くらのすけの映画日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

日記ロゴ 「シネマラムール」の管理人くらのすけの映画鑑賞日記です。
なるべく、見た直後の印象を書き込んでいるのでネタバレがある場合があります。その点ご了解ください。
また、大ファンの上戸彩さんのBLOGも運営しています
■■■

2018-09-25 はてなBLOGへ引っ越しました このエントリーを含むブックマーク

このサイトは本日より

はてなBLOGに引っ越しました。

URLは

http://cinemalamour.hatenablog.com/

よろしくお願いします

2018-09-24 映画感想「コーヒーが冷めないうちに」 このエントリーを含むブックマーク

kurawan2018-09-24

コーヒーが冷めないうちに

もっと薄っぺら映画かと思っていましたが、意外と演出のリズムがしっかりしていて面白い作品になっていました。原作活字映像イメージに変換するテンポが良かったと思います。ただ、もう一歩物足りなさが見えたのと、テレビスペシャルの域を出きれていなかったのが少し残念です。でも泣きました。監督は塚原あゆ子。

電車がスローモーションですれ違うショットから、街の風景がゆっくりと動く映像で幕を開ける。ここフニクリフニクラという喫茶店では、ある席に座ってコーヒーを飲むと望んでいる過去に戻れるという都市伝説があった。半信半疑大学生新谷亮介がマスターと話しているシーンから物語が幕を開ける。一人のOL清川二三子が一週間前に戻ってアメリカに旅立った幼なじみに会いたいという。過去に戻れる席には一人の女性が座っていて、彼女が席を立った瞬間しかそのチャンスがないというウェイトレスの女性数の説明に、二三子はそのタイミングで座る。

過去に戻れるのは、数が入れたコーヒーが冷めるまでで、その間に飲み干さないと現実時間に戻れず幽霊になってしまうのだという。二三子は勇気を出して過去に戻り、幼なじみに会うが、言い切れないうちに現代に戻ってしまう。しかし、言い切れなかったことはこれから未来で言うことにして、二三子は前に進む。

ここに、アルツハイマーでその席を待つ佳代という女性がいる。毎日、夫の房木がやってくるのだが、ある時、喫茶店の閉店後にやってきたとき、たまたま席が空き、房木は過去に戻り、三年前、妻が渡したかったという手紙を受け取りに行く。そして、妻は房木にバースデーカードを渡す。そこには自分の病気のことも書かれていた。房木は、過去の妻を励まし、現代に戻り、いままで知らぬふりで妻と接していたのをやめて、改めて妻として接するように結審する。

ところで、過去に戻れる席に座る女性は誰かというと、実は数の母親であった。数の母は数の父親に会ったまま、コーヒーを飲み干さず幽霊になったと思っていた。数は自分が入れたコーヒーで戻らなくなった母に罪悪感を持っていた。

ここに、スナックを経営する平井八絵子という女がいる。田舎には仲のいい妹がいて、彼女が老舗の旅館を継いでいたが、ことあるごとに八絵子を連れ戻しにこの喫茶店に来ていた。あるとき、この妹が事故で死んでしまい、八絵子は一言謝るために過去に行く。そして、戻ってきた八絵子は妹の後を継いで旅館女将になる。

大学生新谷はこの喫茶店に通ううちに数と仲良くなり付き合い始める。やがて新谷社会人となり、数のおなかに赤ちゃんができる。しかし、母への罪悪感に悩む数は複雑な気持ちになる。過去に戻って母に会いたいが時田家の女性が入れたコーヒーでないと時間の移動ができない。マスターはあの席に座れば過去のみでなく未来にもいくことは可能だと新谷に話し、それをヒントに新谷は数にある計画を実行する。

数が新谷の言われるままに早朝の喫茶店に行くとそこに一人の少女がやってきて、私がコーヒーを入れるからと、数にあの席に座らせ、数をさかのぼらせる。なんとこの少女未来の数の娘だった。数の娘の力で数を過去に行かせたのだ。

