スマートフォン用の表示で見る

文学部唯野教授

一般

文学部唯野教授

ぶんがくぶただのきょうじゅ

 筒井康隆の「傑作・文芸批評小説」。主人公の唯野教授がさまざまな文芸批評を講義で解説する

かたわら、身辺のどたばた劇に巻き込まれていくというストーリーである。

 それにしても、まともな文芸批評法は少ないな、と思わせる解説である。