Hatena::ブログ(Diary)

Mussel Docking World RSSフィード Twitter


『Alfred』、と『福田十二指腸』が 深い闇ン中でSparkling
発汗、発光の末、発酵!Mussel Docking (マッスル・ドッキング) のworld/blogです。

私たちがお送りする代表曲が↓聴けます[曲名クリックでリッスンできます]

【ステイジの数々を動画で紹介】


■『開けた扉を閉めないで!閉めた扉を開けないで!』

■『クールでブルーなこの俺が(高橋由伸氏に捧ぐ)』

■『珈琲飲んだら眠れない(当たり前Da.Yo.Ne.)』

■『今夜、絶対、決めてやる!』

■『ガムを噛んでも噛まれるな!』

■『きてよパーマン』



18-4-9-月 今度、映画「勝手にふるえてろ」について何か書きます

[]ニイハオ 22:10 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も杏露酒摂取頻度が高い男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]Mussel Show #35 「魂をラーミアに乗せて」を終えて 22:10 Mussel Show #35 「魂をラーミアに乗せて」を終えてを含むブックマーク

先月、2018年3月24日(土)に、22か月ぶり(約2年ぶり)の Mussel Show となる、

Mussel Show #35 「魂をラーミアに乗せて」を秋葉原秋田犬で開催しました。

プリンセスプリンセス世界で一番輝いたあの夏、1989年平成元年の夏に熱唱及び熱演していた、ダイヤモンド世界で一番熱い夏もプレイしました。

2度目の共演となるSACHIO氏のユーモラスなステージに興奮したのは、他ならぬワタクシ、福田十二指腸でした。

以下、誰も見ないであろう Mussel Docking のライヴ歴史が延々と書き連ねられます

・・・・Mussel Show 履歴 (伝説の野外は除く)

■1年目(2004年

1

2004.9.11(土)

『歌いたい歌があるかどうかなんて問題じゃないぜ』

会場:六本木BackStage

共演:南谷邦信さん、FOOLさん

2

2004.11.5(金)

読書の秋、解体新書読破しろ!』

会場:大塚CAVE

共演:shinoeさん、KANKEさん、樋渡智美さん、Daisy Chain(休止) さん

3

2004.12.7(火)

滝川クリスマス

会場:大塚CAVE

共演:村男さん、小野寺恵介さん、Akioさん、midoRiさん(引退)


■2年目(2005年


4

2005.01.16(日)

Happy Birthday After Tomorrow Never Knows

会場:六本木BackStage

5

2005.02.05(土)

覆面デスマッチ

会場:大塚CAVE

6

2005.03.05(土)

『バネ〜Spring〜』

会場:六本木BackStage

共演:細水さん、che-cheさん、こぼりゆみさん

7

2005.04.17(日)

『春男、アゲイン〜ジュラ紀からある場所〜』

会場:六本木BackStage

共演:まさごろさん、カルロス・キョータローさん他

8

2005.06.12(日)

松竹バイブレーション

会場:六本木BackStage

共演:TAPsさん他

9

2005.08.21(日)

『アー、ジュー、ジュー、アー、ジュー!萌えてルンだろうか?』

会場:赤坂 club areju(アージュ

共演:隆根&顎さん、ke-ko(伊達恵子)さん、吉原セヴンさん他

10

2005.10.22(土)

十戒

会場:六本木BackStage

共演:夢つくりがんたろう(歌うキリギリス)さん、チャーリー坂本さん



■3年目(2006年


11

2006.02.05(日)

福田十二指腸、頸椎疾患のため中止。ドタ(ンバ)キャンセル).

11改

2006.03.23(木)

勇者戦士僧侶魔法使い

会場:六本木BackStage

共演:なし

12

2006.07.29(土)

『スヌープ秋田ドッグ

会場:秋葉原 秋田犬

共演:マリエさん、澪(mio)さん


■4年目(2007年

13

2007.03.11(日)

『春ウララララーッ!』

会場:秋葉原 秋田犬

共演:銀次郎さん、トラットリオさん、北野礼士さん

14

2007.04.21(土)

『ボンヌが春を連れて来る』

会場:神田イゾルデ

15

2007.06.23(土)

モヘンジョダロを濡らす雨(ピ・Rain)』

会場:秋葉原 秋田犬

共演:酔いどれ赤とんぼさん、ZILICO RICCIさん、小林しゅんすけさん


■5年目(2008年

■6年目(2009年


16

2009.06.07(日)

