Hatena::ブログ(Diary)

トルン息しトルン?

2018-04-29 そんな幸せな家族になろう

[]シングル・第45回委員会オフ使用パーティ・命中100%スタン



f:id:meikaizerogin6y:20180429225859p:image

第45回委員会オフで使用したパーティです。ルールはシングルレート準拠。

結果は予選みずブロックを6-2で1位通過、決勝トーナメントを2-2でベスト4でした。

使用したパーティの内容を記します。



f:id:meikaizerogin6y:20170226232611p:image f:id:meikaizerogin6y:20170317185943p:image f:id:meikaizerogin6y:20170121173520p:image

f:id:meikaizerogin6y:20170317185853p:image f:id:meikaizerogin6y:20170730164048p:image f:id:meikaizerogin6y:20170605000957p:image



メガメタグロス

メタグロスナイト クリアボディ→かたいツメ
アイアンヘッド かみなりパンチ れいとうパンチ じしん
ようき 155-197(252)-171(4)-*-130-178(252)
サザンドラ

ドクZ ふゆう
あくのはどう ゲップ かえんほうしゃ みがわり
ひかえめ 167-*-110-194(252)-111(4)-150(252)
カプ・コケコ

こだわりスカーフ エレキメイカー
ワイルドボルト ボルトチェンジ ブレイブバード とんぼがえり
せっかち 145-167(252)-94-116(4)-95-200(252)
霊獣ランドロス

オボンのみ いかく
じしん とんぼがえり うちおとす ステルスロック
しんちょう 196(252)-166(4)-111(4)-*-143(236)-113(12)
スイクン

たべのこし プレッシャー
ねっとう れいとうビーム めいそう みがわり
ずぶとい 205(236)-*-154(36)-110-135-135(236)
メガゲンガー

ゲンガナイト のろわれボディ→かげふみ
ミラータイプ まもる みちづれ ほろびのうた
おくびょう 167(252)-*-100-190-116(4)-200(252)



【基本コンセプト】


「命中100%の技以外採用しない」を縛りとして設けているパーティです。リスクリターンという観点からはあまり良いコンセプトではありませんが、ある程度汎用性を落としてでも技が命中する前提で試合が進められる場面が多いようなパーティで立ち回ってみたいという思いから試験的に作成しました。

それだけでは当然パワー不足であることから、勝率を増やすためにまず運要素を多く取り入れることにし、軸をメガメタグロスによる「アイアンヘッド」とサザンドラによる「あくのはどう」で相手を怯ませるというものにしました。

その他はこの2匹への補完としましたが、なるべく立ち回りの負担を減らせるように、特定のポケモンやパーティを誘って返り討ちにするような型のポケモンや、なるべく素早いポケモンを多く採用し、先制で行動することで試合のアドバンテージを握れるような並びを意識して採用するポケモンを決めていきました。



【個別解説】



f:id:meikaizerogin6y:20170226232611p:image

メガメタグロス

メタグロスナイト クリアボディ→かたいツメ
アイアンヘッド かみなりパンチ れいとうパンチ じしん
ようき 155-197(252)-171(4)-*-130-178(252)


・最速、A全振り

・余り4をB(物理技を受ける場面が多いと想定しているため)



構築の始点であるポケモンであり、メインウェポンである「アイアンヘッド」によって試合を有利に運べます。

タイプ相性の優秀さから多くのパーティに繰り出すことが可能で、攻撃範囲の広さから選出して腐ることが少ない、軸とするのに優秀なポケモンです。

パーティ全体でボーマンダへの打点が必要だと感じたため「れいとうパンチ」を採用しています。

次に、「かみなりパンチ」を覚えさせ、エアームドドヒドイデといったサイクル向けのポケモンを突破できるようにしました。カプ・コケコの「エレキメイカー」とシナジーがありますが、「アイアンヘッド」との範囲が比較的優秀であり、想定しない相手に対してもしばしば使うことがある技です。

