Hatena::ブログ(Diary)

Mussel Docking World RSSフィード Twitter


『Alfred』、と『福田十二指腸』が 深い闇ン中でSparkling
アコースティックな暴れ馬、 発汗、発光の末、発酵!Mussel Docking (マッスル・ドッキング) のworld/blogです。

私たちがお送りする代表曲が↓聴けます[曲名クリックでリッスンできます]

【2015年に踏んだステイジの数々を動画で紹介】


『開けた扉を閉めないで!閉めた扉を開けないで!』

『クールでブルーなこの俺が(高橋由伸氏に捧ぐ)』

『珈琲飲んだら眠れない(当たり前Da.Yo.Ne.)』

『今夜、絶対、決めてやる!』

『ガムを噛んでも噛まれるな!』

『きてよパーマン』



16-5-25-水 薫風が髪を揺らして頬を撫で、私の心は五月雨模様。

[]ニイハオ 07:43 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も雑誌購読数*1が多い男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]Mussel Show #34 アーリーサマーレヴォリューション を終えて 07:43 Mussel Show #34 アーリー・サマー・レヴォリューション を終えてを含むブックマーク

5月21日(土)に秋田犬で開催された

Mussel Show #34 アーリーサマーレヴォリューション

は、オープニング曲 アーリーサマーレヴォリューション

最後を締めくくった曲 アーリーサマーレヴォリューション(リプライズ)

と、その間を埋めるようにして歌われ奏でられた楽曲、マスド流に言えば「グンソ」の数々で構成されたステージでした。

お菓子グンソ・シリーズ」として、以下3つのグンソをプレイしたことはあまり知られていません。

その他、次のようなグンソをプレイしました。

※このグンソは古くから存在するものですが、Mussel Show #34 では、福田十二指腸による寸劇が挿入される新たな形式披露されました。

ところで、今年は1月を除くすべての奇数月にライヴ実施しています

と、いうことは・・・次回は・・・?!

*1:ほぼ毎号買っている「テレビブロス」、「ダイヤモンド・チェーン・ストア」、3〜4号に1回程度買っている「ターザン」、その他、「PEN」、「ブルータス」、「ポパイ」、「散歩の達人」を不定期で買っているのに加え、今年は「装苑」を初めて買いました

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20160525

16-5-21-土 今宵 アーリー・サマー・レヴォリューション 開催します

[]ニイハオ 12:10 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も他人迷惑をかけながら迷走を続けている男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]Mussel Show #34 アーリーサマーレヴォリューション は今夜 12:10 Mussel Show #34 アーリー・サマー・レヴォリューション は今夜を含むブックマーク

今宵19時、秋葉原ライヴ・ガレージ《秋田犬》にてMussel Docking が行うステージの名は、

Mussel Show #34 アーリーサマーレヴォリューション

です。

18時30分開場、19時00分開演、開演とともに私たち ossan 2人組である Mussel Docking が登場するという珍しい構成です。

「アーリーサマーレヴォリューション

https://soundcloud.com/user-296711956/early_summer_revolution

「夢をおいかけて(2016)」

https://soundcloud.com/user-296711956/chase_the_dream

といったグンソ/ソングの類をわんさかプレイます

是非とも、噛むtogether

(ガムを噛んでも噛まれるな!というグンソ/ソングも勿論演ります

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20160521

16-5-9-月 アイスをムシャる。むろん、ストリートで。

[]ニイハオ 01:54 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も「セルフ・コントロール」が苦手中の苦手な男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]Mussel Show #34 「アーリーサマーレボリューション」は5月21日(土)秋田犬にて開催 01:54 Mussel Show #34 「アーリー・サマー・レボリューション」は5月21日(土)秋田犬にて開催を含むブックマーク

