Hatena::ブログ(Diary)

トルン息しトルン?

2016-11-01 今無き首

[]シングル・メガリザードンX+積み技



第14回びぶおふ!で使用したパーティです。

結果は予選カトレアブロックを5-2で1位通過、決勝トーナメントを1-1でベスト8でした。


f:id:meikaizerogin6y:20141118215837p:image f:id:meikaizerogin6y:20150111180313p:image f:id:meikaizerogin6y:20131114235747p:image 

f:id:meikaizerogin6y:20140221201246p:image f:id:meikaizerogin6y:20150224212351p:image f:id:meikaizerogin6y:20160521193552p:image 



メガリザードンX

リザードナイトX もうか→かたいツメ
フレアドライブ ドラゴンクロー りゅうのまい はねやすめ
いじっぱり 175(172)-187(156)-133(12)-*-106(4)-141(164)
ジャローダ

きあいのタスキ あまのじゃく
リーフストーム ミラーコート へびにらみ ちょうはつ
おくびょう 151(4)-*-115-127(252)-115-181(252)
カバルドン

ゴツゴツメット すなおこし
がんせきふうじ あくび ふきとばし ステルスロック
わんぱく 215(252)-132-172(148)-*-106(108)-67
化身ボルトロス

ラムのみ いたずらごころ
10まんボルト めざめるパワー(氷) ちょうはつ わるだくみ
おくびょう 175(164)-*-92(16)-155(76)-100-179(252)
メガゲンガー

ゲンガナイト ふゆう
シャドーボール きあいだま みちづれ ほろびのうた
おくびょう 135-*-101(4)-222(252)-115-200(252)
パルシェン

おうじゃのしるし スキルリンク
つららばり こおりのつぶて ロックブラスト からをやぶる
いじっぱり 147(172)-158(228)-201(4)-*-66(4)-103(100)



<構築の経緯>



まず、リザードンというポケモンを使いたいと思いました。リザードンはボクが個人的に好きなポケモンで、非常に強力なポケモンでありながら第六世代のシングルバトルのオフで一度も使ったことが無かったため、最後のパーティとして使うことにしました。

次に、ボクは第五世代終盤はずっと「積み技」をテーマにしたパーティを使っていました。そこで第六世代終盤も同じコンセプトを使いたいと思い、「積み技」をメインコンセプトに据えつつ、リザードンを組み込むことを決めてパーティを組むことにしました。

また、第六世代では「あくび」+「ステルスロック」を覚えたカバルドン+「ラムのみ」を持ち、「ちょうはつ」と「わるだくみ」を覚えた化身ボルトロス、「きあいだま」を覚えたCSメガゲンガーの3匹の組み合わせを非常に気に入っており、このコンセプトでは自然に組み込むことが可能と判断し、この3匹もまず採用することにしました。

以上を踏まえ、最初に組んだ原型が以下の形です。しばらくはこの形で調整していました。



f:id:meikaizerogin6y:20140716221817p:image f:id:meikaizerogin6y:20161103094726p:image f:id:meikaizerogin6y:20160521193552p:image 

f:id:meikaizerogin6y:20131114235747p:image f:id:meikaizerogin6y:20140221201246p:image f:id:meikaizerogin6y:20150224212351p:image 



メガリザードンYに「ニトロチャージ」を覚えさせ、擬似的な積み技を使えるポケモンとしてエースを任せていました。また、補完性能に優れるキノガッサを採用し、「つるぎのまい」を覚えさせて高耐久力のポケモンを崩す役割を与えました。次にパルシェンを採用し、リザードンの苦手なガブリアスなどの相手を任せることにしました。

しかしこの形だと電気タイプが重く、メガリザードンYが不利な電気タイプと対面しただけで圧倒的に不利となってしまう点が気になっていました。

またその一方、ボクはツタージャも好きなポケモンで、丁度ジャローダを育成したてなのもあり、キノガッサを特に理由も無く気分でジャローダに変更して使っていました。すると意外にもうまくパーティにマッチしており、キノガッサではなくジャローダを使うのも悪くないと感じ始めていました。そんな中、やはり電気タイプへの対抗手段が気になっていたことから、メガリザードンYをメガリザードンXに変更すれば電気耐性が上がり使いやすくなるのではないかと感じて、メガリザードンXとジャローダの組み合わせで使うことにしました。メガリザードンXもやはりガブリアスをあまり得意としないため、パルシェンは引き続き採用することにして6匹を決定させ、型を決めていくことにしました。

