スマートフォン用の表示で見る

Ziggy

音楽

ZIGGY

じぎー

森重樹一(vo)のスティーヴン・タイラーのようなルックスとステージング。当時パーティー・ロックの俗称で括られたアメリカのバンドを彷彿させる松尾宗仁(g)の濃いメイクと派手な衣装。戸城憲夫(b)に至ってはハノイ・ロックスのアンディ・マッコイにソックリという、"好きなもの全部集めた"みたいな容貌で87年にデビューしたZIGGY

ケバケバしくグラマラスなルックスが、まだそういうものに馴染みの薄かった日本の音楽シーンで浮きまくっており、デビュー当初はR&Rの味でもある"いー加減さ"を体現するような粗い演奏でもあったので、その成功を予感する人は少なかったが。決して洋楽かぶれなだけではない、日本人として順当に歌謡曲も通過した、キャッチーで印象的なメロや、華やかで見応えのある独自のステージを武器に着実に知名度をUPし続け、シングル「GLORIA」(89年)のヒットで大ブレイク。異端児のような存在の彼らがお茶の間にまで進出していく様は痛快だった。

その後、外タレ並みに出たり入ったりのメンバー・チェンジを繰り返し、森重/松尾のオリジナル・メンバーを中心にSNAKE HIP SHAKESと改名してのバンド活動を展開。そして、02年4月からは再びZIGGY名義に戻り、そのワン・アンド・オンリーなR&Rを追求し続けている。

08年2月、ファンクラブの会報、オフィシャルサイトにて、無期限の活動休止を発表。2009年下半期には森重樹一戸城憲夫宮脇JOE知史の3人で期間限定での活動したが、再び休止した。