今月21日、土曜日の夜、サタデー・ナイト、久しぶりにライヴ・ガレージ《秋田犬》に登場します。

開場18:30、開演19:00、Mussel Docking は19:00に登場します。

ライヴに来たら絶対します。そう、私は断言します(富沢一誠風)。

なお、今度のライヴ演奏予定の「アーリーサマーレボリューション」という新曲歌詞は、

http://d.hatena.ne.jp/mussel/20160422/1461268708

掲載されています(見たら損するので見ないでください)。

ライヴまで残り10日強といった時点で、上記の新曲はまだ一度も練習したことがあいません(いつものことです)。

[]性別や年齢に捕らわれすぎることは、自由を損ない面白さを減らすこと 01:54 性別や年齢に捕らわれすぎることは、自由を損ない面白さを減らすことを含むブックマーク

※以下の文章2015年の年初に私が別の場所で公開したものです。ここに転載します。


所ジョージ氏インタヴュー「わくわく感 続けたい」(「日経MJ2015年1月1日

元日新聞には、年男、年女へのインタヴュー記事がしばしば掲載されます

今年*1にかける意気込みや抱負を語ってもらう、という形式王道だと思いますが、日経MJにも元日の紙面には未年ひつじどし)の年男、所ジョージ氏、年女、原田知世氏のインタヴュー記事掲載されていました。

私は、所ジョージ氏に対して、軽妙な語り口と趣味お金をつぎ込み人生を存分に楽しんでいるという印象を持っていますが、当該記事においても、「重」要なことを「軽」く語っているのが実に印象的でした。

インタヴュー記事の冒頭から、年男であり還暦を迎えるということに対して、

自分の年がいくつだからって生きている人はいないと思う。俺が男だからとか、何歳だからと言い出すのはつまらない人生です。性別と年齢は誰もが持っているものから・・・

と語っています(上記は「日経MJ2015年1月1日から引用です)。

インタヴュー全体を通じて、好きなことなどをあきらめてしまわず、辞めてしまわずに続けることができる人が、才能のある人だ、ということなど、(他の誰かに言われたら心に響かないかもしれないようなことであっても)所ジョージ氏に言われるとズシンと腹にくる感じのことが語られています

が、上記引用箇所は、この記事を読む前か後のいずれか忘れてしまいましたが、時間差を置かずに読んだ、

津田大介の『メディア現場』」2014年12月26日(vol.149)

における、「なぜ政治の場でセクハラ発言が相次ぐのか?──度重なる不祥事に見る政治家意識社会意識」という記事深澤真紀氏が津田大介氏らと語り合っている昨年(2014年東京都議会の場で問題となったセクハラ発言にまつわる話題の中で語った次の言葉と(私の胸中あるいは腹奥で)共鳴しました。

男女差別理解されにくい原因のひとつとして、男性女性には歴然な性差があると考える人が多いということもあると思います人種差別国籍差別であれば、「みんな同じ人間なんだから差別ダメだ」という理屈である程度はわかってもらえる。でも、男女の場合は「性差があるから、同じ土台で考えられるわけがない」と思っている人が非常に多いんですね。たしか子どもを産むことは女性しかできませんが、それは自分で決める選択肢ひとつです。だから基本的には男女を同じ土台で考えていいのですが、なかなか理解されないのが難しいところです。

(上記は「津田大介の『メディア現場』」2014年12月26日(vol.149)における「なぜ政治の場でセクハラ発言が相次ぐのか?──度重なる不祥事に見る政治家意識社会意識から引用です)

ジョージ氏と深澤氏の言葉から自分他人性別や年齢、あるいは肩書や経歴などで、その人のことを規定したり偏見を持つことは、その対象他人であれば余計なお世話であり、対象自分自身であれば、自分精神や身体を自由に動かすことを妨げることにつながるんだということを、年始、私は思った次第です。

というわけで、他者安易レッテルを貼ることのないよう気をつけつつ、自分自分に飽きないように、(数年前の既にossanであった自分ではなく)中学2年生の頃の自分に退屈なossanだと思われることのないように注意して、帆を掲げ、歩を進めていきたいと思います

