ぐ戒

 

6/22[Fri]

地震で被害を受けた街に各地から支援が届いて米兵は吊るしたパイプ椅子をムササビみたいに掴んで空母から降りてきたので質問すると本当はヘリを使いたいけど経費が足りないんだと片言の日本語解説してきたし一方フルアーマースーツを着込んだ日本兵は倒壊したビルを調べていたんだけどエレベーターが止まっていたので調べるとか言うし危なくないですかと質問すると早く調べないと市民生活に支障が出るからねとズカズカ入り込んで慎重に地面に耳を当て音を聞くなどしてふと奥に目をやると百発の爆弾が素のままで保管されていてアッと声を上げたときには既に起爆していたのであたり一面が吹き飛ばされ娘が今年から大学に入る父親ギリギリで巻き込まれて断末魔叫びを上げていたときにシーンが変わって暗闇の中神々がボソボソ何かをつぶやいていたのでここへ来て四つのグループが互いに争う展開になる夢を見た。悪夢っぽいけど今思い出してもあんまり怖くないんだよな、なんでだろ。あと、家族が死んだのに今日旅行の予定を気にかける裸足の少女ボロボロ家屋から出てくる夢を見た。これはなんかストリートビューのボロ家屋みたいだったな。あと、大物女性芸能人の誘いを断った放送作家が偉いと褒められていてじゃあその日何してたのという話になり仲がいい若手芸人と遊んでいたと言い誰かと聞くと先にスライムのへばりついたトレイが奥から投げ込まれてきて何でも食べてきたがさすがにこれは飯じゃないとスライムを剥がしながら確信しているところへ奥から遅れて若手芸人が登場して下手くそなラップが持ち味だったんだけどアウトドア話題になるとキャンプの話が止まらなくなるのでさっさとネタやらせればさっきのスライムを顔に貼り付けて別の芸能人の顔面になりながら真顔でモデル歩きするネタを披露してくる夢を見た。これ、トレイが放り込まれた場所は明らかに外だったのにそれからすぐ会議室みたいなところに場所が移動していて、それが一番意味不明だった。起き抜けには、紛らわしい名前のやつがいてもそのまま写真を取り込んだら後ろの防音壁が細かく取り込まれて失敗してしまう中横のやつはディザをかけていたのでひとりだけズルいぞと注意したがよく見たらただ灰色になってるだけという夢を見た。一ミリも思い出せないな。

なんか起きてテレビを見ながら食器などを触っていたら技能実習生の取り扱いについて七割が違法とか言ってたので、おいおいマジかという気持ちと、さすがに何かが変なのではという気持ち半分半分でとりあえずパソコンを付け、件のニュースを調べてみたら、「調査をした中で七割」という意味合いだった。まあさすがにそうだよなあと思いつつも、それでも悪いことをしているなと目星をつけた中で実際に七割という意味合いだし、四千以上の事業所で違法残業などが行われていたのだから、少ないという意味でも普通という意味でもない。実際どうしてこんなことになるのか、やっぱりそれはこないだも書いたけど資本主義が悪いわけでしょ、儲けを最大化することに力を入れれば、安く使える労働力を法に触れてでも安く使いたくなってしまう、これは資本主義が悪い!! ここで本当は全体の何割なのか調べてみたかったのだがこれがよくわからなかった、団体監理をしている事業者の数しかなくて、そこから枝分かれして個々の事業所に外人が行くシステムっぽい、しかも零細企業が多い。なんで普段は優しいひとだったりするのに、労働と金稼ぎが絡むと労働者残酷に扱ってしまうのか、それこそが資本主義の悪たる所以なので、まず、ベーシックインカムを導入してだな……

今日は結局PDFを触りまくっていたので出かけないことにして作業に集中した。バッチファイルを作るなどしたのだが、やる気がまったくないわけではないとはいえ構文などは無茶苦茶なので、ひとまず動けばいいという体裁になっている。それでパソコン関係記事を掘り返していて気付いたんだけど、こないだのウィンドウアップデートって未だにアップデートで新しい問題が発生するのかよ、過去最大級ゴミアップデートなのでは?おれもさあ、セキュリティーのためにウィンドウズを最新の状態に保ちたいという気持ちはあるんだよ。でもマイクロソフトがセキュリティーに配慮してウィンドウズそのものを破壊してくるんだから、そうできない気持ちも分かるだろう。いくらなんでもパソコンが破滅的に狂ってしまうようなバグを残すんじゃねえよ。そんなことされたら、こっちはもうサードパーティーソフトだろうがなんだろうがウィンドウズアップデートを無理やり止めるしかなくなるんだよ。

