ぐ戒

 

7/29[Sun]

ちょっと暗めの図書館に行くと地元金沢の本の取り合いみたいになったしそういう争いに巻き込まれたくはないからその間にみんなが興味なさそうな古文書関連の歴史の本を漁っていたら結局物色している間に何も欲しくなくなってしまういつものやつになってしまいそこから家族の車に乗せてもらい書店へ向かったんだけど明らかに信号無視を繰り返しているし乗せてもらっている身分なので文句が言えないジレンマに陥り世間に対して顔向けができずしかも本屋の前の非常に細い通路他人自転車ゆっくりと轢き潰してしまったのでとりあえず車を降り書店に入り少年ガンガンないかなと店内を探し回っていたらあったけど立ち読みされ過ぎててボロボロになっているしレジの横からこんなのしかないんですかと店員質問したらそれは立ち読み用なので今から新品を出しますと言われて実際出してもらったのだが付録が男同士が裸で絡むクリアファイルで九百円とびっくりするぐらい高値だったしさらに裏表紙魔法少女無茶苦茶でありとりあえず購入して駐車場に戻ったところ間違えてヤンキーの紫の軽自動車に乗ろうとしてしまいゆっくりとドアを戻しながらそれじゃうちの車はどこだと探してもどこにもないし結局置き去りにされたことが判明したのでトボトボと帰る夢を見た。なんて悲しい夢なんだよ。しかしアレだな、物色しているうちに何も欲しくない状態になってしまうやつ、ちゃんと夢の中で再現されるんだな。午前九時半の起き抜けには、クリップ型のケースがあったので開いてみると中からアリが三匹出てきて外皮が鎧みたいに硬くてつぶせないし調べるとどうもコーヒー豆を食い荒らすアリらしいので逃がすとヤバいと焦る夢を見た。これは台所に這いつくばって探していたという部分をよく覚えている。起き抜けには、資料補給の列に並んでたけど素材にぴったりだなと知り合いと話していたら素材を撮らないでと注意されたし列から離れてしてほしいとのことだったのでなんで知ってるんだろと疑問に思う夢を見た。資料補給の意味が分からないし完全に覚えてない。

今日は風が強いので涼しくていい日だなーと思っていたんだけど、椅子(と称する事実上のバランスボール)に座っているとどうも眼球にガンガン風が当たる感じになってきたので、窓を少しだけ閉めざるを得なかった。それでも完全に閉めることができないところに、おれの夏に対する未練が見え隠れする。その外ではセミが聞いたことない鳴き声上げながら暴れてるし、ひょっとしたら進化でもするのかもしれない。気付けばどうも午前十一時頃からずっと三十五度ぐらいあったらしい、それなのに耐えられてるし、寝てるときも耐えられてたのなんでだろ、まあ本を読みたいので冷房を付けるぞという段階でそのような考えを掘り下げても答えなど出るわけがないのですが……。東南アジアのニュースを聞いている、タイのウタイタニって割としっかりウタイタニ〜って言うんだな、などと感心していると、ラオスのダムが決壊して韓国のせいだみたいなニュースが目に入る。まあどこのせいでもおれは特に気にしない、韓国やラオスが特別嫌いなわけでもないしな、などと考えつつ記事を読み進めると、ラオスが『「東南アジアのバッテリー」とも呼ばれている。』と書いてある。そうなのか、今まで一切聞いたことがなかったが、そうなのか……、ラオスってなんかフロンティア的な呼ばれ方をしていたと思うんだが、確かに今はその座をミャンマーに引き渡していそうだ。

