Hatena::ブログ(Diary)

門門日日新聞 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018年11月20日 おしゃれ染め このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:monna8888:20181120063636j:image
朝ごはんはスパムおむすび。TP大喜び。

f:id:monna8888:20181119134241j:image

見た目の色と手触りはみかん。でも形が違う。少し掴んでみると、ふかふかしてずっしり感は無い。おつとめさき近くの路上の花壇で見つけました。何の実だろう。


今日も新しいひとと協力して問題解決に取り組みます。もう怖くない。彼女ももう怖がってない。しあわせ。なのでここ数ヶ月、ほとんど取っていなかった昼休みを今日もちゃんと1時間取得します。

f:id:monna8888:20181120125753j:image

おじさんの立ち話しを立ち聞きして見つけた最高のレストランへまた。ぜいたくです。(その分、節約節約)

f:id:monna8888:20181120131041j:image

本日のお肉料理は、鶏肉のクリーム煮。お魚はめかじきのトマトベーコンのソースだそう。お肉を選んで、旨味がギュッと詰まったモモ肉と、絶妙なクリームソースを残さず味わいます。まさか自分が洋食にはまる時が来るとは思いもよらなかった。ウズベキスタンシルクロードの料理をたくさん食べたこと、和食へのこだわりを捨てたこと、いくつかの旅行を通して西洋のひとたちへの卑屈さを自分の中に発見して克服したいこと、などから積極的に西洋を取り入れているのかも知れません。それはさておき、やっぱりいいレストラン!

仕事を終えて今日も高級そうで高級でないスーパーに寄って買い物していると、セルフレジで前に並んでいた白髪の女性が、白髪はそのまま、黒髪をおしゃれ染めにしているのがとても素敵で、要するに地の毛は濃い茶色オリーブ色が混じったような色、白髪だけは金光りしていてとても素敵なのです。だからこれから私は、地の毛だけを染めてみることに挑戦しようかと思っています。いまさら!

2018年11月19日 Kさんが見つけたレストラン このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

朝、鏡に向かって「私は私を好きだ」とか言ってから出勤する始末、どうしても新しく入ってきたひとの怖い顔が忘れられないのです。月曜日だもの。大丈夫、私は私を好きだ。

出社してみると、新しいひとはとても機嫌良く話しかけてくれます。どうして、怖くもないひとを怖いと思うんだろう?私は。数日前から、どうしても終わらせて欲しい仕事はポストイットに書いて、今日の宿題はこれとこれとこれです、と話しかけるようにしました。一日に3つずつ。そして、途中では口出しせずに、最初だけ「こういうやり方で進めながら、もしいいアイデアあったらください」と相談して、後は丸投げ。このスタイルにしたところ、ちょうど同じアイデアをふたりとも思いついて同じ方法で、無事にトラブル対応できました。今度からはこの方法で対処しましょう!と言い合います。

f:id:monna8888:20181119131856j:image

f:id:monna8888:20181119132121j:image

f:id:monna8888:20181119134148j:image

これまでの引き継ぎと違うところは、引き継ぎイコール仕事が倍に増える、だったのが今は、引き継ぎイコール自分の仕事が減る、です。なので隣席のKさんが見つけた「どうしてこれまで行かなかったんだろう」というレストランに、ひとりでランチに行きました。Kさんと一緒に行きたかったけれど彼女は今日は有給だから。確かに、お値段以上。前菜のレバーパテのおいしいこと!鶏もも肉のコンフィだなんて昭和には無かったメニューだよっ!ほかほかと湯氣が上がる店内で、誰もがうれしそうに、楽しそうなお喋りしています。それだけで私もうれしい。また来よう。そしてこういういいレストランに来ると、先日私が見つけた最高のレストランは、心までしあわせにしてくれるレストランだから、またそっちにも行きたくなります。待っててね。

2018年11月18日 平成女子 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:monna8888:20181118202954j:image

うだうだと、録画していたテレビ番組を観ながら過ごします。せっかくの日曜日、マラソン練習で身体はぐったりとくたびれているのです。そしてほんの少しの仕事の心労。新しいひとが急に頑固になって怖い顔になったのをまた思い出して、少しのクヨクヨ。2時過ぎ、さすがに外に出ましょうとTPとランチに出かけます。初めて入ったお店で、うまくもマズくもないラーメンを食べて散歩。新しくできたカフェに入ってみます。外にあった開店のチラシには、インディアンアフタヌーンティーと書いてあります。どんなだろ?