最後の技は「じしん」とし、相手のメタグロスと打ち合える手段としました。メタグロスがやや重めのパーティですので苦肉の策です。

配分はASに全て配分とし最速にしました。少しでも多くの範囲を見たいと感じたことと、「アイアンヘッド」の追加効果の恩恵に預かりたいと思ったためです。

広範囲に繰り出すことを目的とした場合は最も適している構成が以上の4つですが、環境にアーゴヨンが多いと感じていることから、その対策となるヒードランも数を増やしていると感じたことから「じしん」が欲しかったこと、同じく「かみなりパンチ」と「れいとうパンチ」があればグライオンとドヒドイデの組み合わせに強く出られると思っていることなど、環境に適した構成だとも感じています。



f:id:meikaizerogin6y:20170317185943p:image

サザンドラ

ドクZ ふゆう
あくのはどう ゲップ かえんほうしゃ みがわり
ひかえめ 167-*-110-194(252)-111(4)-150(252)



CS特化、準速

・余り4をD(「ダウンロード」で相手のAが上がる)



メタグロスが弱点とするタイプの全てを半減もしくは無効にできるサザンドラはメタグロスと相性の良いポケモンとして知られていますが、今回は「あくのはどう」による追加効果で有利に戦えることを評価しての採用となりました。

また、パーティ全体がカプ・レヒレを苦手とすることから、「ゲップ」を覚えさせ、「ドクZ」を持たせることで返り討ちにすることを狙いました。1度しか使うことができませんが、高い威力の毒技であることから使い勝手が良いです。テッカグヤギルガルド、メタグロスといった鋼タイプのポケモンはサザンドラにあまり有利ではないことから交代で出しづらく、毒技は通しやすいと考えています。

3つ目の技は炎タイプの攻撃技である「かえんほうしゃ」とし、ナットレイハッサムなど、メタグロスが打点を持ちづらい鋼タイプへの打点としました。

最後の技は「みがわり」とし、カバルドン対面で使う技としました。これにより「あくび」を防ぎつつ、相手の「こおりのキバ」の有無を確認して戦うことができると考えたためです。サザンドラ自体が有利不利がはっきりしているポケモンであるため、有利対面で使用して後続のフェアリータイプを「Zゲップ」で倒し、「みがわり」を残しながら「あくのはどう」で分が良い戦いにする、という流れが決まりやすかったです。

配分は「ゲップZ」でカプ・レヒレを倒しやすくするためにCに補正をかけて特化させました。ミミッキュに少しでも先制できる確率を高めるために速さも全振りとしています。

サザンドラも攻撃範囲が広く、「アクZ」や「こだわりスカーフ」など、持ち物によって対応範囲が変わるポケモンであるため、「上から行動することで試合を有利に運ぶ」コンセプトには合っていると感じました。しかし、メガメタグロスやメガリザードンなど、タイプ上では弱点がつけても、先制されて一撃で倒される恐れがあるようなポケモンに対して後手となってしまう点では扱いづらさを感じました。そういった相手の場合は低速ポケモンと対面させ、「みがわり」を上手く残しながら戦うことを目指します。



f:id:meikaizerogin6y:20170121173520p:image

カプ・コケコ

こだわりスカーフ エレキメイカー
ワイルドボルト ボルトチェンジ ブレイブバード とんぼがえり
せっかち 145-167(252)-94-116(4)-95-200(252)



・最速、A特化

・余り4をC(「ボルトチェンジ」のダメージを考慮)



ストッパーであり、「とんぼがえり」で試合の主導権を握りやすい「こだわりスカーフ」を持つカプ・コケコを3匹目に採用しました。これにより「ブレイブバード」でバシャーモウルガモスに対して最低限の抑止力となることができます。

パーティ全体のタイプをばらけさせているため、「とんぼがえり」から交代で出すポケモンを選びやすく、有利対面を作るのに適しています。「エレキメイカー」によるエレキフィールドを活用してメガメタグロスの「かみなりパンチ」の威力を上げたり、スイクンをカバルドンの「あくび」から守ったりすることができます。

