Hatena::ブログ(Diary)

門門日日新聞 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017年02月18日 願いは叶う、ただし違う形で このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

少し前に映画「サイレン◯」を観た後で「あ〜、街中で塚◯監督にバッタリ出会わんかなー。そしたら駆け寄って、いかに素晴らしいお芝居やったか、語るのになー」映画の興奮覚めやらず、TPにそんな大口を叩いていました。その後も何度か「あー、◯本監督にバッタリ会わんかなー」とつぶやいたっけ。

強く願って口に出したことって、叶ったりするんでしょうか、しかも理想とは違う形で。今日、昼過ぎにひとりで本屋をぶらぶらしていると、前から塚◯監督が歩いていらっしゃったので、心臓が止まりそうになります。新刊本コーナーでじっくりと立ち読みを始められたので、とてもじゃないけど声をかけられる雰囲氣じゃありません。

どうしよう、TPに大口叩いてしまったし、でも突然見知らぬ女が声をかけたらご迷惑になるんじゃないかしら。逡巡して、男性作家の単行本コーナーに逃げ込んで頭を抱えながら、やっぱり帰ろうと心を決めると何と、同じ棚にいつの間にか監督が・・・。その距離わずか80センチ。もうこうなったらネタ的に話しかけるしかないとバクバク心臓の音を響かせながら「あの・・・もし違ったらすみません、つかもとかんとくですか」何が驚いたって、自分でもびっくりするほど小さな声、蚊の鳴くような声とはまさにこのことです。「はい」と驚いた顔。「あの、サイレンス、すばらしかったです」「そうですか、良かったです」「街で会ったら絶対に声をかけようと思っていて、ありがとうございました」「良かったです。でももうすぐ終わっちゃうんですけどね」「ほんとうにすばらしくて、ありがとうございました」ブリキ人間のようにカチカチになったあたしは、ペコリと頭を下げて駆け出すようにその場を逃げ去ります。何だこの会話は!何なんだ!ストーカーっぽくなかっただろうか、しかもそんなに嬉しそうじゃなかった、むしろ引いていたような、だいたい会話になっていなかった〜あ〜!街を小走りで駆け抜けながら、自分のチキンっぷりにうんざりして、今すぐ死にたくなります。あ〜!

あ〜!TPが仕事から帰ったら聞いてもらおう。驚くだろうな。あ〜!

f:id:monna8888:20170218100055j:image

昨日、あたしがD君の送別会ではしゃいでいつもよりうんとお喋りになって浮かれていた頃、TPは風呂釜の電池を替えてくれていたのでしょうか、使用済と書いた紙のうえに電池が2個並んでいました。軽く、萌え

2017年02月17日 D君の門出 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今日はD君の本当の送別会でした。最終出社は来週の水曜日らしい。まだ若いK君が、ちゃんと何で辞めるんっすか?とあらためて聞いていたのにジーンとしたり、前職でも一緒のM君が、お前とはもう一緒に働くことはないだろうと言ったりするのを聞いてジーンとしたりします。会社って、本当に、どの人も辞めない方がいいと身をもって知っているので、たとえ辞めて欲しかった変人上司だって、いざ辞められるとこちらは後から堪えたし、退職者を出すことはすり傷が重なって思ってもみないような痛手を負うことだとわかったから、応援しつつ、悲しんでいます。

それにしても、今の職場は誰もが一所懸命に、だんだんと職場に対して愛着を持ち始めて、それを少しずつ表し始めているのが面白い。でも会社を経営する立場の人たちは大変で、全責任を負っていて苦しそう。私は最終的にホームレスになったらどこで、どうやって暮らそう?と極端に考えたりするタイプなので、守るものがある人たちと意見はどうしてもすれ違ってしまうのだけれど。もし私が経営者だったら、3ヶ月で会社は潰れるだろうか?それともみんな生き生き、のびのびと働くだろうか?死ぬまで答えは出ません。

