スマートフォン用の表示で見る

退避勧告

一般

退避勧告

たいひかんこく

→「退避を勧告します」とも表記される

外務省の「海外危険情報」の最高ランク。

これが出ている国は紛争地帯・治安が劣悪な地帯なので、退避を勧告しているらしい。

現在出されている国は少なくない。

大使館の無い国もあるので、「自己責任」での渡航になる。

ただ邦人保護の義務が法律には定められている、が当てになるかどうか・・・

国によっては10年以上退避勧告が続いている(いた)北斗の拳のような国もある。

退避勧告の発出国

イラク

アフガニスタン

ハイチ

コンゴ民主共和国

ライベリアリベリア

コートジボワール象牙海岸)

ソマリア

ウガンダ

エチオピア

エリトリア

などなど。

イラク戦争時は

クゥエート

サウジアラビア

などにも出ていた。

このような国にも、先進国NPO平和維持軍などが多数駐留し、平和活動を行っている。

まあ、素人にはお勧めできない土地。