昨日の日記にも書いたけど、今日は花火本番であるため出かけない。どれだけ晴れていても、いや実際晴れているんだが、そうであったとしても出かけることに何のメリットもない、だから家でずっとインターネットをしていた。昨日の日記に散々書いたのでまた蒸し返すようなことはしないが、軽く目を通すぐらいのレベルで過去ツイ掘り起こし事件を眺めていた。その中でなんか外人聖書引用のみのツイートをしていたので、こういうのって向こうのメンヘラみたいなもんかなと疑問に思った、日本には聖書っていうかキリスト教的な文化というか宗教的な文化がないから、こういうときに聖書を引用する気持ちが本当に分からないんだよね。夜、一応走れそうな雰囲気ではあったが、花火でそこらが人間でいっぱいになることを思い出したし、今日は室内運動にしておくことにした。しかし、おれみたいに花火見てない人間にとっては外でドカンドカン音が鳴ってるだけだし、これじゃ外壁にタコ投げつけられてるのとさほど変わりがないんだよね。夕飯時にニュースを見ていたらどうも都会の花火大会も延期になって今日開催されたようだったが、一日待ったら花火が余計にきれいに見えたという謎理論を発表していて、さすが都民は違うなと思った。

7/28[Sat]

大きなダンジョン入り口に三人パーティーでいて急いで攻略しなきゃまたやり直しだと思ってる夢を見た。またやり直しの意味が分からないというか、思い出せないんだけどな。あと人間が着用できるとは思えない大きな西洋の鎧を見る夢も見た。なんか程よく巨大だったことを覚えている。というかいつも思っているんだけど、鎧とか城って「日本の」とか「西洋の」って付けないとイメージがうまく伝わらないことがあるんだよな。川柳なんかで使う場合はもうイメージで伝えるしかないんだが。で午前六時だか七時に一度目が覚めて、神様のスパイスの夢を見ていたんだけど、そのときですらそれ以上のことは何も思い出せなかった。起き抜けには、草むらより一段高く作られた足場で大喜利をしていて眉毛と睫毛を入れ替えてる最中と答えたらバカウケする夢を見た。夢の中でならバカウケしてもらえるのか、クロカワも……。

今日は出かけなかったのでインターネット出来事ニュースを通して読んでいたのだが、件のきららMAXの、「本日わたし炎上しました」の作者が発狂してアカウントを消してしまっていた。経緯を見るとしょうがないという感じしかしないが、すべての萌え四コマ作家幸せになってほしいと考えてるおれにとっては悲しい結末でもある。ちなみに芳文社からもアナウンスが出ていて、そのツイートに手持ちのコミックスとその上にテプラか何かで「今回の判断を支持します」とか書いてるクソキモリプライがついていたのでそれは保存してしまった。しかしあの作品が人気作品ではなかったという明らかに嘘を言って回るやつもいたわけで、そういう状況を見ていると本当に争いは終わらないなと思う、その作家が悪い人間だと仮定してその悪い部分を指摘するのに嘘を混ぜるやり方というのが、差別が嫌いなひとたちのやり方なんですねえ。まあ作者はツイッターのアカウントもその他の(ピクシブなどをやってないのでよく分からんが)アカウントも消してしまったようだし、どこかで元気でやっててくれるといいですね。この件を直接には受けたわけじゃないがジェームズガン監督類似案件で社会から追放されており、それを見た同じ派閥ライアンなんたらという監督がじぶんのすべてのツイートを消してしまった、というニュースもあった。九年分のツイートだということで本当にもったいない、有名な監督らしいのでそれらツイート群の中には明らかに有用資料もあっただろうに、消されてしまうとは、そして消さざるを得ない社会とはなんだろう、こういうものを差別反対のひとたちは求めていたのか。右派左派の過激な奴らが過去のツイートを掘り起こして社会から追放するの、まあ広く見ればツイッターの凍結もそうなんだが、やめないと貴重な記録がどんどん失われていくし、本当にもうやめてほしいんだけどな。こうやって「良き社会」から追放されて無駄な傷を負うなら、初めから社会の外側にいて適当なこと言ってた方が百倍マシだよな。おれが適度な差別を認めろというのはまさにこういうことで、どこかでブレーキを踏まないと一切差別が許されなくなった「社会」で十人ぐらいしか住んでないという状況に陥ると思う。

