格闘技徒然草

0000 | 01 |
0013 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0017 | 01 | 02 | 03 |
1993 | 11 |
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 |

2017-03-28

[] ★4.23舞浜:扇久保の対戦相手は元UFCのダニー・マルティネス 19:56

4.23プロフェッショナル修斗舞浜大会決定カード発表

◎フライ級(-56.7kg)5分3R

扇久保博正(日本/世界フライ級王者/パラエストラ松戸)

vs

ダニー・マルティネス(アメリカ/ALLIANCE MMA

マルティネスは2013年のTUF18に出場したものの、ハウス入りをかけた予選で敗れた。しかし翌年、クリス・カリアソと対戦予定だった堀口恭司が負傷欠場し、堀口の代役としてUFCデビュー。カリアソ、スコット・ヨルゲンセンに連続判定負けした後、ビザ問題で大量欠場選手が出たUFN70にバンタム級でスクランブル出場。サーワン・カカイと対戦し、これも判定負けで3連敗。

通常はリリースされている戦績だが、緊急出場で階級上の試合だったため、もう1試合チャンスを与えられ、オーストラリア大会で地元のリッチー・ヴァスリックと対戦し、判定でUFC勝利を挙げている(ヴァスリックはその試合で引退)。

が、その後試合が組まれないまま、最後に勝ったにもかかわらずリリース。昨年はファイトパスで中継されているCombate Americasで判定勝ち。今年1月にはロシアのACBのアメリカ大会で判定勝ちし、現在3連勝中。

決して侮れる相手ではないが、UFCを目指す扇久保には取りこぼしは許されない。

[] ★UFN111:シンガポール大会でアルロフスキー vs. ティブラ、五味 vs. ジョン・タック、ジャスティン・スコッギンズ vs. 佐々木憂流迦 19:42

http://www.channelnewsasia.com/news/singapore/mma-ex-champ-japan-legend-to-feature-at-ufc-singapore-event/3630972.html

6.17UFCシンガポール大会のカードをChannelnewsasia.comが報じた。

アルロフスキーはUFC復帰後4連勝の後4連敗中。スティーペ・ミオシッチにKO負けした後、アリスターにKO負け、ジョシュにチョークで一本負け、1月にはフランシス・ガヌーに1RKO負けしている。ヘビー級ランキング8位。ティブラはUFCデビュー戦は判定負けしたが、その後前座で2試合連続KO勝ち。

五味も2014年の日本大会で秒殺KO負けした後、2015年、2016年とバックからのパウンドでKO負けという全く同じパターンで敗れ3連敗中。相手の“スーパーサイヤ人”ジョン・タックはグァム生まれでUFC3勝4敗。デビュー戦以外はすべて前座での出場。現在、ジョシュ・エメットとダミアン・ブラウンに連敗中。最近はレジェンド路線だった五味だが、今回は等身大の実力を測定される試合に。

体重オーバーでバンタム級に転向していたジャスティン・スコッギンズが再びフライ級に戻して佐々木憂流迦と対戦。昨年7月、体重を落とせずイアン・マッコール戦をキャンセルしたスコッギンズは、11月のUFNブラジル大会でバンタム級に上げたものの、ペドロ・ムニョスに一本負け。1試合でフライ級に戻ってきた。フライ級ではUFC4勝2敗で転向前のランキングは11位。佐々木はニアホームとはいえ厳しい相手に。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20170328

2017-03-27

[][][][] ★4月のMMAイベント&視聴環境まとめ 12:57

日時はすべて日本時間。基本的に、「日本のどこでもリアルタイムで見られる」ものを優先して紹介。

※3.27Update

1日 Fight Nights Global62

開催地:ロシア・モスクワ 第1試合開始時間:0時30分 メインカード開始時間:未定

放送媒体:ファイトパス

主な対戦カード

  • ヘビー級トーナメント決勝:セルゲイ・パブロヴィッチ vs. キリル・シデルニコ

1日 Bellator175

開催地:アメリカ・イリノイ州ローズモント 第1試合開始時間:未定 メインカード開始時間:10時

放送媒体:AbemaTV

主な対戦カード

9日 Bellator176

開催地:イタリアトリノ 第1試合開始時間:未定 メインカード開始時間:10時(録画放送開始時間)

