Hatena::ブログ(Diary)

トルン息しトルン?

2016-07-16 オワ・オワリ

[]シングル・クレセクチートマンダマンムー



広大シングルオフ inゆかた祭りで使用したパーティです。

結果は5-2で予選落ちでした。

調整の詳細については割愛します。



f:id:meikaizerogin6y:20140817213900p:image f:id:meikaizerogin6y:20140221200911p:image f:id:meikaizerogin6y:20150401195119p:image 

f:id:meikaizerogin6y:20141015235545p:image f:id:meikaizerogin6y:20140221201246p:image f:id:meikaizerogin6y:20150303011725p:image 



メガクチート

クチートナイト いかく→ちからもち
じゃれつく はたきおとす ふいうち みがわり
いじっぱり 135(76)-172(252)-146(4)-*-116(4)-92(172)
クレセリア

ゴツゴツメット ふゆう
サイコキネシス でんじは つきのひかり みかづきのまい
ずぶとい 227(252)-*-189(252)-95-151(4)-105
メガボーマンダ

ボーマンダナイト いかく→スカイスキン
すてみタックル からげんき ストーンエッジ かえんほうしゃ
やんちゃ 170-216(252)-150-141(4)-99-172(252)
マンムー

とつげきチョッキ あついしぼう
つららばり じしん こおりのつぶて じわれ
いじっぱり 185-200(252)-100-*-111(244)-102(12)
化身ボルトロス

ラムのみ いたずらごころ
10まんボルト めざめるパワー(氷) ちょうはつ わるだくみ
おくびょう 185(244)-*-90-147(12)-100-179(252)
スイクン

カゴのみ プレッシャー
ねっとう こごえるかぜ めいそう ねむる
ずぶとい 207(252)-*-159(76)-*-135-128(180)



<個別解説>



f:id:meikaizerogin6y:20140817213900p:image



メガクチート

クチートナイト いかく→ちからもち
じゃれつく はたきおとす ふいうち みがわり
いじっぱり 135(76)-172(252)-146(4)-*-116(4)-92(172)



構築の軸。「いかく」で相手の攻撃を上げた後交代します。「みがわり」でペースを握りつつ終盤で詰められるような立ち回りを目指します。

「みがわり」は「ふいうち」と相性が良く、耐性の多いメガクチートで使いやすい技だと考えています。

HPを最低限度まで確保してから残りを素早さに回しました。後述するスイクンの「こごえるかぜ」と相性が良いことと、ニンフィアギルガルドに先制できる確率を高めたかったためです。AS配分でも良いのですが、フェアリータイプと撃ちあう際に耐久力が全く無いと不安だったため少しだけ伸ばしました。



f:id:meikaizerogin6y:20140221200911p:image



クレセリア

ゴツゴツメット ふゆう
サイコキネシス でんじは つきのひかり みかづきのまい
ずぶとい 227(252)-*-189(252)-95-151(4)-105



クチートの相方となるクレセリアですが、ボーマンダやマンムーとの相方としてもバッチリです。

クチートのS補助をするために「でんじは」を搭載。

ドラゴンタイプへの遂行を考慮すると「れいとうビーム」が欲しくなりますが、パーティ全体でドラゴンタイプには有利であることと、メガルカリオ自由にさせたくないという思いから「サイコキネシス」を覚えさせました。

クチートがあまり耐性を盾に攻撃を受けることを想定したくないため、クレセリアの後出しがとても多いことを考慮し、最大限の物理耐久を持たせています。



f:id:meikaizerogin6y:20150401195119p:image



メガボーマンダ

ボーマンダナイト いかく→スカイスキン
すてみタックル からげんき ストーンエッジ かえんほうしゃ
やんちゃ 170-216(252)-150-141(4)-99-172(252)



ラッキー+グライオンの組み合わせにエアームドが入っていた場合に狩るための「やんちゃ」メガボーマンダを採用。

キノガッサファイアローの組み合わせにも強く、メガクチートと同時採用するのに優秀です。

パーティ全体がヒートロトムに薄いため、対抗できるよう「ストーンエッジ」を覚えさせました。



f:id:meikaizerogin6y:20141015235545p:image



マンムー

とつげきチョッキ あついしぼう
つららばり じしん こおりのつぶて じわれ
いじっぱり 185-200(252)-100-*-111(244)-102(12)



