Hatena::ブログ(Diary)

Mussel Docking World RSSフィード Twitter


『Alfred』、と『福田十二指腸』が 深い闇ン中でSparkling
アコースティックな暴れ馬、 発汗、発光の末、発酵!Mussel Docking (マッスル・ドッキング) のworld/blogです。

私たちがお送りする代表曲が↓聴けます[曲名クリックでリッスンできます]

【2015年に踏んだステイジの数々を動画で紹介】


『開けた扉を閉めないで!閉めた扉を開けないで!』

『クールでブルーなこの俺が(高橋由伸氏に捧ぐ)』

『珈琲飲んだら眠れない(当たり前Da.Yo.Ne.)』

『今夜、絶対、決めてやる!』

『ガムを噛んでも噛まれるな!』

『きてよパーマン』



16-12-11-日 福田十二指腸コミック賞

[]ニイハオ 21:16 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も入浴時間が長い男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]福田十二指腸コミック賞は『四月は君の嘘』です。 21:16 福田十二指腸コミック賞は『四月は君の嘘』です。を含むブックマーク

2016年8月22日ノートブックに書き写した言葉宮園かをりが有馬公生に言った言葉があります。

君は何のためにピアノを弾くの?

自分のため?誰かのため?

君はこの曲をどう弾きたい?

バッハをどう弾きたい?

本当の君はショパンをどう弾きたい?

出所:『四月は君の嘘』第9話「ラジカセと月」3巻の18〜19ページ

この漫画を39歳の夏に読んで感動した私です。1巻を読んで泣きそうになった私は、その後、一気に全巻読みました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20161211

16-12-10-土 2016年発売の至高の音楽

[]ニイハオ 16:52 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最もストリートが衣食住における「食」を行う場として重要意味合いを持つ男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]福田十二指腸音楽賞2016(福田十二指腸2016年に聴いた音楽の中で素晴らしかったもの16:52 福田十二指腸音楽賞2016(福田十二指腸が2016年に聴いた音楽の中で素晴らしかったもの)を含むブックマーク

SONGS 大滝詠一 特集2016年12月9日の深夜2時に見ながら、今年購入した40枚弱の音楽アルバム*1の中で最も素晴らしいと感じた作品は、『ファントーム』宇多田ヒカル ではなく、『デビュー・アゲン』という大滝詠一の32年ぶりの新作だったと再認識しています

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

Fantôme

Fantôme

宇多田ヒカルの久々の新作であるファントーム』も、それはそれは美しい作品で、聴きまくっています

が、日本ポピュラーミュージック史的に見ても大滝詠一の新作が出たという意味は大きく、私個人史的にもやはり意味の大きな出来事、いわば事件でした。

再放送されているSONGSでは薬師丸ひろ子がセカンシングルである主演映画主題歌探偵物語」を披露していましたが、ドラマあまちゃん」では映画探偵物語オマージュ松田優作薬師丸ひろ子の抱擁→松田龍平能年玲奈の抱擁)が見られたのみならず、これは先日カラオケでこの歌を歌ってみて気付いたことですが、「あまちゃん」で小泉今日子能年玲奈橋本愛、そして薬師丸ひろ子によって歌われる「潮騒のメモリー」の《潮騒》は、「探偵物語」の歌詞において重要モチーフになってもいるのです。

私が少年時代に妙に心惹かれた歌があり、それは小泉今日子の「怪盗ルビイ」なのですが(級友池田氏替え歌を歌いまくる程度には好きでした)、この歌の大滝詠一バージョンも『デビュー・アゲン』には収められています小泉今日子薬師丸ひろ子松田聖子提供した曲が一枚に収まっているのです。

なお「あまちゃん」では、松田聖子に憧れてアイドルを目指す小泉今日子大滝詠一作の「風立ちぬ」を歌って公開オーディション合格するというシーンが何度も流れました。

いやはや。

探偵物語  ブルーレイ [Blu-ray]

探偵物語 ブルーレイ [Blu-ray]

快盗ルビイ [DVD]

快盗ルビイ [DVD]

*1:実際にCDで購入したのは、この記事内に登場する『デビュー・アゲン』、『ファントーム』と、記事言及していない、エレクトロデラックスの『エレクトロデラックス』、クウチュウ戦の『超能力セレナーデ』の計4枚程度に過ぎず、あとはiTunesデータとして購入しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20161210

16-12-4-日 村田沙耶香氏、綿矢りさ氏、柴崎友香氏、横光利一氏。

[]ニイハオ 13:24 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も内臓脂肪を多く蓄えている男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]2016年に読んだ数少ない小説について 13:24 2016年に読んだ数少ない小説についてを含むブックマーク