基本的には「リザードン」・「ジャローダ・カバルドン・化身ボルトロスから2匹」という選出で戦います。メガゲンガーはメタ要素が強く、ラッキーを中心としたパーティやこのパーティの面子で厳しいヒードランを相手に選出します。パルシェンはリザードンを選出させづらいパーティにリザードンの代わりに出したり、選出が定まらない時の最終手段として選出できるような構成にしました。



<個別解説>



f:id:meikaizerogin6y:20141118215837p:image

メガリザードンX

リザードナイトX もうか→かたいツメ
フレアドライブ ドラゴンクロー りゅうのまい はねやすめ
いじっぱり 175(172)-187(156)-133(12)-*-106(4)-141(164)



・【+1】【かたいツメ】「フレアドライブ」で184-134化身ボルトロス1発

・HP16n-1かつ【おやこあい】A194メガガルーラの「すてみタックル」を最大乱数と上から二つ目の乱数の組み合わせ以外耐え

・準速88族(ドリュウズ)抜きかつ無振り120族(メガボーマンダ)抜きかつ【+1】で135族(メガミミロップメガライボルト)抜き

・余り4をD



パーティのスタート地点であるリザードン。このパーティでは優秀なタイプと耐久力、攻撃力を持つバランスの良いアタッカーとして柔軟に動くことを目指しています。

カバルドンの「あくび」だけでなく化身ボルトロスやジャローダの「ちょうはつ」とも相性が良いだけなく、相手に与える択の多さで自然と圧力をかけられるポケモンです。リザードン一匹で相手を3体倒すことは難しいため、1.5〜2匹近くの負担を与えることを目標に立ち回ります。

技は柔軟に立ち回れる構成としました。「フレアドライブ」は威力の高い技で、メインウェポンとしての採用です。また、「フレアドライブ」と相性の良いタイプ一致技である「ドラゴンクロー」も採用しました。この枠は「げきりん」との選択でしたが、このパーティではリザードンは居座って戦うことを重視したため自ら混乱状態になるデメリットが大きいと考えて今回は「ドラゴンクロー」としました。また、積み技として「りゅうのまい」を採用。これにより先制で多くのポケモンに圧力をかけやすくなり、特性「かたいツメ」も相まって非常に決定力の高いポケモンとして扱えます。最後の技には「はねやすめ」を選択し、「ちょうはつ」から展開した際のタイマン性能の向上、「フレアドライブ」で消耗した体力の回復による攻撃回数の増加など耐久力のあるメガリザードンXとの相性の良い技です。

このパーティにおいてはフェアリータイプを半減できることと地面タイプを無効化できることは重要な意味を持つため、すぐにはメガシンカせずに戦うことも多いです。

メガリザードンXは「でんじは」や「どくどく」の状態異常を苦手としますが、これらを後述のジャローダやボルトロスの「ちょうはつ」を使いながら防ぐことで展開することが多いです。これによって初めてメガリザードンXの耐久力が活かされます。

配分は耐久力と決定力のバランスの取れた配分にしました。素早さに微調整を施していますが、これは【+1】でS135族を抜くS調整138のメガバシャーモやメガリザードンXとの同速を避けるため少し高くしたかった意図があります。最速のヒードランと同速ですが、他全ての数値を妥協したくなかったため素早さを妥協することにしました。

メガゲンガーとの同時選出を行い、リザードンのみをメガシンカさせて戦うことも多いです。



f:id:meikaizerogin6y:20150111180313p:image

ジャローダ

きあいのタスキ あまのじゃく
リーフストーム ミラーコート へびにらみ ちょうはつ
おくびょう 151(4)-*-115-127(252)-115-181(252)



・最速、C全振り

・余り4をH(奇数となるため)



「使いたかったから」という理由で使い始めましたが、パーティ全体の初速が遅めであることから「へびにらみ」によるサポートが噛み合っていること、「あまのじゃく」による「リーフストーム」で自らエースとなれること、「ちょうはつ」により後続への繋ぎができることからパーティ全体と相性が良いポケモンとして活躍できました。

最後の技は「ミラーコート」を選択し、「きあいのタスキ」を持たせてタイマン性能を向上させました。これによりストッパーとしても活躍ができる他、幅広い相手に選出しペースを握ることができます。

