ぐ戒

 

11/27[Mon]

ガタガタという音がしたので郵便受けを見てみたらかなりグチャグチャに押し込まれた郵便物があったけどおれの荷物はなかったという夢を見た。夢はこれだけしか覚えてない、たまにはそういうこともあるし、なんなら無のときもあるはずだが最近は思い出しがうまくいっていると思う、それはともかく届く荷物に対する何らかのコンプレックスが夢の中で消化されているのが良くない。こないだ荷物が郵便受けから床に落ちてたことが影響しているのかもしれない。

とりあえず今日は晴れという予報だったはずだが、朝ごはんもとい昼ごはんを食っていると雲がたくさん流れてきて空を埋め尽くしてしまった。青空はいったいどこへ……。それから部屋に移動して、雨が降っていないので窓を開けたんだが、外は曇ってしまっていて完全に寒い、ふざけているのか? 晴れという予報はどうして当てられないんだ、気象庁? 雨の予報はガンガン当ててくるのにな。ところでインターネットニュースを読んでいるとスマホを使う現代アーミッシュがいるというちょっと古い記事が出てきたので、機械翻訳をしながらよちよち歩きで読んだ、多分概要しか分かっていないのだろう。こういうのってこないだみた夕方ヴィーガンと同じ概念で、確かそういうのって理念をバカにしていると言って嫌われていたはずなんだが、アーミッシュの場合はどうなのかな。スマホを使わないと商売すらできないという話だったように思うが、そもそも現代技術から離れるということは現代的な人間からの隔離を自ら望むってことだし、その上でスマホを使うのは商売ができないことも覚悟の上じゃないのか、みたいな感じで。ところであるレストランチェーンが通勤中の喫煙義務ではないが禁止する(ズルい言い方だよねえ)とか言ってたのが気になった。おれは煙草吸わないし家族も誰も吸わないし、そのせいか煙草が苦手なんだが、そんなおれでもこれはひどいと思う、通勤中に煙草を禁止する権利があるのは、その通勤時間給料を払える企業だけだろ。今は着替え時間や体操の時間も業務時間として給料を出すことが求められる社会なんだぞ。まあおれは通勤時間も勤務時間だと思っているけどね、こういうことするなら必ず払わなきゃならないと思う。

お出かけして、新竪とガレージの古書店でで本をグッと睨んできたけど何も買わなかった。別に買うものがないことは悪いことではない。悪いことではないが、手応えのなさみたいなものを感じることはある。ともかく帰宅してニュースの続きを読んでいたら、ベトナムのニュースが死刑囚最後の晩餐写真で見せてくれていた。正直そんなものまで普通に見せるのかと風紀にびっくりしてしまったが、それはそうとして割と安そうなもん食ってる気がした。特に切り込みたいわけではないので、頑張って検索して見てください。ところでベトナムの風紀はすごいので、そのニュースサイトの右あたりにおそらくエグい虫を大量に集めてる動画サムネイルがあって、グエーとなったけど、見てしまった責任を取ってその動画を見た。かつてないほどエグい映像だった。

夜ご飯を食っていたら北朝鮮の木造船が石川県にも来たので、歓声を上げてしまった。なんてひどい行為なんだ、県が除去費用負担するんだぞ! と思ったけど、もっと狭い範囲の自治体が費用を負担してそうだ。夜は新しい本を読みたくなったので山家集抜粋を急いで読んだんだけど、やっぱり噛み締めた方が面白いなと考え直し、ゆっくり読むことにしたりしていた。あとなんかキラキラしたサイトのお詫びも見ていた。サイトの構成上しょうがないとはいえ、深くお詫び申し上げてる背後で星々がロマンチックに流れていると、星きれい……みたいになってよくないな。

11/26[Sun]

