スマートフォン用の表示で見る

John Coltrane

音楽

John Coltrane

じょんこるとれーん

ジョン・コルトレーン(1926.9.23〜1967.7.17)・・・音楽性、精神性の両面でジャズ界に多大な影響を及ぼしたテナージャイアンツアメリカノースカロライナ州ハムレット生まれ。47年に本格的なプロ活動を開始。55年にはマイルス・デイヴィスクインテットに抜擢される。56年には驚異的な成長を遂げ注目を集めるが、56年12月に過度の飲酒と麻薬のため同バンドを退団。実家のあるフィラデルフィアで療養した。57年春、セロニアス・モンクのカルテットに参加。58年にはマイルス・デイヴィスセクステットに参加、モード・ジャズの洗礼を受ける。59年に”ジャイアント・ステップス”で、シーツ・オブ・サウンドといわれる独自の奏法を完成。61年には“ヴィレッジ・ヴァンガード”を皮切りに欧州楽旅を行い大成功を収める。その後、エルヴィン・ジョーンズマッコイ・タイナーと出会い、62年に、ジミー・ギャリソンを加え、ジャズ史に残る最強のカルテットを結成、数々の傑作を残した。64年に入ると、精神性を深める内的発展に進み始め、その成果として”至上の愛”を発表。神との対話という領域に達したコルトレーンは、フリー・フォームに可能性を求め、65年には”アセンション”を録音した。67年7月17日、肝臓がんで他界。

D