数は、過去に戻り、母が何故戻れなかったのかを知る。余命三か月と知った母は、娘の将来を心配し、あの席から未来へ行く、そして、そこでトラブルで戻るタイミングを逸したのだった。

すべてを知った数は、母の元から戻り、やがて新谷との間に子供が生まれ、幸せになっていく。

映画は、ここで終わります。数と新谷ラブストーリーをさり気なく一本の話として通して、不思議な席で繰り返される感動のドラマを枝葉に配置した脚本がなかなかうまい。ただのエピソードの羅列にしなかった構成映画を一本の作品としてまとめたという感じですね。もうひと工夫あれば傑作になりそうな出来栄えでした。有村架純がいい雰囲気を出していました。

2018-09-21 映画感想「鏡の中にある如く」「若い女」 このエントリーを含むブックマーク

kurawan2018-09-21

「鏡の中にある如く」(デジタルリマスター版)

見事な映画ですが、やはり眠気が襲ってくる。淡々と語られる物語の背後に潜む人間不安、いまにも壊れそうな心の葛藤、そして寒々とした景色、これがイングマール・ベルイマン監督映画である

作家のダビッドとその娘で、心の病があり、先日退院して海辺の家に来たカーリン、そしてその夫のマーチン、カーリンの弟のミーナスがこれから夕食を取ろうとしている。

ダビッドは先日帰ってきてみんなにお土産を渡すのだが、形式的に買ってきたのでどれもサイズが合わない。それでも子供たちはそのことを言わずお礼を言う。そして自分たちで稽古したお芝居をお礼に披露する。

カーリンは時折、囁き声が聞こえ、二階の部屋に一人で上がる。そこに神が現れるのだという。

医師のマーチンはそんなカーリンに不安を覚えるが暖かく愛している。

ある時、カーリンは父の書斎の引き出しから日記を見つけて読む。そこには、カーリンの病が治る見込みがない事、その様子を観察し続け、自分の本にしようと考えていることが書かれていた。

カーリンは次第に不安になり、心の平安が崩れ始める。そして弟のミーナスをからかううちにとうとう体をかわしてしまう。

しだいに壊れて行くカーリンに、マーチンは町の病院に移る決心をする。そして荷造りを終えたのだが、カーリンはまた一人二階の部屋に行き、神を迎えようとする。そして、絶叫とともに壊れてしまう。

マーチンは安定剤を注射し、カーリンをヘリコプターに乗せる。残ったミーナスは父とカーリンたちを見送る。父ダビッドは、カーリンは神とともにいると話す。愛こそが神だと告げる。父の言葉にミーナスは、父が話してくれたと目を輝かせ振り返って映画が終わる。

カーリンが神を待っている部屋の外にヘリコプターが降りてくるシーン、それまで自然の景色と人間のみの映像に飛び込んでくる文明の機械のカットのインパクトの強さ、カーリンがミーナスを誘う時の浜辺に打ち上げられた難破船のカットなど、どきっとさせるものがあるし、美しいカメラ映像との対比で描かれる一人の女性の壊れて行く心の物語は、さすがに陶酔感を生むものの、超一級の仕上がりを見せてくれます。やはりベルイマンはすごい。

f:id:kurawan:20180921161135j:image:left

若い女

ちょっと面白いリズム感のある映画でした。オープニングから何気なく引き込まれて、主人公ポーラ女性像に共感こそしないものの、こういう今時女子もありかなと思えるオリジナリティが面白かった。監督レオノール・セライユ

いきなりポーラがドアを叩いているシーンから映画が始まる。10年付き合っていたジョアキムに部屋を追い出されて喚いているのである。それでも入れてくれないので仕方なく離れる。そばに猫のムチャチャがいたのでその猫を連れてパリを放浪

