なみかわみさきの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-06-05

[]正確でないことを教えることについて

へそさん(id:ohesotori)が「例え嘘や誇張を利用してでも、子供たちが問題を起こさなければ良いと考える先生方へ - ここはちょっと見せられない」を書いてくれたので、私もスマホから書いてあとで誤字脱字を直したのが下記。

大きく2つ考えている。

こどものはてしない「なぜ」に、おとなは教えるときにある程度の嘘はついても構わないと思っている。大人になってからはなしのねたにしてくれればよいし、あのときのこどもの知識でわかる範囲で話してくれてたんだときづいてくれたら。

しかしながら「正確でないこと」を(言葉巧みに流布して)不安を「あおる」のはいかがなものかとおもう。


もうひとつは、ご本人がこの時点で「正確ではないこと」を講義して、聴衆の「ITリテラシーの知識不足への不安」を「あおっている」ことに気付いていらっしゃらない様子なので、いずれ「正確なこと」を「こどもに、わかりやすく」はなす人たちに淘汰されるだろうけど、そのとき、そのひとに「二度とこの仕事するなボケ」的なヘイトはだめやとおもっている。


もちろん話の内容はアレとしても、「はなす」ことでお金をもらえるスキルがあるので、ちゃんと、「ただしく」お話をしてくれるようになればよいのである。最悪の事態*1にならないことを見守っていたい。


(蛇足)

つまりさいきんの日本は、たった一度の失敗すらようしゃなくゆるさず人生を叩き潰さないときがすまない、無責任な憎悪というか雑念、飯間さんのつぶやきから借りると、「贅言(ぜいげん)」が多いように思う。

(蛇足2)

その後たまたまクローズアップ現代トンデモながん治療で財産も健康(寛解期間というか)も失ってしまった人の話を見たりして多少ブルーである。甘い言葉でもあおりでも、人の弱み、知らない部分につけこむのはなあ。

*1:一部のソフトウェア開発者や企業法務を怒らしているらしいが、それは大人らしく和解すればよいことである、法的に。それ以上の私刑はいらない。

2018-05-26

[]3,4月の記事がない件

毎月1つは記事を書きたかったんですけど、いろいろあれやこれやで、2ヶ月飛んでしまいました。

なんかほんといろいろあって、運動しない仕事なのにやせたりとか、とどめに風邪をひいてしまい、ってかんじでした。

まあぼちぼちやりたいです。


それと、昔からある携帯小説サイトにぼちぼち作品をだしなおしてます。カクヨムでもええんやけど、なんかあわないというか、いやあわないなら「こうだ」ってのをアピールすればよいんだけど、その労力は別のところにむけたほうがよいかなっておもって。なので一部作品が非公開になったりしてます。

あとは私の周りで人事異動があったので、業務知識を後輩に教えたりとかかな?

LibreOfficeのあつまりに風邪がなおりきらなくていけなかったのはざんねんです。

つぎはOSC京都めざします。

2018-02-06

grep正規表現(regex)

はじめに

いまさらこれやってもすでに、ぼうだいな量のドキュメントがあるので、何をいまさらという感じですが。自分の復習つうか自分が喋るならどうやってたかな(昔某所で研修してた気がする)というのを思い出す感じで書いてみます。

対象としては初学者で、本稿(「未経験者にLinuxを教える」)でいうと2回目と3回目の間くらい。3回目でパイプとリダイレクトとかやるような気がするんだけど。


今回のトピック

検索と「grepする」

ググる」はもうGoogleで検索するをとびこえてYahoo!でも「ググる」っていう人がいるらしい。ウェブサイトから、何らかの質問の回答を得たいと思って、あるいは電車の時間を調べるために、ひとは検索する。

一方grep(ぐれっぷ)は、grep(1)*1には”print lines matching a pattern”とあり−−パターンマッチする「行」を「表示」する。

grepの使い方

grepの基本的な使い方は、2種類になるかと思う。

  1. ターゲットファイル内のパターンマッチ
  2. コマンド実行結果のパターンマッチ

下記は1つ目の「ターゲットファイル内のパターンマッチ」について記した。ターゲットファイルの中身は、catというコマンドで表示している。


$ cat ./file1.txt
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
$ grep hoge ./file1.txt
$

(カレントディレクトリ内にある)test1.txt の内部に、「hoge」のパターンを含む行があるかをgrepコマンドで調べ、その結果何もなかったということを示している。

$ cat ./file1.txt
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
$ grep hijk ./file1.txt
$ abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
$

hijkはfile1.txtに含まれているため、その行が表示される。(システムによってはhijkの部分に色がつくこともあるだろう。)