そして、何てことないお喋りができる人たちで良かった、不安を解消してくれようとしてくれる人、責任者なのに不安が丸出しの人、ぞっとするほどの受皿を担っているのに認めらづらい人、本当なら投げ出しそうな分量の仕事を抱えていた人、アピールしていないのに頼りになる人、明日がデートの人、子どもを旦那さんに預けて飲み会に参加した人、眠たいからタクシーで帰る人、飲み足りないけど何とか一次会で切り上げた人、朝まで遊びたい人、嫌なフリしてガールズバーに行くのを楽しみにしていそうな人、妖精のようにただ流れに沿う人、奥さんの帰りが遅いと少し心配しているであろうTPが家にいる人、色んな人がいて、職場というものは回って行くのでしょう。あたしはまだ、D君ともう一度くらい一緒に働くこともあるかも知れないな?と思っています。あたしが65歳、D君とM君が55歳くらいのときに。そのときはあたしがオーナーだったりして?そうなったら、こき使ってやろう。D君の門出。

2017年02月16日 肩こりの悩み このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:monna8888:20170216082907j:image
自宅作業の日。TPは平日休みと言うので、早起きしてドトールへ行ってみます。やっぱり何だかんだ言ってもミラノサンドだな。また歩いて戻って、さ、おしごとがんばりましょう。

子供の頃は、肩こりが悩みになる日がくるとは思ってもみませんでした。あ〜、これが加齢しているってことなんだろうか?そんなことはどうでもいい、とにかく肩をグルグル回して、仕事を終えます。


TPは、私の仕事の邪魔をしないように出かけるわ、などと言って振り向き振り向き、出かけて行きます。江古田に行って生姜焼き定食を食べて散歩したそう(・・・日が沈む前に帰ってきた、早っ!)。晩ごはんは、今日も一汁一菜の予定です。あー、早く予約した本が届かないかな?

(120)諦める技術 (ポプラ新書)

(120)諦める技術 (ポプラ新書)

諦める技術。桜井章一アニキの本は、いつ読んでも心に沁みます!アニキ、これからもあたしに色々教えてください!そう言いながら読んだ本は、わざとらしい努力をちゃんと否定しています。アニキ!

2017年02月15日 早歩きで17分 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

コーヒー豆が切れたので、隣町の成城石井まで買いに行きました。歩いて何分かかるかを腕時計で計ってみると、早歩きで17分。豆を買って、ふと見上げると、はま寿司が!思わず入って、ウキウキと注文してみます。

f:id:monna8888:20170215115152j:image

イカ、寒ブリ、鯛、えんがわ寒ブリ軍艦、玉子。756円を払って、お腹いっぱいで街を歩いてみました。平日の昼間のひとり回転寿司・・・最高!!!


f:id:monna8888:20170215132157j:image

この道を行き止まりまで歩くのは初めて。ワクワク。


f:id:monna8888:20170215134347j:image

よく歩く道に出て、どの小道にも人がいるので驚きます。みんな、平日の昼間から一体何をしている人たちなんだろう?

密林で買ったっていいんだけれど、何となく近所の本屋を応援したくて、土井先生の一汁一菜の本を予約して帰ってきました。氣分は先攻して、晩ごはんは一汁一菜、ゴボウと青菜とお麩の味噌汁と、鶏のグリル焼きです。ひとりさんぽ、いい一日。

イット・フォローズ [Blu-ray]

イット・フォローズ [Blu-ray]

イット・フォローズ。DVDで観ました。一応、ホラーサスペンスなんでしょうが、こんなにバカらしい映画は久しぶりです。雰囲氣だけはいっちょまえなのがかえって噴飯もの、ずーっと面白く観ていたのに、何てことなく、ぷっつりとエンドロールになりました。バカみたい!

2017年02月14日 食いしん坊への本命チョコ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

自宅作業を終えて、走ってコンビニに行って、チョコ系のアイスを5個買ってきました。
意中の人に渡してみます。
ドキドキ、受け取ってくれるかな?

アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー。DVDで観ました。マンガの最初の方だけをちゃんと切り取ってくれていて、案外、面白かったと言うとTPは、普通と言っていました。人それぞれ好みはあるけど♪

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(2)。またツタヤでレンタルしてきました。大笑いしっぱなし。どんな暗闇を歩いている人だろうと、その人なりのおこだわりがあれば、人は生きて行けるのかも、とすら思います。

私たち結婚しました。絵が上手いので、つい読んじゃう!不条理&ふたりだけの世界に、嫌味な笑いがスパイスとなって、誰かに意地悪をしたくなります。イヒヒ。

f:id:monna8888:20170214221039j:image
チョコ系アイスを見た瞬間、TPはやったー!と喜んでバリッと開けてすぐに食べ始めています。
ハーゲンダッ◯など、ごほうび系のアイスもあるから。こういうとき、食いしん坊は楽ちんです。