6/21[Thu]

慣れたらすぐ会社辞めてすぐ別の会社の面接を受けるやつの生き様を見たけど生きるの楽そうだしおれには無理な生き方だなと思う夢を見た。まあこれは本当にそうで、家族は割とその生き方に近いんだが、おれは本当にそんな生き方ができない。あと、天気予報当たらなくてめちゃくちゃ外に雪が積もってて愕然としたけど天気予報を外した少年がヨイショヨイショとまるで被害者であるかのようにつらそうな顔で歩いててムカつくから傘を差して大股で追い抜く夢を見た。天気予報に対する恨みが募っているな。起き抜けには、大昔の大地震のポスターギザギザなどあって派手だし今は鉄筋が美しいこともろくに書けない夢を見た。鉄筋とか地震の夢明らかに現実情報に影響を受け過ぎている、そんなに衝撃的なニュースだったわけでもないのに。

朝起きて天気予報を見たら雨の予報がめちゃくちゃ増えていた、夢にも見たが天気予報ホントなんにも当たらねえな。これでおれが出かける期間が勝手に決まってしまうのでまた予定を考え直すことになってしまった。ところで今日キーボードの中にゴリゴリに溜まったホコリが突如気になったので、キートップをほとんど取り外した上で九割ほどきれいにした。九割ほどというのはエンターキーシフトキー、スペースキーなどは戻せなくなる可能性を考慮して取り外しておらず、その部分だけは空気吹きかけで対応したからだ。しかし死ぬほどホコリが詰まっていた。その結果インターネットニュースを読む時間がかなり失われたが、スッキリしたしこれはこれでいいだろう。一番時間がかかるのはキートップを全部引っこ抜いて戻すことなんだけどな。

ところでインターネットニュースを掘っていたら有料記事なので全部は見れないが日産三菱が外国人技能実習制度を悪用していたらしいことが判明したので、労働は悪だと痛感したよね。大手さえも悪用するんだから外国人技能実習制度はマジで廃止した方がいいんだよな。企業は日本を元気にしようなどと言いながら労働者すら幸せにしない、どこもかしこも高い給料でしっかり人間雇用しようとは考えておらず、外国人技能実習制度を悪用してでも安い労働力を得ようとしている、安い労働力を求めるのは確かに資本主義の的な姿勢なのかもしれないが、倫理を踏み抜いてまでそうするというのははっきり言って狂っている。そこへまた、パナマ文書にも新たな動きがあったという情報が入ってきたし、こんなに不平等世界で労働をしなきゃいけないの拷問に等しいだろ。モサックフォンセカは今年三月に潰れていたらしいが、どうも「信頼回復を狙い隠蔽工作」をしていたらしく、さすが悪いことやるやつは徹頭徹尾悪い、この姿勢がこれらシステムを悪用する企業全体の姿勢だと思った。だってそいつらがモサックフォンセカを見捨てるときに捨て台詞を吐いていたからね。しかし、労働が悪い事件を見ていると労働は邪悪だなあという気持ちには当然なるんだけど、なんかまんがでよく出てくる典型的悪者の行動がわざとらしいと思っていたのに現実世界の悪者も大体同じような行動取るんだと分かり、愕然としてしまうよね。結局本物の典型なのかと。

今日は街の方面へお出かけした。新竪に行ったら、前見ていた数学の本が値下がりしていたので、それと加賀百万石の本を買った。でその数学の本を買ったこともあるのでガレージでしばらく放っておいた数学の新書も一冊買った。粘っていたら時間になったので魔界図書館へは行けなかった。夜はサイバーパトロールモニター採用された労働者を見ていたけど、その業務にあたる男性、引くほど老人なんだが大丈夫なのか。目が死ぬでしょ。あとはタイムカプセル開ける映像見たけど、中から大量の黒い泥水が出てきてたし、中の書類もへニョへニョになっていたので夢ゼロになった。なんかドボドボ汚水が出てきてたよ。ああいうのって防水のために何らかの方策を取っているものじゃないのか。

6/20[Wed]

