スマートフォン用の表示で見る

米長邦雄

ゲーム

米長邦雄

よねながくにお

将棋棋士。永世棋聖

1943年6月に山梨県で生まれ、1963年4月にプロ入り、1984年には四冠王棋聖十段棋王王将)を達成する。1993年には史上最高齢の49歳11ヶ月で名人位を獲得し、2003年12月に引退。通算成績1103勝800敗1持将棋

2003年5月に日本将棋連盟専務理事となり、2005年5月には会長に選出された。

2005年6月、日本将棋連盟会長、東京都教育委員会委員、日本財団評議員日本テレビ放送番組審議会委員などを務めている。

連盟会長、永世棋聖と棋界のトップだが、タイトル戦前にヌード写真撮影、Twitterでダジャレと下ネタを連発しており、連盟のホームページのでは満面の笑みでダブルピースの写真を採用していた。

2012年12月、死去。

逸話

2004年10月28日の秋の園遊会の席上で今上陛下に対して「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌斉唱させることが私の仕事でございます」と発言。これに対して、今上陛下は「やはり、強制になるということではないことが望ましいですね」とお返事された。

2012年1月に電王戦将棋ソフト「ボンクラーズ」と対局、飛車頭に玉を置く「棒玉戦法」という奇策に打って出るも、中盤で米長にミスが出て113手で投了した。