今日は出かけるべきかどうかというところでお天気サイトを見て悩んでいたが、とりあえず天気予報は雨になっているようだった。考えてみれば、というか、だいたいいつも考えてみればそうなのだが、自室には読むべき本がいっぱいあることだし、無理して出かけて帰ってくるときにザーザー雨に降られたらおそらく発狂してしまう、それにどうも花火大会強行っぽくて犀川の河川敷も通れないだろう、以上の条件を検討した結果、家の中にこもっていることにした。しかし結論を言えば、雨は降らなかった。金沢は雨もなく、風もなく、ただ夏祭りけが中止されている。さらには夕方過ぎに、家族から花火延期やよ! って教えてもらうハメになる。頼む中止してくれ〜〜〜。明日に花火が延期されるということは、明日も河川敷が通行不可能になっておれが外出できないということなんだよな、まあ別の方向になら行けないこともないが、本当に迷惑な話だ。

7/27[Fri]

正月帰省する家族度数の高い焼酎を買ってきてくれるとガキに自慢されたしそれが普通なんだろうかと考えながら酒屋にもバイトを再開する気になったんだけど昔と違って死ぬほど暇だけどいいのかと言われたしいいですと返事しながらレジの使い方を思い出す夢を見た。おれはいつまで酒屋のバイトの苦しい思い出に縛られ続けるんだよ。あと、昨日までやってた古書店本店統合するという理由でもう入れないようになっておりガラス戸には忙しそうな作業の様子も写っていたが三日前に入れたのって気を遣われたってことなのかないや他の客もいたしと動揺する夢を見た。おれはいつまで古書店の……と思ったが古書店にはほとんどポジティブな印象しかないな。起き抜けには、画家の思い出として他人の体を拭いてやったというものがあるんだが普通にハイエース業者呼んでそいつやらせてるじゃんと異議申し立てする夢を見た。ハイエースの形すら思い出せない。

北海道の集合住宅の外壁にタコが投げつけられたというニュースを見て朝からすごく気持ちが良くなった、それはそれとして同期が不明だし、このニュース以降犯人が捕まったという情報も聞かないが、外壁にタコを投げつけることについてそれを罰する法律がないのかもしれないし、一発アウトになるような行動でもないのかもしれない。そう考えたらタコを投げつけるのも随分と冴えた選択だったのかもしれないな。こういうローカルニュースは書いておかないと本当に忘れるなと思ったのは、夜に地元のNHKニュースで、カヌー薬物飲ませ事件の続報を見たからだ。これは地元で起こった事件だから何度でも報道されるんだけど、こういうことでもなければ忘れてしまうような性質のもので現に忘れていたのだし、こんな、トップニュース扱いになったことすらあるトピックですらそうなのだから、トップニュースにならない報道などはなおのこと忘れてしまうだろう。だから、書き残しておくってワケ。タコを……。

ところで人様からもらった甘いお茶を飲む気になったので、時間は前後するようだが昼、飲んでみた。甘くてうまい。しかし甘すぎる気もするし、これは金をあんまり持ってないおれが甘い飲み物をあんまり飲まないことに由来するのかとも思ったが、後で調べてみるとどうもコーヒーと粉の重さは、メジャースプーン摺り切りだと違うらしい。いや、少し考えればコーヒーの粒子の方がでかいのだから当たり前なのだが、入れてるときはまったく思いもよらなかったってワケ、それでこれも夜の話だが厳重に守って入れ直してみたところ、やはりおいしい。両方ともおいしいなら無駄遣いする必要はないわけで、やはりちゃんと計測することは大事だなと感じた。

7/26[Thu]