特殊の炎タイプに強いマンムーを採用。物理の炎タイプはボーマンダに任せたいところです。

メガクチート入りのパーティは電気タイプを苦手とすることが多いので、「とつげきチョッキ」を持たせたマンムーはメガクチートと相性が良いと考えています。

「じわれ」を覚えさせピクシーに抗える手段としています。これにより化身ボルトロスやボーマンダと併せて多くの回避戦術を取るパーティに有利に戦えると考えています。



f:id:meikaizerogin6y:20140221201246p:image



化身ボルトロス

ラムのみ いたずらごころ
10まんボルト めざめるパワー(氷) ちょうはつ わるだくみ
おくびょう 185(244)-*-90-147(12)-100-179(252)



相手を崩す手段となる化身ボルトロス。「でんじは」を想定されやすいですがこのパーティにおいては優秀な特殊アタッカーとしての役目を持ちます。メガクチートは補完で「いたずらごころ」を使うポケモンによる妨害や起点作成を阻止しづらいことから、パーティに自然と採用しやすい「ラムのみ」を持たせた化身ボルトロスの採用となりました。

このポケモンもまた「いかく」に恩恵を多いに受けられるポケモンだと考えています。「でんじは」が無い分通常のメガクチートとの組み合わせ方は異なりますが、単体での高い性能を活かせるようになっています。



f:id:meikaizerogin6y:20150303011725p:image



スイクン

カゴのみ プレッシャー
ねっとう こごえるかぜ めいそう ねむる
ずぶとい 207(252)-*-159(76)-*-135-128(180)



クチートとボーマンダの両方と相性が良く、「こごえるかぜ」を覚えさせて素早さサポートが行える他、自らエースとなりうる幅広い役割を持たせたスイクンを採用しました。

このパーティにおいては最も選出回数の多くなるポケモンです。素早さを高めに設定していますが、「いかく」をメガシンカするポケモン両方が持っているからこそ活きると考えています。

しかし後出しすること自体はあまり多くないポケモンであるため、「いかく」との相性の良さという観点では微妙な型となってしまっているかもしれません。

クチートもボーマンダも物理決定力が優秀なポケモンであるため、補完であるスイクンが特殊アタッカーとしてのエースの役割を持たせられたという点では噛み合っていた印象でした。



クレセクチートマンダマンムーという並びを考えるにあたっての参考

http://bigyeti.blog.fc2.com/blog-entry-84.html



解説は以上です。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

2016-07-11 セールの細胞

[]広大シングルオフ inゆかた祭り




「広大シングルオフ inゆかた祭り」に参加しました。結果は予選妖ブロックを5-2で直接対決の結果で予選落ち

敗北した試合は上手く立ちまわっていれば勝てていた可能性が高いので悔しさが残ります。

しかし当日はマルチバトルなど様々な交流で盛り上がれました。

スタッフ・参加者の方々、ありがとうございました。

2016-07-03 もしも100万円が手に入ったら喜びつつも更なる金を求める

[]広大シングルオフ inゆかた祭り



オフに参加希望を出したらブログで参加しますと書くようにします。



「広大シングルオフ inゆかた祭り」に参加申請を出しました。

7月10日に行われる広島大学浴衣祭りで行うシングル大会です。

URLhttp://hirodaipokemon.blog.fc2.com/blog-entry-122.html

優勝目指して頑張りたいところです。ゆかた祭りも楽しみたいですね。

2016-06-27 2016上半期は「メガゲンガーが強い」

[]マルチ・600族禁伝のみ可能・メガディアンシー軸第六世代総括ノーマルスタッフ



通称「ディアンシーを使いたいマルチ」用で使用するパーティの一例です。


f:id:meikaizerogin6y:20150911125323p:image f:id:meikaizerogin6y:20150826003428p:image f:id:meikaizerogin6y:20160627130214p:image 

f:id:meikaizerogin6y:20160627130830p:image f:id:meikaizerogin6y:20160627130801p:image f:id:meikaizerogin6y:20160627130807p:image 