ラリホーが解けて永い眠りから覚醒したマスド〜思い出せ!復活の呪文を!(毒消草2個16ゴールド)』

会場:秋葉原 秋田犬

共演:クリエイトさん、TeamComp-さん、有馬祐司さん

17

2009.12.05(土)

音楽室で Boy Meets Girl

会場:大塚 MEETS

共演:夕陽ヶ丘さん、あけみさん、有間祐司さん、南長崎漁業組合さん、The partys さん、TOGASHIさん、北川至さん、ドグラマユラさん(映像)、爆走列島さん(漫才


■7年目(2010年


18

2010.05.22(土)

『土曜の夜につかまえて!』

会場:秋葉原 秋田犬

共演:ミノタケシさん、佐竹政幸さん、カワサキタケシさん、T.tonesさん

19

2010.09.12(日)

マッスル・ドッキングフェスティバル〜マスドヶ丘登場』

会場:大塚 MEETS

共演:夕陽ヶ丘さん


■8年目(2011年

■9年目(2012年

■10年目(2013年

20

2013.03.23(土)

『時の扉を開けた犬に尻を噛まれて泣いた夜』

会場:秋葉原 秋田犬

共演:高川善和さん、ソラマメさん、T. tonesさん、毛利大介さん

21

2013.06.30(日)

21世紀少年企業コラボTシャツがお好き』

会場:大塚 MEETS

共演:夕陽ヶ丘さん

22

2013.10.20(日)

椎名五輪

会場:秋葉原 秋田犬

共演:MCS(ミクス)さん、airly(エアリー)さん

23

2013.11.16(土)

『鳩、涙色

会場:小田原 らいぶはうすJAKAJAKA

共演:Lounge(s) さん、Ryo-utaさん、ララミュチカさん(小林恵子さん・比屋根悠華さん・下澤日奈子さん・青柿夫妻さん)、ブルーピジョンズ(青柿夫妻さん+仲間たち)

24

2013.12.08(日)

『僕と契約して悪魔超人になってよ!』

会場:大塚 MEETS

共演:夕陽ヶ丘さん、やまもとなおこさん、極東ハリーさん


■11年目(2014年


25

2014.03.30(日)

『So Many Spring Men』

会場:秋葉原 秋田犬

共演:新川3crewさん、ナガト2014さん、野口明伸さん、yukaさん

26

2014.05.11(日)

天使すぎるペンタゴン

会場:秋葉原 秋田犬

共演:ソラマメさん、airly(エアリー)さん、、中臣和哉さん

27

2014.10.18(土)

『The Long and Wedding Road』

会場:椿山荘

共演:早稲田大学モダンジャズ研究会OBによるバンド東京芸術大学声楽課の皆さん


■12年目(2015年

28

2015.03.08(日)

『春なのに?春だから?春だけど?襟巻を春巻きに変えて(ジェラシーが微笑みに変わる前に)』

会場:秋葉原 秋田犬

共演:高川善和さん、ミノタケシさん、airlyさん、PUANさん

29

2015.03.22(日)

『肉のカーテン(肉まれそうなニュー・フェイス)』

会場:上野Kinack

共演:kooさん、マヒアさん、yumさん、ゴージャスバスルームさん他

30

2015.07.05(日)

『ジュライ・アンド・ファミリーストーン

会場:秋葉原 秋田犬

共演:T.tonesさん、ネコマルロードキルデーさん、せきやみずほさん、上原直樹さん、馬場孝幸さん(オープニングアクト in the mood)

31

2015.08.01(日)

『8月の風を両手でだきしめて(ときめきトゥナイト

会場:秋葉原 秋田犬

共演:ソラマメさん、将達さん、The Marry Me さん、淡雪さん

32

2015.11.29(日)

寒いのは苦手さ』

会場:秋葉原 秋田犬

共演:にゅうろんさん、Tomさん、〜itoza〜(イトーザ)さん、The Marry Meさん



■13年目(2016年

33

2016.3.27(日)

『ぱんつくったことある?』

会場:なみカフェ(最寄駅:東武東上線ときわ台駅

共演:kooさん、なみちゃん敬称略)、山崎トシオさん from レッドウイング赤羽、ゴージャス・バスルームさん、マヒアさん、yumさん、JUNKOさん from 北関東

34

2016.5.21(土)

『アーリー・サマーレボリューション

会場:秋葉原 秋田犬

共演:ソラマメさん、SACHIOさん、もんちょらま さん、桐村継史さん


■14年目(2017年

■15年目(2018年


35

2018.3.24(土)