たまたま幼馴染と間違われた女性食事をして、おどけた格好でバーで遊び、猫を飼ってるから友達に追い出され、安宿も追い出される。下着売り場で仕事しようとしたら断られ、成り行きで、ある家のベビーシッターになることに。

なんとか生活する場所を見つけたものの、どこかふわふわと地に足がついていない感が、どうなるのかと思うよりも、こういう生き方もありなのかなと思ってくる。下着売り場の同僚の黒人と親しくなるが、だからと言っていい仲に進展もしない

やがてジョアキムの子供ができていることに気がつくし、追い出した割には気にして何度も電話してくるジョアキムもよくわからないのだが、一方そんな男を逆に袖にしてしまポーラ女性像も新鮮。

結局一人でタバコを吸う彼女カットエンディング

自立したというような強い女ではなく、と言って周りに媚びるわけでもなく、と言って、落ち込んでいるわけでもない。そんな新しい形の女を斬新なリズムで描いたオリジナリティが新鮮でした。

2018-09-20 映画感想「冬の光」「秋のソナタ」 このエントリーを含むブックマーク

kurawan2018-09-20

「冬の光」(デジタルリマスター版)

何年かに一度見ていますが、流石にこの作品カメラの美しさには息を呑みます。冒頭の寒々とした雪景色の中に浮かぶ教会のカット主人公トーマスが礼拝をする教会の中のシンメトリーな構図、窓の外をじっと見るトーマスの横顔がハイキーな露出で薄くなり、また礼拝堂でその場に崩れたところ、窓の外から日の光が差してくる演出など素晴らしい。言うまでもなく監督イングマール・ベルイマン

美しい教会のカットから、中では主人公トーマスがミサを行なっている。風邪で体調を崩し、しかも四年前に妻を亡くしてからは日々神の存在に疑問を持ったまま過ごしているので、ミサにも力が入っていない。教師恋人マルタはそんな彼になんとか寄り添おうとするがトーマスに救いが見えない。

一人の信者ミサのあと夫の悩みを聞いてやってほしいというので、のちほどくるようにとトーマスは告げる。そして遅れたもののやってきた男にトーマスはこれまでの自分の苦悩を打ち明けて励まそうとする。しかし、その帰り道男は拳銃自殺してしまう。男に自分を重ねてしまうトーマス。

トーマスはその男の妻に死を知らせ、離れた地でその日の二ツ目のミサを行う。冒頭と同じカットでトーマスは「神はこの地に栄光をもたらしている」と語り映画が終わる。

神の存在に疑問を持ち、その救いをどこに求めればいいか苦悩するトーマスを通じて、果たして神は存在するのかを問いかけるベルイマンの筆致は素晴らしい。ズヴェン・ニクヴェストの見事なカメラと背後の音楽を廃した淡々とした寒々した映像に引き込まれてしまます。やはり何度見ても傑作。見事でした。

f:id:kurawan:20180920182438j:image:left

「秋のソナタ」(デジタルリマスター版)

素晴らしい映画ですが、ひたすら会話劇が続く終盤は流石に眠くなってくる。それでも、美しい映像と細かいカット切り返しから続く延々とした会話の応酬、そして細かいカット切り返しという斬新な演出のテンポは本当に圧倒されます監督イングマール・ベルイマン

エヴァが母を呼び寄せる手紙を書いている姿を夫が説明するオープニングから映画が始まる。母は著名なピアニストで、若いから娘のことに目を向けていなかったが、母に会いたいと言う気持ちで呼び寄せたのである

そして母のシャルロッテがやってくるが、開口一番、エヴァは妹のヘレナも引き取ったと告げる。ヘレナは体が不自由で口も喋りづらい障害があり、施設に入っていたのだ。しかもシャルロッテはそんなヘレナを憎んでさえいた。

しかしシャルロッテはヘレナにも母としての愛情表現をする。しかし、エヴァは事あるごとにシャルロッテに、子供時代からの恨みつらみを語り始める。

二階のシャルロッテの苦悩と一階のエヴァの思いを細かいカット切り返して描く前半の映像、素朴ながらも美しく配置された室内の構図と色彩演出に並々ならないクオリティを実感してしまます

