Hatena::ブログ(Diary)

とは云ふもの丶お前ではなし このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017年01月05日(Thu)

正月恒例:伊豆シャボでカピバラ(後篇)

伊豆シャボ公園の虹の広場である。この日は天気が良かったせいか、例年より人が多い気がした。

f:id:paseyo:20170104130924j:image

おたま兄と半年違いの三つ子(トマト・ポテト・ミント)のあんまり大きさが変わらなくなっていて、どれがどれやら判らない。とにかくマイペースさんはミントらしいので、手前がミントかなぁ?

f:id:paseyo:20150831210729j:image

去年はこれくらい違ったので判りやすかった。

f:id:paseyo:20170104130927j:image

部屋の中に入りたいケビン父さん。

f:id:paseyo:20170104130928j:image

ここに美味しげなものがあることを知っている。

f:id:paseyo:20170104130929j:image

しかし飼育員さんに小松菜で外へ誘導され、まんまと引っかかる。

f:id:paseyo:20170104130931j:image

閉め出されてもやっぱり部屋の中に入りたい。

f:id:paseyo:20170104130930j:image

中カピが脱走し損ねて飼育員さんに怒られたけど貰った青草は食べるという複雑な表情の1枚。みんなに写真を撮られていた。

f:id:paseyo:20170104130923j:image

そのころのにんじんちゃん。鉄柵扉の内側にいた。今度のチビは2頭のようだ。

f:id:paseyo:20170104130925j:image

飼育員さんの持つ青草に惹かれて立ち上ったにんじんちゃんは相変わらず可愛い。

f:id:paseyo:20170104130926j:image

鉄格子の隙間からチビがちらっ。こっちの子は好奇心旺盛らしい。


f:id:paseyo:20170104130932j:image

カピバラ植木鉢があったので買ってきた。なんか小物入れ的に使おう。

2017年01月04日(Wed)

正月恒例:伊豆シャボでカピバラ(前篇)

正月恒例の伊豆シャボテン公園へカピバラ参りである。忙殺されてヘロヘロだが行ってきた。

f:id:paseyo:20170104130917j:image

朝食はいつものおべんとう・冬。

f:id:paseyo:20170104130918j:image

ふっじさ〜ん。

f:id:paseyo:20170104130921j:image

例によってカピバラ風呂である。

f:id:paseyo:20150112142417j:image

これが去年。子どもたちがキントキさんの最初の三つ子(白玉・抹茶・あずき)しかいなかったので、風呂が広々としている。今年はがんも君との四つ子(だいこん・こんにゃく・はんぺん・こんぶ)が加算されて、ひいふうみい…あれ、ひとり足りない。

f:id:paseyo:20170104130920j:image

と思ったら外にいた。

f:id:paseyo:20170104130919j:image

今年は笹ではなくて椎の枝を取り合っていた。

どうもボスによるある程度育ったオスの子を群れから追い出す行動の追い回しが始まっていたようで、抹茶ははじめからお風呂に入らず、あずきも追い回されてたまにお風呂から飛び出したりしていた。母・キントキさんがなんとなく緩衝材になってるのか、大きな身体を生かしてさりげなく邪魔したりしていて、父・がんも君がフゲ鳴きしていた。どちら様も頑張れ。

f:id:paseyo:20170104130922j:image

池のほとりの放飼場には1頭だけになっていた。目つきからいって今は亡き雷君といくらちゃんの系譜だと思う。

f:id:paseyo:20150831210743j:image

去年いたこの子たちのうちの1頭かな。

虹の広場はまた明日。

2016年12月30日(Fri)

修羅場続行中

長期にわたる突貫工事の様相を呈してきている我が現場である。師走というが今年の12月は長かった。ここ1ヶ月のうちに1度ぎっくり腰を発症し、1度は過労で倒れ、1度は仕事の過負荷にパンクしてブチ切れ、ひとりストライキを決行したりといろいろあった。結果、会社から一時的に助っ人が派遣されてきたり、周りが好き放題言ってこなくなったりと多少は効果もあったようである。腫れ物? 結構じゃないか、遠慮なくどんどん気を遣ってくれたまえ。

祝日と土曜は稼動、日曜日だけは近隣協定があるので週1日の休みが守られている状況で、あまりに忙しすぎてクリスマス恒例の漢の料理大会も今年は出来合いのもので済ませた。年末年始の5連休がいつぶりの連休なのかよく覚えていない。その間に少々家の都合もあって実家にも帰らねばならない。休み初日に3ヶ月ぶりの掃除をし煮物のストックだけは作って、あとはバタバタと動き回り、最後の1日を寝正月に充てる予定である。

ではよいお年を。これから大詰めを迎える修羅場から生還できれば、復活は3月のはず。

2016年12月03日(Sat)

修羅場中

心身ともになかなかキツい状況になっている。これでも修羅場はいくつか潜ってきたつもりだが、それでも今回のは結構厳しい。なんとなれば仕事なんざいつでも辞めてやる精神で乗り切ることも可能だろうが、どうもまともに乗り切らないほうが今後のためなんじゃないかという疑いを持ち始めている。これをやりきったらどんな状況に放り込んでもどんな扱いをしても大丈夫って証明になっちゃったりしないか。自分でももしかしたらアドレナリンジャンキーなんじゃないかと思い当たる節はあるものの、憑物筋扱いとなるとなんか違う。そろそろイージーモードに移行したいお年頃でもある。いっぺん倒れてみようかな。

2016年10月09日(Sun)

近況

f:id:paseyo:20161009173646j:image

長期の現場は佳境に入ってからが長い。ハイライトが毎週続く。いままでやってきた現場は工期が短いからこそ、根性だけで何とか乗り切れていたのだ。こんな現場で所長になったら死ぬ。ただの現場作業員(雑工ともいう)でよかった。そんなことをしみじみ感じながら写真の手袋のように擦り切れているのであった。しかし正念場はこれからである。壊れるには時期尚早だ。

ところでこないだ冷蔵庫の奥から未開封のヨーグルトが出てきた。

f:id:paseyo:20161009173647j:image

さすがにこれはダメだろう、と恐る恐る開封してみたら案外普通だったので食べてみた。それから1日経ったが体調に異常はない。最近の食品製造及び梱包における衛生管理の真髄を見た気がする。以上は個人の感想である。決してマネしないでください。