堀越公方

一般

堀越公方

ほりごえくぼう

享徳の乱鎌倉を逐われた足利成氏に替わり、鎌倉公方として京都より派遣された足利政知に始まる地方勢力。

政知は鎌倉に入れず、伊豆堀越を拠点とした。

延徳三年(1491)、政知の死後に内紛が起こり、継母円満院と異母弟潤童子を殺害した足利茶々丸家督継承。しかしその後も混乱は収まらず、明応二年(1493)に北条早雲駿河より乱入。旧来の通説では、直ちに茶々丸が討たれ、北条早雲による伊豆平定も1ヶ月で成ったとされてきたが、近年の研究により、茶々丸伊豆を逐われたのは2年後であること、その後は山内上杉顕定や武田信縄の支援を受けて武蔵・甲斐で活動していたこと、明応七年(1498)に切腹したこと、などが明らかとなっている。