放送媒体:AbemaTV

主な対戦カード

※プレリムでBellatorキックボクシングを行い、メインカードでBellator4試合が行われる。

アメリカでは録画中継され、AbemaTVでも録画放送が同時中継される。

9日 UFC210

開催地:アメリカ・ニューヨーク州バッファロー 第1試合開始時間:7時15分 メインカード開始時間:11時

放送媒体:ファイトパス(プレリムのみ)、DAZN(メインカードのみ)

主な対戦カード

15日 Bellator177

開催地:ハンガリーブダペスト 第1試合開始時間:未定 メインカード開始時間:10時(録画放送開始時間)

放送媒体:AbemaTV

主な対戦カード

※プレリムでBellatorキックボクシングを行い、メインカードでBellator5試合が行われる。

アメリカでは録画中継され、AbemaTVでも録画放送が同時中継される。

15日 RoadFC38

開催地:韓国・ソウル 第1試合開始時間:7時15分 メインカード開始時間:20時

放送媒体:AbemaTV(予定・メインカードのみ)

主な対戦カード

  • バンタム級タイトルマッチ:キム・スーチョル vs. キム・ミンウ
  • 無差別級:クリス・バーネット vs. ミョン・ヒョンマン
  • ライト級トーナメント国際予選:ナム・ウィチョル vs. マイク・ブロンゾウリス

16日 UFC on FOX24

開催地:アメリカ・ミズーリ州カンザスシティ 第1試合開始時間:5時30分 メインカード開始時間:9時

放送媒体:ファイトパス、DAZN(メインカードのみ)

主な対戦カード

16日 RIZIN 2017 in YOKOHAMA -SAKURA-

開催地:神奈川・横浜アリーナ 第1試合開始時間:15時 メインカード開始時間:未定

放送媒体:スカパーPPV

主な対戦カード

21日 ONE Championship

開催地:フィリピン・マニラ 第1試合開始時間:20時 メインカード開始時間:10時

放送媒体:ネットPPV(AbemaTVで放送の可能性あり)

主な対戦カード

  • ライト級タイトルマッチ:エドワルド・フォラヤン vs. イブ・タン

22日 Bellator178

開催地:アメリカ・コネティカット州 第1試合開始時間:未定 メインカード開始時間:10時

放送媒体:AbemaTV

主な対戦カード

  • フェザー級タイトルマッチ:ダニエル・ストラウス vs. パトリシオ・ピットブル

23日 UFN108

開催地:アメリカ・テネシー州ナッシュビル 第1試合開始時間:7時30分 メインカード開始時間:11時

放送媒体:ファイトパス、DAZN(メインカードのみ)

主な対戦カード

23日 PANCRASE286

開催地:東京・ディファ有明 第1試合開始時間:15時 メインカード開始時間:19時

放送媒体:AbemaTV、ファイトパス、TOKYO MX(メインカードのみ)

主な対戦カード

  • ライト級:久米鷹介 vs. マティヤ・ブラジセビッチ
  • フェザー級:ISAO vs. マルコ・ブルシッチ
  • ライト級:アキラ vs. 徳留一樹

・その他(MMA以外の格闘技や当日中継未定のものなど)

1日 KNOCK OUT vol.2

開催地:東京・大田区総合体育館 第1試合開始時間:17時 メインカード開始時間:未定

放送媒体:SAMURAI TV

主な対戦カード

  • 61.3kg契約3分5R:梅野源治 vs. ロートレック・ジャオタライトーン
  • 初代KNOCK OUTライト級王座決定トーナメント一回戦:森井洋介 vs. 宮越慶二郎

2日 Krush.75

開催地:東京・後楽園ホール 第1試合開始時間:18時(開始前にプレリミナリーファイトを実施) メインカード開始時間:未定

放送媒体:AbemaTVGAORA(18時〜)

主な対戦カード

18日 Lethwei in Japan 3

開催地:東京・後楽園ホール 第1試合開始時間:18時30分 メインカード開始時間:未定

放送媒体:未定(AbemaTVで放送の可能性あり)

主な対戦カード

  • 56垠戚:ティン・タイ vs. 浜本“キャット”雄大

22日 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 〜第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント〜

開催地:東京・代々木第二体育館 第1試合開始時間:16時(開始前にプレリミナリーファイトを実施) メインカード開始時間:未定

放送媒体:AbemaTVGAORA(23日に録画中継)