クライマックスはシャルロッテへのエヴァの延々とした恨みつらみとそれに対するシャルロッテの返事が描かれて行く。そして、シャルロッテは帰って行く。

列車の中で付き人本音を語るシャルロッテ。母を送り出して元の生活になったエヴァ。二人のカットとセリフが冒頭と同じく細かい切り返し編集で描かれて行く。そこに交わるものはないのかもしれない。

ほとんどが会話劇という構成ですが、全体が見事にまとめ上げられているし、これこそ映画づくりと言わしめる傑作だと思います

2018-09-19 映画感想「沈黙」「仮面/ペルソナ」「ヒトラーと戦った22日間」 このエントリーを含むブックマーク

kurawan2018-09-19

「沈黙」(デジタルリマスター版)

イングマール・ベルイマン監督代表作の一本。久しぶりの再見。何度見ても、言葉にできない余韻がある傑作。しかもシーンのそれぞれの記憶があるのに、物語の記憶がない。それでも、何度見ても素晴らしい作品だと思います

列車の中のシーンから映画が始まる。姉のエステル、妹で自由奔放なアナ、その息子のヨハンの3人である。外の景色が次々と流れるのだが、時に延々と戦車が並んでいるシーンなどどきっとさせられてしまう。

ヨハンは退屈なので廊下に出る。客室の軍人をのぞいて見たりしながら、どうしようもなく過ごすヨハン。ところがエステルの体調が悪くなり、とある街で下車、ホテルに入る。

アナはいつのまにか男への欲望に苛まれ、自ら慰めたりする。街に出て男に視線を送ったりする。そんな妹を蔑むように監視する姉のエステル。

ホテル執事の老人の男は言葉が通じない。ヨハンは、母も相手してくれない中、ホテルの中を歩き回る。ある部屋では小人たちの劇団員がいて、しばらく遊んでもらったりする。このヨハンが、時折口を聞くにもかかわらず、その本心は完全に沈黙しているために、どこか抑圧された不気味さがある。

アナホテルに男を引き込んできて、ヨハンの前で平気でキスをし、部屋に引き入れてしまう。姉のエステルさえも呼んで、目の前で男に抱かれる。そんな妹をじっとみるエステルだが、一方、体が弱くて思うようにならない自分がもどかしくもある。

やがてアナとヨハンは先に旅立つことにし、エステルはもうしばらくホテルに残る決断をする。エステルはいつ窒息して死んでしまうかもわからない恐怖に身悶えする。そして列車に乗ったヨハンとアナのシーン、外は豪雨で、窓を開けてびしょ濡れになるアナ

ヨハンはエステルが書いてくれたメモを広げて読む。それをみるアナ。何が書いてあるのかわからないままに暗転エンディング

ベッドの脇から俯瞰で捉えるエステルやアナカメラアングルがドキドキするほどにエロティックだし衝撃的。こういう絵作りの感性が凄い。

夜、ヨハンが外を見るとゆっくり戦車路地を入ってきて走り去って行く。まるでエステルに忍び寄る様々な苦しみ、そしてアナの心に迫ってくるエステルの視線のごとき描写凄さ

映像が語りかける恐ろしい芸術世界を垣間見る。これがベルイマン映画の魅力ですね。

f:id:kurawan:20180919182706j:image:left

仮面ペルソナ」(デジタルリマスター版)

何度見ても、なんとも言えない。イングマール・ベルイマン監督感性の極みのような作品で、その圧倒的な自由奔放な映像作りに息を飲んで陶酔感に浸ってしまいます

映写機のハロゲンランプに火が入れられ、フィルムがまわり、映写が始まる。スクリーンにはアニメ画のようなものが映し出され、時にフィルムの冒頭のような映像、そして、燃える直前のような絵が出る。キリストの手を思わせる釘を打つカットや、羊の生贄を捧げるようなカットが挿入される。

