スマートフォン用の表示で見る

3歳児神話

サイエンス

3歳児神話

さんさいじしんわ

3歳までは子育ては母親がするべきでそうしないと、子どもの発達に問題が生じるという考え。(主として日本での用法)

現在学問の上ではこの神話を支持する実証的知見はないようである。

3歳までが子どもの発達の臨界期で豊かな環境で育てないと子どもの発達が障害されるという考え。(主として欧米での用法)この主張の元になった実験の多くは動物実験自然主義的誤謬に陥っているという批判がある。