午前十時の起き抜けには、アニメを見忘れていたことに気付いたので昭和懐かし映像を見ることと共に黒くなってしまった携帯画面に入力していたところ古風なCMが始まったしライバル会社が消えたかららしいし別会社はコント結婚しましょうと言うCMで死ぬ間際の台詞が「頑張ろうカニ」である夢を見た。ラストの台詞が強烈過ぎて内容をあんまり覚えてないんだが……。起き抜けには、ネットショップから明細がたくさん来てて確かに使った覚えがああるけど計算がめんどくさいとは言えもう四日も放置してるから明日こそは付箋に書いて放置して動画を見てたら紹介動画なので普段芸人テンションではなくお笑い世界は優しいかという話題になったら急にすれ違ったぐらいでネタをくれてやるわけねーだろと本性を現す夢を見た。これは前半だけ、金の話だからだろうけど、よく覚えている。

なんかインターネットしてたらブレンド・Sのアニメでモザイクがかかったという情報が流れてきて、そんなきわどいシーンがあったという記憶がなかったから調べてみたら、ファックに相当するハンドサインにモザイクがかかっていた。あんなものごときでモザイクかけるアニメあるんだ。アニメと言うかテレビ局があるんだ? アホか。ただジェスチャーごときをモザイク扱いする(される)業界未来あんまりない気がするんだよなあ。ファックに伏せ字が入るのですら意味がわからないのに。一方でガキがこのハゲーッて言いながらゲラゲラ笑ってるような社会でだよ。ともかくニュースを読んでいたが、昨日の漂着船消失ニュースが面白すぎるのでまた読んでて、秋田県警が二十四時間体制監視していたにも関わらずクロカワの職歴が忽然と消えた……!? などと考えていた。

ところで今日暖かいという話だったが寒い風が吹いてくるね。出かける予定はないんだが暖かいという予報なので信じて窓を開けまくっていたのに冷たい風が入ってくる。と、そこに突然雨雲が押し寄せてきた、これは想定内だが、そうすると雨雲が冷たい風を連れてきたことになる、そんなの普通のことだしちゃんと予報しとけやと思った。一応調べてみたら、十二時前からずっと能登の同じ位置に雨雲あるらしくて、大変だなあと思った。ところで季節は読書の冬、本を読みますよね。他の本には目もくれず、なんで日本人が厳しい労働をするのかみたいな新書をずっと読んでいたんだけど、抜き書きしながらだったので新書なのに九十ページぐらいしか読めなかった。まだ読んでる途中だけど、資本主義における勤労の精神というやつ、人類が精神の病気に気付いてから成立不能になってる気がするな。昔はそういう人間を怠け者として切り捨てられたんだが、今は福祉の対象にしなければいけないし、福祉は資本主義の敵だし。

夕方唐突に思い付いて掃除をしまくったりする。夜ご飯食ってるときにテレビを見ていたら家電がハックされてあなた個人情報が狙われるみたいな番組が始まってすぐにインセカムが登場したけど、あれはパスワード未設定か初期値なのが悪いので関係ないだろ。しかも個人的場所に置いてあるのでなくネットに公開してるんだからしょうがないという思いすらある。それよりもNHKがクソ真面目なトーンであんな先輩という単語連呼していることの方が面白かった。そして、アンナ先輩は姿を消した……。深夜にはビッグガンガンを読んでいた、感想特に書きません。ガンガンジョーカーの分厚さを見たから余計に思うことだが、ビッグガンガンは一時期強かったのに裁判沙汰になってからヘロヘロになってきちゃったな、様々なタイミングが悪くてこうなってるのかもしれんが新連載の気配もない。あと、使えるものはなんでも使うスタンスなのでまとめサイトの善悪は積極的判断してないけど、まんがなんかに出てくる「まとめサイトは悪い」という目線からの描写違和感がある。なんでだろうと考えてたけど作者がそのまとめサイトを描写するために、草生やしてるみたいな文体を考えてる姿にゲンナリするからかもしれない。

11/25[Sat]