メガディアンシー

ディアンシナイト クリアボディマジックミラー
ダイヤストーム ムーンフォース だいちのちから まもる
ゆうかん 157(252)-233(252)-130-181(4)-130-117
いましめられしフーパ

きあいのタスキ マジシャン
いじげんホール ゴーストダイブ きあいだま トリックルーム
れいせい 155-162(252)-81(4)-222(252)-150-67
ボルケニオン

いのちのたま ちょすい
スチームバースト フレアドライブ だいちのちから まもる
れいせい 187(252)-131(4)-140-200(252)-110-67
ジガルデ

オボンのみ オーラブレイク
グランドフォース しんそく へびにらみ まもる
ようき 215(252)-120-142(4)-*-115-161(252)
ステップメロエッタ

ラムのみ てんのめぐみ
インファイト いにしえのうた フラフラダンス まもる
ようき 175-180(252)-110-88(4)-97-198(252)
ゲノセクト

アクアカセット ダウンロード
むしのさざめき テクノバスター ブレイズキック しんそく
せっかち 147(4)-140-103-172(252)-115-166(252)



<あそびかた>



「マルチバトルしましょう!ただしいつもどおりじゃつまらないので、メガシンカ前で種族値600以下の禁伝なら使っても良いことにします!ノーマルルールですがその他は通常のフラットルールと同じようなパーティ構成でやりましょう!」といってマルチバトルを募ります。

これによりミュウセレビィジラーチデオキシスマナフィフィオネダークライシェイミビクティニケルディオ・メロエッタ・ゲノセクト・ジガルデ・ディアンシー・いましめられしフーパ・ゲノセクトが使用可能となります。

「メガシンカ前で」という前置きが無いとメガディアンシーを使った時に矛盾が生じる可能性があるかもしれません。また、「600族で」という括りにするとケルディオが参加できなくなってしまう点に注意します。

それでも実際の伝達不足によりパルキアホウオウやときはなたれしフーパなどが繰り出されることが少なくない点に複雑な思いを抱きながら楽しくバトルをします。



<主な登場人物>



f:id:meikaizerogin6y:20150911125323p:image



メガディアンシー

ディアンシナイト クリアボディ→マジックミラー
ダイヤストーム ムーンフォース だいちのちから まもる
ゆうかん 157(252)-233(252)-130-181(4)-130-117



・A最大

・H全振り

・余りC(「ムーンフォース」と「だいちのちから」のダメージを増やすため)



唯一メガシンカするポケモンでありこのパーティ(対戦ルール)の存在意義だと思っているポケモンです。

能力値は非常に高い水準を誇り、全ての能力を必要としますがパーティ全体で「トリックルーム」を使って戦うことが少なくないことから素早さに下降補正をかけています。

攻撃技はメインとなる「ダイヤストーム」、「ワイドガード」で防がれない単体技である「ムーンフォース」、苦手な鋼タイプに大ダメージを与えられる「だいちのちから」としました。最後の技は「まもる」とし「トリックルーム」のターン調整を行います。

特性「マジックミラー」が強力で、これにより通常マルチバトルでは非常に強力なダークライに対して一方的に強くなれます。



f:id:meikaizerogin6y:20150826003428p:image



いましめられしフーパ

きあいのタスキ マジシャン
いじげんホール ゴーストダイブ きあいだま トリックルーム
れいせい 155-162(252)-81(4)-222(252)-150-67



・最遅

・C最大

・A全振り

・余り4をB(物理攻撃の先制技に対するダメージをずらすため)



ときはなたれしフーパは種族値が600ではないためいましめられしフーパの姿での採用。この姿でも十分な数値を持ちます。

特性「マジシャン」の発動機会を少しでも増やしたいという思いから持ち物は「きあいのタスキ」を選択。それに伴いHPには努力値を振らず、攻撃と特攻に振り切っています。

技は「トリックルーム」をまず採用。ゴーストタイプである点を活かせます。更に「いじげんホール」と「ゴーストダイブ」を採用し、「トリックルーム」中に「まもる」を使わせづらくしました。「いじげんラッシュ」はいましめられしフーパで使うと失敗するので採用できません。

