Hatena::ブログ(Diary)

Mussel Docking World RSSフィード Twitter


『Alfred』、と『福田十二指腸』が 深い闇ン中でSparkling
アコースティックな暴れ馬、 発汗、発光の末、発酵!Mussel Docking (マッスル・ドッキング) のworld/blogです。

私たちがお送りする代表曲が↓聴けます[曲名クリックでリッスンできます]

【2015年に踏んだステイジの数々を動画で紹介】


『開けた扉を閉めないで!閉めた扉を開けないで!』

『クールでブルーなこの俺が(高橋由伸氏に捧ぐ)』

『珈琲飲んだら眠れない(当たり前Da.Yo.Ne.)』

『今夜、絶対、決めてやる!』

『ガムを噛んでも噛まれるな!』

『きてよパーマン』



17-1-7-土 平成29年とはこれ如何に。私的映画ランキング2016とはこれ如何に。

[]ニイハオ 14:31 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最もストリート・ムシャリング、a.k.a、ストリートでフードをムシャる(路上デ食ス)行為2016年に多く行った男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]私的映画ランキング2016 14:31 私的映画ランキング2016を含むブックマーク

2016年12月30日の夜に別の場所に記したものをそのまま転載します。

(と言いつつ、「ディストラクション・ベイビーズ」の順位を上げました)

今年映画館で見た映画、計23作品(1位〜23位)の順位=好きな順は、次の通りです。

1位:海よりもまだ深く

2位:聲の形

3位:この世界の片隅に

4位:アイアムアヒーロー

5位:シン・ゴジラ

6位:ベテラン

7位:君の名は。

8位:人生スイッチ

9位:ローグ・ワン

10位:クリーピー

11位:シング・ストリート 未来へのうた

12位:リップヴァンウィンクル花嫁

13位:皆さま、ごきげんよう

14位:ディストラクション・ベイビーズ

15位:オデッセイ

16位:ちはやふる 上の句

17位:ブリッジ・オブ・スパイ

18位:ルーム

19位:ゴーストバスターズ

19位:TOO YOUNG TOO DIE

20位:ちはやふる 下の句

21位:怒り

22位:四月は君の嘘

23位:ピンクとグレー

備考:2016年映画館で見た映画リストを見ながら、今(12月30日の夜10時過ぎ)に5分程度でささっと好きな順に順位をつけてみました。1位の作品はとても好きで、3回見ました。しかし、2位、3位の作品も1位と同じくらい好きな作品です。20位以内の作品はいずれもかなり面白い作品でした(例えば20位は下位だからつまらない、とは言えません)。

上位3作品、1位:海よりもまだ深く、2位:聲の形、3位:この世界の片隅に、は、4位以下に大差をつけています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20170107

16-12-11-日 福田十二指腸コミック賞

[]ニイハオ 21:16 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も入浴時間が長い男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]福田十二指腸コミック賞は『四月は君の嘘』です。 21:16 福田十二指腸コミック賞は『四月は君の嘘』です。を含むブックマーク

2016年8月22日ノートブックに書き写した言葉宮園かをりが有馬公生に言った言葉があります。

君は何のためにピアノを弾くの?

自分のため?誰かのため?

君はこの曲をどう弾きたい?

バッハをどう弾きたい?

本当の君はショパンをどう弾きたい?

出所:『四月は君の嘘』第9話「ラジカセと月」3巻の18〜19ページ

この漫画を39歳の夏に読んで感動した私です。1巻を読んで泣きそうになった私は、その後、一気に全巻読みました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20161211

16-12-10-土 2016年発売の至高の音楽

[]ニイハオ 16:52 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最もストリートが衣食住における「食」を行う場として重要意味合いを持つ男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]福田十二指腸音楽賞2016(福田十二指腸2016年に聴いた音楽の中で素晴らしかったもの16:52 福田十二指腸音楽賞2016(福田十二指腸が2016年に聴いた音楽の中で素晴らしかったもの)を含むブックマーク

