Hatena::ブログ(Diary)

RengeJibuの日記

2017-02-18 「Yahoo!ニュース個人」の記事を更新しました

[]「Yahoo!ニュース個人」の記事を更新しました。


『働くママと子どもの<ほどよい距離>のとり方』という本を紹介しています。4月から保育園を利用しつつ仕事に復帰するママたちに、ぜひ読んでほしい本です。


http://bylines.news.yahoo.co.jp/jiburenge/20170218-00067837/

2017-02-16 東京新聞にインタビューが掲載されました

[]子育てをする上で支えになっている「糧ことば」についてお話しました。


私は息子が1歳くらいの頃、バスの中で声をかけてくださったご婦人の言葉が身にしみた、というお話をしています。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/katekotoba/list/CK2017021602000226.html

2017-02-13 西宮市役所の研修でお話しました

[]西宮市役所の研修でお話しました。

f:id:rengejibu:20170213132653j:image:w360


テーマは「仕事と私生活の調和が未来を変える〜女性も男性もあらゆる場面で活躍するために」。2時間の講演に4回ほどグループディスカッションの時間を設け「女性活躍という言葉をどう思いますか?」「職場で私生活の悩みを話しやすくするためにどんな工夫をしていますか?」等、話した結果を発表していただきました。


市役所の様々な職種の方が60名ほど参加され、消防局や病院など人命救助に関わる方も。女性と育児だけでなく、男女問わず直面する介護、看護の問題や自身の健康問題、仕事と私生活の優先希望などについてお話をしました。

2017-02-08 日経DUALにインタビュー(後編)が掲載されました

[]今の仕事の方向性に影響した「ひどいつわり」の経験をお話しました。

活動の原点は私自身の「弱者経験」

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=9887


妊娠前は男性並みに働いていて、思うように仕事ができなくなるから「産んだら負け」と思っていたのですが、考え方も行動も大きく変わりました。

2017-02-03 日経DUALにインタビュー(前編)が掲載されました

[]共働きや子育て、ワークライフ・バランスについて取材したきっかけについてお話しています。

男女平等は女性が生き抜く必須条件

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=9884

2017-02-02 外交専門誌「外交」に寄稿しました

[]「外交」vol.41に「ワークライフ・バランスと国際援助」について寄稿しました。

f:id:rengejibu:20170128171034j:image

2017年の展望×ワークライフ・バランス×外交という、一見、関係なさそうなお題をいただきました。昨年12月中旬に開かれた、政府主催の国際女性会議WAW!で「ワークライフ・マネジメント2.0」をテーマにしたパネルに出た際、考えたことや、SDGsの枠組みなどを踏まえて書いています。


目次は外務省のサイトでも見ることができます。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/gaikou/vol41.html


詳しくは編集部ウェブサイトをご覧ください。

http://www.gaiko-web.jp/archives/1332

2017-01-21 佐賀県教職員組合で講演しました

[]

f:id:rengejibu:20170218221914j:image:medium

「女性も男性も、家庭も仕事も楽しめる社会をつくろう」をテーマにお話しました。


男女共同参画に関する研修の一コマで、研修には「ジェンダー劇場」という先生たちの劇が上演されて面白かったです。男性栄養士の先生とお話する機会もあり「女性管理職」以上の少数派として、子ども達にさまざまな生き方・選択肢を提示されていて、立派だなあと思いました。

2017-01-17 東洋経済オンラインに記事を書きました

[]東洋経済オンラインに記事を書きました。


「日本女性の生産性の低さ」には原因がある

「育児支援」を主体にする日本企業のナゾ

http://toyokeizai.net/articles/-/153297


主に米企業と比べて、日本企業が女性社員の採用・育成コストに鈍感であること。それゆえ、活用が進まない実態を書きました。

2017-01-16 日経DUALの連載を更新しました

[]日経DUALの連載を更新しました。


日本の先生の労働時間は国際平均より1日3時間長い

学校の先生たちがワーク・ライフ・バランスを取ることが困難な理由

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=9680


昨年秋から、先生たちの労働組合でお話する機会が何度かありました。神奈川、新潟、岡山で小中学校の先生の労働時間や内容を伺い、あまりの大変さに問題が大きいと感じます。


記事では問題の背景と解決策を考えました。

2017-01-11 Amnesty Japanのニュースレターにインタビューが掲載されました

[]Amnesty Japanのニュースレターにインタビューが掲載されました。

f:id:rengejibu:20170219003324j:image:w360

f:id:rengejibu:20170219003323j:image:w360

男女平等/不平等をテーマにお話しました。私は長年の会員で、ニュースレターの編集ボランティアをしていたこともありますので、大変光栄です。


司法のジェンダーバイアス、賃金や別姓訴訟における問題に加え、天下国家を論じるのが好きなリベラルな男性は足元の平等を見つめ直して、ちゃんとお皿を洗ってください等、伝わる人向けに突っ込んだ話をしています。

2017-01-09 日経ウーマン2月号の「L-Clock」企画にインタビューが載っています

[]日経ウーマン2月号の「L-Clock」企画にインタビューが載っています。


f:id:rengejibu:20170219010816j:image:w360


ライフイベントとキャリアについて、人生80年を24時間の時計に置き換えて考える、という企画だそうです。今回のテーマはワーク・ライフ・バランス。


私は、会社員、自営業、保育園ママ、幼稚園ママと色々な経験を踏まえ、違いより共通点を見つけよう、というお話をさせていただきました。


みずほフィナンシャルグループ協力の企画で、左ページには同行の女性主任が登場しています。この方の「ライフ」は学生時代から続けているバドミントンだそうで、夜間休日だけでなく、有給休暇を使って大会に行くこともあるそうです。


「ライフ」というと、一般的に育児の話が多くなりますが、趣味やスポーツなど、育児以外のライフの充実が語られることは、多様性を受容することにつながって、とてもいいと思います。



ウェブサイトには、長いバージョンの記事が載っています。

http://www.nikkeibp.co.jp/l-clock/

2017-01-08 ハフィントンポストに記事が掲載されました

[]昨年12月中旬に開かれた、ハフィントンポスト主催のイベントの様子が記事として公開されました。


ダイバーシティを理想から現実に、先駆者3人の気づきと決断とは?

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/05/huffpost-event-diversity-panel-discussion_n_13969512.html?utm_hp_ref=japan


私がモデレータを務めたパネルディスカッション「私の人生にも、ダイバーシティは必要なの?――子育てから介護まで、これからの働きかたを考えよう」に関する記事です。登壇者は3名、NPO法人コヂカラ・ニッポン代表の川島高之さん、株式会社チェンジウェーブ代表の佐々木裕子さん、グーグル合同会社ブランドマーケティングマネージャーの山本裕介さん。


3名の方それぞれのお仕事と家族に関するお話が大変興味深かったです。私からは「自立型キャリア」という視点でコメントをさせていただきました。