街の外れの中ぐらいの規模の店内の様子を外からガラス越しに見たけど入店はしない夢を見た。これは何かの夢と混同している可能性があるな。というのは実際子供の頃に行った本屋の情景というもの意味もないのにずっと覚えていて、それが夢の中で多くはブックオフ的な店舗に合成されて現れることが多数あるので、それらの夢と今日の夢がごっちゃになってる可能性がある。午前十一時半の起き抜けには、MとNの違いを説明されておめーはずっとMしてろとなじられる夢を見た。どういう意味だよ。起き抜けには、まず漢字のその字面の美しさを褒めよと注意される夢を見た。これ両方とも字面の夢だな。夏の暑さが本格的になってきたので夢がまったく記憶できなくなってる。

起きてすぐインターネットニュースを見ていたら、大手メディアではないが、内容はどうでもいいとしても鬼の首を取ったように「違和感を感じたのは(発言のまま)」とかやってたんだが、「違和感を感じる」という表現に違和感を感じる必要はないんだよね。手持ちの岩波が出してる小辞典に書いてあるので間違いはない。おそらく頭痛が痛い系の重言だと考えているんだろうが、違和感は違和だけで用をなさないので意味が多重になっているという事実は認められない、即ち重言ではないんだよね。まったく、原文ママみたいな表現使って日本語の乱れを指摘したがその指摘自体が乱れているなどということほど恥ずかしいものはないでしょ。それはそれとして、「違和感を感じる」のソース確認するために日本語辞書見たら面白くて普通に読んでしまった。

天気が悪いので雑誌だけ先に取りに行く予定だったがインターネットニュースを読み込んでしまい結局いつも出かけるような時間になってしまい、もう間に合わないではという不安がドッと押し寄せてきた。しかし雑誌の受け取りなので出かけないという選択肢はないのだからと、遅れてしまったその時間の中でもかなり急いで出かけることにする。で本屋で急いで雑誌だけ受け取り帰宅。雨の様子は覚えてないが降ってないし当たってもないので勝利なのかもしれない。今日受け取ったのはまんが雑誌だが、まんが関係でついでに書いておくか、なんちゃらワンルームみたいなまんがが不謹慎だとかい意見についてだ。まあこれも以前の女児セックスロボットと同じで、ゲーム現実区別がつかないと言っているじぶんが一番区別のついてない人間、じぶん以外はすべてキチガイだと思っているキチガイであるところのゲーム脳ハカセと言うべきだが、なぜフィクションが現実の事件を引き起こすと思うのか? まあ仮にそこは譲って、フィクションに影響を受けて何らかの事件を犯した人間がひとりいたとする。でも当然その作品は内容により啓発的な効果ももたらすわけだから、同じ作品に影響を受けて犯罪を踏みとどまったひとがふたりいるということも充分考えられるはずだ。そしてもしそのように差し引きプラスになるなら、その作品は社会的に善と言うべきだが、実際表面化するのは犯罪に手を染めたひとりだけだろう。だから、犯罪が起こって、かつフィクションに影響を受けたという謎の主張がもし確定したとしても、それだけを見て作品の社会的価値を決めることは出来ない。例えばまんがワンピース海賊の話だから、筋書きがどうあれ曲解してじぶんも犯罪者になろうと考える奴がいるという可能性を排除できない。でもそれによってその作品が悪くなるかというとそうではない。そういう解釈をした奴が悪いということになるはずだ。それはすべてのフィクションにおいてそうであるのであって、一部の作品は良い、一部の作品は悪いなどとすれば、誰がその基準を決めるのかという話になって収拾がつかなくなるし平等でもなくなる。だから一部の作品や一部の表現を吊るし上げるのは間違っている。これが、つまりゲーム脳ハカセという表現に収束されるはずだったが、あれって適切な表現がないよな。本当はあいつらのことをゲーム脳と呼んでやりたいんだけど。