何もない無味乾燥な部屋に真っ白なシーツを着た少年が寝ている。起き上がり壁に向かうと巨大な顔がピンボケのままにこちらに向いていて、おそらくスクリーンに映し出されている顔なのだろう。それを少年の手がなぞっている。このオープニングからまず圧倒される。

舞台女優のエリーサベトは突然舞台の最中に声が出なくなり失語症になる。笑がこみ上げて来てそれを押し殺したのだという。何もない舞台劇のような病院の一室に横たわるエリーサベト。彼女看護婦アルマがつく。

やがて、医師から、ここでの治療は終わったので自分の別荘で養生しなさいと言われる。そしてエリーサベトはアルマと一緒に海辺の別荘にやってくる。

全く言葉を発しないエリーサベトにひたすら語りかけるアルマ。そして次第に自分の隠していた様々な過去を語るようになる。

海辺での若い男たちとの遊び半分の情事、そして妊娠、堕胎。フィアンセとのこと。それらの赤裸々な告白をするうちに、アルマは次第にエリーサベトとの境界が取り払われて行くようになる。

エリーサベトをたずねてきた夫はアルマのことを妻だと感じてしまい、時にアルマとエリーサベトの顔が半分ずつ重なったりする。果たしてこれも現実なのか、幻覚なのか。

言葉が重なり、映像が重なり、どちらともなく一つになって行く。それは、お互いが被っていた仮面が次第に剥がれて行く過程でもあるのかもしれません。

そして次第にアルマ自分存在が全て丸裸になって行く様を感じ、エリーサベトに感情的にぶつかり始める。

やがて、時が経ち、エリーサベトは荷造りをしている。部屋の片付けをするアルマの姿、バスがやってくる。別荘の外には巨大なキリストの首のオブジェ。映画を撮るカメラのショット、バスに乗ってエリーサベトらが去る。冒頭の少年が巨大な顔に向かって手をかざしている。フィルムが回り、やがてハロゲンの火が離れて消えて暗転エンディング

全てがエリーサベトの心象風景であったのか、全てが映画の中の話であったのか、どこまでが現実かわからない境界のない映像。中盤で、窓の外を見るアルマカットが突然半分に敗れ壊れて行くというシュールなカット。全てはベルイマン監督の頭の中で組み立てられた映像世界なのである

全く素晴らしいというほかないが、一方で本当に難解である。何度も意識が飛びそうになってしまいましたが、また見たくなる。それがベルイマン映画の魅力である

f:id:kurawan:20180919182749j:image:left

ヒトラーと戦った22日間

ナチスのソヒボル絶滅収容所で起こった脱走劇の実話をもとにした作品。絵作りのクオリティがそこそこ面白い作品でした。監督コンスタンチン・ハベンスキー

ナチスのソヒボル収容所ユダヤ人が送り込まれてくるところから映画が始まります。そして、職人など役に立つ人間以外はガス室殺戮されて物語が始まる。

何かにつけてナチスの悪逆非道ぶりが描かれますが、夜間の収容所の霧に浮かぶ映像やさりげない構図に絵作りをしている演出が見られ、果たして美しい映像にするのが良いのかはともかく、映像作品としてはちょっとしたものです。

物語はサーシャという一人の男が、収容所人間をまとめながら、最後に脱走をするという展開になります集団劇なのであまり個別登場人物描写はされないし、突然出てくるキャラクターなどかなり手抜きの部分も散見されます

ラストは、今日しかないと判断したサーシャが全員に逃げろと叫び、約400人が一斉に脱走。スローモーションでこちらに向かってくる人々を捉えながら、最後は一人の人間大平原を逃げる姿でエンディング

あざといながらも美しい絵を描こうとしている姿勢の見られる映画作品でしたし、ナチス描写嫌悪感を催すほどの極端な描き方が非常に印象に残りました。