ぐ戒

 

5/17[Tue]

久しぶりに釣りのロケが行われるので近所の橋の上に集合したけどこのコンビは珍しいよねって話しかけたら草葉の陰からリーダーも見ているよと返事されたしエッ死んだのかとびっくりしたが草葉の陰ならぬ橋の上の枯れ草の後ろから本当にただじっと見られていた夢を見た。これリーダーって言ってるだけで通じてるから芸能人でも限られた人間になるよなと思えるんだがどうも誰だか限定できない、ただ芸能人であったことは間違いない。あと、メガネのつるってよく曲がるよね〜と知り合いと調子こいてどんどん曲げてたら元に戻す方法がわからなくなったし片方だけ曲げれば良かったと後悔しながら眼鏡屋に行くことのめんどくささを身にしみて感じる夢を見た。これはなんかインターネットを通じてその映像を見ながら近所の郵便ポストの前で調子こいてたって感じだったが、肝心なのはその郵便ポストが既にないということだ。いつの思いでに基づいて現在ネタを構築しているんだよ。あとあと、ゲームシリーズの5が発売されててあれ4はと思っているうちに映像は進行して落下する雷のカーテンに包まれた道を飛んで行く様子は確かに壮観だなと感心しつつおれはオリジナルシリーズの1が好きだからやっちゃうし城の地下に指輪を取りに行き宝箱を開けたら敵として骸骨が出てきたけど雑魚なのに強いなと疑問に思っていたら武器防具を装備し忘れていたし戦闘中に装備しても既に遅くクリティカルで聖なる波動みたいな攻撃が出たけどなぜか吸収されて回復してしまったので最初からやり直す夢を見た。この映像としては出てくるけど、豪華な映像のRPGはやったことがないので実感がわかず、結局ドットむき出しのゲームに落ち着いてしまうところが悲しいわけですね。午前八時の起き抜けには漢字の読みが分からず触れて調べることになったので人間から先に片付けてたんだけど目の前のかがんだローブの中にいる生き物が魔物能登のひとかも分からない夢を見た。この中で覚えているのはかがんだローブぐらいだな、すごく文脈を失っている夢だ。正午過ぎの起き抜けには、派手すぎる文面は既に他人によって修正されていたけどこの残った文面にある園児遊んだことがあるっていう内容はなんですかと質問する夢を見た。これもよく覚えてない。

いつもなんで忘れるのか分かんないけどまた今日もまんが雑誌の予約を忘れていたのでした、と書いていてなんとなく分かるんだけど、これ忘れるとか思い出すとかじゃなくて、深夜になるとまんが雑誌の予約がそもそもめんどくさいという謎の力が発揮されるからなんだな、負の方向性を持つ力が。そんな中、水呑み百姓という、新たな、じゃねえか、よく馴染んだ昔の負の呼称パソコンの画面を通じて流れてくる。石川県ではねえ、昔水呑み百姓を頭振と呼んでいたんですよ。豆知識ですね。呼び方の話といえば、最近よくまんが作品なんかでドSドSって言うじゃないですか、その方が女の子の主に股間がキュンキュンするからなんでしょうけどアホか、でも暴力も振るわない、ただちょっと冷たいだけ、裏に回ればすぐデレるような男をドS彼氏とか呼ぶんだったらドSの上の表現必要になってくるよねえ。これは神なんちゃらっていう褒め言葉にも通じるところだけど。その程度で神様だったら神様を表現する別の崇高な表現が必要になるよねっていう。

ぐちぐちと考え事をしていたらインターネットニュースを読み終えたのでそのまま出かけた。ガレージに前々から欲しかった本の上巻だけ売ってたので買った、買ったけど、買ったけどさあ、なんで上巻だけなの。絶対に下巻がどこかにあるはずだ!! と思ってかなりの時間粘ってしまったけどなかったし、あまりにも悔しかったので店員のおばちゃんにも軽く質問してしまった。これの下巻があるだろうと予想したのは単なる妄想ではなく、本の末尾に上下巻おいくら万円と、過去に別の古書店にあったときの表示が残っていたからだ、そこから流れてきたのなら絶対どこかに下巻がある、と張り切ってしまったんだよね。あと漢文入門の本二冊買った。入門は大好きなので何回でも入門したい。で一応欲しい物は手に入ったのでホクホク顔で帰っていたら帰り道で毛のない犬に威嚇された。なんだこいつ? 毛もないくせにいばりやがって。

