スマートフォン用の表示で見る

八名信夫

映画

八名信夫

やなのぶお

俳優。明治大学卒。

1935年8月19日生まれ。岡山県出身。

悪役商会リーダー。

大学卒業後、プロ野球選手として東映フライヤーズに入団するが、1958年近鉄との試合中、腰を骨折。その時、親会社の東映の社長の推薦に従い、役者へと転向する。

1959年東映ニューフェイスとして『遊星王子』でデビュー。

1961年放送の『紅孔雀』では主役に抜擢され、これからの活躍が期待された。

その後は映画などにも出演。当時、東映任侠映画の最盛期ということもあり、強面の顔立ちから悪役での出演が多くなり、「悪役俳優」として認められ始める。

その後も映画、時代劇などにおける悪役の重要性を体当たりで表現してきた彼は、1983年、悪役俳優や、悪役を目指す若い役者とともに、役者集団「悪役商会」を結成。丹古母鬼馬二、南雲佑介?といった名悪役を世に送り出した。

また、キューサイの健康飲料「青汁」のCMでは、八名が発した台詞「うー、まずい!もう一杯!」が視聴者に受けて大ヒット。悪役というイメージだけではなく、青汁のイメージキャラクターとしても人気を得た。

芸能活動の傍らで、年間100件以上の講演活動を行い、今の世の中に何が足りないのか、現代社会における「悪役*1」の重要性、などを日本各地で熱く語っている他、精力的に執筆活動などを行い、役者以外の分野でもその名を広めている。

芸能活動以外でも、難民救済のための募金活動や、老人ホームでのボランティアなどの人道支援にも力を注いでいる。

近年は、映画やドラマよりも、舞台やバラエティへの出演が多くなり、昔に比べて丸くなった姿でお茶の間を楽しませている。

2000年より毎年、西武園ゆうえんちにおいてカウントダウンショーを開催。毎年恒例のイベントとして定着しつつあるようだ。

映画生誕100年記念日本映画批評家協会特別賞受賞。

代表作

  • 映画
  • テレビ
      • 他多数
  • 舞台
    • エーおせんにキャラメル
  • CM

著書

*1:きちんと子供たちを叱ってやれる大人