格闘技徒然草

0000 | 01 |
0013 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
1993 | 11 |
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |

2016-10-01

[] ★UFN100:アレクサンダー・グスタフソンが負傷欠場。代役としてライアン・ベイダーがホジェリオと対戦。 09:37

http://www.bloodyelbow.com/2016/9/30/13127572/gustafsson-out-bader-in-vs-nogueira-at-ufc-fight-night-100

アレクサンダー・グスタフソンが背中の怪我のためUFN100を負傷欠場。代役としてライアン・ベイダーがホジェリオとメインで対戦する。なお、来週のUFC204の第1試合に出場予定だったグスタフソンと同門のレザ・マダディの欠場も合わせて発表されている。

ベイダーは9月にグスタフソンと同門のイリル・ラティフィにKO勝ちして以来の試合。

[] ★UFN96:計量結果・メインのジョン・リネケルがバンタム級でも計量失敗。ウィル・ブルックスと対戦するアレックス・オリヴェイラは5.5ポンドオーバー 06:29

http://mmafrenzy.com/137589/ufc-fn-96-weigh-results-john-lineker-misses-weight/

メインに登場するジョン・リネケルはフライ級時代に4度の計量失敗があったが、0.5ポンドだけとはいえ、バンタム級でも初の計量失敗。5度の計量失敗はUFCレコード。

また、アレックス・オリヴェイラは161.5ポンドと5.5ポンドの大幅オーバー。さらにハクラン・ディアスも2.5ポンドオーバーと、ブラジル人3人が計量に失敗している。3人とも、ファイトマネーの20%が罰金として対戦相手に支払われ、試合はキャッチウェイトとして行われる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20161001

2016-09-30

[] ★UFN99:夜叉坊の次戦が11.19アイルランド大会でのアルテム・ロボフ戦に決定。 18:59

ロボフはTUFでは夜叉坊がKO勝ちしているジュリアン・エロサにKO勝ち。決勝ではライアン・ホールの寝技に翻弄され判定負け。TUF後は2連敗中のアレックス・ホワイトに打撃でも組みでも劣勢で完敗。3戦目はマクレガー vs. ネイトが行われたUFC202で、両者のチームメイト対決としてシーザー・グレイシー柔術のクリス・アヴィラと戦い判定勝ちしたが、アヴィラは戦績的にも実力的にもUFCレベルではなかった。

TUF後2連勝したにもかかわらずこの相手というのは、プロテクトされているのかもしれないが、今回はアウェイ。ただ、メンタル的にはアウェイでも強そうなので期待したい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20160930

2016-09-28

[] ★UFN96:オッズ/予想と展望 12:41

ジョン・リネケル 2.05

ジョン・ダドソン 1.80

ウィル・ブルックス 1.38

アレックス・オリヴェイラ 3.20

ジョシュ・バークマン 1.43

マイク・オットー 2.90

ルイス・スモルカ 1.25

ブランドン・モレノ 4.25

ルイス・エンリケ 1.67

ヨアキム・クリステンセン 2.30

ハクラン・ディアス 1.54

アンドレ・フィリ 2.60

シャミル・アブドゥラヒモフ 1.83

ウォルト・ハリス 2.00

中村K太郎 1.63

エリゼウカポエイラ 2.40

ネイサン・マーコート 2.75

タムダン・マックローリー 1.41

ジョナサン・ウィルソン 2.25

イオン・クテレバ 1.61

コディ・イースト 2.50

カーティス・ブレイズ 1.53

ケリー・ファゾルズ 1.87

ケトレン・ヴィエイラ 1.80

今回はプレリムがFOX SPORTS2、メインカードがFOX SPORTS1での放送で、いつものUFNと違い、メインカードの試合数は4試合となっている(通常は6試合)が、うち2試合でランカーが欠場して代役の初参戦選手との対戦に変更となっている。

メインはフライ級から転向したバンタム級ファイター・ジョン同士の対戦。リネケルが3位で、前回バンタム級から転向したばかりのダドソンは10位。

フライ級で計量失敗常連だったリネケルは、バンタム級転向後3連勝。前回はマイケル・マクドナルドを1RKOで下している。UFC9勝(2敗)中、5KOと、軽量級ながら倒せるパンチを持っている。

ダドソンはUFC7勝2敗で、2敗はいずれもDJとのタイトルマッチでのもの。2回目の挑戦は1回目以上に差がついていた。バンタム級転向は体重だけの問題ではなく、年下のDJが王座でいる限りフライ級王座は遠いと見てのことかもしれない。

ダドソンの武器は身体能力。ACLでの長期欠場後はかつての動きが見られなかったが、バンタム級初戦となった前回は、マニー・ガンバーリャンにゴング&ラッシュでぐらつかせ、倒れたところにパウンド百烈拳で秒殺KOという、持ち味を出した戦いぶり。

一発の重さではリネケル。ダドソンは常に動いて攻撃を回避しつつ、チャンスに攻撃をまとめたい。

ダドソン判定勝ち。

セミは前Bellator王者ウィル・ブルックスのUFC2戦目。初戦は中堅のピアソンからテイクダウンを奪うのに苦労し、3Rには手数で劣勢となり、判定29-28で勝ったもののインパクトは残せなかった。今回の相手はライトとウェルターを行き来する実力者・カウボーイ・オリヴェイラ。ノーランカーだがライト級ではランカーと遜色ない実力がある。TDDについてはピアソンほどではないので相性は悪くないはず。この試合でブルックスの実力が問われる。

FOXスポーツで放送されるプレリムの第1試合にUFC再契約後4戦目となるK太郎が登場。1年ちょっとで4戦目というのは、昨年の日本大会に出場した日本人選手の中では最多。今回は4戦目で初めてオッズでフェバリットとなっている。

相手のカポエイラは、ニックネームと裏腹にカポエイラ感はあまりなく、荒っぽく重いパンチが武器。昨年の日本大会のリー・ジンリャンと同様に、ボクシング技術ではK太郎が上だと思うが、一発で形勢逆転される危険がある。しかしパンチでの一発のみに気を付ければ怖い相手ではないので確実に仕留めたいところ。3勝すべてがチョークでの勝利となれば、UFCでも必殺技として認知されるはず。

第1試合開始は10/2朝8時15分より。速報します。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20160928
忍者TOOLS
アクセスカウンター since 2005/06/09