セフレこと世界ふれあい街歩きはフランスのトゥーロン。あのー、またリゾートなんすか。入り口は港、あふれる観光客を横目に、「街に向けた尻」というあだ名が付けられた銅像の紹介が入る。港近辺の朝市には港に近いからか当然のように海産物があるが、その他にも果物や野菜が並んでいて、一般生活はまかなえる感じ。ジャニンおばさんの格好がラグビーチームのサイン入りジャージで、急に現実の世界に引き戻されたような印象を受ける。ライフルのこと鉄砲て呼ぶのなんか違和感あるんだが、一応その後1807年創業刃物と「鉄砲」の店に行く、結局あとでライフルが〜って話の流れになるし、なんで鉄砲て言ったのって感じ。その先の広場というか道の集まる場所に「穀物の泉」があり、和やかで嘘くさい伝説がくっついてる。そのそばにオペラハウス、立地は良い、この辺を記憶しておいてもらおう。なんかそのあと帽子屋の変な帽子の紹介が入ったけど、街に関係なくないですか、観光案内はやめろ!! あと、所々でパリに似た雰囲気と言っているんだけど、正直パリに似てるものが見たいならパリに行けばいいし、そんな紹介を街は喜ばないだろう。街の人々は、銅像にあだ名を付けるぐらいの気質なんだよという説明がここで入る。その先でピエロが広場で子供と遊んでいた、若干の不吉さを垣間見た。なんか明確な説明は入らなかったけど道が広いってことは新市街なのだろう、大通りを横断したら楽器屋で、バイオリンの話すると見せかけて子供の話をかましてきた。国民的、というのは街だからおかしいか、街で有名なパンはチュロスかと思ったらシシフレジという謎の菓子パンだった。特殊過ぎる名前だな。おーっとここでまたペタンクだ! 無職と老人の嗜み!! セフレスタッフは欧米行きまくってるからペタンクのシーン何度も何度も出てきてるのに「あの……ペタンクって??」て言うから嫌い。男だらけのペタンクに唯一参加しているおばあちゃんの夜の試合の話は別にいいです。広場に戻り、思い出してください、あの広場です、夕食前にワインを瓶ごと友達の家に持っていって一杯を楽しむ金持ち野郎シャレオツタイムが始まった。立地条件のいいところにリッチマンがいるとかダジャレかよ。一応軍にいたから金持ってるっぽい、夕食前の催しだったはずだがめちゃめちゃ食うてて引く。で夕日で終わった。寄り道コーナーはボルム・レ・ミモザ、こういう背の低い家が立ち並ぶ街をメインにしろやとおれは何回も言っているんだけどなあ、世界遺産とかこそ寄り道コーナーでええやろ。壁にツタ? が這ってる雰囲気のある家並みだった。道路階段が不規則につながっていて若干RPGの村っぽさがあるのも良かった。ただ花祭りの日に雨が降ったっぽいのが哀れだった。以上です。

5/16[Mon]

急にメチャクチャ暑くなったので夢を思い出せなくなってしまった。寝苦しいので布団を蹴飛ばしたことは覚えていても夢は覚えていない。寝ているときのおれはなんでこんなにヤンチャなんだろう、起きてるときは箸一本蹴飛ばしたことないのに。その後生活していたらフラッシュバックしたけど、多分バイトの夢を見ていたし、これは思い出さない方が良さそうだ。バイトをやめて長い期間バイトの夢を見ているし実質労働してるのと一緒だから給料欲しいなーとか思いながら鬱々としていたら突如昨日か一昨日に勝手に潜り込んできた虫を殺すことに成功した! やった!! 手を洗った!!! 真夏日じゃん!!!! アホか。そりゃ寝苦しくて布団蹴飛ばして夢忘れるわ。新潟は北陸かどうか分からないが、北陸全体が沖縄並みかもしくは沖縄より暑くなってるし、こんな湿度の多い地方でそんなことされたらどうなるかは分かってるだろうが、本当に勘弁して下さい。

