スマートフォン用の表示で見る

竜巻

サイエンス

竜巻

たつまき

積乱雲の底から垂れ下がる柱状や漏斗状の激しい渦巻。海面から巻き上げられた水滴、または地面から巻き上げられた塵、砂などが、尾のように立ち上っている。

進路に当たる物体を巻き上げ、破壊する。

 

竜巻の威力は「藤田スケール」の6段階で表される。

F0 15秒平均風速17〜32m/s
煙突やテレビのアンテナが壊れる。小枝が折れ、また根の浅い木が傾くことがある。非住家が壊れるかもしれない。
F1 10秒平均風速33〜49m/s
屋根瓦が飛び、ガラス窓は割れる。また、ビニールハウスの被害甚大。根の弱い木は倒れ、強い木の幹が折れたりする。走っている自動車が横風を受けると、道から吹き落とされる。
F2 7秒平均風速50〜69m/s
住家の屋根がはぎとられ、弱い非住家は倒壊する。大木が倒れたり、またねじ切られる。自動車が道から吹き飛ばされ、また汽車が脱線することがある。
F3 5秒平均風速70〜92m/s
壁が押し倒され住家が倒壊する。非住家はバラバラになって飛散し、鉄骨づくりでもつぶれる。汽車は転覆し、自動車が持ち上げられて飛ばされる。森林の大木でも、大半は折れるか倒れるかし、また引き抜かれることもある。
F4 4秒平均風速93〜116m/s
住家がバラバラになってあたりに飛散し、弱い非住家は跡形なく吹き飛ばされてしまう。鉄骨づくりでもペシャンコ。列車が吹き飛ばされ、自動車は何十メートルも空中飛行する。1 トン以上もある物体が降ってきて、危険この上ない。
F5 3秒平均風速117〜142m/s
住家は跡形もなく吹き飛ばされるし、立木の皮がはぎとられてしまったりする。自動車、列車などが持ち上げられて飛行し、とんでもないところまで飛ばされる。数トンもある物体がどこからともなく降ってくるし、また被害地はミステリーに満ちている。

近年の主な竜巻