スマートフォン用の表示で見る

内田魯庵

読書

内田魯庵

うちだろあん

1868-1929 明治・大正。昭和をまたにかけて活躍した、作家、評論家、翻訳家

幕府御家人を父,吉原の芸妓を母として維新前夜の江戸に生まれた。文芸評論、社会小説『くれの廿八日』、『罪と罰』などロシア文学の翻訳と,その仕事は多岐にわたる。

洋画家内田巌は長男。