『魂をラーミアに乗せて』

会場:秋葉原 秋田犬

共演:SACHIOさん、わっさん(敬称略)、キラーマイルドさん(トリオ編成)、藤原悠さん(ヤング

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20180409

18-2-20-火 読書空間としての浴室

[]ニイハオ 23:52 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も浴室で読書する頻度が高い男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]Mussel Show #35 魂をラーミアに乗せて 23:52 Mussel Show #35 魂をラーミアに乗せてを含むブックマーク

2018年3月24日(土) に Mussel Docking は

Mussel Show #35 魂をラーミアに乗せて

と題された室内演奏会をもよおすことが判明しました。

プレイスは 秋葉原または岩本町の駅の近くにあるライヴガレージ秋田犬です。

来て、くれるかな?(E.E-tomo!!!)

以下、ご案内です。

■■■■■■■■■■■

Mussel Docking の2018年3月24日(土)のライヴ Mussel Show #35 「魂をラーミアに乗せて」 は、秋葉原にある「秋田犬」にて19:50 開演です。入場料は1000円+1Drink。

秋葉原駅からライヴ・ガレージ秋田犬までは 徒歩 8 分 (650m)

秋葉原駅からの経路はこちらです。

https://goo.gl/maps/HVsu1iqRcuS2

■■■■■■■■■■■

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20180220

18-2-6-火 再始動の春

[]ニイハオ 23:52 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も「ジョージ・クルーニーの方か」というセリフが好きな男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です*1

[]やります。何を?ギグを。 23:52 やります。何を?ギグを。を含むブックマーク

Mussel Docking が 2018年3月24日(Saturday Night)に Mussel Show #35 (タイトル未定)という室内演奏会を、秋葉原にある秋田犬という名のLiveGarageにて 催すことが、約30時間ほど前に明らかになりました。

当日は、Mussel Docking 全メンバーが(星屑の)ステージに立つそうです。

来ていただいた方には、もれなく私 福田十二指腸サイン入り something を (以下略)。

*1ジョージ・クルーニーの方か、というセリフは「勝手にふるえてろ」という映画て発せられるものです

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20180206

18-1-13-土 2017年に見た映画について、高良健吾氏について。

[]ニイハオ 16:18 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最もゴチャゴチャした部屋で生活をしている男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]2017年に見た映画など 16:18 2017年に見た映画などを含むブックマーク

2017年福田十二指腸映画館で鑑賞した映画作品リスト

  1. 夜明け告げるルーのうた
  2. ラ・ラ・ランド
  3. 3月のライオン 前編
  4. 3月のライオン 後編
  5. 美しい星
  6. 恋する惑星重慶森林
  7. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー vol.2
  8. 帝一の國
  9. 散歩する侵略者
  10. ドリーム
  11. ダンケルク
  12. 三度目の殺人
  13. スター・ウォーズ エピソード8 最後ジェダイ
  14. 怪盗ルビイ

最も面白いと思ったのは「散歩する侵略者」(黒沢清監督)。

9月9日には、黒沢清監督是枝裕和クリストファー・ノーランという素晴らしい監督の新作が同時に公開されましたが、この3作は映画館で見ることができてよかったです。2017年吉田大八監督の新作を見ることができたのもよかったです。

ドリーム」はライムスター宇多丸氏の言葉を借りるならば、「誰にでも薦められる映画」です。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー vol.2」はオープニングからELOの曲がガンガン流れて思わず映画館で踊ってしまったほど。また、「帝一の國」という映画は大変面白かったです。EXILE TRIBE による「HiGH&LOW THE MOVIE」を見たことがない状況はすぐにでも脱したいです。

去年2017年1月11日から毎日読書習慣を身につけたこともあり、また、9月以降は毎月のように音楽演奏会に火曜酔いになったこともあって、映画館に行く回数が激減しました。過去作上映を見たもの(「恋する惑星重慶森林)」と「怪盗ルビイ」)もあり、純粋な新作映画鑑賞は少なかった1年です。

(なお、今年2018年1月12日の時点で既に映画館で4回映画を見ています。ただし見た映画はただ1作品のみ。「勝手にふるえてろ」だけです)