このパーティにおいては「ちょうはつ」が重要な役目を持ち、後述のボルトロスも「ちょうはつ」を覚えており、前述のリザードンとの連携が主ですが、カバルドンやパルシェンもその恩恵を受けることができます。また、ボルトロスで「ちょうはつ」を撃ってから相手に倒され、ジャローダの「ミラーコート」で相手を倒してから後続のポケモンに「へびにらみ」を使って戦うことで戦うなどこの2匹の連携も重要です。

エースとしても活躍できるためCはなるべく高めに設定したく、「きあいのタスキ」を持たせていることもあり耐久力に努力値を割く必要も感じられなかったことからCSベースの配分としていますが、水タイプの技に対して交代で出すこともあります。

B=Dとなっていますが、ポリゴン2を相手にした場合は攻撃か特攻どちらが上がっても相手の型次第であるためどちらかを意図的に上げさせるような調整はしませんでした。



f:id:meikaizerogin6y:20131114235747p:image

カバルドン

ゴツゴツメット すなおこし
がんせきふうじ あくび ふきとばし ステルスロック
わんぱく 215(252)-132-172(148)-*-106(108)-67



・H最大かつC93メガガルーラの【おやこあい】「れいとうビーム」2発耐え

・余りBでA182ガブリアスの「じしん」2発耐え



幅広い相手に選出が可能な起点作成要員であるカバルドンを採用。

「がんせきふうじ」を攻撃技として設定しており、後続でのサポートをさせやすくしている他、パーティ全体が苦手なファイアローや化身ボルトロスへの打点としています。「あくび」と「ステルスロック」で積み技を使うことをサポートしています。

持ち物は「ゴツゴツメット」としました。これにより交代から相手に負担を与えることができ、相手にダメージを与えながら起点作りを行えます。リザードンで「フレアドライブ」ではなく「ドラゴンクロー」で倒すための削りで使えたり、1発目では相手を仕留めづらいジャローダの打点補助としても重宝します。

最後の技として「ふきとばし」を採用しました。これはグライオンが入っているパーティに対してメガゲンガーや化身ボルトロスと合わせて選出した際に隙となることを防ぐためです。特にグライオン入りのパーティに対しては「ステルスロック」と合わせてメガゲンガーで崩すことを狙うため、カバルドンを選出する機会が多いと考えたためです。

配分はBを高めにしつつ、目安としてのDを設定しました。



f:id:meikaizerogin6y:20140221201246p:image

化身ボルトロス

ラムのみ いたずらごころ
10まんボルト めざめるパワー(氷) ちょうはつ わるだくみ
おくびょう 175(164)-*-92(16)-155(76)-100-179(252)



・最速

・A200ガブリアスの「げきりん」耐え

・【+2】「10まんボルト」でH135-D115メガゲンガーを1発



「でんじは」によるサポートを行うのではなく、エースとしての運用をするための化身ボルトロスを採用。

「わるだくみ」を採用し、相手を全て倒すことを狙います。HPに多く努力値を割き、耐久力と決定力を兼ね備えた型としました。このポケモンもジャローダの「ちょうはつ」から繋ぐことで優秀なタイプと耐久力を活かすことができます。自身も「ちょうはつ」を使うことで後続のサポートも見据えて立ち回ることができます。

攻撃技はメインウェポンとして扱いやすい「10まんボルト」とこのパーティでは重たい地面タイプを倒すための「めざめるパワー(氷)」としました。特にリザードンの苦手なガブリアスを倒すために「めざめるパワー(氷)」が必要だと考えました。

持ち物は「ラムのみ」としました。これにより「どくどく」から崩してくる化身ボルトロスを返り討ちにできる他、「いばる」を使う戦術に非常に強くなれます。カバルドンから展開し、ボルトロスとメガゲンガーで詰ませるように動きます。

特性「ムラっけ」のオニゴーリや「ちいさくなる」を覚えているピクシーが入っているパーティに対してはこの「ラムのみ」を持つボルトロスと後述のメガゲンガーを使うことで高い勝率を出すことが出来ました。



f:id:meikaizerogin6y:20150224212351p:image

メガゲンガー

ゲンガナイト ふゆう
シャドーボール きあいだま みちづれ ほろびのうた
おくびょう 135-*-101(4)-222(252)-115-200(252)



・最速、C全振り

・余り4をB(先制物理技によるダメージ幅をずらすため)