まずメインウェポンとして「ワイルドボルト」を採用。「かみなりパンチ」と選択でしたが、メガギャラドスへのダメージが変わることが気になったため「ワイルドボルト」としました。その他の技は「こだわりスカーフ」を持つカプ・コケコでは優先度が高い技だと感じていますが、「ボルトチェンジ」はゲッコウガを1発で倒す手段として有効な場面があるため採用しています。このパーティにおいてはカプ・コケコで相手を倒して場に居座る場面は望ましくないですが、「ボルトチェンジ」ならその状況を作り出しにくいため、メインウェポンとしても扱いやすい点を評価しています。「ボルトチェンジ」をメインとして扱うならば特殊型にした方が総合的なアドバンテージは大きいのですが、相手に地面タイプのポケモンが控えている場合は「とんぼがえり」の方が使いやすく、「ボルトチェンジ」よりは「とんぼがえり」を使う機会が多いと感じているため、物理型にしています。



f:id:meikaizerogin6y:20170317185853p:image

霊獣ランドロス

オボンのみ いかく
じしん とんぼがえり うちおとす ステルスロック
しんちょう 196(252)-166(4)-111(4)-*-143(236)-113(12)



・H4n(「オボンのみ」が発動させやすいため)かつA156ミミッキュの【+1】「シャドークロー」耐え

・余りをD、更にS、Aに振り分け



次に採用したポケモンは霊獣ランドロスで、地面タイプを無効にできる点、「ステルスロック」で苦手とする炎タイプに睨みを効かせられる点、電気タイプとは戦いづらいスイクンやメタグロスと相性が良い点を評価しました。

「じしん」は電気タイプや炎タイプを倒す技として、「とんぼがえり」はミミッキュの「ばけのかわ」に対して扱いやすい技として、そして「ステルスロック」は炎タイプに対しての立ち回りの負担を減らすための採用ですが、岩タイプの技として「うちおとす」を採用しています。これはメタグロス、カプ・コケコ、霊獣ランドロスを採用しているミラーマッチの際、相手の霊獣ランドロスに「うちおとす」が決まれば「じしん」が一貫する場面があり、霊獣ランドロスに霊獣ランドロスを交代で出して対処することが多いと感じたことから有効に働くのではないかと期待しています。一番の採用理由は「命中100%である」ことなのですが、実際はエアームドやテッカグヤに怯まず繰り出していけるといった副産物もありました。

配分は交代で出すことを想定しているので物理耐久・特殊耐久を両立している配分です。この配分だとミミッキュに対して後攻で「とんぼがえり」を使いやすいのが良いと感じました。



f:id:meikaizerogin6y:20170730164048p:image

スイクン

たべのこし プレッシャー
ねっとう れいとうビーム めいそう みがわり
ずぶとい 205(236)-*-154(36)-110-135-135(236)



・H4n+1かつA216メガボーマンダの【+1】「すてみタックル」耐え

・余りSで最速70族抜き



次に採用したポケモンはスイクンで、グライオンに対して有利なポケモンであることと、「こだわりスカーフ」を持ったヒードランが多いと感じたことから起点にしつつパーティ全体で苦手なクレセリアやポリゴン2に対して強いことを評価しています。

グライオンに強めの配分ではありますが、最速付近のグライオンに先制で「どくどく」を使われてしまうと役割が破綻してしまうため、隙を見せないように「れいとうビーム」を覚えさせました。これによりメガボーマンダやアーゴヨンに対して最低限の削りを行えるため、1匹でパーティが全壊するということを防ぎやすくなりました。

終盤の詰め筋として優秀で、選出する際はスイクンを勝ち筋とすることが多いです。H振りだけで耐久力自体は中途半端であるため、メタグロスやカプ・コケコを切り気味に扱い、スイクンを安全に降臨させてから詰めていくという立ち回りが多いです。

攻撃技として「ねっとう」を採用し扱いやすいメインウェポンとし、「めいそう」と「みがわり」で詰めていくというコンセプトから、技4つはすぐに決定しました。



f:id:meikaizerogin6y:20170605000957p:image

メガゲンガー

ゲンガナイト のろわれボディ→かげふみ
ミラータイプ まもる みちづれ ほろびのうた
おくびょう 167(252)-*-100-190-116(4)-200(252)