家が謎の建て替え期間に入って半分なくなったのでおかわりを作るときとかいちいち移動するハメになったんだけど振り返ると今いたはずの家も更地になっていて更に溝に隣の家の車が勝手ねじ込んであってこっちの家の車が出せないようになっていたので家族は無理矢理出そうとしてるしこれは車に傷がついてしまうしよくないと感じたため中国の気功マスターを読んでエイヤッと持ち上げてもらうことにしてその間おれは別室で待ってたんだけど別の中国人身体のツボをガンガン押されて幼児になってしまったのでだうだう言いながら新築された宮殿みたいな家に向かったんだけどめっちゃ階段が多くてビビる夢を見た。変な展開の夢だけど逐一覚えているな。宮殿みたいな言えというのは平たく言うとリアップのCMみたいな空間を持つ家のことです。起き抜けには、獣医と共に天井に張り付いた熊を眺めていたんだけどあれは餌がないので梁を舐めているんですねかわいいですねとか言われたからそうかなと返事しているところにその熊が落下してきて腫瘍があるから手術をするんだと言い始めたので獣医って思ってる以上に手術するんだなと驚いていたけど今日は専門チームを読んだとのことでさっそくヘリでやってきたそいつらが何の防御もなく平然と熊に近付いていく夢を見た。この夢もよく覚えているけど、梁を舐めていて落ちたはずなのにヘリが来たときには熊が倒れている場所が屋外の草原になっていたのが変だった。

都会の方は気温が下がった涼しい涼しいとか言っててこちとら田舎全然涼しくないぞと思っていたんだけど、その不快感より、ちょっと気温が下がったぐらいで小粋な例えツイートをしたがる都民にイライラしてしまう寝起きとなった。そういう都民だけを集中的に狙う蚊とかいないのかな、涼しくなったら蚊の活動が活発になるというし。ときに関係があるのはもちろん地元の天気なので時間別天気予報を見てみると、昨日のデータより明らかに雨の降る範囲というか、時間帯が狭まっている。台風が壊れたのかな? と一瞬思ったが確認すると当然そういうことはない。台風が変なところでいきなり壊れるということはない。おれの未来は変なところでいきなり壊れた気がするけど。つうか、気温のこと書いてて思い出したけど、おれ未だに温度計って言おうとして体温計と言いそうになるんだよね。あと、昨日抜き書きしてて気付いたけどおそらくガキの頃からずっと家族の族と旅を書き分けるときにいちいち混同してどっちだっけと考えてしまうクセが治ってない。エレベーターとエスカレーターの違いが分かっていてもどっちがどっちの名前だか分からない、というのはかなり時間をかけて治したんだけど、結局そのほかにもいろいろあるなら別に無理矢理治す必要もないかなと考えてしまう。あとなんかおれが使ってる音楽プレーヤーアップデートが来たのでしてみてもいいけどコンポーネントが潰れてしまうのが嫌なんだよなあと考えりしていた。特にこのプレーヤーはそういうぶぶんが粗いので考えてしまう。とりあえず環境圧縮して置いておくということで決着した。

なんかオウム死刑話題をテレビで見て家から出てきた五十代の女がインタビューに答えてて設定に正直だなと思った。それぐらい正直だったら生きるのも楽しそうでいいよね、みんな死刑とか聞くと興奮して出てくるのが人間のサガってやつだし。こういうでかい事件を見ていると、いじめについてよく「いつまでもその記憶に縛られるのは良くないから忘れるのが一番」みたいな意見を思い出すんだよね、なんでこういう意見が正当化されるのかよく分からない。戦争や災害や凶悪事件の記憶はいつまでも風化しないように受け継ぐのに、なんでいじめのことだけは忘れてやらなきゃならないんだよ。むしろ戦争や災害の記憶はその影響範囲が広くて誰かが風化防止に努めるけど、いじめみたいな個人的なことはいじめ受けた本人ぐらいしか風化を防げないんだから、本人にその意思がある限り覚えといた方がいいに決まってるだろ。忘れることを勧めるなら、地域で記念碑を建てるぐらいのことはしてやれよ。

