スマートフォン用の表示で見る

朝永振一郎

サイエンス

朝永振一郎

ともながしんいちろう

物理学者

水素原子スペクトルの観測データと予測値とのずれの解決にかねてから提唱していた超多時間理論が有効であると考え、これを発展させた『繰り込み理論』を完成。別の視点から同じ問題を考え、同じ結論に至ったシュウィンガー、ファインマンとともに1965年ノーベル物理学賞を受賞した。

* リスト::学者::自然科学

* リスト::物理関連