スマートフォン用の表示で見る

薬害エイズ事件

サイエンス

薬害エイズ事件

やくがいえいずじけん

1970年代後半から1980年代にかけて発生した日本の薬害の事件。主に血友病患者に対し、非加熱製剤(加熱等でウイルスを不活化しなかった血液凝固因子製剤)を投与されて多数のHIV感染者およびエイズ患者を生み出してしまった事件である。日本政府は安全な加熱製剤が開発された後も2年4ヶ月以上もの間放置されてしまったためにHIV感染者をさらに拡大させる結果となってしまった。