スマートフォン用の表示で見る

太陽嵐

サイエンス

太陽嵐

たいようあらし

solar storm

太陽に起因する気象現象。大規模な太陽フレアの発生時に、大量の太陽風や、電磁波、粒子や粒子線などが放出され、地球に到達する現象のこと。地球磁場や電離層に影響を及ぼす可能性がある。

予測される影響先

極地地方でしか見られないオーロラが、ニューヨークキューバで観測されたことも

過去の大きな太陽嵐

発生予測

過去の太陽嵐の発生から、約50年周期での発生を予測する説がある。また、11年周期である太陽の極大期とも関わりが深い。

2012年?

2012年3月、米国立海大気庁(NOAA)傘下の宇宙天気予報センター(SWPC)が、過去5年間で最大の太陽嵐地球に接近するとの見解を発表した。

2013年?

2010年6月、NASAが、「次の太陽嵐が2013年5月頃に発生する可能性がある」との見解を発表した。
目次