スマートフォン用の表示で見る

東室蘭

地理

東室蘭

ひがしむろらん

JR室蘭本線の駅名。

1892年 室蘭駅として開業。

1897年 延伸にともない駅名を室蘭から輪西と改める。[現在の輪西駅とは別]

1928年 駅名を東輪西に改める。 【駅新設】輪西(2代)

1931年 駅名を東室蘭に改める*1

札幌方面から行くと、ここで、函館方面へ向う本線と室蘭方面への盲腸線に分かれる。

L特急すずらん」はここから終着の室蘭までは各駅停車普通列車)となる。

特急など優等列車が停車し、商業施設などが周囲に集まっている。

室蘭市の実質的な中心地

北海道胆振総合振興局室蘭市役所など、主要官庁室蘭駅付近(「蘭西(らんさい)」と呼ぶ人も。)に集中している。かつては室蘭駅付近の方が栄えていたと言われているが、現在では地盤沈下が著しく、東室蘭付近(「蘭東(らんとう)」と呼ぶ人も。)の方がむしろ商業的な面で室蘭市の実質的な中心地へシフトしている。かつては地場百貨店丸井今井も店舗を置いていたが、2010年に閉店された。

*1:「東輪西」(ひがしわにし)≒「東は西」(ひがしはにし)と取られてしまいかねないことが改称のきっかけになったという。