海外レアDVDにビデオテープがついてて包装紙は日本語解説がついてるから重要なんだけど内容は多分同じだろうと番組の長さを見て感じててその番組とは西洋人が仏教を知るための番組であり本当は申請から一年以上待たないと入れてもらえない洞窟にも放送局ということで速やかに入れてもらえて「音楽ロック」と日本語で書かれたジャージを着た金髪若い女がイエーイと言っているのを見たのでおれも寺の周りののどかな村を歩くことにし一軒の家に入ってみるとチベットの家にしてはまともだし電源プラグ家電も充実しているが部屋が全部でふたつの平屋なので誰かがお泊りするときは床で寝ることになるんだろうなと思いつつも同行の者が家の小ささにこぼした文句については日本人は部屋が多い家に住むのが当たり前になってるからそう思わないけどチベット人はこのような家に住んでいるから家から出て過ごすことも多く自然に触れ合う機会も多いんだと説明する夢を見た。一部の外人は家の外に出て過ごすことが多くその場合家の中と外が比較的境目として機能していないため家が狭くても気にならないというのはおれの常々考えているところであり、それが夢に反映されてしまった。あと、古書店を回って帰りたいから図書館を先に出て最初の古書店に荷物を取りに向かうと店が閉まっていて一階で店主が作業中だったからこっそりと二階に上がり井戸端会議中の近隣住民に見られないように図書館の本を鞄にしまったら仕切り役のおばさんがおれに言うでもなく図書館の本を破って申告しないひともいますからねえと言ったので確認すると確かに破れていたがおれが破ったわけでもなかろうし仮にそうだとしても面と向かって言わないのは無礼だと思う夢を見た。古書店が入り口も二階も完全にプレハブ小屋であったのが印象的だった。起き抜けには、骨壺が並んでいるロッカーから有名人ツイートが見えたが有名人だとどうでもいいことでもちやほやされるんだなと思う夢を見た。意味は分からないがロッカーの向こうに壁がなくてあっち側が丸見えでそこにツイートが見えているという仕組みだった。

天気予報が晴れと主張しているが、実際の天気はどうかというとさっきから晴れ間を縫うように強い通り雨が何度も来ている状態で、雨雲レーダーにも活発な雨雲も見えている、どこがいい天気なんだよ、無能か? と憤っていたらインターネットニュースに本物の無能が出てきたのでゲラゲラ笑っていた。その無能とは北朝鮮から漂着した船を監視していた秋田県警で、二十四時間体制で監視していたにも関わらずなぜか漂着船がなくなってしまったとか書いてあって本気でバカだと思った。秋田県民の言う二十四時間とは我々が言うところの十二時間なのか? 確かに、コンビニも早く閉まりそうだし……。これはニュースではないが、知人の女を家に泊めたら大事にしてたアニメDVDを勝手GEOに売られて取り返すにも金がいるみたいな話を読んで普通に胸糞悪くなっちゃった、家族以外を部屋に入れないようにして全部解決だな。とにかく人間を信じたいなら人間を必要以上に信じるなというのが最適解だし、家族以外を、どころか家族を部屋に入れるのも嫌っているおれは全面的人間不信だ。おれという人間は所有欲が強いのでもしそのようなことをされたらアレすると思うが、ただ貸すのが嫌いな代わりに借りるのも強烈に嫌いなので、いまだに図書館で本が借りられないという弊害もあったりする。まあなんだ、秋田県警が二十四時間監視してたのになくなった北朝鮮の漁船もGEOに売られたんじゃないの。

かしここまでインターネットに没頭していても雨はやまない、何が晴れだよ、ウソをつくな気象庁!!!! 雨の予報は当てるのに晴れの予報は外すのって完全にクソなのでは?? 実際、レーダー的には雨雲が消えつつあるけど、残った雨雲がいつまでもしがみついているようにも見える。実際の空の端に見える青空を信じて出かける準備をしたはいいが、本当に止まないので完全にひどい気持ちになり、逆に絶対出かけるという気分になってしまった。それで街の方に出かけたけど、ガレージにはちょっとだけいい本があっただけ、これは悩んだ末に買わなかった。今の興味とは無関係歴史書だったからね。それでブックオフに向かったけど何もなく、むしろ最低価格がいつの間にか二百円にされてる区画があって、即ち他のブックオフと基準が同一になっていて、本格的におしまいでここの店に来ることも少なくなるだろうと確信してしまった。とにかく、終始雨に悩まされ続けた外出となった。