・最速、H特化

・余り4をD(特殊技を受ける場面が多く想定されるため)



最後に採用したポケモンはメガゲンガーで、まずパーティ全体の決定力のなさが目立ったため、低速な受けサイクルのようなパーティに刺せるポケモンが欲しかったことと、オニゴーリへの抑止力が無いのが気になっていたことを解決できるポケモンとして「ほろびのうた」と「ミラータイプ」を採用したメガゲンガーを採用しました。

霊獣ランドロスとの相性は抜群で、「とんぼがえり」で対面を操作しながら狙ったポケモンに対して「まもる」を使いながら「ほろびのうた」と「みちづれ」で確実に倒し、相手のサイクルを崩壊させてからこちらの通したいポケモンを通すように立ち回ります。

「だっしゅつボタン」など、「ほろびのうた」を活かすシナジーをパーティに組み込んでいませんが、パーティ全体が対面操作とサイクル性能に優れているため単体でも活躍させやすい点が魅力的でした。また、「ほろびのうた」は積み技に対する抑止力となる場合がある点も魅力です。

しかし攻撃技が1つもないことから選出しづらさが目立っているため、もう少し取り巻きを工夫しなければ単体での活躍の難しさを感じることがありました。



【感想】

オフでの戦績はベスト4と書くと聞こえは良いのですが、通算戦績だと8-4と微妙なところで、パーティの完成度としてはまずまずといったところです。

ただ、パーティがカプ・レヒレを呼びやすく、サザンドラの「ゲップZ」は比較的決まりやすかった点は良かったです。

探せば探すほど穴が見つかるようなパーティであると自覚しているのですが、採用しているポケモン自体は高種族値のポケモンで固められているため立ち回りの幅は広く、今後も環境によってカスタマイズしていけば十分に戦っていける並びだと思っておりますので、今後も似たようなコンセプトでパーティの完成度を高められるように努めていきたいと思います。



【第45回委員会オフでの選出回数(全12試合)】



メガメタグロス :■■■■■■■ 7

サザンドラ   :■■■■■ 5

カプ・コケコ  :■■■■■■■■■■ 10

霊獣ランドロス :■■■■■■■ 7

スイクン    :■■■■■ 5

メガゲンガー  :■■ 2



記事は以上です。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

2018-04-28 水着だ!浴衣だ!!Wデートだ!!!

[]第45回委員会オフ



2018/4/28(土)に開催された、第45回委員会オフに参加しました。

委員会オフに参加するのは第5世代ぶりで、久々の参加で、関西のオフの常連の方々や、初対面の方との交流に励みました。

対戦の結果は予選みずブロックを6-2で1位通過、決勝トーナメントは2-2でベスト4でした。

結果自体は良いものですが、負けた試合は反省点が残るものが多く、悔しい気持ちの方が強い結果となりました。

この成績に満足せず、更に高みを目指していきたいところですね。

オフ中には遊戯王の04ルールなBW2のフレ戦で遊ぶなど充実した時間を過ごせました。

とても楽しかったです。また是非お邪魔したいと思います。

主催、スタッフの皆様、対戦して下さった皆様、お話して下さった方、ありがとうございました!

2018-03-20 牧場ビート

2018-03-19 研究所ビート

[]悪タイプのポケモン



アローラコラッタ

アローララッタ

アローラニャース

アローラペルシアン

アローラベトベター

アローラベトベトン

メガギャラドス(ギャラドスはみず・ひこうタイプ

ブラッキー

ヤミカラス

ニューラ

デルビル

ヘルガー

メガヘルガー

バンギラス

メガバンギラス

ポチエナ

グラエナ

コノハナタネボーくさタイプのみ)

ダーテング

ヤミラミ

メガヤミラミ

キバニア

サメハダー

メガサメハダー

ノクタスサボネアはくさタイプのみ)

シザリガーヘイガニみずタイプのみ)