SONGS 大滝詠一 特集2016年12月9日の深夜2時に見ながら、今年購入した40枚弱の音楽アルバム*1の中で最も素晴らしいと感じた作品は、『ファントーム』宇多田ヒカル ではなく、『デビュー・アゲン』という大滝詠一の32年ぶりの新作だったと再認識しています

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

Fantôme

Fantôme

宇多田ヒカルの久々の新作であるファントーム』も、それはそれは美しい作品で、聴きまくっています

が、日本ポピュラーミュージック史的に見ても大滝詠一の新作が出たという意味は大きく、私個人史的にもやはり意味の大きな出来事、いわば事件でした。

再放送されているSONGSでは薬師丸ひろ子がセカンシングルである主演映画主題歌探偵物語」を披露していましたが、ドラマあまちゃん」では映画探偵物語オマージュ松田優作薬師丸ひろ子の抱擁→松田龍平能年玲奈の抱擁)が見られたのみならず、これは先日カラオケでこの歌を歌ってみて気付いたことですが、「あまちゃん」で小泉今日子能年玲奈橋本愛、そして薬師丸ひろ子によって歌われる「潮騒のメモリー」の《潮騒》は、「探偵物語」の歌詞において重要モチーフになってもいるのです。

私が少年時代に妙に心惹かれた歌があり、それは小泉今日子の「怪盗ルビイ」なのですが(級友池田氏替え歌を歌いまくる程度には好きでした)、この歌の大滝詠一バージョンも『デビュー・アゲン』には収められています小泉今日子薬師丸ひろ子松田聖子提供した曲が一枚に収まっているのです。

なお「あまちゃん」では、松田聖子に憧れてアイドルを目指す小泉今日子大滝詠一作の「風立ちぬ」を歌って公開オーディション合格するというシーンが何度も流れました。

いやはや。

探偵物語  ブルーレイ [Blu-ray]

探偵物語 ブルーレイ [Blu-ray]

快盗ルビイ [DVD]

快盗ルビイ [DVD]

*1:実際にCDで購入したのは、この記事内に登場する『デビュー・アゲン』、『ファントーム』と、記事言及していない、エレクトロデラックスの『エレクトロデラックス』、クウチュウ戦の『超能力セレナーデ』の計4枚程度に過ぎず、あとはiTunesデータとして購入しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20161210

16-12-4-日 村田沙耶香氏、綿矢りさ氏、柴崎友香氏、羽田圭介氏、横光利一氏。

[]ニイハオ 13:24 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も内臓脂肪を多く蓄えている男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[]2016年に読んだ数少ない小説について 13:24 2016年に読んだ数少ない小説についてを含むブックマーク

今年は/今年も、ほとんど小説を読みませんでした。

村田沙耶香氏の、第155回芥川龍之介賞受賞作品となった『コンビニ人間』と、

同氏の作品で、3年前の2013年に第26回三島由紀夫賞を受賞した『しろいろの街の、その骨の体温の』、

綿矢りさ氏の『勝手にふるえてろ』だけでしょうかね、今記憶しているのは・・・

と、書いていて想起したのは、そうだそうだ、サンキュータツオ氏の帯の推薦文が気になって手に取った、横光利一氏、新感覚派と呼ばれた横光利一氏の短編集を買い、収録されている作品のうち2つ程度を読んだのであった、ということでした。

自分ツイートTwilog検索してみると、概ねこれら3冊だけだったようです。読んだのは。

作品感想などは以下のツイート記事引用をご参照ください。

コンビニ人間

コンビニ人間

勝手にふるえてろ (文春文庫)

勝手にふるえてろ (文春文庫)

日輪・春は馬車に乗って 他八篇 (岩波文庫 緑75-1)

日輪・春は馬車に乗って 他八篇 (岩波文庫 緑75-1)

さらにこの記事を公開した後、今年は柴崎友香氏の『ビリジアン』と羽田圭介氏の『ミート・ザ・ビート』を読んだのだった、と思い出したのでした。12月10日追記)