帰宅したら玄関に本が来ていたので検品する。本はきれいだったんだけど、どこもかしこもマケプレ送料を百円も便乗値上げしているから気軽に買えなくなってしまったという事実は残り続けているよね。そんな中深夜に再び一円の本を注文したが、やはり送料は三百五十円、きつい。ところで県内ニュースで性同一性障害の被告こころと一致しない刑務所に入れられて苦痛とか書いてあったんだけど、そんなのって配慮してもらえるのかな。たとえば刑務所って毎日風呂に入れないんだけど、そこに病的なきれい好きが入ってたら毎日風呂に入る権利が獲得できるんだろうか? その辺がどうも謎だった。なんだっけ北欧のあたりなら全部解消してそうだけど、あのへんの国の最低の生活ってのがいまいち把握できてないからな。

11/24[Fri]

一階からの攻略やエレベーターでそれ以上の階へ行くと確実に殺されあるいはエレベーターの中でプレスされてしまうのでまずエレベーターで突然八階へ向かわねばならず受付では敵の攻撃されないことを利用してタイミングを伺い通行人に話しかけてもアウトだから最短距離で猫を捕まえて暗い部屋の所定の位置に戻すと体力全回復と素早さアップを得ることができるがこの素早さが重要なので徒歩で最上階を目指し道のりは左左上のあと霧に包まれたフロアで敵の攻撃を避けながら右に入りあとはずっと右を選択することで凍りついた集会所へ突入し銃弾をくぐり抜けるように大ジャンプをしたあと側近から最高司令官の帽子を受け取って全軍人支配下に置いてようやくクリアとなったので帰りの車であのゲーム即死ポイントばっかりで難しすぎると抗議したらやりごたえあるでしょと返される夢を見た。これはアクションゲームのようであったがクリアしたら急にその体のまま現実世界に突入したので変な感触だった。実際、死の恐怖があったわけだし。起き抜けには金色のロシア国旗の前で名前が消えると部屋ごと消えるという夢を見た。これはよく覚えてないが、トランプの顔をロシア国旗に印刷する抗議活動のことが記憶の肩罪にあって夢に利用されたものかもしれない。

起きてみると冬の天気である、冬に冬の天気と言ってもそりゃそうだろという気がするが、天気がコロコロ変わるので迷惑しているという話をしたいんだ。つまり風が強くて雨がところどころで途切れるというわけで、こうなってくるとまったく先が読めなくて困る、なんとか行きだけでも雨を避けたいんだが分からないものを考えてもわからないのだからしばらくはインターネットニュースを読んで過ごしていた。しかし昨日みたいに雲がちぎれて明らかに大きな面積の青空が広がってくれれば分かりやすいんだけどなあ、それはどうも無理なようだ。いつでも出かけられるように先に出かける準備をしておきつつ、ニュースを読む、なんて効率がいいんだとじぶんの講堂を誇りに思っていたら、ニュースに一切集中できずに終わってしまうという妥当な出来事が起きた。

とりあえずこういうのは思い立ったらすぐに行動しなければいけない、それを体現するかのように出かける準備を「先に」したと言いつつ、その行動をじぶんで裏切るように意表をついてすぐさま出かけた。これで天気の方の虚を突くことも出来ただろうと思っていたのに、結局出かけてすぐ雨が降ってきた。雨雲は死ねや、二度と地球に雨など降るな。さっきも形容したけど冬の天気ってマジでイライラするんだよね、降ったり止んだり降ったり止んだり降ったり止んだりするから。とにかく精神衛生上非常に良くないので金輪際降るな、おれの寿命は地球上から雨が滅んでから百億年後だぞ、分かっているのかお前たちが雨を降らすごとにおれの寿命は延びていく。このような叶いもしない呪いを吹っかけていたらなんと青空が出てきた、マジでウザい、遅すぎるやろ、許しがたいことが発生している。またAmazon在庫が切れたときみたいに許しがたいという表現を使い始めたな。今日はスミノフを飲みながらリリースもしたのでその辺はじぶんを評価できてものすごくいいと思いましたね。本も受け取って、酒も飲んで、リリースもする。あとは一生労働が付きまとわずに政府から定期収入があれば完璧なんだが。夜ご飯を食べているときには、事務所から双眼鏡まで使って北朝鮮の木造船を見る娯楽をこれまたテレビで見る娯楽をしていた。しかし北朝鮮の「超大型挑発」って表現はいただけませんね、今までに比べて圧倒的に圧が足りない。