お出かけは必須なのでとっとと出かけた。今日はまずまんが雑誌を受け取る予定をこなしてから、新竪→ガレージへと向かった。完全にこれだけしか言うことがないのだが、何もなかった。いや、ちょっと社会主義の本に興味があったけど太いんだよな、もう本棚に余裕がないので太い本が出てくると躊躇してしまう。帰宅したら部屋がガンガンに暑かったけど、とりあえず冷房は付けるとして、掃除も同時に行うことにした。掃除機から温風がブワーと出てくるので冷房を付けないとキツい。モップでやってもいいけど結局モップのゴミを掃除機で吸うのでやはり冷房は必要。なんかそのあとダラダラとインターネットニュースを見ていたら、花火大会は中止だけど玉は再利用不可能だからおれたちの気持ちも分かってほしいんだよねとか書いてあったけどボランティアじゃないんだから気持ちとかいらないだろと思った。夜にはビッグガンガンを読んだ、いつも通り感想はない。内容についての感想はないんだが、マジで厚さがきらら二冊分ぐらいなので微妙だとしか言えない。確かにきらら二冊分より安いと言えばそうなるが密度が桁違いでしょ、四コマは見開きで十六コマあるんだから。そういや、注文するときにAmazonになかったビッグガンガンだけど、読み始める前に検索したら普通に入ってきてた。いつ入ったんだろう。というか在庫しなので近所の書店で買ってくださいと言っていたのに結局入るのどういう仕組みなんだよ。

7/25[Wed]

車が通れないぐらい細く暗い道を見つめていた夢を見た。これ極めて短い夢なんだが、見ていた場所は極めてよく覚えているんだよな、多分時間が経過すると忘れるんだろうけど。なんか黄色い鉄のパイプでできた何物かがあった気がする。自転車かな。あとプログラミングをしていた夢を見たはずだが詳しく思い出せない。午前十一時四十五分に一度目覚めて、地球の神様の夢を見たらしい。見たらしいというのはメモに書いた形跡があるからで、カケラも思い出せない。起き抜けには、夢の縁側を振り回して威張ってる夢を見た。

なんか昨日から有名人のインスタが消える消えないでもめていたんだけど、一晩考えてみた結果普通に事務所命令で消されたんじゃないのと考えるに至った。芸能人が本当に個人的にできることって裏アカでもない限り無理だし、芸能人のイメージを背負って表に向けて発信しているものは常に政治的だし、なんか荒い口調で言い返していたやつを消去するために全消去という方法を撮ったんだろうと、まあ確信的に考えている。ニュースついでにいうと、度々おれはネットで拾った動画に「ツイッターより」って書いて使うなと言っているんだが、これは出典をちゃんとつけろと言っているわけ、誰の発言であるかと元アドレスぐらいは乗せろという意味だ。法律で決まっているので今のところメディア勝手に動画を持って行ってニュースで使っても違法ではないんだよね、まあ法律は古いとは思うが。法律が古いと思うのは、マスメディアが時事の報道のために他者著作物を使っていいみたいな著作権上の例外が、明らかに今のようなほとんどすべての人間事件撮影してネット上にアップしうる時代を想定したものじゃないから。いわば国民誰もが特派員になれるような時代にそれをホイホイつまんでニュースに使うというのは法律の意図するところを満たしていないんじゃないかな。

今日は出かける予定をしているから、四百ページ超えててしかも公開ホールじゃなくて書庫に入ってる面倒なものを図書館で抜き書きするかと考えていたんだが、これはいかにもハードルが高い。でも絶版Amazonでは常に二万円超えてるから見に行かないとしょうがないという面もある、どっちも正しい。おれの判断に正しさが委ねられているのならやってみた方が得なのかもしれない、やってみたら意外に楽かもしれないし、やってみること自体は悪いことではない、ただただ人間が嫌い。ただそこで読むだけなのにいちいち喋りかけなきゃならないのが嫌だ。そのようなことを考え考え出かけた。犀川の河川敷を走っていたら鴨が集団で横断してたので、鳥に優しいおれは自転車を止めて待ってあげた、来世は鴨かもな〜。今のはれっきとしたギャグです。結局面倒な方法を取り、静かな方の魔界図書館で別の異世界の書を抜き書きした。新しい本でルールが分からないためバリクソ眠くなってしまったがこれはしょうがない。それよりコインロッカーに入れる百円玉がなくて無理矢理うまい棒を買ったことの方が敗北感でかくてキツい。帰宅後すぐ、じぶんの作った音源リリースして、本日は終わり。