急な外出だったので、カメラ女子カメラ女子だということを忘れてカメラを持っていなかったので写真に撮ることはできませんでしたが、インドの小ぶりなデザートが200円くらい、チャイとサモサ(インド揚げ春巻コロッケ)のセット500円、チャイパニールインドチーズ)・パコーラインド天ぷら)のセットが600円、どちらもチャイはお替り自由。それにしても飾りつけやメニューのフォントなどとても洗練されているので、お店のインド人ウエイターに「このお店のオーナーは、インドの方ですか?」と尋ねると「はい、インド人です。でも旦那さんが日本人。オーナーはインドの女のひと」とのこと。店内の装飾がとても素敵ですねと言うと、大きく頷いて、自信ありげに「はい」と言ってくれました。インドから日本人男性に嫁いできた女性の作ったお店、いったいどんな女性なんだろう。いいお店やったね〜と喜んでいるとTPが「門ちゃん嬉しそうやね、ヨカッタね、いいお店見つけて」とか言っています。

それはさておき、散歩した先のJRの駅で新幹線の切符を買いました。週末、福岡の両親が弟一家が住んでいる仙台にやってくるのです。そして京都の伯父伯母も合流して、水戸にお墓参りへ行くのです。私とTPも当然参加できるでしょ?みたいな感じで、水戸から那須への一泊旅行に誘われたものの、私は週末にマラソン大会に参加するのでお断り、TPは休日出勤で不参加、水戸に私だけ行くわと言ってみたところ、猛烈な悲しみのメールと電話、仕方なく「じゃあ前日、弟一家のところに泊まりに行くわ」と言ってから何度も「来月楽しみですね」とか「今月楽しみですね」とか「荷物送ったよ、来週楽しみ★」とかメールが届いているので、弟一家の暮らす県までの片道切符を買ったのです。一万円超えた!高い!

母からは続けて「申し訳ないのですが、写真のお菓子東京の大丸に有るそうです、一箱買って来てください、🙏お願いします。」とメールが届き、写真にはN.Y.キャラメルサンドの文字。TPにも「ちょっと重荷」とか言っていたからか、TPが「これから東京駅に行こうよ」と誘ってくれたので仕方なく大丸まで電車に乗って出かけます。すると、お店の外にあふれるほどの長蛇の列、2時間くらいは待ちそうな行列です。途端に私は氣持ちがなえて「日曜日の夕方、東京駅になんて来るんなじゃなかった」などと言い始めます。あまりのひとの多さ、まっすぐ歩けずに初詣なみのひとの多さ。「来るんじゃなかった、パニックが出る、パニックになりそう、そしておしっこ漏れそう」とトイレに駆け込んで、そのまま電車に乗って帰ることに。

新宿駅に着くと、途端に機嫌がよくなって「門ちゃん、機嫌なおってヨカッタね、東京駅では急に不機嫌になってびっくりしたね、まさかのトンボ返りで」とTPは言っています。続けて「俺、本来は自我が強い人間やん?でも門ちゃんがあまりにも自我が強くて、好き嫌いがはっきりしとう山猿やけん、俺は門が喜んだらそれでいいて思うようになったと」などと遠い目で言うので大笑い。笑わせたいのね、まるで悟りを開いたかのようなわざとらしい表情に爆笑します。本来はTPも相当の頑固者です。

f:id:monna8888:20181118202858j:image

自分がカメラ女子だってことつい忘れちゃう。次からは忘れないようにいつでも首からカメラ下げとかなきゃ。

f:id:monna8888:20181118211114j:image

ずっと前にRCがくれたボトルホルダー、台所のレジ袋入れにしたら、どの穴からも取り出せて最高の使い心地、この使い方があったか!

家に帰ってテレビを観ながらふと、自分は昭和世代だと思っていたけれど、考えてみると昭和よりも平成を生きた方がうんと長かったと思い至ってハッとしました。私、平成を生きていたんだ・・・平成は別の人種のひとたちの時代だと思っていた、でも本当は自分が平成女子だったなんて知らなかった。女子かどうかってことはさておき。

2018年11月17日 走った このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

仕事へ行くTPを送りがてら、ほぼ一年ぶりにマラソン用のブラ、マラソン用の短パンマラソン用のレギンス、マラソン用のキャップ、マラソン用のスニーカーを身に着けて、TPは膝から崩れ落ちそうに笑っていますが氣にしない、送って行った後で、練習のために走るのです。だって後、一週間しかないから!

