スマートフォン用の表示で見る

内閣府特命担当大臣

社会

内閣府特命担当大臣

ないかくふとくめいたんとうだいじ

[英] Minister of State for Special Missions

内閣府特命担当大臣は、内閣府に置かれる国務大臣

中央省庁再編に伴う内閣府設置法の施行により2001年1月6日に法制化された職位である。

国務大臣をもって充てられ、職名は「内閣府特命担当大臣(担当事務)」のように括弧付きで表記される。

定数は特に定められていないが、「沖縄及び北方対策担当大臣」、「金融担当大臣」(金融庁所管を担当)、「消費者及び食品安全担当大臣(消費者庁所管を担当)」は必置とされている((内閣府設置法10条、11条、11条の2))。