それではガンガンジョーカー感想を書きます。賭ケグルイが実写ドラマ化らしい。明らかに咲で味をしめている。まあそれにしても近年まれに見るページ数の多さでしたね、千ページ突破していた、いつもこうならいいんだが。『ヴァニタスの手記』、デートの後始末みたいな雰囲気から。前回の不気味な笑みを浮かべた少年が出てこないことが寝てたことと関係あるんだろうな。内容的には次の展開へのブリッジになっている。『賭ケグルイ』、猜疑心が渦巻くギャンブルと言った具合だが、審判の「これが社会」みたいな言い回しちょっとムカついたので良かった。あと白髪さんが大復活した、髪の色は戻らないんだな。『ジャヒー様はくじけない!』、二話掲載だが両方共魔界での部下に悪意なく上手を取られる話。記録されて困る経歴を頭のなかで巡られた挙句、トラック自慢をされていたので笑った。後半も虚勢を張る展開だが、一応自腹でおごるんだな、偉い。『お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない』、読み切りからの新連載。ギャグショートって書いてあったけどジャンル的に謎だ、ショートギャグではダメなのか? 内容は続きじゃなくてもう一度最初からというスタイル。ただ展開は大幅に端折られていて、自己紹介もそこそこに最初からボケまくっている、着替えて無視とか最悪すぎて爆笑した。後半の裸になるくだりもなんでなんという気持ちになったしとにかく良かった。『渋谷金魚』、人気があるので次号巻頭カラーらしい、それにしてもアクションじみてきた。特にダンジョン攻略的なのでしばらくはパニックホラーというよりアクションなのかな、挟み撃ちとか言ってるし。最後のコマで自軍キャラが整列してたのが面白かった。『妹にさえなればいい!』、妹鍋をするというきわどい展開、かと思いきやテーマが妹の鍋だった、そうか……。妹だけに芋を持ってくるみたいな子が一番かわいいでしょどう考えても。他の奴らは普通の鍋にしようとしてるし。『ラグナクリムゾン』、今回は番外編なので短い、主人k脳の元相棒の小さい女、あのままフェードアウトかと思ったら地元で回復した。ギャグまんがじゃないけどやり直しするところ普通に面白かったな。『久住くん、空気読めてますか?』、三角関係という煽りが入ってたのに即完了してしまった。それまでの一部始終という流れで、主人公出歯亀。声がでかくて場を台無しにする女だ!! 『恨み来い、恋、恨み恋』、次の展開へのブリッジだけど、ラストのコマを見る限り次の展開が既に始まっているっぽい。前回もそうだったか、でもラブコメ展開も悪くないし、わたし告白した? って質問は確かに難易度高いな、ウケる個人的には歯磨きのシーンがいい空気だと思った。『遺書、公開。』、煽りに書いてあったけどホラーじゃなくてサスペンスなんだな、サスペンスは好きです。実際今回ひとりの人間が敗北したみたいな感じになったんだけど死ぬとかではなかったし。断片的エピソードのぶつけ合いって態なんだけど、攻撃側がスッキリして終わるだけでは? とちょっと思ってしまった。『メイのメイデン』、サービス入浴シーンから入って本編に行く。あらかじめ最後を噛ませておくと、これ二連続で主人公が勝つ雰囲気出してるんだな。しかし一瞬でイカされた事件を何度も掘り起こしてやるなよ、かわいそうだろ、メチャクチャ面白いけど。『マジカルテーブルクロス』、有名なきのこたけのこ戦争の話。商標が使えるという利点を最大に活かしているな。たけのこ側の衣装ヤバすぎだろと思ったけど、きのこのロボも気合い入りまくりでウケる、ごった煮で良い。