まず、1キロ先の公園まで、ホッホッと走ります。その時点で限界。そこから、一周一キロの公園を「絶対に3周する」と決めて、走り出します。キタキタ、苦しいったらない、いつだって歩き出したい。500メートルまでが一番苦しい。そこからペースを落としたり、わざと上げたりしているうちに、マゾヒズムが出てきて2周めを走る頃には自分の吐く息と吸う息の音しかしない、マラソンコースの落ち葉しか見えない、2キロ走ったところでゾーンに入ります。これこれ、どこまでも走れる、あたし走っている!

途端に、足が他人の太もものように、重たくて死体を引きずっているかのような重たさ、やばい、もう走れない。そしてあえて、ペースを上げてみたり、落としてみたりしていると、3周走っていました。反対側の出口までさらに500メートル走って、最初から合計したら4.5キロ走っています。これでも元陸上部。中高生の頃はいつも学年で2位でした。1位じゃないのが良いところ。陸上部なのに、悲しかったけれど、どう思い返しても努力したことがないので、当たり前でしょう。もともとは、子どもの頃いつも父が、駐車場から家までの距離を弟と競争しろ、「走れ!」と言われて競争させられ続けていたことで足が速くなっていただけのこと。走ることに何の思い入れも無かったのです。

陸上部に入りたくもなく、文化系の部活を見学して、そのマニアックぶりについて行けずに当時の友人に誘われて入った部活。中距離とリレーで県大会に出たりしました。過去の栄光でも何でもなく、嫌々でした。それが今、ついうっかり、職場の同僚が今年も誘ってくれたマラソン大会、10キロについ今年も参加するとこの口が言ってしまったものだから、残り一週間しかないのに、ずっしりと重たいこの肉体を引きずるように走ったのです。4.5キロ走ることができたのは快挙、歩かなかった。根性だけで走りきった。


汗だくで家に帰って、休憩して、歯医者2回め。歯磨き指導はとても丁寧で、パソコン画面のアニメ動画を見ながら、そうか、歯を立体的に磨くのが大切だ、でもよく磨けていますよと誉めてもらって安心して、これからはもっと歯を優しく磨こうと心で誓います。


案の定、家に帰ったらお昼寝、氣づけば夜でした。

f:id:monna8888:20181117210518j:image

TPも仕事から帰ってきたので、晩ごはんは春雨煮です。春雨ってどうしてこんなにおいしいんだろう。昆布かつおの出汁たっぷり煮含めた春雨は、いくらでもお腹の中に入って行きます。見栄えは良くないけれど。付け合せは買ったキムチと、生玉ねぎとサラミのサラダ。とにかく今日私は走った、走り抜いた。4.5キロ走った。足はまだ死体のように重たいけれど。エライ、あたしエライ。門、エライ。

2018年11月16日 脱出成功 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:monna8888:20181116080555j:image

朝、いつもよりも1時間早く出勤して、職場の周りをウロウロとしてみます。工事現場、好き。

f:id:monna8888:20181116081003j:image

あっちもこっちも工事中。何が建つんだろうか。

変態紳士

変態紳士

変態紳士。Kindle君に入れて読みます。何て話しの展開の面白いインタビュー本なんだろう。これってある種の悟り、いや悟りそのものとすら思います。

新しく入ったひとのことを少しうとましく思い始めたその氣持ちを、私は先日読んだばかりの本を参考に、私なりのスピリチュアリズムで霧散させようと決めました。もやもやしたゾーンから脱出するのです。新しく入ったひとの頑固さに影響されないように、そして私も彼女に氣を遣わずに、ただやるべき仕事を期日までに終わらせて欲しいとだけ伝えよう。すると流れが変わったのか、出社してきた新しいひとが開口一番「昨日は我がまま言って本当にすみませんでした」と言ってきました。そこからは、今日は何をしましょう、何でも言ってくださいと上手く引き継ぎが進みました。霧散成功、心でガッツポーズをします。自分なりのやり方で進めてもらって良い、私は彼女が仕事しやすいように環境を整えるだけ。こちらが心理的に影響を受けて悩む必要などない、私はただ自分のことを大切にするだけ。これからも色んなひとに出会うだろうけれど、影響を受けすぎないように注意することは、とても良いことだと思いました。


f:id:monna8888:20181116114947j:image

というわけで氣分すっきり、お楽しみのランチです。Aさんと元隣席のT君を誘って。

f:id:monna8888:20181116115644j:image

おいしいねー

f:id:monna8888:20181116115741j:image

いい店だねーと言いながら、ただただ楽しいランチを終えます。すると隣席のKさんが「すごくいいお店見つけました。なぜ今まで行かなかったんだろう」と、新しい店を見つけて帰ってきました。何?今度はそのお店も行かなきゃ。私もいいレストラン見つけたと写真を見せ合って、お仕事もはかどって、安心して帰宅します。