コンビニ人間なる村田沙耶香氏の小説は、流通経済研究所編、インストアマーチャンダイジング(二版)と合わせて読むと、消費者心理や行動パターンを踏まえた売場づくりをよく理解できると思います


綿矢りさ氏の「勝手にふるえてろ」を半分くらいまで読みつつ思うのは、この作家の語りたいことを語るとき手際の良さ、鮮やかな手腕、さながら魔法自在に操るが如くペンさらさらと…

天才的な才能を全くひけらかさずに作品を通じて表現するあたりは、ポール・マッカートニーのよう。


綿矢りさ著、「勝手にふるえてろ」(文庫)のB面あるいはカップリングの「仲良くしようか」は、中原昌也オマージュでは?


いまドトール

村田沙耶香著、「しろいろの街の、その骨の体温の」を読み終えました。

本編に加え、西加奈子氏による解説が感動的でした。


綿矢りさ勝手にふるえてろ

町田康舞城王太郎匹敵するグルーヴ!凄まじい筆裁き。


27年ぶりくらいに横光利一著 蠅 をリードしました。むろん、岩波文庫版で。


靴の裏がさぁ

剥がれてんよ

左の靴の裏のアレがさぁ

20年来の友とのline会話をしつつ、しながら、夜道ウォークしてルンでありますが、

他者を見下す/見下される、ということについてド真剣対峙して描いている…

しろいろの街の、その骨の体温の 村田沙耶香 著 を、想起。想起!

以上は、自分が今年ツイートした、読んだ小説にまつわる記事から引用です(Twilog検索した結果)。

ビリジアン (河出文庫)

ビリジアン (河出文庫)

ミート・ザ・ビート (文春文庫)

ミート・ザ・ビート (文春文庫)

福田十二指腸福田十二指腸 2016/12/04 17:39 今年読んだ数少ない小説の1つが、柴崎友香氏のビリジアンでした。忘れていました。

musselmussel 2016/12/19 01:19 文学界2017年1月号に掲載されている短編小説4編を12月中旬に読みました。
三木卓 寝台自動車
保坂和志 猫がこなくなった
長嶋有 Mr.セメントによろしく
松尾スズキ ものまねのある風景

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20161204

16-12-2-金 ブランドはつくれない。ストーリーはつくれる。by池田純氏

[]ニイハオ 03:08 ニイハオを含むブックマーク

Mussel Docking で最も傲慢な男、それが、こ、の、ボ、ク、福田十二指腸です。

[][]「空気のつくり方」池田純著 03:08 「空気のつくり方」池田純著を含むブックマーク

今年読んだビジネス関連書籍の中で最も印象的だったのは、10月までの5年間、横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長を務め、35歳で就任してから球団経営改革し続けた、池田純氏の著作、「空気のつくり方」です。

空気のつくり方

空気のつくり方

池田氏球団経営改革する上で実践したことの多くは、オーソドックスマーケティングの考え方に則った施策なのですが、プロ野球球団経営として考えると、それはかなり他球団とは異なるやり方だったと思います

この本は野球本としても読めますし、マーケティング初心者、初学者が読んでも大変参考になる本だとも言えます。もし、マーケティング勉強したいのだけど、真面目にコトラー先生教科書を読むのは苦痛で、もっと簡単に読めて、それでいて勉強になる、そんな本はないですかね?と質問されたなら、迷わずこの本を薦めたい、そんな一冊が、この、「空気のつくり方」です。

という節のタイトルも非常に印象に残りますが、確かに池田氏マーケティングは、ストーリーをつくり、横浜というチームが盛り上がっているという空気を作り出すことを目指して各種施策を講じていたのだな、と思います

半端なところですが、夜更けになり、そろそろスリープしたいので、このへんで・・・筆を・・・置きます

上述のフレイズ以外に私が印象に残っているのは、

などです。非常に学べます、多くを。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mussel/20161202