『オタカ腐女カノ』、芯は清純なラブコメなので、というより序盤だからだろうけどかなりピュアなことをしておる、お前っておれのどこが良くて付き合ってるの? みたいな。テンプレだけどいいですよね。承認欲求も満たせるし。『ハッピーシュガーライフ』、回想が長すぎてもうただの胸糞昼ドラエピソードみたいになってきたけど大丈夫なのか? こないだも書いたけど主人公のサイコっぷりに反比例して過去のエピソードが普通に胸糞なだけというのはちょっとひねりが弱いと思う。『世音ちゃんは甘やかしたいのに』、題名に名前入ってる系でデコヒロインですがおれはデコが好きです。お互いがお互いベタベタで同じことが好きで嫌いで嫌ではないという単純だが心情的には複雑な感じがいいですね、一応男の方も痛み分け食らってるし。こういう雰囲気だからエロがくるとは想像してなかったしそこもすごい。射程が広くて安定感があるし面白かった。『ソード・オラトリア』、いよいよ本編と被ってきたな、というか本編が月イチ連載になってるから引き離せないんだが……。ほとんど被っているが、主人公が本編主人公の服を魔法で乾かすのは見てないし笑った。『賭ケグルイ双』、半年ぐらいかあるいはそれ以上力をためてためて先月ババーンしたキャラがみんなの結束であっさり追い込まれたのでスッキリするエピソードだった。最後のコマの「すなわちお前を殺す」という見開きがすげー良かったな。『座敷娘と料理人』、読み切り。座敷童子ほっこりエピソードに使われることはよくあることでこの作品も基本的にはそうなんだが金銭欲や当初の素っ気なさがいい味付けになっていた。あと冒頭にカレーのシーンを出して、話の途中で特に指示もなく突然戻しているのに流れ自体が自然だったのが良すぎてびっくりした。あの自然さは本当にいい。『あの夏のイヴ』、これはネット連載の第一話だけ掲載だからパス。つーかここで八十ページぐらい稼いでますね。『賭ケグルイ(仮)』、ラブコメお約束倉庫に閉じ込めネタ黒ひげ危機一発ネタの二本。突如壁を壊そうとするのも良かったけど、「助けて!」のシーンって本編をなぞってるよね、あれ爆笑した。二本目の全方向ツッコミテンポが良かった。『僕が僕であるために。』、今回は単純に、主人公と顔が似てるキャラが何を考えているか探る回。ヒロインがビッチなのはともかく、主人公も一切勇気がなくてイライラするんだよな、だから何もかも失うみたいな描写をされたのかもしれないが。『お嬢様には刺激が強い!!』、読み切り。お嬢様の妄想にかこつけて少年誌エロ本を書こうとしてる、悪い奴だ!!!! 内容はなんと競泳水着セックスです。中の方があったかいと言われて挿入シーン思い浮かべるの、もう脳全体が春でしょ、ウケる。『INNOCENT-DEVIL』、簡単に書くと双子を口減らしみたいな展開ではあるが、内容が結構重い、重いが双子の片割れのためにもう片方が死ぬ、感情は分からないが嘘をつくという展開はアツい、救いのある絶望みたいで良かった。『そらいろフラッター』、二話掲載だがライバルゲイが登場&活躍で二話って感じ。はっきりしないとは悪いがしかし主人公もゲイに興味を持ったり幼馴染みのゲイが恋に芽生えたりという展開で関係性が分厚くなっていってる。女、必要か? というぐらいに。『Jヲタ男子☆朝比奈くん』、最終回は主人公がいかにしてファンになったかという話、意外にハマり方普通みたいなツッコミ笑った、普通でいいだろ。多分特別過ぎる人生だから普通が尊いんだろう。で最終回だったはずがアンコールありという謎の展開で、そこで一番笑ってしまった。以上です。

