YOSAKOIソーラン

一般

YOSAKOIソーラン

よさこいそーらん

北海道札幌の初夏(6月)に行われる祭り。

高知県よさこい祭りを見た1人の大学生の

北海道にもこんな祭りを!」という夢の実現の為に100名以上の学生が中心となって、

1992年より毎年開催されている。

高知県の「よさこい祭り」と北海道の「ソーラン節」がミックスして生まれた新しい祭り。

ルールは「鳴子を持って踊ること」と「ソーラン節のフレーズを曲のどこかに入れること」。

30を超える札幌各地の会場をJR地下鉄で踊り子が移動して演舞する。

近年、観客動員数が200万人を超えて、冬のさっぽろ雪まつりを超える規模に成長した。

YOSAKOIファイナル生中継番組は、20%を超える視聴率を記録しており、

地元でも大きな盛り上がりを見せる。

一方で、イベントの商業化など種々の要因から「祭と称したダンスコンクール」との意見もある。

 

いずれにせよ冬のさっぽろ雪まつりと並ぶ、札幌2大祭りといえる。