七年秋七月庚午(七日)、民部卿從四位下太朝臣安麻呂卒。」とほぼ一致、実在の人物だと証明される。