以下は参考情報です。

2016年福田十二指腸映画館で鑑賞した映画作品リスト

  1. マッドマックス 怒りのデス・ロード (2回目)
  2. ベテラン韓国映画
  3. スター・ウォーズ エピソード7 フォース覚醒 (3回目)
  4. ブリッジ・オブ・スパイ
  5. ピンクとグレー
  6. オデッセイ
  7. スター・ウォーズ エピソード7 フォース覚醒 (4回目)
  8. 人生スイッチ
  9. ちはやふる 上の句
  10. ルーム
  11. アイアムアヒーロー
  12. ちはやふる 下の句
  13. リップヴァンウィンクル花嫁
  14. ディストラクション・ベイビーズ
  15. 海よりもまだ深く
  16. TOO YOUNG TOO DIE
  17. クリーピー
  18. シン・ゴジラ
  19. ゴーストバスターズ
  20. 君の名は。
  21. 四月は君の嘘
  22. 怒り
  23. 君の名は。 (2回目)
  24. 聲の形
  25. 聲の形(2回目)
  26. この世界の片隅に
  27. 海よりもまだ深く (2回目)
  28. この世界の片隅に (2回目)
  29. 海よりもまだ深く (3回目)
  30. ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
  31. 皆さま、ごきげんよう
  32. シング・ストリート 未来へのうた

2016年鑑賞映画に、意味があるとは思えませんが順位を付けた結果がこちらです。

http://d.hatena.ne.jp/mussel/20170107/1483767065

記事より一言引用します。

「上位3作品、1位:海よりもまだ深く、2位:聲の形、3位:この世界の片隅に、は、4位以下に大差をつけています」


2015年福田十二指腸映画館で鑑賞した映画作品リスト

  1. シンプルシモン
  2. チョコレートドーナツ
  3. 寄生獣 前篇
  4. 6才のボクが、大人になるまで。
  5. 海月姫
  6. さよなら歌舞伎町
  7. くちびるに歌を
  8. 龍三と七人の子分たち
  9. 東京物語
  10. セッション
  11. インヒアレント・ヴァイス
  12. イニシエーション・ラブ
  13. 駆け込み女と駆け出し男
  14. フレンチアルプスで起きたこと
  15. マッドマックス 怒りのデス・ロード
  16. バクマン
  17. マイ・インターン
  18. 恋人たち橋口亮輔監督脚本
  19. ガールズ&パンツァー劇場版
  20. ロマンス大島優子主演)
  21. 百万円と苦虫女
  22. スター・ウォーズ エピソード7 フォース覚醒 (1回目)
  23. スター・ウォーズ エピソード7 フォース覚醒 (2回目)
  24. 海街diary
  25. きみはいい子

あらためて見たい「きみはいい子」。そしてまた、「横道世之介」を見たいです。主演の…名前が出てこない…高良健吾氏の演技が好きなのです。顔が小さくスリムな体つきが画面で動くだけでおもしろい。「ノルウェイの森」でもとても印象的な演技でした。「南極料理人」にも出てましたね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20180113

18-1-4-木 福田十二指腸文学賞(2017)は山崎ナオコーラ氏

[]ニイハオ 23:06 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も長きに渡りキン肉マン」を愛読している男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]福田十二指腸2017年に読んだ小説について 23:06 福田十二指腸が2017年に読んだ小説についてを含むブックマーク

読んだ作品名

福田十二指腸が今年(12月16日までに)読んだ小説

http://d.hatena.ne.jp/mussel/20171216/1513420645

コメント欄を含む)に記載しています

ここでは、福田十二指腸こと小生が、昨年2017年に読んだ小説28作品を作者別に集計した結果を確認ます

何のために?

その核心を突く問いに対する回答は、今はいたしません。

という結果です。

なお、森見登美彦氏の作品は本年2018年、既に1冊読みました。

四畳半王国見聞録」を。実に練られた、練りに練られた構成に感嘆の声を上げそうになりました。実際には上げませんでしたが。

まりにも下らなくて読んでいて吹き出したことは何度もありました。小生、小説を読んでいて吹き出すなんてことは稀です。

読んでいて笑いをこらえることが困難だった作品は、小説ではないですが、ドラマ木更津キャッツアイ」のシナリオです。

2002年だったと思いますが、北海道に向かう飛行機の中で読んだ際、笑いすぎて飛行機が揺れ、飛行が不安定になった程です。

さて、2017年の「福田十二指腸文学賞」は、作品に対してではなく作家に対して(勝手に)捧げたいと思いますが、山崎ナオコーラ氏にこのまったく価値のない賞を、私の精一杯のリスペクトとともに贈呈いたします(このブログのこの記事において)。

書店でナオコーラ氏の小説を探しても見当たらないことさえあるのですが、そんなときは、「○○書店さんよぉ!一体何を考えているんだい?!」と、プン・スカしてしまう程です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20180104