とにかく出かける予定がないから雨降るなら早く降ってほしいんだけど、ひとまず家族からお店でパンをいっこサービスしてもらった話を聞いていて、その御蔭でおれのために使わなきゃいけない時間がどんどん減っていく。でインターネットニュースを見るとなんか誰かが誰かの体に空気を入れて猥褻とか言ってたので速攻で航空自衛隊小松基地のことを思い出した。「航空自衛隊 コンプレッサー」という検索でいつでも石川県の恥部が見られるいい時代になりましたよね。ふざけている。せめておれだけはきれいでいたいので部屋を掃除して、その後機能飲みきれなくて冷蔵庫にぶち込んだアイス苦丁茶を部屋に運び込んだ。掃除終わったらディスプレイが真っ暗になっててパニックになったけど普通に掃除のときにコードを持ち上げた表紙にディスプレイの電源コードを抜いてしまっていただけだったし、たかがこれだけのことでパニックになるようでは本当にこの先が心配なので絶対に壊れないパソコンをください。

喜ばしいことだが近デジ、じゃなかった、近デジはもうすぐなくなっちゃうんだった、国立国会図書館デジタルコレクション長い長いぞに古文書が増えてる気がする。気がするんだけど正確には分からない、発表の外にもう用意されてるというか、ある一定の数が揃った時点で発表とかそういう感じなんだろうか、それともおれの完全なる勘違いか。考え事をしていたら眠くなってきたので本を読み始めたが、これでは逆効果だと悟ったのでバランスボールも使い始めた。こうすることで寝ることは最悪防止することができる、しかし眠りに落ちないだけで何も変わらない気もする。いや技術は確実についてきているはずだ。その証拠漢文調の文章でもなんとなく読めるようにはなってるんだけど、「聞かざるを得ざるとするところならずとせざるなり」みたいな多重否定出てくるとかなりやる気なくなっちゃうんだよね。読書の雲行きも実際の雲行きも怪しくなってきたので窓一枚以外全部閉めた。今まだ二十九度あるけど予報だとこれが夜に十二度まで下がるのか、鬼か、などと毒づいていたら即豪雨になり、本当に外気が涼しくなってきた。

その結果家の中は家自体が熱を持っているからまだ暑いのに外はメチャクチャ寒いという状態に。その激しい気温差が面白いので何回も家を出たり入ったりしてるけど完全に変人の行動だと思った、後悔はしてない。ただ人生には失敗していると感じたのでそのままコーヒーを作った。カフェイン関連でひとつ、家族がなんか「金沢棒茶」の詰め放題をしてきたと言うので、「加賀棒茶はブランドだし、金沢で作った茶ならなんでも金沢棒茶って呼んでるんだろうな」と返事しながら袋の背面を見たら「原産地: 福井県坂井市三国町」って書いてあってビビった。書いてあってビビったのはNHKもそうなんだけどな、NHKが晩のニュースで「ツイッターより」にユーザー名を表示していたんだよ。あれはビビったというか感心した。えらいえらい、次はアドレスを書こうね。

5/15[Sun]

