スマートフォン用の表示で見る

土佐勤王党

一般

土佐勤王党

とさきんのうとう

1861年、幕末土佐藩において結成された政治組織。

首班は武市瑞山(半平太)。


急進的な尊皇攘夷思想を掲げた点と、

「一藩勤王」、あくまで土佐藩全体での勤王にこだわった点が特徴である。


土佐藩家老吉田東洋の暗殺に成功し、土佐藩の実権を握ることに成功する。

しかし、京都において公武合体論が強まるにつれ、

藩主山内容堂によって弾圧が加えられるようになった。

そして、勤王党は武市瑞山自身の投獄・切腹により、解散した。



坂本龍馬中岡慎太郎なども一時参加したが、

途中で脱退している。