Hatena::ブログ(Diary)

西野神社 社務日誌

2016-01-15 どんど焼き

1月1日を「大正月」と云うのに対して1月15日は「小正月」と云い、旧暦の1月15日はその年最初の満月の日に当たる事から「望正月(もちしょうがつ)」(望は満月の意味)と称されてお祝いされる事もあるのですが、その小正月の今日、当社では午前10時から、元旦から始まった一連のお正月行事の最後を締め括る恒例神事として、「古神札焼納祭」と、「どんど焼き」が執り行われました。

どんど焼きのお知らせ

どんど焼きとは、年末から松の内(関西では1月15日までとしている地域もありますが、松の内とは、一般には1月2日〜7日までの期間を云います)にかけてそれぞれの家庭・会社・事務所・お店等の神棚や玄関先などに飾られたお正月の飾り物(注連縄・注連飾り・門松・その他)や、おふだ・お守り・その他神社から受けた授与品などを、神社境内に設けられた斎場もしくは刈り取った後の田んぼなどで、忌火(御神火)によって焼納する神事(火祭り)の事です。
お正月の神様である歳神様や、それぞれの納め物に宿られている御神霊に、焚き上がる炎や舞い上がる煙と共に天へと還って戴き、併せて参列者の本年の無病息災を祈る、全国的に広く行われている小正月恒例の伝統的な行事です。
なお、どんど焼きは、地域によっては「とんど」「どんと」「左義長」「道祖神祭り」「三九郎焼き」「サイト」「サイトヤキ」「サイトバライ」などと称され、全国的にみるとその呼び名は実に様々です。

古神札焼納祭・どんど焼き 準備

平成27年 古神札焼納祭・どんど焼きの準備


当社では今年も例年通り、第二駐車場出入口付近(土俵横)に舗設した斎場で、どんど焼きの点火に先立ってまず古神札焼納祭を執り行いました。同祭は、昨年は宮司と私の二人で奉仕致しましたが、今年は、宮司と越川権禰宜の二人奉仕により、以下の次第に従って斎行されました。
開式の辞 → 修祓 → 宮司一拝 → 献饌 → 祝詞奏上 → 宮司・祭員玉串拝礼 → 総代玉串拝礼 → 一般参列者玉串拝礼 → 撤饌 → 宮司一拝 → 総代長により忌火点火 → 閉式の辞

平成28年 西野神社 古神札焼納祭

平成28年 西野神社 古神札焼納祭

平成28年 西野神社 古神札焼納祭

平成28年 西野神社 古神札焼納祭

そして古神札焼納祭の最後に、注連縄で張り巡らされた結界の中に積み上げられた納め物に、大坊総代長によって忌火が点火され、その火を完全に消火させる午後4時半まで、納め物をずっと燃やし続けました。なお、納め物に点火されたこの忌火は、古神札焼納祭が始まる直前に神職が火打石を使って発火させたものです。

平成28年 西野神社 どんど焼き

平成27年 西野神社 どんど焼き

ちなみに、全国には、どんど焼きの火に当たると若返るとか、どんど焼きの煙を浴びると1年間は健康に過ごせるとか、どんど焼きの火で焼いたお餅を食べると1年間病気をしないとか、どんど焼きの燃えさしの木切れを家の周りに刺しておくと虫除けになるとか、その燃えさしを天井に吊るしておくと火事にならないなど、いろいろな言い伝えが伝わっています。


下の動画2本は、いずれも当社のどんど焼きの様子で、1本目の動画は、今年のどんど焼きのものではないのですが(今日の点火する時間帯、私は神社の外にいて撮影出来ませんでした)、平成25年のどんど焼きで、点火して間もない午前10時半頃に撮影した、勢いよく燃え出した忌火と斎場の様子です。今年のどんど焼きも、点火直後はこのような感じでした。
2本目の動画は、点火してから3時間半程が経過した、今日の午後2時頃に私が撮影した、本年のどんど焼きの様子です。

D

D


下の写真は、今日のどんど焼きで朝から夕方までずっと奉仕して下さった総代さん達のうちの一人である天田総代と、天田総代のお孫さんです。総代の皆様方、お疲れ様でした!

平成28年 西野神社 どんど焼き


どんど焼きの斎場のすぐ近くでは、総代さん達により、参拝者の方々に御神酒甘酒が無料で振る舞われました。今日は寒かったので、特に温かい甘酒は皆様方から大変好評でした。

平成28年 西野神社 どんど焼き


また今日は、西野神社に直接来る事が出来ない方々のために、当社氏子区域内にある西野福祉会館の敷地内(昭和42年まで西野神社の遥拝所が鎮座していた地)でも午前11時半から、古神札焼納祭が斎行されました。
西野福祉会館で執り行われた今日の古神札焼納祭は、越川権禰宜が斎主として奉仕しましたが、生憎今回は福祉会館では写真を撮っていないため、その代わり(イメージ)として、過去に同会館で斎行した古神札焼納祭の写真を以下に2枚貼付させて頂きます。今回もこのような感じで行われました。
同会館で集められた納め物は全て、この神事が終わった後西野神社へ運ばれ、当社境内の斎場で焼納されました。

平成27年 西野福祉会館 古神札焼納祭

平成24年 どんど焼き


今日を以て、当社でのお正月関連の行事は全て終了し、明日は、境内の後片付けや授与所内にある全授与品の在庫確認(一般のお店でいうところの所謂、棚卸し)が行われ、そして明後日から、当社は平時の態勢に戻ります。

今日の古神札焼納祭・どんど焼きの様子を写した写真は、「西野神社アルバム」の平成28年1月「古神札焼納祭・どんど焼き」のページ(以下のURL)にも多数アップしておりますので、こちらも是非御覧下さい。
http://f.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/280115%20%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%A9%E7%84%BC%E3%81%8D/?sort=old

なお、本日を以てどんど焼きが終了したため、当社では明日(16日)以降は原則として注連縄・注連飾り等はお預かり出来ませんが(但し神社のおふだ・お守りについては通年お預かりしております)、まだどんど焼きが終わっていない神社では、明日以降も注連縄・注連飾り等をお預かりしている所があります。当社の本年のどんど焼きに納め物を出し忘れてしまったという方は、そういった他の神社のどんど焼きに持って行かれるか、もしくは、来年のどんど焼きまで御自宅で保管されるか、(昨今の住宅事情では厳しいかもしれませんがもし可能であれば)御自宅の庭等でお焚き上げする、などされてはいかがでしょうか。
札幌市内・近郊の各神社のどんど焼きの日程については、以下のページを御参照下さい。
http://www.hokkaidojinjacho.jp/28nensi01.html
https://twitter.com/h_tagashira/status/687933573312167941


(田頭)

人気blogランキングへ