それではまんが4コマぱれっとの感想を書きます。ロゴを新しくして雑誌本体が薄くなったことに危機感を覚えるが、アニメ化作品がある限りはまだ大丈夫かな。『すのはら荘の管理人さん』、初詣に行く話。女所帯だとリビングで着替えとかありそうで良い。ギャル巫女に揉まれてる間、明らかに管理人さんが酒の話してるのにごまかすのウケる、バレとるやろ。最後の欲張り描写もいい。『未確認で進行形』、実家に行くということはご挨拶ということ、なぜそれに今気付くのか……! お見合いで頭がいっぱいになってるキャラの描写もしっかり残してるのも良かったけど、ツッコミ不在空間は笑った。頼りっぱなしだな。『氷室の天地』、ゲームが開始したという流れ。この辺はゲーム分かってないと半分ぐらい分からなそうだが、サガ要素ひとつもなかったのにチェーンソーで「かみ」を切断していたのでハッとなった。『吸血鬼はじめました。』、満月でハーフである主人公の吸血鬼の度合いが高まるという話。結論からいうと次号お泊り会なので、その引きのために若干「見境なく吸血しそう」というシリアス感が出てる。風邪がはやるってそっちの意味か、ウケる。『スターマイン』、元気なヒロインに応援してもらった結果、嫉妬されて囮になり勝利とか悲しすぎて笑える。応援するつもりが結局一緒に遊んじゃうの、いい雰囲気ですね。間接ワッシャも面白いけど、チア部に謝れというツッコミは的確過ぎて爆笑した。『そわそわDrawing』、主人公が完全に絵を描けなくなったのでシリアスな展開が続いている、子供の頃から好きだったのにというのは切ない。女子高生の迫り方は面白かった。気晴らしのように絵が描けないというの、真面目だけど融通利かないな。『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』、扉絵を見て主人公のサービスカットかと思ったら、みんなが日常を送る中主人公が常にオチに使われ続ける面白展開だった。みんなそこそこ平穏な生活を送っているから、余計に主人公の怠惰が笑える。でも怠惰な人間はいい人間だ。『かさねインテグラる』、低血圧だから毎朝二時間かけて体調整えるの、時間の無駄っぽくてかわいそうだな。とにかくそんなヒロインをサブヒロインが怖がっているのがかわいかった。そのヒロインも気を抜いてるし、主人公はあのタイミングで見つからないのすごいし。『きょうのバカわん娘』、主人公がとにかくじぶんをまだ犬だと思っているのでギャグが強い、一緒に散歩に行くとか遊ぶ、だっこがすべて犬に対してのものと処理されててウケる。フリスビー取るの常に犬に勝つってどんな体力だよ。あと、尻描写があった。『あまえてキビシ』、同級生が姫候補になる。というかその同級生が前回の股間の話を引きずっているので常に股ぐらの話になっててウケる、花が生えるって隠語みたいだな。あとこの手のキャラにしては飲み込みが早いのも面白い。『ゆずかアプセット』、今回は四ページと少なめなので、お姉さんキャラみたいなのが出てきて終わった。出づらいのは分かる。『だんちがい』、結構前の銭湯展開を踏襲してるの偉いと思う。ともかく一番下の妹の成長は早いので、そうと気付かず振る舞う年上のみんなの応対が逆に子供じみてしまうという描写がすごく巧みだった。何気に風呂シーンもあるし。『隣人を妹せよ!』、二重人格さんが片割れから貰った髪留めを壊しちゃって落ち込む話なんだが、途中で頭ナデナデからの携帯撮影という完全なツッコミ排除展開があったのでゲラゲラ笑った。あと大オチの髪留めの量もかなり良かった、普通ここでそんなオチつけるか? 『月のテネメント』、コーヒー屋改善の話、写真で客を釣ってる戦略なのに来ている客がまともですごい! 後半の出かけてる内に行き先が不明になってなんか適当にまったりしちゃう感じが良かった、あと思い出のでかい橋のシーン。『再生学校』、最終回だけど最後までドタバタ、パンチングマシーン壊して正解みたいなのもいいけどレズっぽい相思相愛描写もなかなかでは。最後には主人公の不運設定もちゃんと活かされていてかなり巧みだと思った。ラストにカラーページ。『みりたり!乙型』、サブミッションの専門家が来て布団の中で関節技、完全にセックスでは……と思うし、展開的にもなんかそんな雰囲気になってて笑った、一線交えてるじゃん。後半のなんか知らんけどわたしが争いを止めたアピールもかわいかった。『カルデアのドールマニア』、FGOをよく知らないので展開もかなり分からないが、セーラー服が貴重な世界なんだということは分かった。あと最後のでかい手のキャラ、壁の後ろに隠れるの下手そう。『不思議なソメラちゃんオートクチュール』、猫のキャラ、明らかに作者が忘れてた雰囲気バリバリ出ててウケる、人間がみんな荒んでいるのに……。窓ガラスの破り方から昭和の香りしかしないし、貰ったあとにメタ的な台詞を言い放つのも良かった。以上です。