それではまんがタイムきららキャラットの感想を書きます。ディスプレイに引っ掛ける紙切れなど謎の付録がついてプラス百円だ。『こみっくがーるず』、担当が外れるという話。主人公の方が動揺してて髪の毛で一発芸してて笑える。せっかく付き添いしたのに妹さんという扱い受けるのもよかった。『きんいろモザイク』、将来や勉強という、学生にはなかなかつらい話だが、のっけからログインボーナスの話をしていてよい。飲酒シーンから流れるように酒乱が登場しててゲラゲラ笑った。『ステラのまほう』、先輩の相談コーナー。いつも通り気楽に答えないことで存在が疑われていてニヤニヤした。そういうシーンをラストのうらやましさにつなげていくのすごい。『彼女がお兄ちゃんになったらしたい10のこと』、ママアイドルにする流れだけど、ママは小学生なのに「寝る」の意味を理解しててすごい。今年中発言ウケたし、笑いながら泳いでるところも爆笑した。『ぼっち・ざ・ろっく!』、バンド活動に必要なグッズはともかくアー写撮影する。雑草ボケ真実になって戻ってきてアー写に反映されるの見事な流れ過ぎてゲラゲラ笑った。パンツ見えたときの予想外のネガティブ反応も良かったが、最後コマ、嬉しそうなのに怖いという絶妙なバランスを保っていて巧みだった。『私を球場に連れてって!』、有名選手の引退試合なのに少女の中にあるオッサンがパンチラ巨乳を見てしまう。学生の戦力外通告ウケる。あと母親の飲酒裏切りもなかなか好みの流れだった。『本日わたし炎上しました』、児童ポルノという危険地域にためらいもなく踏み込むのすごい! しかも未成年に手を出したアイドルの話も織り込んでて時事だとしても爆笑してしまった。私服パンツルックなの、それっぽくていいですね。『しょうこセンセイ!』、テスト先生も緊張するという話だが、冒頭で回してるの十四階のルービックキューブか、実在するかどうかは別として数万円するぞ。採点していいですか? から即刻の終わりました発言も良い裏切りだ。『ご注文はうさぎですか?』、卒業の流れなので若干のもの悲しさを含みつつ、ボタンをくれという流れでひとはしゃぎある。ボタンを取っておくっていい友情ですよね。あの宝さがしみたいなノリを再び使うのも見事だった。『タベモノガタリ』、ありていに言えば湿気たじゃがりこの食べ方。そのままお湯足すの知らなかったけど、メシっぽくなりそう。褒めに弱いのかわいい。姉のこころが広いのもいい。でも一番笑ったのは想像通りのドリル。『ももいろジャンキー』、女子高生じゃなかったら変質者だ、と言われる行為、即ち声かけ案件をやる。女子高生でもやばい目つきなのでクスッときた、その後の反発から一転して憧れに変わるのもよい。でも舎弟みたいになってるな。『どうして私が美術科に!?』、お泊りの流れからしてアレだが、とりあえずは友達の親の作品を好きになってしまう苦悩、とはいっても半分おふざけなので当の親と話し込んでるうちにその子供の秘密をばらして、最後はなんと同衾ラブラブというやつですね。『合体アイドル!スノウちゃん』、カラーなのだがページ数が五ページと半端、体育の時間。乳が一ミクロンもない奴を見つけたらそいつが同僚アイドルというの、確かに花がなさすぎるかもしれん。最後の無機質踊りってコラのやつを意識してるのかな、ウケる。『ななかさんの印税生活入門』、まだまだ旅館に泊まっている。旅館にある数段しかない変な階段分かる、多分理由は調べたら分かるけど夢が崩れるので調べたくない。親が届けに来る感じってすごく恥ずかしくない? 霧が発生する場面ではいい雰囲気と恥が同居していてそこも良かった。『つばめしーく!』、本屋に行く流れ。アンドロイドが録画しているものを見る限りやはり主人公はショタ枠として扱われているな! 本の手触りと対抗するあたり笑った。『From Gehenna』、フランケン登場、正確には「フランケンシュタイン怪物」らしくて、それはおれも知らんかった。裁縫ゆっくりやられたら怖いもんな、分かる分かる〜! しかしやっていいよと言われたからといってよく怪物から充電できるな。『みわくの魔かぞく』、憧れのかわいい子がいる、お母さんが再婚、そして題名からして、やはり家族に。ビビりすぎて電源コードがあることにもうつろな目で感動しているところで爆笑した。しかしパパでけえな。『委員長のノゾミ』、MAXにはひどく珍しい男女系まんが。真面目な子がおれの前でだけはだらしないというストレート路線だが、眼鏡外した時の無邪気さは本当に良かった。しかし脱ぎたての足を素手で揉むんですか。『はんどすたんど!』、みんなの演技が円満成功しまくるので何回も前からウームと思っていたがやはり次号最終回か。平均台に対する呪いが具体的!! 回収騒ぎのくだりをはっきり説明して何も理解されないのウケる。『妹部Lv.UP↗』、おおっと機種依存文字。偶然妹部を見つけてしまってはしたない覗き方をしていたのではしたない格好に押し込まれてしまってる。姉なのに妹のマネをするギャップが良い。しかし部室、堂々とした飾りつけだな。『初恋*れ〜るとりっぷ』、相手が女なのに堂々と初恋と題名に書いてある。ともかくその憧れのひとを探す主人公という流れ、双方女。年齢差意識してなくて計算上いきなりダメになるのウケる。部室で眠れるの何気によくないですか。『JK♂ですが、恋してもいいですか?』、題名からして性転換モノ。神的な存在に結構雑なノリで選ばれて即刻女にされて急激に「女友達」として接近する、店舗間が良い。でもかわいい子でも早弁してるの面白いな。唐揚げ入りのおにぎり食ったことない。『初恋スクール』、いろんな制服が出てくるのに自然な塾という設定、しかし冒頭の質問は何だろう、展開には活きてないよね? 育つところは育った先輩の乳房がコマからはみ出しているのが良いですね。あと超憧れの制服は次回への引きで一瞬だけ出てきた。『順応式!異世界生活』、FPS? 生活に突然飛ばされた現実目線の主人公、チュートリアル飛ばすとか言ってて後で泣きつくのウケるけど、ああいうゲームで村人NPCで殴られて死ぬことってあるのかな? 自然な流れで入浴シーンがあり、最後の落とし穴理屈も納得でよかった。『サジちゃんの病み日記』、相変わらず怖い展開なのでこの位置なのか? 回想シーンのおっちょこちょい母親が唯一和むシーンだが、それすらも子供が狂気化してかわいそうな感じになるので結構つらい。まあしかしザクザクですよね。あれはきらら的か? しかしページ数は多かった。以上です。