幅広い相手に選出が可能なメガゲンガーを採用しました。

メガゲンガーは「みちづれ」で相手を1体倒すことが得意です。積み技を使い、1匹のポケモンで相手を全て倒すためには相手の数は少ない方が良い(当然ですが)ので、メガゲンガーは積み技を使うパーティのコンセプトにマッチしているといえます。

まずメガリザードンXが苦手なバンギラスやヒードランに対する打点とするために「きあいだま」を覚えさせました。それに伴い、特攻に全て努力値を振って倒しやすくしています。カバルドンの「ステルスロック」と合わせてあらゆるバンギラスを1撃で倒しやすく、バンギラスでメガゲンガー対策をしているラッキーを軸としているパーティに強く出られます。「こだわりスカーフ」を持っているバンギラスにも先制されないように最速としました。メインウェポンとしては「シャドーボール」を採用し、「きあいだま」との攻撃範囲を補完しています。ヒードランが入っているパーティにはクレセリアヘラクロスなどメガゲンガーで有利なポケモンが多く入っていることが多く、他のポケモンで相手に負担を与えながらメガゲンガーを一貫させる動きを目指します。

リザードンと同時に選出することも多いです。この場合はゲンガーでメガシンカせずに「みちづれ」を使うことで2体2の状態に持ち込んでからリザードンで詰ませる動きをします。

最後の技として「ほろびのうた」を採用しました。これによりオニゴーリやピクシーに対して非常に有利に戦えます。

メタ性能の強い構成となっていますが、特性「かげふみ」による「みちづれ」が強力で、汎用性の高いポケモンであるため幅広く選出が行えるという点ではこの役割はメガゲンガーにしか成し得ないと思っています。



f:id:meikaizerogin6y:20160521193552p:image

パルシェン

おうじゃのしるし スキルリンク
つららばり こおりのつぶて ロックブラスト からをやぶる
いじっぱり 147(172)-158(228)-201(4)-*-66(4)-103(100)



・【+2】で最速135族抜き

・A182ガブリアスの「げきりん」2発耐え

・余りA、B、Dに4ずつ振り分け



最後はリザードンが苦手なガブリアスに強いパルシェンを採用。

エースとしてはリザードンに近く、リザードンの代わりに選出することが主ですが、リザードンが倒された場合はパルシェンで起点にする、或いはパルシェンが倒された場合に起点にするために同時に選出することもあります。その場合でもジャローダやボルトロスの「ちょうはつ」から展開したり、メガゲンガーで1-1を取ってからリザードンから隙を作るように動くなど、幅広い選出に組み込むことが可能です。

また、パルシェンに「おうじゃのしるし」を持たせました。これによって不利な対面であっても「からをやぶる」さえ使っている状態であれば確率次第で倒せてしまえます。これにより、選出が定まらなかった時の最終手段としての役目を持たせることができるようになりました。積み技を使うパーティ、特にパルシェンのような死に出しからの有利対面からの全抜きを狙うようなコンセプトのパーティでは相手の選出で試合が決まることもあり、選出の時点で択を制さなければあっさりと敗北してしまうことも少なくありません。そこでいくつかのパターンが想定され決められなかった場合はゲンガー・ジャローダorカバルドン・パルシェンと選出し、ゲンガーで1-1を取りジャローダかカバルドンで起点を作ってからパルシェンで全抜きを目指すという選出をすることに決めました。

配分はガブリアスを意識したものにしました。「こだわりスカーフ」を持ったガブリアスや霊獣ランドロスを倒すために「こおりのつぶて」を覚えさせています。



<感想>



ガブリアスに強い枠としてパルシェンを採用しましたが、マリルリを採用しておけばよかったと思っています。パルシェンは選出で相手の鋼タイプを誘う役割がありますが、対面性能はあまりないです。しかしマリルリならばガブリアスだけでなく他のドラゴンタイプにも比較的強めで、「はらだいこ」によるエースとしての性能もあるため似た扱いができるようになると思いました。

しかしパルシェンの勝ちパターンによる立ち回りの容易さはマリルリにはない魅力であり、またファイアローに隙を見せづらくマンムーにも圧力がかかるという点では他のポケモンにはない長所です。