サポート技として「サイドチェンジ」を採用することも候補でしたがこの技はマルチバトルで使うと失敗してしまうので、悪タイプに有効打となる「きあいだま」を採用しています。




f:id:meikaizerogin6y:20160627130214p:image



ボルケニオン

いのちのたま ちょすい
スチームバースト フレアドライブ だいちのちから まもる
れいせい 187(252)-131(4)-140-200(252)-110-67



・最遅

・C最大

・H全振り

・余り4をA(「フレアドライブ」のダメージを増やすため)



ディアンシーの苦手な鋼タイプに強いボルケニオンを採用。特性「ちょすい」を持ちますが水タイプに有効打は持っていないため「だいちのちから」を覚えさせて相手のボルケニオンに打点を持てるようにしました。

攻撃も特攻も高いため炎タイプの技は「フレアドライブ」を覚えさせて物理・特殊と撃ち分けられるようにしました。「トリックルーム」を使う場合の攻撃役として扱いやすく、物理・特殊両方の威力を上げられる「いのちのたま」を持たせています。

一見するとグラードンカイオーガに強そうなのですがゲンシグラードンには水タイプが効かず地面タイプで弱点を突かれる、ゲンシカイオーガには打点が無く「かみなり」で倒されてしまいます。ドラゴンタイプの弱点を突くこともできないためメガレックウザに強いとも言えません。

タイプ相性による受け出しするこを考慮し耐久力も欲しかったことからHC振りとなりました。



f:id:meikaizerogin6y:20160627130830p:image



ジガルデ

オボンのみ オーラブレイク
グランドフォース しんそく へびにらみ まもる
ようき 215(252)-120-142(4)-*-115-161(252)



・最速

・A最大

・余り4をB(物理攻撃の先制技に対するダメージをずらすため)



パーティ全体がやや中速気味で、「トリックルーム」を使うと相手の方が遅いという場面は少なくありません。そこで「へびにらみ」により相手の素早いポケモンの動きを抑えられるという採用理由をジガルデに見出すことができたため採用できました。

先制で「へびにらみ」を使いたいため最速とし、総合耐久力の上げられるH振りとしました。

「オボンのみ」を持たせて行動回数を増やし、相手に「へびにらみ」を使える回数を増やしサポーターとしての役割を強化させています。

技は「グランドフォース」と「しんそく」といった汎用性の高いものを揃えました。「グランドフォース」でハピナス以外のポケモンが倒れるのは珍しい光景です。「しんそく」はパーティ全体で数少ない先制技として詰めとして扱いやすいです。最後の技はマルチバトル最強の技と考えられている「まもる」としました。

このルールでは「オーラブレイク」が死に特性となっていまいますが、「オーラブレイク」が死に特性ではないルールにするとこのポケモンを多く含むポケモン自体が死んでしまうのでオススメしません。



f:id:meikaizerogin6y:20160627130801p:image



ステップメロエッタ

ラムのみ てんのめぐみ
インファイト いにしえのうた フラフラダンス まもる
ようき 175-180(252)-110-88(4)-97-198(252)



・最速

・A最大

・余りC(「いのしえのうた」のダメージを増やすため)



ここまでのポケモンが全て第六世代なので残りのポケモンは第五世代から持ってくることにしました。その中でも特に決定力の高いと思っている格闘タイプであるメロエッタを採用することにしました。

マルチバトルでは非常に盛り上がりを見せる技である「フラフラダンス」を覚えさせ、他は汎用的な攻撃技としています。麻痺状態や火傷状態で機能が停止しやすいため「ラムのみ」を持たせて1回は行動させやすくしました。