6/19[Tue]

車でゴトゴトおばさんを送る夢を見たんだけどよく覚えてない。もはやおれが送っていたのかどうかも覚えてないな、でもおれは車の運転ができないから誰か別の人間が送っているはずだよなあ、とは思うんだが、免許持ってないのに無理矢理運転する夢を見ることも多々あるのでよく分からん。それより、おれがおばさんに対してそこまで優しくないだろという気持ちの方が決め手として強い。起き抜けには星の棘を取ると多角形になるという夢を見た。なるか? 場合によってはなるか。幾何学の本を見てじぶんの脳にそれを受け入れる部分がなかったため眠たくなってしまったことが原因でこのような夢を見ているのか? そもそも、めちゃくちゃ暑くて十一時半頃に一回目覚めたので夢が少ないんだよな。今後もしばらく続く傾向だが。

昨日一昨日と掃除をサボっていたので先に掃除機ぶん回してたし、パソコンの電源を付けるのが非常に遅れた。パソコンの電源を付けることが遅れる、それだけのことがクロカワには大事件なんだよ。掃除をさぼっていることなどそれに比べれば些事も些事なんだが、さすがに汚くなってきたので掃除を全力で行ったってワケ。キーボードの汚れも気になったのでそのついでにちょっとゴミを掃き出したけど、まだまだ汚れが残っているな〜などと考えていた。掃除はおっくうなのに、いざ始めるとあれもこれも気になる、典型的なゴミの考え方なので、まずおれが掃除されるべきなのかもしれない。ところでインターネットに目を向けると有名なラッパーが銃撃されて、若くして死んでしまったらしい。そこは全然興味のない世界なので、そうなんだご愁傷様ぐらいにしか思わないんだが、記事を見るとラップ界の標準からも逸脱した暴力沙汰で有名とか書いてあってよく分からない気持ちになった。ラップ界で許されてるけど一般の世界じゃ許されない沙汰なんか何もないだろ、平等なんだよ。常に逸脱しているラップ界で起こるべくして起きたみたいな書き方ならわかるけど、基準がふたつあるみたいな書き方されると、じゃあそれをポリコレでもやれよと思ってしまう、むしろそこに風穴を開けてくれるならラップ界が云々というのも分かるんだが。

今日はまず用事があったのでハゲのところに出かけて、時間だけを著しく浪費する。その後近所のブックオフに行くと、いつもの安売り新書コーナーで外人がうろうろしていた。こないだ黒人を見てもほぼ確実にビックリすると書いたが、こんな田舎の村に外人自体やってくることが珍しいので、ほえー外人ってマジで英語しゃべるんだなと感心した。肝心の古本は、戦国時代の本にちょっと興味があったけど、これぐらいの興味なら買わなくていいと決断できたので買わなかった。その後リサイクルコーナーと、それからさらに別のリサイクルショップも回り、さらには近所の酒屋も回ったけど、結局何も買わずに帰ってきた。帰り道では真っ黒な雲がどんどん近付いてきていたので、正体は分からんがとりあえず逃げた方がよさそうだと割と必死に自転車をこいでいた。帰宅して雨雲レーダーを見てみたら、山沿いの雨雲が恐ろしく発達している様子が見て取れ、なるほどさっきのブツの正体はこれかと納得した。でコーヒーを挽く。おいしいコーヒーは今日ですべてなくなりました。使い切るときにちょっと量が足りなかったので、そこは激安モカブレンドを混ぜることで対応した。