解説は以上です。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

2016-10-27 フェイス・サーフェス・アミューズメント

[]シングル・メガオニゴーリ

メガオニゴーリで遊ぶために作ったパーティ。


f:id:meikaizerogin6y:20161018235138p:image f:id:meikaizerogin6y:20140221201246p:image f:id:meikaizerogin6y:20140909233238p:image 

f:id:meikaizerogin6y:20140909233237p:image f:id:meikaizerogin6y:20161018235520p:image f:id:meikaizerogin6y:20160502121637p:image 



メガオニゴーリ

オニゴーリナイト ムラっけ→フリーズスキン
おんがえし じしん まもる だいばくはつ
ようき 155-172(252)-100-*-101(4)-167(252)
化身ボルトロス

オボンのみ いたずらごころ
10まんボルト イカサマ でんじは いばる
おくびょう 184(236)-*-93(20)-145-100-179(252)
ピクシー

カゴのみ てんねん
アシストパワー めいそう ちいさくなる ねむる
わんぱく 201(244)-*-137-104(4)-111(4)-81(4)
クレッフィ

オッカのみ いたずらごころ
イカサマ でんじは いばる でんじふゆう
おだやか 163(244)-*-117(44)-*-148(220)-95
メガゲンガー

ゲンガナイト ふゆう
たたりめ きあいだま さいみんじゅつ みがわり
おくびょう 135-*-101(4)-222(252)-115-200(252)
メタモン

きあいのタスキ かわりもの
へんしん - - -
のんき 155(252)-*-110(252)-*-*-47



<調整意図>



f:id:meikaizerogin6y:20161018235138p:image

メガオニゴーリ

オニゴーリナイト ムラっけ→フリーズスキン
おんがえし じしん まもる だいばくはつ
ようき 155-172(252)-100-*-101(4)-167(252)



・最速AS全振り

・余り4をD(「ダウンロード」で相手のAを上げるため)



メガオニゴーリで1-1を取り、残り2匹で展開し詰めるということをコンセプトに掲げました。

ピクシーや化身ボルトロスとメガゲンガーの呼びやすいポケモンに刺さりやすい点が長所です。

1ターン目に「まもる」を使いメガシンカしながらペースを握ります。



f:id:meikaizerogin6y:20140221201246p:image

化身ボルトロス

オボンのみ いたずらごころ
10まんボルト イカサマ でんじは いばる
おくびょう 184(236)-*-93(20)-145-100-179(252)



・最速

・H4nで最大、余りBで「オボンのみ」の回復込みでA197霊獣ランドロスの「がんせきふうじ」耐え



「でんじは」と「いばる」で展開していく化身ボルトロスを2匹目に採用。

メガオニゴーリで1-1を取ってからボルトロスで展開しつつ3匹目で詰ませるのが理想の立ち回りです。

最速だと相手の化身ボルトロスにもある程度戦えます。「オボンのみ」を持たせることでより多くの相手に居座って行動回数を稼げます。

展開要員ではありますが、相手を倒せばそれだけ後続の負担も減るので相手が倒せそうなときは積極的に倒していきます。



f:id:meikaizerogin6y:20140909233238p:image

メガゲンガー

ゲンガナイト ふゆう
たたりめ きあいだま さいみんじゅつ みがわり
おくびょう 135-*-101(4)-222(252)-115-200(252)



・最速、C最大

・余り4をB



続きは後日追記。

2016-10-16 あいうえオフ

[]シングル・ラッキー+メガヤドラン



自分で使い、「受けループ」を相手にする際の立ち回りの参考にするために組んだパーティです。

非常に完成度の高いこちらのパーティを参考にしました。配分等全く同じ構成のものも多いです。

URLhttp://peryanpoke.blog.fc2.com/blog-entry-29.html



f:id:meikaizerogin6y:20161016231936p:image f:id:meikaizerogin6y:20141224013212p:image f:id:meikaizerogin6y:20161016232027p:image 

f:id:meikaizerogin6y:20131223230153p:image f:id:meikaizerogin6y:20160506153620p:image f:id:meikaizerogin6y:20131114235745p:image 



ラッキー

しんかのきせき しぜんかいふく
ちきゅうなげ どくどく でんじは タマゴうみ
ずぶとい 331(44)-*-63(252)-*-138(100)-84(108)
メガヤドラン

ヤドランナイト さいせいりょく→シェルアーマー
ねっとう でんじは てっぺき なまける
ずぶとい 201(244)-*-242(156)-151(4)-113(100)-51(4)
グライオン