今年は/今年も、ほとんど小説を読みませんでした。

村田沙耶香氏の、第155回芥川龍之介賞受賞作品となった『コンビニ人間』と、

同氏の作品で、3年前の2013年に第26回三島由紀夫賞を受賞した『しろいろの街の、その骨の体温の』、

綿矢りさ氏の『勝手にふるえてろ』だけでしょうかね、今記憶しているのは・・・

と、書いていて想起したのは、そうだそうだ、サンキュータツオ氏の帯の推薦文が気になって手に取った、横光利一氏、新感覚派と呼ばれた横光利一氏の短編集を買い、収録されている作品のうち2つ程度を読んだのであった、ということでした。

さらにこの記事を公開した後、今年は柴崎友香氏の『ビリジアン』を読んだのだった、と思い出したのでした。12月10日追記)

自分ツイートTwilog検索してみると、概ねこれら3冊だけだったようです。読んだのは。

作品感想などは以下のツイート記事引用をご参照ください。

コンビニ人間なる村田沙耶香氏の小説は、流通経済研究所編、インストアマーチャンダイジング(二版)と合わせて読むと、消費者心理や行動パターンを踏まえた売場づくりをよく理解できると思います


綿矢りさ氏の「勝手にふるえてろ」を半分くらいまで読みつつ思うのは、この作家の語りたいことを語るとき手際の良さ、鮮やかな手腕、さながら魔法自在に操るが如くペンさらさらと…

天才的な才能を全くひけらかさずに作品を通じて表現するあたりは、ポール・マッカートニーのよう。


綿矢りさ著、「勝手にふるえてろ」(文庫)のB面あるいはカップリングの「仲良くしようか」は、中原昌也オマージュでは?


いまドトール

村田沙耶香著、「しろいろの街の、その骨の体温の」を読み終えました。

本編に加え、西加奈子氏による解説が感動的でした。


綿矢りさ勝手にふるえてろ

町田康舞城王太郎匹敵するグルーヴ!凄まじい筆裁き。


27年ぶりくらいに横光利一著 蠅 をリードしました。むろん、岩波文庫版で。


靴の裏がさぁ

剥がれてんよ

左の靴の裏のアレがさぁ

20年来の友とのline会話をしつつ、しながら、夜道ウォークしてルンでありますが、

他者を見下す/見下される、ということについてド真剣対峙して描いている…

しろいろの街の、その骨の体温の 村田沙耶香 著 を、想起。想起!

以上は、自分が今年ツイートした、読んだ小説にまつわる記事から引用です(Twilog検索した結果)。

福田十二指腸福田十二指腸 2016/12/04 17:39 今年読んだ数少ない小説の1つが、柴崎友香氏のビリジアンでした。忘れていました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20161204

16-12-2-金 ブランドはつくれない。ストーリーはつくれる。by池田純氏

[]ニイハオ 03:08 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も傲慢な男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[][]「空気のつくり方」池田純著 03:08 「空気のつくり方」池田純著を含むブックマーク

今年読んだビジネス関連書籍の中で最も印象的だったのは、10月までの5年間、横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長を務め、35歳で就任してから球団経営改革し続けた、池田純氏の著作、「空気のつくり方」です。

空気のつくり方

空気のつくり方

池田氏球団経営改革する上で実践したことの多くは、オーソドックスマーケティングの考え方に則った施策なのですが、プロ野球球団経営として考えると、それはかなり他球団とは異なるやり方だったと思います

この本は野球本としても読めますし、マーケティング初心者、初学者が読んでも大変参考になる本だとも言えます。もし、マーケティング勉強したいのだけど、真面目にコトラー先生教科書を読むのは苦痛で、もっと簡単に読めて、それでいて勉強になる、そんな本はないですかね?と質問されたなら、迷わずこの本を薦めたい、そんな一冊が、この、「空気のつくり方」です。

という節のタイトルも非常に印象に残りますが、確かに池田氏マーケティングは、ストーリーをつくり、横浜というチームが盛り上がっているという空気を作り出すことを目指して各種施策を講じていたのだな、と思います

半端なところですが、夜更けになり、そろそろスリープしたいので、このへんで・・・筆を・・・置きます

上述のフレイズ以外に私が印象に残っているのは、

などです。非常に学べます、多くを。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20161202

16-11-30-水 2016年(今年)および2015年(昨年)映画館で見た映画を列挙してみる

[]ニイハオ 02:01 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も心身ともに逞しさを欠いている男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]映画館映画を見ると言う身体行為について 02:01 映画館で映画を見ると言う身体的行為についてを含むブックマーク

