Hatena::ブログ(Diary)

熊おやじの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-06-25

見舞いは遠慮

 今日の午後、睡眠科から循環器内科の病室に移動しました。770病室。縁起はよさそう。見舞いを考えてくださっている方、お気持ちは嬉しいのですが、ご遠慮下さい。息が切れて、話し相手ができませんので。

2016-06-24

歩行禁止

 酸素吸入チューブをはずすことと、病室(個室)外での歩行を禁じられました。

2016-06-23

医師と看護師

 入院して痛感したのですが、現代の大学病院では、医師は患者よりもむしろ、各種ハイテク機器がはじき出す検査数値表を見ているのです。患者と人間的な接触があるのは、医師よりもむしろ看護師です。ー「治せない病気は山ほどあるが、看護できない病気はない」(中井久夫中井久夫氏によれば、内科医は検査数値表を読み解くことで「男らしさ」を証明しているそうです。病院内に教団人がいる天理病院のようなシステムや臨床宗教師には、それなりの合理性があるのでしょう。

2016-06-22

見舞い

 学生が見舞いに来てくれました。気持ちは嬉しいものです。

2016-06-21

入院

 午前中ずっとバタバタして、ようやく飼い猫を元里親のもとに戻す。午後、入院。たちまち、チューブまみれのスパゲッティにされました。

2016-06-20

心不全

 今日は授業日で、授業3コマ。休講して大学病院で精密検査を受けたところ、心不全との診断で、即日入院を命じられました。残務整理があるので1日猶予してもらい、明日午後から入院治療を受けることになりました。入院期間は、心筋がどれだけ生き残っているかにもよりますが、3週間〜1ヶ月が目安だそうです。みなさまには大変なご迷惑をおかけしますが、死病ですし、医師命令ですので、どうかご寛恕下さい。