夜中はずっと著作権の切れた中国のPDFを掘っていた、プレビューがグリッチしていたのでかなり面白いと思い中を見たら中は別に無事だったので、よかったという気持ちと、どうせならグリッチしておいてほしかったという気持ちの両方が湧いた。プレビューといえば完全に別人が上げた絵をサムネイルで見ていたら背後にプラーンと垂れ下がった足が見えたので、背景に首吊り死体を書くなど小粋な真似をしているのかと画像を広げてみたら、普通に靴下が干してあるだけだった。

6/18[Mon]

ひさしぶりに聞くラジオの収録現場に向かうと無骨男子高校生みたいな部屋でやってて当時のコーナーはひとつも残っていない夢を見た。何武骨な男子高校生って。何を夢見ているんだ。あと、柱みたいに狭い不動産屋に行きまんがが読み放題なのでここで働くことになったが先輩の仕事を見て学んでいたら全身網タイツの女が現れたしこれは挑発なのかと思う夢を見た。この場合の挑発って確か性的挑発の意味だったと思うけど、全身網タイツとかみかんっぽいし何もエロくないよね。起き抜けには、獣のように戦えと指示される夢を見た。おれはいつでも獣のように生きてるよ。

今日はというか今日もどこにも出かけてない、今日はトピックが少ない。なぜならば出かけないことにかこつけてずっと漢籍を掘っていたからだ。でネットの漢籍掘ってたら左氏伝に「この程度の本を参考にする諸君学生……と推定して……試験のための勉強なら問題には経は出題することはなき故……」という説教じみた落書きがあったので思わす撮影してしまった、一部変体仮名だったのでめちゃくちゃ良い。よいんだけど変体仮名が使われていたギリギリの世代なんだなと思うと悲しくなる。変体仮名にしろ漢籍つまり漢文にしろ、なんでこんなに必要ないからっつって避けられなきゃならんのだろうな、現代中国のひともなかなか昔の漢文を読むことは厳しいみたいな話を見たことはあるが。おれも漢文はクソほど苦手で今でも白文が読めないが、それでも文化として面白いと思っているわけで、そこを役に立たないからと言ってバッサリ切ってしまって、英語は役に立つからガキの頃から覚えましょうと言われても、遊びのない人生って感じで嫌なんだよな。役に立たないこといっぱい拾っていきたいんだが。そう考えながら気合漢字の本を一冊読み終えた、これはアkン席ではない。中国つながりで魯迅の本もいい加減読み切ってしまわなきゃいけないんだよなあ。道は長い。

夕方、コーヒーを作っていたら、またどっかの飼い犬が家の前の電柱トイレにしていくのを目にしてしまった。犬に罪はないので飼い主が謎の病で苦しめや。まあこういう場合犬と飼い主を分けて考えるのは相当厳しいんだけど、犬に罪はないしな、いや犬に罪はないが、やっとるのは犬だしな、本当に厳しい、それでも分けて考えようとしてやってるおれは偉いので、その分飼い主がちゃんと苦しみますように。だいたい、なんでどこのどいつかも知らない奴が飼育している犬が家の前の電柱を排泄物で汚していくのを見てニコニコしてなきゃならんのだ、トイレは家でさせろ。こういう雰囲気根底には、ワンちゃんはみんなが大好きみたいな間違った考えがあると思うんだが、まったく感覚の麻痺であるとしか言いようがない、なんで飼い犬に赤の他人の家の前でトイレさせるんだよ、常識的に考えておかしくないか? おれは人間に置き換えて、知らないおじさんがお前の家の前でトイレしてたらどう思うんだと言ってやりたいと考えているが、まあオッサンじゃなくてもいいよ、巨大なトカゲとか豚だとどう思うんだろうな。なんで犬だけ特権階級なんだよ。飼い主の足がもげろ

 

HP/ BBS/くろかわことkkshowが世界平和を訴えながら書きました