アブソル

メガアブソル

ドンカラス

スカンプー

スカタンク

ミカルゲ

ドラピオンスコルピはどく・むしタイプ)

マニューラ

ダークライ

チョロネコ

レパルダス

メグロコ

ワルビル

ワルビアル

ズルッグ

ズルズキン

ゾロア

ゾロアーク

コマタナ

キリキザン

バルチャイ

バルジーナ

モノズ

ジヘッド

サザンドラ

ゲッコウガケロマツゲコガシラはみずタイプのみ)

サトシゲッコウガ

ゴロンダヤンチャムかくとうタイプのみ)

マーイーカ

カラマネロ

イベルタル

フーパ(ときはなたれしすがた)

ガオガエンニャビーニャヒートほのおタイプのみ)

アクジキング



ギャラドスは6.5m、235.0kg(けたぐり・くさむすびが威力120)

メガギャラドスは6.5m、305.0kg(けたぐり・くさむすびが威力120)

ハクリューは4.0m、16.5kg(けたぐり・くさむすびが威力40)

2018-03-18 議事堂スタン

[]蟹杯6



3/30(金)22:00〜(受付は21:00〜)

3/31(土)22:00〜(受付は21:00〜)

ジムリーダーの城」にて開催される、「蟹杯6」の概要が公開されています。

URL:http://island.geocities.jp/majinjima/others/kanipai6/index.html

時間の都合さえ合えばボクも参加する予定ですので、是非どうぞ。



以下はHPよりコピペ


日時

開始時間:2018/3/30(金)、3/31(土) どちらも22:00開始

受付期間:どちらも同日21:00〜22:00(当日参加制)


ルール

・ニンテンドウカップ2000

・じわれ・つのドリル・ハサミギロチンを覚えたポケモンは使用禁止

・試合形式は、30日はスイスドロー方式、31日はトーナメント方式

・パーティは両日とも固定(1日目と2日目で変更は可能)

・1試合の最大ターンは80ターン

・1ターンの思考時間は80秒

すてみタックルなどの攻撃の反動でお互い最後のポケモンが倒れた場合、使用側の勝ち(※1)

・当然ながら、反則を行った場合は失格。(※2)

・30日に参加を希望する方は、受付時間内にトレーナーハウスに入室し、参加希望する旨を発言して下さい。

・31日に参加を希望する方は、受付時間内にトーナメント会場に入室し、登録して下さい。(※3)

・大会開始時間と同時にトーナメント表をシャッフルして確定させます。

※1 …

このような場合シミュレータ上では「DRAW」となり、トーナメントではランダムで勝者が決定してしまいますので、

万が一、技を喰らった側が上に上がってしまった場合はすぐに「ヘルプ」によりお問い合わせ下さい。手動でトーナメント表を修正致します。

※2 …

こちらとしても出来る限り試合内容のチェックをしたいと思っていますが、

全試合チェック出来る保障はありませんので、指摘は次の試合開始の合図までにお願い致します。

次の試合に進んでしまいますとそれ以前の結果の修正が出来ませんので、その点ご了承下さい。

※3 …

トーナメントに入室する際のパスワードは出来るだけ他人と被らないようなものにして下さい。


お願い

ポケモンの3匹選択は、試合開始の合図から10分以内のうちに決定し、試合を始めるよう努めて下さい。

10分以内に決めなくても失格にはなりませんが、合図から10分経ったらまだ試合が始まっていない部屋に声をかけます。

声をかけたら、必ず返事(自分は今そこに居るという証明)をして下さい。

声をかけてから5分間返事が無い場合は、失格とさせて頂きます。ご了承下さい。

それ以外に3匹選択の思考時間に関する制限はありませんが、出来る限り早めに試合をスタート出来るよう、努めて下さい。

大会をスムーズに進める為ですので、どうかご協力をお願い致します。

大会中、何か困ったことがあればその都度「ヘルプ」機能で何なりとお申し付け下さい。

その他、何らかの予期せぬ事態が起きた場合、主催者の独断により大会の流れを変更する場合があります。その点ご了承下さい。