「コマンド実行結果のパターンマッチ」は、実務で利用頻度が上がるのではないだろうか。大量のログなどから目的のパターンにあう部分を抜き出す、といった作業でよく使っている。下記の例では、そのままRPMパッケージ数を出すと1484行出力されるが、kernelという文字を含むパッケージだけにしぼって表示している。

$ rpm -qa | wc -l
$ 1484
$ rpm -qa | grep kernel
kernel-xxxxxxxxx
kernel-xxxxxxxxx
kernel-devel-xxxxxxxxx
kernel-devel-xxxxxxxxx
kernel-headers-xxxxxxxxx
kernel-tools-xxxxxxxxx
kernel-tools-xxxxxxxxx
$


オプション有りでの使い方

grepコマンドにはオプションがある。個人的に利用頻度が高いのは、vとiとcあたり。

くさるほど実例を書いたサイトがあるので、ここでは逆引き的にメモしておく。

こうしたい時こうする
hogeって書いてる行は不要grep -v hoge ./targetfile.txt
hogeだけじゃなくてHogeHOGEもとりあえず探すgrep -i hoge ./targetfile.txt
hogeって書いている行をカウントするgrep -c hoge ./targetfile.txt
hogeって書いていない行をカウントするgrep -cv hoge ./targetfile.txt

正規表現とは(ちょっとPerlの世界寄り)

※なんでPerl寄りって書いてるかというと私がPerlから正規表現にふれてたから

grepの後の文字列を、正規表現で記載することにより、さらに(柔軟に)ファイル等から文字列を探すことができる。


$ cat ./file1.txt
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
$ grep 'h.j' ./file1.txt
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
$

「h.j」は「h→何か1文字→j」を示す。よって、「h..j」では結果がないことになる。


$ cat ./file1.txt
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
$ grep 'h..j' ./file1.txt
$

正規表現を勉強するとなるとそれこそ、本にすればフクロウ本レベルになるし、ドキュメントを追うとものすごく広く深くはまっていく。はまるとおもしろい。そのへんは気に入った本やウェブサイトを見てもらうとして、文頭・文末の表現あたりは、見たことがなかったら今見ておいていいかなと思う。詳しくはregex(7)あたり。

  • 文頭→^
  • 文末→$

正規表現で^hogehogeは、「hogeからはじまるか」か、「hogeを含んでいるか」と意味が違ってくる。後者は「hogeからはじまる」も含まれることに注意。

^とか$は、「メタキャラクタ」といって正規表現特別扱いされる。

regex(7)だと

  • ^.[$()|*+?{\

で、Perlの世界では

  • {}[]()^$.|*+?\

がそれに相当する。もし、そのものを文字として、パターンマッチをしたいときは、前に

「半角の¥」を置く。

$ cat file2.txt
abc(def)ghi
$ grep ) ./file2.txt
Too many )'s.

$ grep \) ./file2.txt
abc(def)ghi

マッチする(Perl寄り)

※なんでPerl寄りって書いてるかというと(略)

入門としては「一致する文字列を含む行を出す」くらいでいいと思う。もう一歩すすめるとしたならば、正規表現に「マッチ」しているのはどこか、ということを意識していく必要がある。


参考として、Perlのドキュメント、perlrequick*2に記載されている部分を引用する。

"Hello World" =~ /o/; # matches 'o' in 'Hello'

"That hat is red" =~ /hat/; # matches 'hat' in 'That'

1行目は「oを含む行」で取り出そうとしている。この文章では2回oが出てきて、Perlの世界では先のHelloのoにマッチする。

2行目は、そのルールでいくとThatのhatにマッチということになる。


"cats" =~ /c|ca|cat|cats/; # matches "c"

"cats" =~ /cats|cat|ca|c/; # matches "cats"

これは「cats」という文字列についてだけど、正規表現としてはcでもcaでもcatでもcatsでもマッチする。書き方としては「最初に書いたやつ」が優先されるので、1行目の場合はcでマッチして、2行目の場合はcatsでマッチして、となる。


ワイルドカード #とは

あとよく質問があるのが、「ワイルドカード」との違い。むかしは「また自分で調べておいてね」とかでぼんやりさせてしまってたけど、あらためて見直すと、もっと勉強しないとけないなと思った。のでここにはメモを置いておくので、あとはみなさんで。(結局なげるんかい)


$ ls
fil.txt  file.txt  file3.txt
$ ls | grep "file*"
fil.txt
file.txt
file3.txt
$ ls file*
file.txt  file3.txt

この例は、正規表現file*は

  • filときて
  • eが0回以上の繰り返し
  • を含むもの

なので、fil.txtも、file.txtも、file3.txtも該当するし、

ワイルドカードのfile*は

  • fileときて
  • 任意の数の(文字数の)文字に一致

だから、fil.txtは含まれず、file.txtとfile3.txtが該当することになる。



参考にしたもの