妊娠線

サイエンス

妊娠線

にんしんせん

妊娠中に急激に皮膚が伸びることによってできる、乳房・腹部・大腿部などにできる皮膚の亀裂。

はじめに赤紫色の線ができ、出産後に皮膚が戻ると白っぽく目立たなくなるが、消えることはない。