どくどくだま ポイズンヒール
じしん どくどく みがわり まもる
ようき 179(228)-115-146(4)-*-104(116)-155(208)
バンギラス

ラムのみ すなおこし
いわなだれ おいうち イカサマ ほえる
しんちょう 207(252)-160(22)-131(4)-*-160(204)-82(4)
エアームド

ゴツゴツメット がんじょう
アイアンヘッド どくどく てっぺき はねやすめ
わんぱく 171(244)-101(4)-190(100)-*-109(148)-92(12)
メガフシギバナ

フシギバナイト ようりょくそ→あついしぼう
ヘドロばくだん めざめるパワー(炎) なやみのタネ こうごうせい
ずぶとい 187(252)-*-166(60)-153(88)-141(4)-113(104)



<個別解説>



f:id:meikaizerogin6y:20161016231936p:image

ラッキー

しんかのきせき しぜんかいふく
ちきゅうなげ どくどく でんじは タマゴうみ
ずぶとい 331(44)-*-63(252)-*-138(100)-84(108)



・A147ゲッコウガの【へんげんじざい】【いのちのたま】「けたぐり」を最大乱数×2以外2発耐え

・S20振り60族(ニンフィアなど)抜き

・余りD



BDベースでややS高めのラッキー。Sはニンフィアを意識して調整しています。ガブリアスを「ハイパーボイス」1発で倒すためのCは145、もしくは144で下2つの乱数以外。Hを200より高く設定しつつ(201か202、50×4以上)、A194メガガルーラの「すてみタックル」を耐えるために必要なBは117。Cの乱数を妥協し144で設定し、これを性格「ひかえめ」で実現した場合努力値が20余り、全てSに回すと83となるため、それを抜ける84に設定しました。

パーティにバンギラスが入っており、メガフシギバナの「なやみのタネ」もあることからラッキーでメガゲンガーに対する有効打点は持たなくても良いと判断し攻撃技は「ちきゅうなげ」のみとし、回復技を持つ相手に対して「どくどく」、素早いアタッカーに対して「でんじは」で幅広く対応できるようにしました。



f:id:meikaizerogin6y:20141224013212p:image

メガヤドラン

ヤドランナイト さいせいりょく→シェルアーマー
ねっとう でんじは てっぺき なまける
ずぶとい 201(244)-*-242(156)-151(4)-113(100)-51(4)



・H最大、奇数に調整

・C211メガリザードンYの「ソーラービーム」耐え

麻痺状態のS130族(メガゲンガーなど)抜き

・余り全てB、残り4をD



BDのバランスが取れた配分のメガヤドラン。バシャーモファイアローリザードンといった炎タイプを相手にすることが多いためBD両方とも調整を施した配分としました。「なまける」があるため消耗の激しい炎タイプの相手を任せるのに非常に適しています。

「ねっとう」は氷状態を溶かすための技であり、「てっぺき」はあらゆる構成の格闘タイプに不利とならない技。「でんじは」はメガボーマンダメガルカリオを誤魔化すための技です。



f:id:meikaizerogin6y:20161016232027p:image

グライオン

どくどくだま ポイズンヒール
じしん どくどく みがわり まもる
ようき 179(228)-115-146(4)-*-104(116)-155(208)



・「いじっぱり」S102族(ガブリアス)抜き

・H8n+3かつC238メガサーナイトの「ハイパーボイス」耐え

・余り4をB



幅広い相手に対応するためのグライオン。ラッキーと並び基本選出を担い、メガヤドランを選出しない場合でも活躍が見込めます。

サイクル戦で不利になりそうでも、「どくどく」などの状態異常を駆使し「まもる」と「みがわり」を使いながらペースを掴んでいくためのポケモンです。

「じしん」はギルガルドヒードランなど、「どくどく」が効かず「たべのこし」で持久戦にも対応してくるポケモンに対して有効なため採用しました。

「まもる」を持つため序盤からどう展開していくかを見極めやすく、初手で出す場面が多いことから序盤で相手に負担を与えるための「どくどく」を覚えさせています。



f:id:meikaizerogin6y:20131223230153p:image

バンギラス

ラムのみ すなおこし
いわなだれ おいうち イカサマ ほえる
しんちょう 207(252)-160(44)-131(4)-*-160(204)-82(4)