突然入ったコーヒー屋で値段もわからぬままその店の基本ブレンドを購入したら五百円なのに二百九十円と安かったのでその旨伝えるとレジ真逆に値段が書いてあり感心してるとどこかの会社の女が来てW優勝者のみ出場できるコーヒー日本一決定戦にご招待しますと店主に告げる夢を見た。真逆というのはちょっと説明しづらいが、レジがあって客としてのおれがいる。おれは通路にいて、その片側にレジだ。でその通路の逆側に値段が表示されていたというわけ。結構コーヒー屋の夢見ちゃってるな。あと、自転車競争するように先を急いでいたけどおれは赤信号を守ったので夜道の中競争相手が先へ消えていき本屋に到着するの遅れちゃうなあと一時スーパーの前にしっかり自転車を止めながら考えていたらムキムキのヤクザが突然テレポートしてきておれがビビっているうちに店名表記のない白いだけのスーパーの袋から今月買うべき雑誌を全部出してきて本屋の使いかとホッとしつつも一応金額計算させてもらうがヤクザは意外と几帳面に足し算をするタイプだという夢を見た。この場所が小さなプレハブの平屋しかない山道だったので、おれは一体どこを目指して走っていたんだという気持ちになった。あとあと、デパートの中で行われていた売れてないアイドルイベントが終わった瞬間に出くわしたけど舞台裏にはけるちょっと前のタイミングで既にアイドルが気を抜いて素に戻っていたのでそういうところが売れないところではと思う夢を見た。最後、正午過ぎ、切手を集めろってか!! と言われてびっくりして起きたけど夢だったらしい。内容は覚えていない。

ラーメン食ってパソコンをつけたらインターネットでは卒業アルバムの話で持ちきりだったが高校卒業? アルバム?? に寄せる一言??? の話はさんざんしたのでもうしません。中学のは記憶にすらないな、暗黒時代だったし。小学校はそんな面倒くさいことしてない気がする。あのメッセージカードみたいな奴は書いたはずだけど。とにかく卒業ってものに縁がないんだよね、人生から卒業したくないので願ったり叶ったりなんだが。今日日曜日、日曜日なので今日がどんなに晴れでも出かけるつもりはないし、なんとなくインターネットニュースを全部読んだ。いい時間だったのでそのまま別室で本を読むことに。その前に狂った天気だけ検索みたんだけど、明日明後日の天気は夜のうち崩れるようで、今はものすごく暑いということが分かり、読書に支障が出た。

部屋に戻って夕方だがまだ暑い。この時間で夏日ってもう単なる夏という気がするし単なる夏が来るにしてはチト早すぎる。とにかく気温が高いので窓を閉められない、自室に戻ってしまっては暑くて本を読む気になれないが、本とかいう問題じゃなくて何をする気にもなれない。これが暑さに慣れてないってことなんだろうがこの後梅雨で一旦気温が落ち着いて湿度だけ上がるから余計にムカつくんだよな。マジで暑いんだけど走るために準備運動をして、ヒイヒイ言いながら走った。

夕飯時にテレビを見ては、ブータンですら現代社会と交わって伝統を捨ててるひとがいるんだから現代の日本で信仰を捨てて無宗教になるひとがいても不思議じゃないじゃんとか思ったりしていた。なんか無宗教ってだけでランク一個さげてくるのやめてほしいんだよね。日本人は無宗教が多いから宗教理解を深めてとか言われがちだけど、逆に宗教のひとは無宗教の人間を理解しようと努めていますか? 日本人がお墓に入るから仏教だみたいな言い草はズルいだけなので却下です。無宗教の葬送とかないことになっちゃうだろ。そういうわけで、荘園の本を読もうと思ったけど、やっぱ拷問の本読みたいってなったので、頭をヨーロッパ生活にするべく生活誌も読むことにした。

5/14[Sat]

せっかく発射した巨大ミサイルがバリアにより通らないので能力者の女が現れまず念動力でバリアの中にある端末に解除番号を打ち込んでバリアそのものを解除させ次に部下に支持を出しながらスマホ安全装置を外していよいよ小型ミサイル発射のボタンを押そうというときに後ろから来た秘書の女がスマホを女の手からもぎ取って投げ捨てたのに能力者の女も部下も気付かずしばらくパントマイムのように動いてから急に慌てふためき服を裏返すなどしてスマホを探し始めたがその様子を見ていたおれは時間を止めたというより幻を見せたんだなと理解しながら秘書の後を追い地下鉄から出てきたこちらの仲間の子供を使い指差して笑わせることで油断を誘ってから後ろから腕を掴んでさっきの行動を見てたぞと指摘したら秘書の女はまた別の能力でPV世界に逃げたがそこでは彼女は脇役なので片隅でキン肉バスターをかけられつつ檻の前で主役のジャッキーチェンが歌い出す夢を見た。こういうハチャメチャな夢ほどよく覚えている良くない体質になってしまった。でも本当によく覚えているんだよな、ジャッキーチェン以外は。だってジャッキーの名前以外あんまり知らないんだもん。午前八時の起き抜けには、なんかまんがの原稿そのものみたいな世界にいた夢を見た。これこないだテレビでa-haのPV見たからかもしれないと思っている。

