Hatena::ブログ(Diary)

メルセゲルのブログ

2016-09-19

カエル砂鉄罪(雑な考え)

カエル砂鉄罪(または砂鉄カエル罪)とは,通称砂鉄カエルと呼ばれるtwitterアカウントが良く使う詭弁法のことである.同じような詭弁を使う人が他にも多くいるため,そういう人を「罪」認定するために罪という名前がついている.

砂鉄カエル詭弁法とは具体的には

雑な議論

特に

すぐに例外がみつかるような「一般論」

(とても一般化できない話を一般化する)が良く使われる.

この強引な一般化は「左翼」,「フェミ」等のステレオタイプの概念を使うことで行われることが多い.


雑な議論の例

  • 「二次式の解の公式わかった.つまり解の公式使えば4の三乗根は2だ」
  • 「4に何か計算する問題は,だいたい答が2なので,答は2」

すぐに例外がみつかるような「一般論」

これはつまり占いで使われる詭弁法で,以下にわかりやすくまとめられている

要するに当たらない占いを当たるように見せるテクニックが使われてがいる

具体例

すぐに例外がみつかるような「一般論」の例

2016-07-22

ポケモン goの疑惑

まず ポケモンgo は未プレイなのを断っておく(嫌な予感がするし)

ネットではポケモン goのGPSの問題ばかりが話題になっているようなので、もっと問題と思われるカメラからの画像収集の問題を指摘しようと思う。

通りすがりの知らない人に携帯で撮影されたら普通は嫌な気分になるものだが、最近のこの「流行」のおかげで、(自分はポケモンgoをやっていないのに)他人のカメラの端っこに何度か写ってしまっている。

こうして沢山のGPS情報つきの写真画像が収集されると例えば何がおきるかというと、無自覚な「自動」相互密告社会が出来上がることになる。例えば、こんなキーワードgoogleを画像検索してみよう

flickr 3d stereo

例えば自宅のGPS情報つきの画像が10枚ぐらい集まると精密な自宅の立体図が出来上がる。きっと、もし日本でトルコと同じことが起きたら、大活躍するデータとなるはずだ。

flickrというのはGPS情報つきの写真画像が世界中から集まっているサイトで、この"flickr"で検索すると、他にもいろんなことが出来るのがわかる(立体図は例の1つに過ぎない。本当にいろんな情報が収集できる)。

そして

ポケモンgoは自分だけが回避してもあまり意味はなく、他人に(自分の生活空間を)撮影されるのが一番の問題

GPS単独の情報は今のスマホはどうせ自動収集しているでしょうし手遅れでしょう。それよりもカメラとの連動が脅威)

例えば:

ポケモンGO…車をバックで自宅に駐車しようとしたら、我が家の敷地内に見知らぬ子供がスマホを手に立ってました?…普段、人なんか居ない場所なんでビックリドッキリ(゚o゚;危うく引きそうになった(>_<)…夏休み中、いったい何人の子供がポケモンGOで寿命終わるのやら?

2016-03-11

SNSでの頻出詭弁パターン

SNSで頻繁に見かける詭弁のパターンをまとめる


これらは誰でも見つけることができる頻出パターン(みんなが良く見かけるパターン)であるため,同じパターンを見つけた他の人に違う名前で呼ばれている場合もある.名前を付けずに「これと同じ」などとリンクのみが示されている場合なども見られた.

2016-03-05

ステレオタイプ論法

ステレオタイプ論法とは

などとも呼ばれる.

要するにステレオタイプな印象(プロパガンダがベースの法則)を組み合わせて何かの予測を当てようとしたりする議論.以下の例を見るとよくわかる.

何らかの印象操作を目的として行われることが多く言ってる当人も自分の言ったことを信じてはいない.裏帳簿論法の一つ