なぜ大スクリーンで見るかというと、臨場感だとかなんとかっていうものも無論ありますけれども、家でソファに座って寛いで(くつろいで)鑑賞するとなると、部屋が明るいため周囲のモノがどうしても目に入り、気が散って集中して見ることが難しいのに対し、劇場では暗いので映画を見ることのみに集中できる、という、その環境を求めるがゆえに映画館の巨大なスクリーン映画作品を見たいというのが、私の場合にはありますね、理由として。

また、大きなスクリーンを目で見るわけですけれども、全身で受け止めるという感覚も持っており、例えば、過去の例でいえば、劇場で見て、名作だとかそういう問題とはまた別の意味で、その時の自分感情が動かされるという意味において非常に意味のある作品だと感じた時に、可能ならば翌日に再度、それが叶わぬまでも2回は劇場で観たい、ということを思うのですが、それは、短期間に2回、3回と大きなスクリーンで見る、あるいは観ることで、作品を全身で受け止め、身体に浸透させたい、というような感覚・・・・・で、先に述べた過去の例ということで言うならば、多部未華子氏と三浦春馬氏が共演した漫画原作アニメ化もされた「君に届け」(2010年)、村上龍氏の青春小説の傑作を原作とし、妻夫木聡氏と安藤政信氏が共演した「69 sixty nine」(2004年公開)、作品世界そのもの(もはやクオリティ云々の問題ではなかった)を全身で受け止めたいと強く願った「木更津キャッツアイ日本シリーズ」(2003年)などが、挙げられます

69 sixty nine [DVD]

69 sixty nine [DVD]

木更津キャッツアイ 日本シリーズ [DVD]

木更津キャッツアイ 日本シリーズ [DVD]

さて・・・

今年も映画館には何度か/何度も行きました。暇なわけではないのですが、自宅の近くや職場と自宅の間(帰路の途上の駅の近く)に映画館があり、また、会員になっている映画館職場近所にある、ということもあって、昨年と今年は、一昨年あたり(2014年より前の数年間)と比べると大幅に映画館に行く回数自体が増えています

今年はまだあと1か月ほどありますが、1〜11月映画館で見た作品を記します

  1. マッドマックス 怒りのデス・ロード (2回目)
  2. ベテラン韓国映画
  3. スター・ウォーズ エピソード? フォース覚醒 (3回目)
  4. ブリッジ・オブ・スパイ
  5. ピンクとグレー
  6. オデッセイ
  7. スター・ウォーズ エピソード? フォース覚醒 (4回目)
  8. 人生スイッチ
  9. ちはやふる 上の句
  10. ルーム
  11. アイアムアヒーロー
  12. ちはやふる 下の句
  13. リップヴァンウィンクル花嫁
  14. ディストラクション・ベイビーズ
  15. 海よりもまだ深く
  16. TOO YOUNG TOO DIE
  17. クリーピー
  18. シン・ゴジラ
  19. ゴーストバスターズ
  20. 君の名は。
  21. 四月は君の嘘
  22. 怒り
  23. 君の名は。 (2回目)
  24. 聲の形
  25. 聲の形(2回目)
  26. この世界の片隅に
  27. 海よりもまだ深く (2回目)
  28. この世界の片隅に (2回目)

(以上、2016年1月11月映画館で鑑賞した映画作品

少しだけコメントを付記します

  • 「海よりもまだ深く」

是枝裕和監督「海よりもまだ深く」は、昨年公開の前作「海街diary」に続く、「海」が名称の頭に付く作品でしたが、この作品人生そのものを描いた作品で、傑作であることに間違いはないと思いますが、今の私にとって必要作品だと強く思いました。

京都アニメーション、と言えば、「涼宮ハルヒの憂鬱」、「らき☆すた」、「けいおん!」等でも知られるアニメ制作会社ですが、その京都アニメーション通称京アニ」が手掛けた最新の映画作品が、大今良時氏の同名漫画*1原作とする「聲の形」で、監督山田尚子氏。間違いなく傑作であり、牛尾憲輔*2が手掛ける音楽完璧でした。

能年玲奈氏が「のん」という名に改名してから恐らく初めてではないかと思う本格的な仕事(という表現ナンですが)である映画で、これも「聲の形」と同じく漫画原作アニメ映画です。なお、「海よりもまだ深く」の項で言及した「海街diary」は漫画原作実写映画でした。今年見た映画では「ちはやふる」も漫画原作実写映画です。「この世界の片隅に」、監督片渕須直氏、原作こうの史代氏で、音楽コトリンゴ氏。コトリンゴ氏といえば、キリンジ兄弟ユニットからバンド編成になった現在バンドのメンバーに加わっており、かつては確か坂本龍一氏が高く評価していたという記憶があります。この映画太平洋戦争時の呉と広島舞台映画ですが、「海よりもまだ深く」と同じく、人生そのものを描いた作品です。言葉にすると陳腐になりますが、かけがえのない人生というものを考える羽目に陥ります。これを見ると。