土曜日なので? 十三分ほど早起きして? どん兵衛を食った、文脈を理解できたことは一度もないです。ナゼ早起きしたのかもよくわからないし、早起きしたからどん兵衛食った後少し寝てしまった。それもよく分からない。早起きしたから補充で寝るとかいう悪癖で体が満足するなら一時間ごとに起きてた方がマシだ。とにかくそれから、寝ぼけていたので排水溝を掃除した、これはいいことだ、まだ寝ぼけていたのでそんなに不潔さを感じることもなかった。というかよく覚えてないけど、完全に目覚めてしまう前にやめたので、完全には掃除できてないはず。で昨晩サボっていたまんが雑誌の予約注文を完了させ、ようやく本腰を入れてインターネット。なんかニュースで、被災者就職を優先するようにとお達しがあったみたいなこと言ってたんだよね。大賛成ですね。被災者の就職をどうか優先してあげてください、ぼくはお金だけで結構ですので……。

まあえーっと、古書店の方に出かけたんですね。で、一昨日おれの目の前で臨時休業になった古書店に行ったらその時は遠目から確認できたおれの欲しかった本が売れてしまっていたんです。ハアア!? ってなるでしょ。しかも掘り起こした痕跡がはっきりと見える。確実に売れてしまっている。ここで最悪な気持ちパートツーになってしまった。じぶんが不憫で不憫で仕方ないという暗澹とした気持ちで家に帰って、パソコンの前の椅子に座ってからも、いいことなんもないなーとひたすら暗い気持ちになっていた。何もかもやる気がないので(これを書くということですらダメージを受けるような状態)、ただひたすらダウンロードした漢籍に名前をつけていた。古書店でいい商品不可抗力により逃した傷はAmazonマケプレでバカみたいに安くなっている素晴らしい商品を見つけることでしか癒せないので検索しまくったけど、さすがにそんないいものはすぐ見つからない。見つからないとまたダメージを受ける。この繰り返しだった。

夕飯のとき動物番組を見ていたら、ライオン目線の番組なので、シカが逃げたシーンで「ざーんねん!もう少し近かったら、シカを襲っていたところでした!」という明るいナレーションが入って来てて結構攻めてる印象があった。ライオンがシカを逃して残念がっているようにおれも古書店で狙っていた本を逃して残念がっているんだよ、察してくれよ。とにかく平成という時代はライオンの交尾を見ながらカレーが食えるので早く脱出したい。ライオンにはプライバシーがないので交尾や出産が見られちゃうってのもよく分からんが、しかも感動文脈で見ていいというのは極めて分からない。ひとによるだろ。

5/13[Fri]

夢を記録しようと十一時にアラームをセットしたら正午と間違えてバタバタしてしまい部屋を出た時点でようやく十一時であることに気付きヤッホーまだ眠れるじゃんみたいなことになったのでむしろ夢をまったく持ってこれなかった。アラームがまったく役に立たない一例を自ら作ってしまった。坂道と水田記憶しかないしどうしようって感じだね、水田はノスタルジーか何かかな、最近全然周りに見られなくなってしまったのでそういう気持ちがあるかもしれない、坂道は多分自転車で昇り降りしていたんでしょう、いつもそうだ。あとだいぶ夜も更けてからのことだけど、一瞬夢の中でコロシアムみたいなところにいたシーンを思い出したんだよね。でもこれもすぐ忘れちゃった。