・調整意図省略



メガゲンガーやゴチルゼルなどこちらのサイクルを切るポケモンに対して有利となりやすいバンギラス。このパーティで唯一サイクル戦がこなせないポケモンですが、このポケモンを選出する場合は「おいうち」で相手のサイクルを崩壊させ1体倒し、2対2の状況を作ってからサイクル戦で勝つという勝ち筋を生み出しやすいポケモンです。

主な役割遂行対象はメガゲンガーで、メガゲンガーが入っているパーティにはメガガルーラも採用されている場合が多く、「イカサマ」採用することでメガガルーラにも最低限対応しやすいです。「いわなだれ」はリザードンやファイアローなど、炎タイプへの遂行技であるほか、他のポケモンの「でんじは」と合わせて相手を行動させずに倒すということも狙いやすくなる技です。「ほえる」は「みがわり」を使うメガゲンガーへ有利となったり、バンギラスに有利なポケモンを繰り出させて「おいうち」で倒すといった動きが可能となります。



f:id:meikaizerogin6y:20160506153620p:image

エアームド

ゴツゴツメット がんじょう
アイアンヘッド どくどく てっぺき はねやすめ
わんぱく 171(244)-101(4)-190(100)-*-109(148)-92(12)



・H最大かつ奇数、C238メガサーナイトの「ハイパーボイス」2発耐え

・4振り60族(ニンフィア等)抜き

・余り全てB、4をAに振り分け



ドラゴンタイプの技やフェアリータイプの技を「はねやすめ」で回復しながら受けつつ時間をかけて倒すためのエアームド。

「どくどく」で長期戦を仕掛けられる他、他のポケモンによる「でんじは」の麻痺と「アイアンヘッド」の追加効果による怯みで有利に試合を運べます。

つるぎのまい」を使うガブリアスや「りゅうのまい」を使うメガボーマンダに倒される危険性を減らすために「てっぺき」を採用しています。

配分はフェアリータイプの特殊技を使うポケモンを意識しています。メガフシギバナがいるため飛行技を採用せず、草タイプの相手はメガフシギバナに任せます。




f:id:meikaizerogin6y:20131114235745p:image

メガフシギバナ

フシギバナイト ようりょくそ→あついしぼう
ヘドロばくだん めざめるパワー(炎) なやみのタネ こうごうせい
ずぶとい 187(252)-*-166(60)-153(88)-141(4)-113(104)

個体値31-0-31-30-31-30



・最速50族(マリルリなど)抜き

・H207-D101「とつげきチョッキ」マリルリを「ヘドロばくだん」で2発

・余りH最大、残りBでA194メガガルーラの「おやこあい」「ねこだまし」+「おやこあい」「すてみタックル」を最大乱数×2未満で耐え



エアームドで相手をしづらいマリルリやメガクチートなどのフェアリータイプ、ラッキー+メガヤドランが対応しづらいジャローダキノガッサといった草タイプを相手にしやすいメガフシギバナ。

「なやみのタネ」で「スキルスワップ」を使うラッキーやクレセリアと同じような誤魔化し性能と、「こうごうせい」によるサイクル参加のさせやすさが長所です。スイクンやニンフィアの「ねむる」の防止にも使えます。

「こうごうせい」はバンギラスの「すなおこし」とアンチシナジーですが、同時に選出する場面は稀です。

「めざめるパワー(炎)」はナットレイやメガハッサムといった鋼タイプへ有利となるための採用です。メガクチートへの打点にもなります。

「ヘドロばくだん」を採用し、配分もマリルリを意識したものとなっています。マリルリやメガクチートなどの物理を相手にする機会が多いと思ったことからB寄りの配分を目安として設定しています。



解説は以上です。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

2016-10-15 クレッフィ娘

[]シングル・クレッフィ展開・草案



f:id:meikaizerogin6y:20140909233237p:image f:id:meikaizerogin6y:20150224212351p:image f:id:meikaizerogin6y:20140603002232p:image 

f:id:meikaizerogin6y:20141015235545p:image f:id:meikaizerogin6y:20140221230746p:image f:id:meikaizerogin6y:20131222230608p:image 



クレッフィ

ひかりのねんど いたずらごころ
イカサマ でんじは リフレクター ひかりのかべ
ずぶとい 163(244)-*-157(252)-*-109(12)-95
メガゲンガー