11/23[Thu]

遠い土地へ向かったんだけど帰りにコンビニに寄ったら六百円のカツが一個だけ五十円になっていて安過ぎるぞどういうものなんだと顔を近付けて確認するなどしていたら他の誰かに買われたのかいつの間にか消えていたので他のパンを手に取ってレジに向かったところおそらく店主と思われるレジの人間お話があるんですと言われお近くにお住まいですかとの質問だったからこれバイトを頼まれるんじゃないだろうかと直感別に嘘でもないので遠くから来ましたと回答するとへえそうなんですかと味気ない応対をされる夢を見た。この時のコンビニの外の様子を今ならまだ思い出せるレベルで覚えているんだが、特徴がない代わりに見覚えもない風景だった。あと、巨大なひとと寝ている間に完全に見覚えのないツイートをしていたみたいなので履歴を見ながら酒は控えないとなと思う夢を見た。これは実際にありそうなことではあるんだが、ベロベロに酔うまで飲まないからなあ、おれは。だってベロベロに酔っぱらったら酒の味分かんなくなってつまんないじゃん。ところで巨大なひとというのは約二倍の身長があるひとのことです。起き抜けには、ホームランボールいるかと言われていらないと返しているとドラフト一位の奴の趣味女装らしいので高級スナックまで確認しに行くぞとドアが真上に開くタイプの白い車に乗せられる夢を見た。ドアが真上に開くタイプの白い車のパンチが強すぎたので、起き抜けの夢の割にはよく覚えている。

今日勤労感謝の日だが、感謝すべき勤労もなければ掲揚すべき国旗もない。どいういうことかというとこちとら日本海側の人間なので天気が悪いかもしくは今青空だが異常に風が強くて国旗掲揚できないってわけ。数日前から、どうも今日のこの日は天気が悪いみたいだという予報を受けて覚悟が決まっていたので別に意外でもなんでもないんだけど、折角の休日に国旗ひとつ掲げられないんだから物足りなさはある。しかも明日も大荒れの予報だ、明日は雑誌の受け取りがあるんだよな〜、まあ気合でなんとかするしかないのか。インターネットニュースを読んでいると、外国では空港でヒッピーみたいにして騒いでる集団がいたみたいで、飛行機の遅れをむしろ喜んだ、度量の広い良いひとたちですね、というほんわかニュースが流れていたが、それを表現するために『便の遅れに「大喜び」』て書いてあったんだよね、いや言いたいことは分かるしそうすべきなんだろう、でも便秘にしか見えないんだよな。

通り雨みたいな強烈な奴が降ってきてすぐ止んだ。出かけるつもりがないので勝手にしてくれと思っている。引きこもって本とインターネットを往復していたところ、三菱マテリアル品質不正報告をしているという記事が上がってきた、おい三菱〜〜!! 資本主義はもう終わりです、そうじゃないか? 結局経済的関係でしかものを見ていないから企業に企業の隷属者として取り込まれた偉い人間がこんな不正をして、結果的に下っ端に生活上の迷惑をかけたりするんだ、不正に儲けた分はどうするんだと常に言いたいし資本主義を一部後退させてベーシックインカムを配るのが一番いいんじゃないかと言い続けもしたいよ。このあとに、労働が辛いけどインコ十二羽(も)飼ってるから癒される〜みたいなニュースを見てなおさらそう思ったね。そんな量のインコに癒やしてもらわないとメンタルの辻褄が合わない労働ってもう正当な労働じゃないだろ。労働をするにしても負担のない労働をして、それなりの給料をもらい、それなりのインコを飼育して、無料で楽しめる人生を分厚く過ごすのが正解ってもんでしょ。とても不愉快になるニュースだった。その様子を家族にも把握されたのだろうか、六面すべてに「ありがとう」という文字が入った箱ティッシュプレゼントされた。無だ。

 

HP/ BBS/くろかわことkkshowが世界平和を訴えながら書きました