2017年02月13日 オムライスどーん このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

遠いところから帰ってくると、つい晩ごはんがひと品に・・・
f:id:monna8888:20170213201922j:image
オムライスどーん!大きいフライパンで、冷蔵庫のたくあんや、ウィンナー、玉ねぎ、ネギ、あれこれ刻んでケチャップライスにして、小さいフライパンで卵を焼いて、どーん!手早くつくった割に、味は最高なんだから、この両手を誉めずにはいられません。今日はケチャップの乗せ方を変えてみました。いつもはぐるぐるぐると左から右に大きい輪を転がしたり、中心から外へぐるぐると渦巻きにしたり、波なみにしたりしていましたが、今日は中心に太く往復。頑固そうな感じが出ました。

ぐにゃり東京―アンダークラスの漂流地図

ぐにゃり東京―アンダークラスの漂流地図

ぐにゃり東京図書館で借りた本は、あまり馴染みのない文体で、脳にダイレクトに入ってこないので、驚きました。まだ共通の話題が見つからない、知り合ったばかりの人とお喋りするときのようです。

2017年02月12日 日曜日のユウウツ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

ディーパンの闘い [DVD]

ディーパンの闘い [DVD]

ディーパンの闘い。朝早く起きて録画していたものなどを観ているとTPも起きてきてDVDを観ようと言うので、うんとうなずいて観ます。チッ、朝から重たい映画かよ、そう思う間も無く、アッという間に世界に引きずり込まれて、最後まで。数ある難民を描いた映画の中でも、あたしはこんなに人格を描き出した映画は初めて観たよ!自分がスリランカからインドに渡ってフランスへ行って暮らしているかのような感覚で、観ました。ありがとう、映画。

たかが世界の終わり。昨日の夕方、予約していた映画を観に出かけます。朝イチの会。早速席に着いてみると、映画館の天井が低いからか改装したてのはずなのに、前席の人とスクリーンがかぶって、字幕の6割ほどが見えません。予告編の間にTPに耳打ちして、席、移るねと言って、トコトコと受付まで行って「あの、前から5列目なんですけど、字幕が見えなくて、最前列に移っても」言い終わらないうちに、空いてる席ならどこでもいいですよっと言われて、安心して最前列に移動します。そんなことよりも、グザビエ君の成長を見守るくらいの感じでいたのが、さらにその先、うんと遠くまで、あー家族ってこんな感じ、あー人間関係ってこうだ、あー面倒臭い、あーわかり過ぎてかえって泣ける、あーあーと声が出るほどに、そしていかに自分が周りに理解してもらえなくたっていいとあきらめていたか、いかに周りの人はこちらに歩み寄ってくれているかを思い知らされます。歩み寄っているようで拒絶されているところも含めて。のたうちまわるほどに、グザビエドラン監督を応援したくなります。

そして受付で買ったCD。ガブリエルヤレドと書いてあったけれど、どうしても好きだった作曲家のはずだったけれど、どこでどう好きだったか、思い出せずに、家に帰ってから連続で流してみます。ガブリエルヤレド、誰だったっけな?とても懐かしいような、胸の奥をくすぐるような名前で。。。

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!ツタヤで借りたマンガを読みながら大笑いが止まりません。笑い過ぎて、涙も出るほど。おこだわりがあるだけで、人生にバラ色が差し込むかも知れない、素晴らしいマンガです。

どれだけ笑おうが泣こうが、日曜日は淡々と過ぎ去って行きます。せめてもの作戦で、夜の8時には布団に入ってやります。朝6時に起きるとしても10時間眠れますから。たっぷりと寝て、日曜日のユウウツを吹き飛ばしてやろうと思います。

2017年02月11日 迎え撃つ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

朝から、グザビエ君の映画が始まったばい!とTPと映画館へ出かけたところ、何とまあ、初回はもう満員で締め切り、次の回も△マーク、仕方ないので歩いて散歩することに。

TPが初台の方へ行きたいと言うので、歩き出します。

f:id:monna8888:20170211112314j:image

まあ、こんな都会の真ん中に遊歩道が!

f:id:monna8888:20170211115910j:image

結構な長さで。きっとこれは、川を埋め立てた遊歩道だな!その読み通り、玉川上水の遊歩道でした。山の方から来て、最後は暗渠にされて、東京湾までは一体どうなっているんだろう?


