Hatena::ブログ(Diary)

メルセゲルのブログ

2016-03-11

SNSでの頻出詭弁パターン

SNSで頻繁に見かける詭弁のパターンをまとめる


これらは誰でも見つけることができる頻出パターン(みんなが良く見かけるパターン)であるため,同じパターンを見つけた他の人に違う名前で呼ばれている場合もある.名前を付けずに「これと同じ」などとリンクのみが示されている場合なども見られた.

2016-03-05

ステレオタイプ論法

ステレオタイプ論法とは

  • 「砂鉄っぽい」
  • 「雑な議論

などとも呼ばれる.

要するにステレオタイプな印象(プロパガンダがベースの法則)を組み合わせて何かの予測を当てようとしたりする議論.以下の例を見るとよくわかる.

何らかの印象操作を目的として行われることが多く言ってる当人も自分の言ったことを信じてはいない.裏帳簿論法の一つ

2016-03-01

ネトウヨ論法

ネット特有の性質を使った詭弁印象操作

ネトウヨが2chまとめブログなどで頻繁に使っていた方法

2016-02-22

時制不一致論法(仮)

英語では時制の不一致は文法間違いとなるが,日本語では過去形や未来形を混ぜた文も文法間違いにならない.

これを利用することで

「"過去形"と"未来形"に矛盾があるぞ.ダブルスタンダードだ」

という論破法.

具体的には

具体例はリンク先を参照してほしい

100年前に1度だけ起きたことが不変の真理として英語の現在形扱いになってしまっている場合などもこの詭弁法に含める

類似の詭弁法で

というのもある

2016-02-19

手段=目的論法

戦隊物ドラマなどで昔から言われている

  • 「平和のために戦うのは矛盾している」

という目的と手段の矛盾を指摘する論法

原理

この論法を使うと次が言えて,問題がわかりやすくなる

「ケーキを作るのに小麦粉を使うなんてケーキと矛盾する!とんでもないダブルスタンダードだ!ケーキはケーキから作るべきだ!」

目的のもの(ケーキ)がまだ無いなら,それを作るために目的とは違う手段(小麦粉)が絶対に必要になる.そこに「矛盾」を指摘することで容易にいろんなものが「論破」できる.

子供向けドラマで昔から言われているネタであるので例は沢山ある