ステップフォルムで「いにしえのうた」を使ってしまうとボイスフォルムに戻ってしまう点に注意します。そしてボイスフォルムに戻ってしまうと種族値が戻ってしまう点をよく失念するのでその点についても注意しながら扱います。


f:id:meikaizerogin6y:20160627130807p:image



ゲノセクト

アクアカセット ダウンロード
むしのさざめき テクノバスター ブレイズキック しんそく
せっかち 147(4)-140-103-172(252)-115-166(252)



・最速

・C全振り

・余り4をH(奇数となるため)



※色違いで「アクアカセット」を所持したゲノセクトの画像が見つからなかったのでこちらの画像で代用しています。



最後に採用したのは配布限定のゲノセクト。「しんそく」と「ブレイズキック」が限定技です。同じく限定技である「ギアチェンジ」は採用しませんでした。

「アクアカセット」を持たせて「テクノバスター」を覚えさせています。これにより独自の攻撃範囲を持つことができます。特攻を上げて「テクノバスター」メインで攻められます。「ダウンロード」で攻撃が上がっても特攻が上がってもそれなりに戦える点が長所です。

配分については性格が「せっかち」であることから最速としました。



<総評>




上記の6匹に限らず通常使わないポケモンを考察する時間は物珍しさがあるので気分転換に最適です。せっかく厳選したなら使わないと勿体ないので様々な活躍の場を開拓していくこともまたポケモンを楽しみを広げることにも繋がるのではないかと思いました。



解説は以上です。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

2016-05-30 古参「ゼロ」

[]シングル・ジョウトオープン用・ライコウ軸旧世代対面構築



ジョウトオープン用に作成したパーティです。


f:id:meikaizerogin6y:20160530172043p:image f:id:meikaizerogin6y:20140221201106p:image f:id:meikaizerogin6y:20160530172126p:image 

f:id:meikaizerogin6y:20140221221829p:image f:id:meikaizerogin6y:20160530172156p:image f:id:meikaizerogin6y:20150401195121p:image 



ライコウ

いのちのたま プレッシャー
10まんボルト ボルトチェンジ じんつうりき しんそく
うっかりや 165-106(4)-95-183(252)-108-167(252)
マリルリ

とつげきチョッキ ちからもち
じゃれつく アクアジェット はたきおとす のしかかり
いじっぱり 191(124)-112(252)-101(4)-*-116(124)-71(4)
ドンファン

たつじんのおび がんじょう
じしん ダストシュート ほのおのキバ こおりのつぶて
いじっぱり 165-189(252)-141(4)-*-80-102(252)
ハッサム

こだわりハチマキ テクニシャン
とんぼがえり バレットパンチ はたきおとす でんこうせっか
いじっぱり 175(236)-200(252)-123(20)-*-100-85
カイリュー

ラムのみ マルチスケイル
げきりん じしん しんそく ほのおのパンチ
ようき 167(4)-186(252)-115-*-120-145(252)
ポリゴン2

しんかのきせき トレース
イカサマ れいとうビーム どくどく じこさいせい
ずぶとい 191(244)-*-156(252)-126(4)-116(4)-81(4)



<基本コンセプト>



第五世代の対面構築の定義の一つに「ボルトチェンジ」や「とんぼがえり」を使いながら有利対面を作り、終盤に先制技で倒すことを狙うというものがあることを思い出していました。

そしてジョウトオープンというルールはガブリアスマンムー・霊獣ボルトロスといった電気タイプを無効にする強力なポケモンが参加できないことから、素早くて決定力のある電気タイプであるライコウを軸に「ボルトチェンジ」を使うと有利に試合を進めやすくなるのではないかと考えました。併せて「しんそく」も使えることからパーティコンセプトとマッチしており、プレシャスボール入りの「しんそく」を覚えた個体で使用することに決めました。

ライコウを軸に、補完に優れておりパーティコンセプトに逸れず、汎用性の高いポケモンを揃えていきながらパーティを組み立てていきました。



<個別解説>



f:id:meikaizerogin6y:20160530172043p:image



ライコウ

いのちのたま プレッシャー
10まんボルト ボルトチェンジ じんつうりき しんそく
うっかりや 165-106(4)-95-183(252)-108-167(252)



・C最大

・S全振り

・余りA(「しんそく」のダメージを増やすため)