f:id:monna8888:20181116203211j:image

晩ごはんはひき肉とピーマンの炒めもの。シンプルだけれどおいしいわっ。

2018年11月15日 毎週のお楽しみ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

おつとめさきの健康診断。斜め前の席のDさんが、腹囲の検診で引っかかって赤文字が入ったというので、ついウエストを測るときつい、腹を凹ませてしまいます。去年より痩せましたね、何かされたんですか?と言われるのが恥ずかしい。すみません、何もしてません。ひとまず今年も視力1.5だったからホッとします。最後のレントゲンの診断で、背筋がまっすぐと誉められてうれしくなります。これからも姿勢良く生きましょう。新しく入ってきたひとは、ものすごく頑固かも知れないと思い始めました。思いがけないところで、こちらの要望を突き返されて、軽く落ち込みながら帰ります。私の悪いクセ、最初にとても良いひとだと思い込もうとするクセ、最初だけ良くて後からだんだん嫌になる悪いクセ。でも、落ち込み過ぎないようにしてみます。

夜、TPに「黄昏流星群」を観せます。「門ちゃんさあ、初回はあんなに爆笑しよったやない」と言われますが、結構良いドラマなのです。毎週のお楽しみ。

裏千家 濃茶の飲み方 三客以下」
「面白い動画見つけたからぜひお友達と観てね!」と送られてきた動画は、ユーチューブデビューを果たしたKさんの渾身作。私にとっては、Kさんだと氣づいた瞬間に吹き出した爆笑作。この調子で、あれこれアップして欲しいわ。得意の掃除とか生活のコツなんかでも。Kさんは先生に向いていると思いました。
D


TPママから、誕生日プレゼントが届いたとの電話、腕にも足にもつけられる、暖かいアーム・レッグウォーマー、とても嬉しかったと言ってくれます。TPと、中川政七だか七政だかのお店で、素敵な小物をいくつか大切に選びました。喜んでもらえると心からうれしい、私もTPママに送ってもらった、軽くて便利な肩掛けバッグを喜んで使っています。アーム・レッグウォーマーは、エアコンの温度調整が不安定な職場でも大活躍しています。

2018年11月14日 歯の定期検診 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:monna8888:20181115190755j:image

サマルカンドの道端で拾って帰った石を手のひらに乗せるだけで、ちょっとうれしい。久しぶりに歯医者へ行きました。電話をして、夜19時の予約が取れたので、晩ごはんのカレーを準備しておいて、仕事終わりのTPにも「歯医者行ってくるけん晩ごはん食べとって」と言いおいて、自転車で向かいます。清潔で広々とした歯医者、虫歯も無さそうとのことでホッとしたものの、初回だけ3回来て欲しいというので躊躇します。どうやら、下の歯のクリーニング、上の歯のクリーニング&歯磨き指導、最終クリーニング&口の状態の最終チェック。私はクリーニングだけでも1回で終わらせて欲しい(次回からは1回で良いそう)と粘りましたが、目を閉じて、下の歯のクリーニングを受けながら心を落ち着けてよく考えてみました。歯は身体のどの部分よりも大切にしたい。この病院は、説明もしっかりしているし、近所だし、定期検診に通うにはとても良さそう。それなら素直に3回通ってみよう、そう決めて、うがいのときに「やっぱり3回通います。歯磨き指導の後のチェックもしてくれるんですよね」と宣言すると、クリーニング担当の女性の先生は、そうなんです、歯茎の状態がどう変わったかをチェックするんです、とてもうれしそうにしています。

私は、歯を大事にしたい。下の歯を磨いてもらっただけでも、氣分が上がりました。そしてお楽しみの「けもなれ」。うなりながら観ます。

f:id:monna8888:20181115202650j:image

2018年11月13日 お昼ぬき このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

なかなか上手く行かないところがあって、昼ごはんを食べられませんでした。帰り道、新しいひとは優秀な方だけれどとにかく締切までにさっさと終わって欲しい単純作業を、立ち止まってしまい自己流に修正したいと言うのでなかなか手ごわいのかも知れません。家に帰って風呂に入って、TPの晩ごはんはスパゲティミートソース、私は玉子ごはん。部屋中に掃除機をかけて、明日のおやすみだけを楽しみに眠ります。

f:id:monna8888:20181113211158j:image