たかだか二分ぐらい早起きしたところで夢を忘れたってこともないだろうし別の理由があるんだろうが夢を覚えてないので二分早起きしたということが唯一の希望であるかのようにラーメンを食った。インターネットニュースには愉快なものがなかったが、そういえばと適当に思い出したので調べてみたら両墓制というウィキペディア記事に辿り着いた。何かというとなんちゃら三昧とか三枚という地名に疑問があったんだよね、簡単に言うと墓地みたいだ。同じ所にあった乱塔とか蘭塔というのも墓地らしくて興奮する、見る目が変わりそうだな。昔うしざんまいという地名を昔の地名史料で見かけたけどあれは牛の墓地なのかそれとも何か意味がずれているのか、それも気になる。でそのまま調べていくと、広辞苑に、猫三昧という土地は嬰児の墓地とか書いてあるらしくて、実際に引いてみると確かに、猫三昧は(兵庫県の一部で)嬰児または胞衣を埋める共同墓地、って書いてあった、ただ石川県の小字地名にも猫三昧はあるんだよな(猫三枚という表記だったが)、これがそのへんから引っ越してきたひとが局地的に使ったものなのか、それとも全国的にあるものなのか、不明ではある。

ブックオフの方に出かけたけど何もなかった。その先のリサイクルショップにはキントーのシャレオツポットがあった、あの悪名高きシャレオツ野郎だ! どういう構造をしてるのかだけ見てきた、普通に値段が高いので買ってはいないが、なんかフタがパッキンになっていたり、網目がそんなに細かくは入っていなかったり、見て回るのは普通に面白かった、探検みたいで。ショーンKさんも愛用したキントーのシャレオツクソポットはどうせすぐ売れるだろうし。で家に帰って、粛々とフリー電子本をダウンロードしていた、国史うんぬんのやつも良さそうだったけど五十冊とかあって無理だろ感がすごかったのでまた今度にすることにした。今日は十三日の金曜日アンド仏滅だったらしいけど普段から生活の質が低く社会から廃棄処分を食らっているのでいつも通りの日だった。