パーティの軸。「ボルトチェンジ」で試合を有利に運びます。

配分はCを最大とし、サンダーに強いという特徴を活かすために最低限同速勝負が挑めるS振りとしました。ライコウでの同族対面等を意識して意図的に後攻での「ボルトチェンジ」を使えるように素早さを下げて耐久力を上げることも考えましたが、サンダーに後攻でしか戦えない場合有利とは言いづらいと判断したためです。「ボルトチェンジ」のダメージを少しでも上げるためにC最大です。

持ち物は「ボルトチェンジ」の火力を上げられる「いのちのたま」としました。「こだわりメガネ」の方が火力は上がりますが、ダグトリオを繰り出されてしまうと一方的にダメージを与えられず倒されてしまうことから、技の撃ち分けはできたほうが良いと判断し「しんそく」のダメージも増やせる「いのちのたま」としました。

技はサンダーとの対面でダメージを与えられる「10まんボルト」を採用。汎用的な打点として終盤の詰めに使う場合「ボルトチェンジ」より有効です。最後の技は「はどうだん」「めざめるパワー(氷)」「じんつうりき」「みがわり」などが選択肢でしたが、マリルリを採用していることからフシギバナニドキングといった毒タイプに隙を見せたくないと判断し「じんつうりき」としました。



f:id:meikaizerogin6y:20140221201106p:image



マリルリ

とつげきチョッキ ちからもち
じゃれつく アクアジェット はたきおとす のしかかり
いじっぱり 191(124)-112(252)-101(4)-*-116(124)-71(4)



・A最大

・【こだわりメガネ】C183ライコウの「10まんボルト」最大乱数以外耐えかつHP16n-1

・余りB、Dに振り分け



ライコウを使うにあたり、まずライコウより素早く、ライコウが撃ち負けてしまう相手の対策をすることに決め、その中でも雨状態のキングドラの対策は不可欠と考え、その他地面タイプにも戦えるマリルリを採用することにしました。

「とつげきチョッキ」を持たせてキングドラに何度も後出ししやすくした他、特殊タイプに1度は行動を保証させやすくしています。それに伴い、特殊耐久を高めに設定しました。「アクアジェット」で少しでも相手を倒しやすくするため攻撃は最大限まで高めています。

技はキングドラを倒すための「じゃれつく」と強力な先制技である「アクアジェット」を採用。次に汎用的な打点として「はたきおとす」を覚えさせました。メガストーンを持つポケモンがいないことから一貫性が高く、イノムーやポリゴン2を崩す起点として優秀です。最後の技は「のしかかり」とし、「ちいさくなる」を使うラッキーやピクシーの対策としました。イノムーをより強く意識するための「たきのぼり」も選択肢として有力です。



f:id:meikaizerogin6y:20160530172126p:image



ドンファン

たつじんのおび がんじょう
じしん ダストシュート ほのおのキバ こおりのつぶて
いじっぱり 165-189(252)-141(4)-*-80-102(252)



・A最大

・S全振り

・余り4をB(物理攻撃の先制技に対するダメージをずらすため)



ライコウとマリルリを採用してるため相手の電気タイプに強くしたいことから地面タイプで強力なポケモンを3匹目に採用することにしました。そんな中で過去に拝読したゆとりさんの記事を思い出し、先制技が使えて対面への遂行能力が高いポケモンとしてドンファンが強力なのではないかと思い採用することにしました。

参考:http://mose-cat.hatenablog.com/entry/2015/11/28/193000

ドンファンである理由は先制技が使えること、ハッサムに弱くないことが挙げられます。また、マリルリのSが足りないことから相手に「はらだいこ」を許しても「がんじょう」で耐えて反撃ができるほか、対面で「ダストシュート」を使うことで起点を阻止できる点が優秀であると感じました。特性「がんじょう」があり耐久力に努力値を振らずとも役割が遂行しやすく、素早さに努力値を振れることからハッサムへの打点である「ほのおのキバ」を覚えさせました。最後の技は地面タイプとしての遂行を確実にするための「じしん」です。