TPは、今日が土曜日ってのがいいね、日曜日やったらこんなに晴れ晴れとした氣分じゃないもんね、などと言って嬉しそうにしています。そうだった、日曜日になったら月曜日からの使者が、あたしたちの首根っこをつかまえにやって来るから。どうしてこんなにお休みって楽しいんだろう。どうして月曜日って嫌なんだろう。行ってしまえば諦めがついて、さらには面白みさえある職場なのに。こうなったらあたしを3人くらいに分割して、ひとり週1〜2で働いて、日曜日はみんなでグダーッと休むとか?作戦を練りたい。笹塚まで歩いて、TPが22年前にブーツを買ってプレゼントしてくれた駅ビルを覗きます。その頃、貧乏のどん底ビニール傘も買えずに持っていたビニールカッパを着てアルバイト先へ行っていたほど。晩ごはんは八百屋で半分100円のカボチャしか買えず、毎日カボチャの唐揚げだったっけ。休日、TPと笹塚を散歩していたとき、ひと目で素敵と思った黒い靴にニットの靴下みたいなのが縫い付けられているブーツを試着して、でもお金がなくて買わずにいたところ、誕生日のプレゼントとしてTPが買ってきてくれたっけな。サイズがまさかの22センチで、まるで入らないのですぐに交換に行ったけれど、プレゼントをもらえるとは思ってもみなかったので、うふふと思いました。何年も履いて、履きつぶして、今でも靴は年に一足買うか買わないか、穴の開いたニューバランスを平氣で履いて通勤しているのだから、その頃と大して変わりないってこと。それでも平氣か平氣じゃないかってことが重要、それからもずっと長く続いた極貧生活は苦しくてたまらなかったけれど、外食や、新刊本を買える、ましてや年に1〜2回の貧乏海外旅行へ行ける程度の今の暮らしは、かえってこっちから貧乏を迎え撃つくらいの覚悟で、相変わらずいつも崖っぷちとはいえ、勢いが違います。貧乏め、かかってこいや!

f:id:monna8888:20170211145007j:image
また歩いて戻る道、数ヶ月前に行きたくて地図を見て歩いて行ってたどり着けなかったカフェが偶然、目の前に。480円のコーヒーを頼んでお手洗いを開けたところ、男の人がこちらを向いて座っていたのでギャーッと叫んですみません、すみませんと扉を慌てて閉めて、席に着きます。トイレを教えてくれた店員の女の子も、すみません、人が入っているって知らなくてと言ってくれます。席に座っていると、トイレのドアを開けられた男の子が、いやー、すみません、俺、鍵一回かけたんっすけど、開けちゃってて、鍵かけたかな?って思ってかけたつもりが開いてて。でも、開けた女性のあんなに驚いた顔、すっごく驚いた顔を見られてかえって良かったなって思いました。俺のも見られちゃったかも知れないんすけど、あんなに驚いた顔を見ることってなかなか無いんで。かえって良かったかなって。

その会話、丸聞こえで2階の席で、肩をすくめて、小さくなっているだけしかできないけれど。「急に、見知らぬおばさんがドア開けてきて!」と文句を言われたらどうしようと震えていたので、こっちこそかえって良かったっす、そう思いました。肝心のところにはモザイクがかかっていたのでしょうか?全く見えなかったので良かった。それにしても最近の男の子はおしっこを便座に座ってやるって本当なんだな、もしかするとウン◯だったかも知れないけれど、力を込めている感じじゃなかったので、オシッコだったんじゃないかな?

逃げるは恥だが役に立つ。満を持して!ついにツタヤで8巻まとめて大人借り。畳に突っ伏して読み耽って、悶絶して、転がり回って、尊敬します。この展開を書いた作者を。

野のなななのか [DVD]

野のなななのか [DVD]

野のなななのか。大林監督のDVDは、ロマン&日本に対するメッセージ&ロマンのサンドイッチでお腹いっぱい!その全てに耳をそばだてて聞き入らねばならないことは重々承知の助で、やっぱり、だんだんと良い氣持ちになって、いつの間にか眠ってしまっていました。長いよ〜!