それでは少年ガンガン感想を書きます。新装刊第二号って書いてあるけど今までそんなにはしゃいでたことないのにナゼって感じだな、ネットのニュースでは発行部数ドラゴンエイジ並みに落ちたと書いてあったけどドラゴンエイジも落ちてそこにいるんじゃないのって思うし、そういう意味合いで空元気を出しているわけでもなかろう。『とある魔術の禁書目録』、いつもと違うペアに再びなる。ベジータ結構満身創痍だが、敵も敵で三すくみみたいな状態になってる、前回の展開がでかすぎたからかこぢんまりとした流れだな、警察が介入できそうなレベルの。『今日のケルベロス』、楽しいクリスマスから一転して冥府編。まあ、死ぬという圧倒的重さが背景にあるとはいえ、内容は少女との邂逅を含んでいるためかホンワカしているし、実はそれがボス。死の消費的な概念は良く出来てて巧み。『魔女下僕魔王のツノ』、表記通りの数字表現で書くけど、まだ26話なのに題名に?ってついてるのすごいな、全体の1/3使ってるじゃん。内容はなんだろう、ディープキス? 色々と良心が傷付く展開なのはわかるが、胸が痛いという表現を乳の成長痛と捉えているのは笑った。でかい星の話、有名だよね。『無能なナナ』、新連載。まあ第一話だからオチ書くけど、叙述トリックならぬ表示トリックみたいなもんだな、表紙で一番前に出てるし紹介でもひとり切り抜かれるキャラ最初に殺されるっていうのは。それ自体は感心するんだけど、どう考えても善人のキャラを真っ先に魔女狩り的に殺すというのは少年まんがとしてかなり重いな。それとも嘘で死んでないのか。『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』、乳そして恋愛。というか後半はいかにもな感じのドタバタ恋愛コメディーという印象だが(こんなに恋愛色強かったっけ)、前半は身分不相応ながら雷に怯える主を助けるという王道感があっていいですね。むしろ身分不相応な性欲が心配。『天賀井さんは案外ふつう』、まずポンと夏休みが終わった事実を置きそこから回想で前回の続きをやるバランスの取れた展開。こんな状況というでもないが平和裡にことが運ぼうとしている中律儀に部活してるのが微笑ましい。異世界側の新キャラがやってきた。肉体の無人飛行機だ。『はんだくん』、文化祭に黒い奴らが来て主人公を探している、そうとは知らず逃げまわる主人公に察知する友人たち。結局大名のように言葉を発して場を収めてしまった。というか、ここが一番びっくりなんだが、アオリにも書いてあったけど、アニメ化するのに連載終わるの?? 次号で?? 珍しいパターンだな。マーケティング的にはよくなさそうだがなんか別の展開あるのか。『梅衣堂ひよと旦那様の野望』、若干熟女っぽいエロ本でよく興奮できるなと思ったけど、時代背景的にはその方が興奮できたりするのか。女嫌いが筋金入りなので格下に試される話、ババアの不意打ち下ネタ良かった、表情も含めて。『ちちとこ』、おれの嫌いな注射ネタだ、まあ父親サイドも嫌いというネタなんだが……。窓をバリーンと割るの、大家さんにはどう説明したんだろ。『Im 〜イム〜』、義父が生きるのがやっぱ死ぬのかやっぱり生きるのかウロウロしている。回想もやや重複がある感じ? ただかなりシリアスなバトルシーンへの前奏曲という流れなので燃える。でも「よぉ妖魔」はヨーヨーマを思い出させるセリフだったな。『再世のファンタズマ』、佳境、というかボスは主人公にボキィされたけど、吸血鬼性質上下っ端が受け継ぐから逃げたりする。ヒロインがその下っ端を仕留めたわけじゃないから、どうなるんだろ、髪の毛に支配された体は? という展開。ヤクザは能力持ちに見初められる。『戦×恋』、やっと三人目のアイドルとのデート。主人公もアイドルも自虐キャラなのでデートが楽しくなさそうだが男らしさは見せるという流れかな、主人公に拒否られたと勘違いしただけで妄想の中では服が脱げちゃうアイドルすごいな。あと悪者の犬、意外とすぐ手を出さないので、おりこうワンワンという印象がある。『俺の彼女に何かようかい』、主人公の強化に話の主眼が置かれてると思いきや、だが、猫が本格的に生命危機を感じているところはウケる。酸のスプレー、容器どうなってるんだ。で、思いきや、新キャラの敵ふたりが恋仲になりそうな流れに。同じタイミングで出てきた新キャラだし見せびらかしだ。『ながされて藍蘭島』、本当に久しぶりにふたりきりに戻ったら意外に興奮するのでギクシャクしちゃうってやつ。豚、見るからに煽ってきてるんだけど、字面で見るとエッチな展開を豚に煽られるとか最悪だな。あと脱衣音で興奮する主人公はレベルが高すぎる。『助太刀09』、身内から二人目の裏切り者、それが誰かが判明する流れ。ネタバレになるからくわしくは書かないけど、でも、今まで死刑に参加してないキャラなんだな。だから特殊能力も今発表みたいな。しかも生きていた兄も実は身内が飼っている的展開がすごい。組織メチャクチャだ。『むつの花*エクソダす』、ずっと後ろの掲載位置なんだが大丈夫なのか。展開も主人公に戻り若干シリアス、というか未だに成長できてないオレという展開なので心配。シリアスなのでギャグは少なめだが、それでも冒頭、新キャラが出てきた瞬間モデルの頭をバリカンで剃ろうとしてるのは笑った、エグい。しかしなんとか続いてほしいもんだ、それぞれのキャラに対応した新キャラとか面白かったしな、特に執事。『廻生のカリカチュア』、これは掲載位置云々ではなく現行の進み具合ってやつだろう。こないだは減ページだったし、今月は一定の長さがあるものの、予告なしに次々号に続くと書いてあったし。しかしまだまだ序盤という展開、敵キャラのほとんどが名前プレートとともに紹介される。敵もたくさんいるのにひとりずつ襲ってくるしかわいい。以上です。

 

HP/ BBS/くろかわことkkshowが世界平和を訴えながら書きました