*1文章中の「今年」は2015年を表します。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20160509

16-5-4-水 黄金のマスク・ウィーク、銀のマスク・ウィーク

[]ニイハオ 01:04 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で4月29日から5月4日までの6日間に最も長い距離を走った男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]Mussel Show #34 「アーリーサマーレボリューション」は5月21日(土)秋田犬にて開催 01:04 Mussel Show #34 「アーリー・サマー・レボリューション」は5月21日(土)秋田犬にて開催を含むブックマーク

開場18:30、開演19:00、Mussel Docking は19:00に登場します

早く教えてホシーノ!という方は、私のツイッター(@nikutaino_akuma)までダイレクトメッセージか@付のツイート質問していただくか、このブログコメント欄質問していただければ幸いです。

なお、今度のライヴ演奏予定の「アーリーサマーレボリューション」という新曲歌詞は、

http://d.hatena.ne.jp/mussel/20160422/1461268708

掲載されています

[]そして、また、走り出す。 01:04 そして、また、走り出す。を含むブックマーク

そして、また、走り出す。

このフレーズは、決して「恋人フレーズ」を意識したものではなく*1ライムスターの「そしてまた歌いだす」(http://www.kasi-time.com/item-52777.html)を念頭に置いて書いたものです。

どういう意味かと言えば、昨年、2015年4月26日に、しばらくの間、休んでいた「走る」という行為、または活動*2を、2015年10月18日に出場した市川市で開催された江戸川沿いを走るマラソン大会で走ったハーフマラソン以後、しばらく走らなくなり、10月17日から11月14日までの27日間、R活動*3をせず、11月12月に合計7回、70kmを走ったものの、2015年12月13日に6.15km走ったのを最後に、完全にR活動を休止、しばらく控えていた悪癖、夜の路上菓子パンをムシャる*4という行為を華々しく再開してしまったことも重なって、皮下脂肪が物凄い勢いで増加してしまい、結局、2016年3月17日に1時間4分13秒をかけて10kmを走るまでの94日間、完全にR活動をしない時期があった、ということです。

2016年3月17日にR活動を再開し、今日までの49日間、食生活を改め、自室では毎日筋トレを欠かさずするようにし、無理のない範囲でR活動を続けています

3か月間という長くない期間に急増した皮下脂肪は、そこそこ減ったように思いますが、毎日欠かさない筋トレ効果が大きいと思っています

特にスクワットによって大腿筋を、プッシュアップ(腕を広く肩幅よりも広げた腕立て伏せ)によって大胸筋を鍛えています。これに加えて臀部や背筋も鍛えてはいますが、優先しているのは大腿筋と大胸筋という大という字を冠した2種の、文字通り大きな筋肉を鍛えることです。

腹筋や上腕二頭筋などよりも大きな筋肉なので鍛えることで大きく発達し、これが皮下脂肪の燃焼にも大きな役割果たしてくれるようです。

参考文献:ターザン

*1ネタ元は勿論、Chage and AskaSay Yes」です。

*2ランニングすることをランニング活動をする、と称し、これを略した「R活動」という表現を一時期積極的に用いていました。が、今はほとんど用いていません。

*3:R活動とは、ランニング活動意味

*4:ムシャる、とは、ムシャムシャと食べるという意味

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20160504

16-4-22-金 アーリー・サマー・レヴォリューション(5.21にライヴ予定)

[]ニイハオ 04:58 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も「成熟」とのdistanceが遠い男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]交差点を背にした音楽 04:58 交差点を背にした音楽を含むブックマーク