上記は今年見た映画の中で甲乙つけがたい最高級の傑作だと私が思う3作品です。

ちなみに、昨年、2015年リストは次の通りです。

フォース覚醒は公開初日(の初回ではなかったですが)に見に行き、計4回(2015年に2回、2016年に2回)見ました。

  1. シンプルシモン
  2. チョコレートドーナツ
  3. 寄生獣 前篇
  4. 6才のボクが、大人になるまで。
  5. 海月姫
  6. さよなら歌舞伎町
  7. くちびるに歌を
  8. 龍三と七人の子分たち
  9. 東京物語
  10. セッション
  11. インヒアレント・ヴァイス
  12. イニシエーション・ラブ
  13. 駆け込み女と駆け出し男
  14. フレンチアルプスで起きたこと
  15. マッドマックス 怒りのデス・ロード
  16. バクマン
  17. マイ・インターン
  18. 恋人たち
  19. ガールズ&パンツァー劇場版
  20. ロマンス
  21. 百万円と苦虫女
  22. スター・ウォーズ エピソード? フォース覚醒 (1回目)
  23. スター・ウォーズ エピソード? フォース覚醒 (2回目)
  24. 海街diary
  25. きみはいい子

(以上、2016年1月12月映画館で鑑賞した映画作品

2年分記しました(劇場で見た順に記載)。

なお、昨年は自宅(など)、映画館以外でもかなり映画を見ましたが、今年は前半にかなり見ただけで、中盤以降は全く見ていません。もっぱら映画館での鑑賞です。

[][]かつて見たライヴについて(レイハラカミ氏出演など) 22:50 かつて見たライヴについて(レイハラカミ氏出演など)を含むブックマーク

上の記事で今年見た映画について言及しており、「聲の形」という大傑作映画についても少し語っていますが、この映画音楽担当したのが牛尾憲輔氏。石野卓球氏の信頼も厚いミュージシャンだということを記憶しています

思えば「この世界の片隅に」の音楽担当したコトリンゴ氏はテクノドンことYMOのメンバーでもある坂本龍一から評価をされているはずであり、片や「聲の形」の音楽担当牛尾氏は石野氏の、という、新旧テクノミュージシャン品質保証ミュージシャンとも言えるわけですね。多分。

で、牛尾氏はソロミュージシャンagraphとしても活動しており、私が初めてその存在意識したのは、

http://ksmusic.org/?eid=4362

記載されている、6年前の今頃、2010年12月5日渋谷AXで見たライヴプレイした氏を見たときでした。

上記URLウェブサイトによると、このライブは DUM-DUM PARTY 2010 「A.A.A」@SHIBUYA-AX と題されており、出演者は、U-zhaan×rei harakami相対性理論フルカワミキ とのこと。そうだった、そうでした。agraph氏はDJとしてライヴの間をつなぐ役をしていました。

この当時、私は相対性理論にかなりはまっていたのでした。

元々好きだったレイハラカミ氏を見た最初最後の機会となりました。

この約8か月後にレイハラカミ氏は突然この世を去ってしまったのでした。

相対性理論を見たくて聴きたくて、2010年12月5日寒い夜でした*3が、ライヴに足を運んだ私達でしたが、前年の春〜spring〜、2009年4月8日に、まだほとんど聴いた事はなかったけれど、ただならぬ雰囲気を感じて思わず当時の勤務地に近い池袋ロサというライヴハウスで行われた相対性理論出演ライヴに行ったのでした。対バンの1組は七尾旅人氏でした。

http://d.hatena.ne.jp/mussel/20090416/1239859540

七尾旅人氏にもその頃結構はまっておりまして、2010年8月20日渋谷O-WESTでのワンマンライヴに見に行きました。ゲストSalyu氏の美声に感激した記憶があります

http://d.hatena.ne.jp/mussel/20100821/1282372011

2009年8月9日夢の島で行われた WORLD HAPPINESS 2009 にも、相対性理論目当てで行きました。トリをつとめたYMO演奏は、最後まで見ると会場から出る時や電車内が混雑するであろうから、これを回避したいと思って、1曲目を聴きながら会場を後にしたのでした。1曲目は THE BEATLESHELLO, GOOD-BYE でした。

http://d.hatena.ne.jp/mussel/20090815/1250324608

ということで、なんだか半端に芋づる式に2009年2010年に、足を運んだライヴについて記載いたしました。

*1:私は全巻所持しております。氏の新作漫画も読んでいます

*2agraph名義でも活躍。1度、渋谷AXでのライヴプレイする姿を見ました。そのライヴにはレイハラカミ氏も出演。

*3寒い夜だから…trf

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20161130