それではガンガンジョーカー感想を書きます新人賞奨励賞取ってるひと、きららで何本かゲスト書いてるひとやん、よかったね『ヴァニタスの手記』、前回主人公を介抱したキャラが、痴女!? とじぶんで突っ込んでて笑った。でも前回の終わり方も痴女っぽかったよね。今回は主人公側の準備だけで、終わりは一見仲間割れのような緊迫感。『ハッピーシュガーライフ』、番外編はもともと他誌再掲載分なので除外。ロリコン男が主人公達のもういないマンションに来る、そこへガソリンを持ってきたおばさんがやってきて鉢合わせ。要するに女がレイプしてる構図なんだろうけど、反撃してそうでもあるな。『お従兄さんの引っ越しの片づけがすすまない』、料理できないのにできるっていう主人公、見方によっては怖い女だな。全員が流れるようにすぐ脱ぐのすごい、スク水給食とか完全に趣味っぽそう。痩せ型のゆるいビキニとかもエロくていいけど、男の裸もしっかり描くのがなかなかポイント高い。『賭ケグルイ』、じぶんは負けたいのかどうか、自問自答を繰り返すアイドル。回想を挟み、結局勝ちたいわけではないが先へ進むという心理的葛藤がよく描かれていた。そのせいでギャンブル自体の影は薄かった。『賭ケグルイ(仮)』、賭けとしてぐるぐるバットをやる。多層予想できたことではあるが自信満々で入ってきてまったくできないとか無能過ぎてウケる。あとパンツネタをしっかり回収していた。『事情を知らない転校生がグイグイくる。』、テーマ自己否定感を完全肯定するという感じかな。他の奴も何気にいい奴じゃん、クラス男子全員敵なのかと思ってた。あと最近保健室ってウォーターサーバーあるんだな。『遺書、公開。』、前回悪人になった奴もう目つきが完全に悪くなってる。偽造してバレたらヤバいよね〜という流れからの偽造疑いがスムーズで良かったし、そこからの反転的な流れも気持ちよかった。実際遺書は死んだ本人が書いたのかという疑惑に。『死神ラメント』、女キャラも魅力的に書けてるな、しかしパワーは圧倒的にショタに注がれている。濡れさすのは小手調べのようなもので、少年同士が覆いかぶさるシーンあり、少年の尻を触る神父あり、全裸ありと相変わらずすさまじいショタパワーを感じる。それでもきちんとさっきの女を使って展開を回収しているし、話の密度も高くて良い。『ラグナクリムゾン』、なんで主人公が動けるんだ、というところで前回までの回想シーンが活きてくるんだな。他人に死を与えておいてじぶんの死は恐れるのか? というのはまさにその通りでスッキリした。最後どんでん返しも興奮する。『ラブコメ(物理)』、裁縫、はーどわたはーとのノリだ……。いまだかつてないミシンの姿という表現が小気味よくてウケたし、カバンの使い方も人間離れしている。後半の扉の神輿の担ぎ方も想像上とは言えゲラゲラ笑った。最後のシーンももしかしないだろ、明らかに主人公だろ。『美少女菩薩ミロクちゃん』、これって結局主人公の方が強いのかな。空間を割るというワクワクする展開、しかも場面の切り替えがうまい。戦闘シーンがつながるのも良くて、世界の捉え方もひなびたところは世界として認識しないだろという形なので好き。『怪人麗嬢』、カラーページでしっかりパンツを描いていてすごい。渋いババアが出てくるが、装備の遺品を見てからのデート、かと思いきや前回までの戦いの現場巡り、という流れは非常にスマートだし、そのあとちゃんとデートもしててほほえましい。そうか、この作品、怪人だけじゃなくて遺品を残すサイコキラーそのものも敵なんだ。『私のワルツ』、読み切り。償いとそれを利用した愛情が描かれていてそのたい肥というよりはちぐはぐな意見の一致が面白い、犬が死んだことと友情を利用するの暗い楽しみという感じで本当にいい。ドッグフード食わしてるのも悪いよな。『恨み来い、恋、恨み恋。』