こんにちはアルフレッドです。

先日ときわ台にあるなみカフェさんでのチャリティーライブに参加させていただき、大変楽しい時間を過ごさせていただきました。

会場にいらっしゃった方々には御礼申し上げます

ときわ台といえば、私が4年前に半年間、ちょうど今の季節ごろまでアルバイトをしていた場所です。

自転車で20分程度の距離を通っていた私は、まさになみカフェさんが立地する地点から交差点を渡っていたのでした。

環七川越街道を両方渡るのですが、まず高架になっている環七の下をくぐってから、お寺の前で信号待ちをして、川越街道渡ります

なみカフェさんの窓からは、僕がくぐっていた環七の高架下と、信号待ちをしていたお寺が見えます。その景色を背景として、音楽が奏でられます

そこには、いやが応でもあの頃の思い出や、あれから4年の月日の間に起こった様々な変化への思いが重なります

外界からシャットアウトされた地下室の空間ライブを聞くと、日常とは切り離された異世界にいる気分になってそれが心地よいものですが、

外に開かれた、しかも自分のよく見知った景色なかにある空間音楽聴くと、より音楽自分日常リンクしてくる感覚を覚えます

Kooさん、マヒアさん、yumさんは昨年と同じ曲もいくつか披露してくださいましたが、なみカフェで聞いたそれらの楽曲

昨年上野キナックにて聞いた際とはずいぶん異なる趣きを感じました。

思えばこの4年で自分の身にはいろんな変化があり、ときわ台に通っていたのがたったの4年前だとは信じられない思いですが、

変わらない交差点風景を見ていると、自分自身は何も変わっていない気がしてきました。

というより、考えてみると、変わったのは自分が身を置く環境であって自分自身ではないことがわかってきました。

そう考えると情けない気分になってきますが、昔の自分の方がよかったと感じて嘆くよりは、

「変わらない自分」に気づくのも一つの幸せかもしれません。

以上のごとく、傍からみればボーっとした態度でみなさんの演奏を聞いていた私も、実は相当に深く感慨にふけっておったのです。

熊本でも大規模な地震が起きました。天災の多い国に暮らす私たちはい自分災害に遭うかわからないわけで、助け合い精神をいつも

お互いに持っていることが大事かと思います

この先の4年後、あるいはもう少しあとになっても「変わらない自分」を見出す幸せくらいは、どの人にとっても守られていてほしいと願います

アルフレッド

[]Mussel Show #34 は5月21日(土)、「秋田犬」@秋葉原の予定です 04:58 Mussel Show #34 は5月21日(土)、「秋田犬」@秋葉原の予定ですを含むブックマーク

5月21日の第34回目となる室内宴爽快/演奏会披露予定の新曲があるので、現時点の歌詞を以下に記します

「アーリーサマーレヴォリューション

アーリーサマーレヴォリューション

アーリーサマーレヴォリューション

汗ばむ手を握り締め

アーリーサマーレヴォリューション

アーリーサマー悪魔

アーリーサマー天使

アーリーサマー世界

アーリー誘惑している

[]福田十二指腸最近聴いている音楽とは? 04:58 福田十二指腸が最近聴いている音楽とは?を含むブックマーク

ついに復活した宇多田ヒカル氏の2つの新曲のうち、特に花束を君に」は素晴らしい1曲で、何度も繰り返し聴いています

この春は他には大滝詠一氏のまさかの新作『DEBUT AGAIN』を聴きまくっています特に1988年に発売されて、歌謡曲に関心を持ち始めて間もない私が「良い曲だな」と感じた、小泉今日子氏が歌っていた「怪盗ルビイ」の大滝バージョンは素晴らしい出来栄えで、ため息が出る程です。

他にも氏のほとんど売れなかったアルバムなどを聴いていますよ私は。

花束を君に

花束を君に

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

LET'S ONDO AGAIN

LET'S ONDO AGAIN

GO!GO!NIAGARA 30th Anniversary Edition

GO!GO!NIAGARA 30th Anniversary Edition

COSMIC EXPLORER

COSMIC EXPLORER

はらいそ

はらいそ

暁のラブレター

暁のラブレター