厚生省

(社会)
こうせいしょう

厚生省は、日本にかつて存在した中央省庁のひとつ。

沿革

1938年1月11日、内務省から衛生局及び社会局を分離する形で、厚生省を設置。
1947年9月1日、労働行政部門が労働省として分離。
1947年10月15日、復員庁第一復員局を厚生省に吸収*1
1948年1月1日、総理府第二復員局を厚生省に吸収。
2001年1月5日、中央省庁再編に伴い、労働省と再統合して厚生労働省に改編。

*1:この名残りで、現在でも「引揚援護、戦傷病者、戦没者遺族、未帰還者留守家族等の援護及び旧陸海軍の残務の整理を行うこと」は防衛省ではなく厚生労働省社会・援護局の任務とされている(厚生労働省設置法第3条第2項

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