ゲンガナイト ふゆう→かげふみ
たたりめ ヘドロばくだん おにび みがわり
おくびょう 165(236)-*-81(4)-151(4)-97(12)-178(252)
ローブシン

じゃくてんほけん こんじょう
ドレインパンチ マッハパンチ はたおきおとす ビルドアップ
いじっぱり 199(148)-202(188)-136(164)-*-86(4)-66(4)
マンムー

いのちのたま あついしぼう
つららばり じしん こおりのつぶて どくどく
ようき 185-182(252)-101(4)-*-80-145(252)
霊獣ボルトロス

オボンのみ ちくでん
10まんボルト めざめるパワー(氷) きあいだま わるだくみ
おくびょう 175(164)-*-90-177(92)-100-168(252)
メガバンギラス

バンギラスナイト すなおこし
ストーンエッジ じしん れいとうパンチ りゅうのまい
ようき 175-186(252)-131(4)-*-120-124(252)



焼き直し。後日追記。

2016-09-27 死神は林檎しか食べないオフ

[]第6回えるおふ!使用パーティ



f:id:meikaizerogin6y:20140210220633p:image f:id:meikaizerogin6y:20140324222015p:image f:id:meikaizerogin6y:20140730211726p:image 

f:id:meikaizerogin6y:20140716221818p:image f:id:meikaizerogin6y:20160828122812p:image f:id:meikaizerogin6y:20140221201106p:image 



メガガルーラ

ガルーラナイト きもったま→おやこあい
おんがえし ふいうち グロウパンチ まもる
いじっぱり 207(212)-194(252)-121(4)-*-123(20)-123(20)
霊獣ランドロス

とつげきチョッキ いかく
じしん ばかぢから いわなだれ とんぼがえり
いじっぱり 195(244)-196(108)-111(4)-*-106(44)-125(108)
ヒードラン

いのちのたま もらいび
ねっぷう ラスターカノン だいちのちから まもる
おくびょう 167(4)-*-126-182(252)-126-141(252)
モロバレル

ゴツゴツメット さいせいりょく
ギガドレイン キノコのほうし いかりのこな まもる
のんき 219(236)-*-130(228)-105-106(44)-31
サンダー

ラムのみ プレッシャー
10まんボルト めざめるパワー(氷) おいかぜ はねやすめ
おくびょう 197(252)-*-105-146(4)-110-167(252)
マリルリ

オボンのみ ちからもち
じゃれつく アクアジェット はたきおとす まもる
いじっぱり 200(196)-112(252)-101(4)-*-107(52)-71(4)



<簡単な個別解説>



f:id:meikaizerogin6y:20140210220633p:image


主軸でありこの型にするところからスタート。後発から展開することも少なくないため耐久力重視の配分です。

如何に相手を縛っている状態を保ちながら戦うかを考えながら戦うポケモンです。



f:id:meikaizerogin6y:20140324222015p:image


ガルーラがヒードランに対する即時打点を持たないため後出しから対処しやすい「とつげきチョッキ」を持たせました。

このパーティにおいてはこの技構成でないと機能しません。



f:id:meikaizerogin6y:20140730211726p:image


サンダーと霊獣ランドロスで「おいかぜ」「とんぼがえり」で展開しながら繰り出す特殊アタッカーの中でフェアリー耐性があるポケモンとして採用しました。

「ラスターカノン」は対サーナイトで重宝します。



f:id:meikaizerogin6y:20140716221818p:image


同じくフェアリー耐性のあるポケモンとしての採用です。対「トリックルーム」を一匹で担う可能性があるためメガガルーラの「ふいうち」では対処できないメガクチートに対抗するためにBに寄せた配分での採用となりました。



f:id:meikaizerogin6y:20160828122812p:image


補完としての役割が強い「ラムのみ」を持たせたサンダーの採用となりました。化身ボルトロスと比べると霊獣ランドロスやヒードランを絡めたサイクル戦に強く、終盤での詰めもこなします。特性は霊獣ランドロスの持ち物を判別するための「プレッシャー」です。



f:id:meikaizerogin6y:20140221201106p:image 


サイクルを意識したマリルリの採用。モロバレルの「ゴツゴツメット」を「はたきおとす」で落としてからメガガルーラで処理する役割集中のような使い方をします。しかしヒードランへの打点の乏しいこのパーティでは「アクアジェット」だけではなく「たきのぼり」なども採用すべきだったかもしれません。



解説は以上です。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!