対面での遂行能力を高めるために性格は「いじっぱり」として攻撃を最大まで高めました。



f:id:meikaizerogin6y:20140221221829p:image



ハッサム

こだわりハチマキ テクニシャン
とんぼがえり バレットパンチ はたきおとす でんこうせっか
いじっぱり 175(236)-200(252)-123(20)-*-100-85



・A最大

・【+6】【ちからもち】A102マリルリの「アクアジェット」最大乱数以外耐えかつHP最大



「とんぼがえり」が使えて強力な先制技である「バレットパンチ」も使える構築の基本コンセプトそのものを担えるハッサムを4匹目に採用しました。明確な役割はありませんが、終盤のアタッカーとしても序盤の展開としても強力で、汎用性の高さを評価しました。

「こだわりハチマキ」を持たせて「とんぼがえり」と「バレットパンチ」で相手に負担をかけやすくしました。また、「はたきおとす」がマリルリ同様に一貫性があり強力で、最後の技として「でんこうせっか」を採用しライコウやサンダーといった電気タイプやキングドラに対してもダメージを与えやすくしました。これによりハッサムで倒せる相手を広げています。

配分は攻撃を最大にした後総合耐久力を重視するため、少しだけ防御を調整するにとどめ、HPを伸ばしました。




f:id:meikaizerogin6y:20160530172156p:image



カイリュー

ラムのみ マルチスケイル
げきりん じしん しんそく ほのおのパンチ
ようき 167(4)-186(252)-115-*-120-145(252)



・最速

・A最大

・余りH(総合耐久力上昇のため)



5匹目には「しんそく」が強力で、多くの有利対面を作れるカイリューを採用しました。

最速にして相手のカイリューに最低限同速勝負が挑めるようにし、撃ち合い最大火力の「げきりん」を覚えさせました。終盤に「げきりん」を一貫させるような立ち回りが理想的です。これだと「こだわりハチマキ」を持っている方が理にかなっていますが今回はハッサムに持たせた方が強力だと判断したため断念し、「おにび」や「でんじは」を受けても1度は回復できる「ラムのみ」を持たせました。「げきりん」による混乱状態も回復できる点で相性が良いです。これによりエンテイの「せいなるほのお」に若干の耐性がついたため、炎タイプへの打点となる「じしん」を覚えさせました。「りゅうのまい」を使うタイミングはこのパーティではあまり無いだろうと判断し、攻撃範囲を広げることにしています。特にカイリュー対策として鋼タイプはよく繰り出されるであろうと判断したことから「ほのおのパンチ」を採用し柔軟に立ち回ることを目指しました。

後出しすることがあまり想定されなかったため撃ち合いに強くなれるよう攻撃に努力値を回しています。



f:id:meikaizerogin6y:20150401195121p:image



ポリゴン2

しんかのきせき トレース
イカサマ れいとうビーム どくどく じこさいせい
ずぶとい 191(244)-*-156(252)-126(4)-116(4)-81(4)



・B最大、H最大から奇数に調整し【こだわりハチマキ】A186カイリューの「げきりん」を最高乱数×2以外耐え

・余りC、D、Sに振り分け



6匹目は補完としてポリゴン2を採用しました。数値が高く幅広い相手と戦え、「じこさいせい」を使いながらの「どくどく」でこのパーティが苦手な強力な数値受けの崩しも担います。

マリルリやカイリューを地面タイプに後出しするのにはやや不安があったため、防御を高めて対物理タイプとしました。それに伴い「れいとうビーム」を攻撃技として採用。耐久ラインとして「こだわりハチマキ」を持つ「ようき」カイリューの「げきりん」に指標を合わせることで対カイリューも担いやすくしました。

「イカサマ」を採用しマリルリやハッサムに隙を見せづらくしています。これにより相手を選ばず幅広い相手と戦うことが可能となっています。



<総評>



上記のパーティをジョウトオープンで使用しようと思い、自分でも作り知り合いにも案だけ渡しましたが二人とも時間が無く上位を目指すことは叶いませんでした。しかしせっかく色々と考えたということで記事として公開することにした次第です。



解説は以上です。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!