、回想の続き、素朴に殺して素朴に愛するような奴に感じた愛情はどうすればいいか、最終的に倒しきれなかったという葛藤。それで爺さんが怖くなったってわけなのかな。現実に戻って戦いの続きとなる、神を殺したので神の力があるらしい。『齢5000年の……』、なんか結界みたいなのを強引に通ったので聖女が怯えている。ペットのトカゲ扱いしたらめちゃくちゃキレるの、まあ相手から見たら確かに分からんだろうな。最終的に引き続き怯えた聖女が主人公の前に現れるんだけど、見るからに無能っぽい描写でかわいかった。『よなかのれいじにハーレムを!!』、題名通り友達を作る外でスマホゲームしてら雨が降ってくるんだが、ちゃんと透けブラ描写がある。ここで初期のヒロインのひとりが出てくるがお辞儀が放心状態で笑った。でも実際他のヒロインたちと好みが合うというフレンドリーな流れ、ここまでは計算通りらしい。『ジャヒー様はくじけない!』、前半は隣の家の人間と壁を挟んでセッションする謎の流れでウケる、まあ隣に文句言いに行ったらそりゃいないよね〜。後半の魔界ごっこは時々真顔になるのがいい。虚しさも含めて面白い。『賭ケグルイ双』、敵軍勢揃いみたいな感じ。敵の中でもこいつ無能だから処罰みたいな雰囲気がある。一方主人公側はピアノを弾く人間と賭け事。お金の音も使うって、絶対音感かな? 『久住くん、空気読めてますか?』、告白場所を求めて四苦八苦する展開だが、この作品全体のキモなのでほとんど真面目な告白シーン。しかし友達の本気を妄想扱いする女友達もなかなかだな。『弱キャラ友崎くん』、脈があったのでは? という回想シーン。よく適当に読んでた本の合言葉覚えてたな。確かに気が合ってそう。しかし帰りに別の女に会い、予定にない「クエスト」に挑む。相手の家をダンジョンと呼ぶの好ましいね。『蝶撫の忍』、戻ってきたヒロインが覚醒状態みたいになって強い忍に押せ押せで攻撃しまくっている。逆に強い忍はその強さを発揮できずでかい声を出して逃げ帰るといった有様。でも主人公もメタクソ嫌われている上、活躍もできてないの悲しいな。『僕が僕であるために。』、いずれそうなるみたいな回想が初期にあったはずだが、夢で改めて振られたので思い悩む主人公。しかし男友達、おら金貸せやはないだろ、怖すぎる。夢か〜から現実の不安に持っていくのは良かった。『メイのメイデン』、ウッ下書き状態だ……。初回の敵に裏切りを働く味方サイドの人間、まあわたしも欲張りなんでという不敵な笑み。次の選手?? も同じ雰囲気をにおわせながらロリコン不在にカチンときて潰す発言となる、このくだりが爽快感あった。『ヨルノツキ』、読み切り。昼夜一緒にいない姉妹神の片割れに恋する神という設定、流れ的には割とすぐ殺してるんだが、そのシーンを伏せてラブラブな雰囲気を先に書くところが巧みだ。心中エンドだが、神という性質上夜が来なくなるということでいいのか? 『そらいろフラッター』、女子好意を感じ取る下級生男子(ゲイ)。それを主人公の友達(ゲイ)に話して、いいのかと詰め寄り、そして主人公にアタックののち、女子の存在を告げるというゴリゴリ恋愛の流れ。しかし主人公もモヤモヤしてるってなんだよ。『ソード・オラトリア』、殺し合った過去を回想するシーンがまずあり、それから神様の会議で誰が悪かを決めかねている様子が映る。そして最後に敵側の神様の密談という、きわめてスムーズな展開。しかし悪い神様のブドウの食い方は汚い。『マジカルテーブルクロス』、最終回だが、どこ触れてもネタバレになるから困るな。でもちょうどひとまとまりになっていて、そこはうまい、さすがだと感じた。ただこれって伏線回収できてないよね? 特に途中までついてきた兄エピソードとか最後に出てきた敵たちが謎。なんか重版かかってたはずなのに三巻で終わりなんだって感じがする。以上です。

 

HP/ BBS/くろかわことkkshowが世界平和を訴えながら書きました