主な対戦カード

23日 修斗

開催地:千葉・舞浜アンフィシアター 第1試合開始時間:16時(開始前にプレリミナリーファイトを実施) メインカード開始時間:未定

放送媒体:未定(AbemaTVで放送の可能性あり)

主な対戦カード

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20170327

2017-03-26

[] ★InfictaFX22:メインイベント・トーニャ・エヴィンガー vs. ヤナ・クニツカヤ 11:46

バンタム級タイトルマッチ5分5R。前回対戦のリマッチ。

前回はクニツカヤが下からの腕十字を極めてタップアウト勝ちしたが、その際、エヴィンガーがクニツカヤの顔を踏んでディフェンスしていたのをレフェリーに反則と注意されていた。実際には反則ではなかったとして、前回の試合はノーコンテストになり、ダイレクトリマッチが組まれることに。

クニツカヤのローをキャッチしてタックルに入ったエヴィンガー。一瞬倒したがすぐ立ったクニツカヤ。エヴィンガーの首を抱えると飛びつきギロチン。引き込もうとするが、こらえたエヴィンガーが外して下に落とす。下になったクニツカヤは▽。しかし首を抜いてパスを狙う。ハーフになるがクニツカヤ外掛けからヒール。外れたが今度は内ヒールに。膝十字に移行。パウンドを打ち込むエヴィンガー。膝十字はやや抜けかけていて浅い。諦めて足関スイープを狙ったクニツカヤだがエヴィンガーが上になる。パウンド・肘。また下から足に絡んだクニツカヤが足関を狙うがエヴィンガー立ち上がってパウンドを顔面に打ち込む。クニツカヤ腕十字。抜いた。エヴィンガーパウンド。ゴング。

1Rエヴィンガー。

2R。クニツカヤシングルレッグに入るが倒せず。エヴィンガーが逆にタックル。首をギロチンに抱えたクニツカヤだがエヴィンガーにケージに押し込まれ外れる。オーバーフック内股で投げようとしたクニツカヤだがこらえたエヴィンガー。クニツカヤ肘・膝を入れる。エヴィンガータックルに入りテイクダウン。クニツカヤはハーフからギロチンを狙うがケージ際で動きが取れない。ギロチン外れた。インサイドからパウンド。クニツカヤはクロスガードで下から肘。三角を狙ったが外されてパスされた。エヴィンガーバックに。ハーフバックからチョーク。タップアウト。

前回同様、下から極めを狙いまくったクニツカヤだが、エヴィンガーしっかり対処して潰し、パウンドで削っていった。

[] ★InfictaFX22:セミファイナル・浜崎朱加 vs. リヴィア・ヘナタ・ソウザ 11:30

ストロー級

アトム級王者浜崎がUFC進出をかけて階級を上げて出場。デビューからずっとストロー級で戦ってきていて、後のUFCファイターハム・ソヒにも2度勝っているが、後にUFCでタイトル挑戦するクラウディア・ガデーリャに初黒星を喫してからアトム級に転向。

Invictaアトム級王座を獲得し、2度防衛を果たしたが、アトム級ではUFCとの契約は望めないということでストロー級に再転向する。しかし、ほぼ減量なしの状態で、体格のハンデは否めない。

ヘナタは無敗でストロー級王座を獲得したが、前回アンジェラ・ヒルにスプリット判定負けで初黒星。

ムエタイの構えのヘナタ。ロー。パンチを入れる浜崎。パンチ連打で出ると距離を取るヘナタ。右を入れたヘナタ。ケージに詰めてパンチを打ち込むヘナタ。連続で顔面にもらった浜崎だが打ち返す。しかし前に出たヘナタの右がビッグヒット。顔を押さえてダウンする浜崎。この時点で戦意喪失気味だったがヘナタ鉄槌連打。なかなか止めないレフェリー。打たれたままで止めた。

田中田中 2017/03/26 12:10 どうなんですかね女子は男子に比べたら止めるのは早いですが浜崎が王者だから見たんですかね?レフェリー差ですかね?明らかに遅いとは思いましたが

lutalivrelutalivre 2017/03/26 12:12 止めるタイミングはレフェリーによると思いますが、この試合は明らかに遅すぎましたね。ダウンした時に顔を押さえていて戦える姿勢じゃなかったし、パウンドの前に止めてもいいと思いました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20170326
忍者TOOLS
アクセスカウンター since 2005/06/09