赤の女王とお茶を このページをアンテナに追加 RSSフィード

”All alive are fitting.” 「生きてりゃ適者です。」

2007-01-29

日本の理系が敗北するたった一つのシンプルな理由

残業代を払えない経営者は無能である

有能な経営者を期待したら負けである

なかなか面白くなってまいりました。

経営に関することは御大二人にお任せするとして、私はこれを一種の「理系哀歌」モノとして読みました。

ですが実は、日本技術者研究者社会的立場がいつまでたっても弱く、「搾取」され続ける理由は明白なんです。

支持団体がないから

これですよ。

もちろん瑣末な理由はいくらでも出して来れますが、社会的に観るならば間違いなくコレです。

例えば米国

かの国には世界最大・最強の理系支持団体、

"AAAS (American Association for the Advancement of Science)"

があります。

262の支部と1000万人の加入者を誇るこのNPO世界最高峰科学雑誌「Science」の発行元として有名ですが、ホームページを読めばその活動はまさに「アメリカ理系力」の土台となる極めて重要なものであることが分かります。

などなど。AAASは学部生の時点で加入でき、企業や政府機関でのインターンミーティングを通じて科学分野間はもちろん、政、官、産、学に渡って人脈と見識を築く手助けをしてくれます。もちろん、奨学金やキャリアサポートも充実しています。

また、AAASは広くサイエンステクノロジーに従事する者の団体ですが、米国ではそれ以外にも各職業別に支持団体が成立しています。

どれも現場から活発にロビイングや社会活動を行っており、日本のなんたら会議のような死に体の組織とはわけが違います。

シリコンバレーベンチャーの下には実はこういう巨大で堅固な基盤があるのです。小手先の意識改革などではとても太刀打ちできないことがよ〜く分かりますね。

技術者待遇がいいのも、起業家が「バカ力」を発揮できるのも、こういった「リアルな後援者」がいるからこそなのです。いくら心頭滅却しても、火に飛び込めば大火傷します。必要なのはお経ではなく、実用的な耐熱スーツなのです。

競争が激しいのはその通りでしょうが、その分互助システムも発達している。その辺を見落とすと日本理系も悲惨なことになりますよ、諸先輩方。

関連:

アメリカの科学教育は76ヶ年計画で着々と進行中。

アメリカの閣僚が優秀な本当の理由

個別に、それでいて結束して。

競争について子供に教えるべき3つのこと

追記:

皆様、多数のアクセスありがとうございました。あまり知られていないだろうなーとは思っていましたが、これ程とは。

昨今、いろんなエライ人たちが生産性だのベンチャー精神だのと煽っていますが、何故か彼らの口から上記の事実が語られることはありません。

まあそれはそのはず、安上がりに済ませたい彼らの立場からすると、こういう団体は邪魔で目障りなだけです。あるいは妙なサヨク・アレルギーが「団体」と聞いただけで拒絶反応を起こしているのかもしれません。

しかしよく考えればソ連や北朝鮮でこそ、こんな団体は存在できないことが分かります。民主主義、資本主義、そしてベンチャーの本場アメリカに最大の理系支持団体がある。この意味をよく考えるべきです。

短期的には目障りでも、全体的、長期的視点に立てば理系、そして日本生産性向上には欠かせない要素なのではないでしょうか。

そろそろ、目隠しをはずしてもいい頃では?

関連:http://d.hatena.ne.jp/sivad/20080808#p1

ドラッカーのいう「テクノロジスト社会」というのは上記のような職能団体が企業や政府と対等に渡り合う社会を意味します。

nosuke42nosuke42 2007/01/30 21:58 どうも,(こちらでは)はじめまして.
紹介だけさせていただきました.あまり言える事は無いのですが.
僕は研究者志望なのですが,すでに「面倒には関わりたくない・研究だけできたら」と考えてしまっています.理論だとまた事情は変わってくるでしょうけど,甘えているのでしょうね.オーバドクタの問題など多小調べたのですが,日本には「研究者たるもの自分の分野の研究以外の事に興味を持つのは不純である」みたいな風潮があるそうです(だから,理論系や数学で挫折すると後がない).

的場的場 2007/01/30 23:48 なんで支援団体がないのですかね?

sivadsivad 2007/01/30 23:54 どもです。nosukeさんほどの能力なら専攻がどうあれ選り好みしなければ就職はできると思います。ただこういう団体があるとマッチングもよりうまくいくだろうし、起業するにしても異分野の人脈もできるしカネの流れも把握しやすいだろうなと思います。全員がこういったことに深くコミットしなければならないとは思いませんが、できる人からやっていかねば日本も日本の科学も悪くなる一方じゃないかと感じます。

sivadsivad 2007/01/30 23:56 >的場さん
何故だと思います?

理系理系 2007/01/31 01:45 なぜ支援団体が無いかと言うと、作らないからでしょう。日米の技術者の最大の違いはコミュニティに参加するという意識があるかという点にあると考えています。自分の手間を提供して積極的に皆で何かをよくしようという意識が希薄である以上、コミュニティが貧弱なのは必然だと考えます。

ILIL 2007/01/31 08:45 はじめまして。とても意外で、大変興味深い情報でした。自分は理系とはいえないのですが、いつも理系エンジニアで溢れる職場(現場)にいます。彼らは寡黙で淡々と自分の仕事をこなすのですが、団結や調和やコミュニケーションは自分たちの職掌にはない(もしくは二次的なもの)と思っているような印象を受けますね。「職人」という意識なのではないでしょうか。

akipponnakipponn 2007/01/31 09:29 博士課程進学を考えている SE です。支持団体について、こんな背景があるんですね。なるほど、なるほど、と思いました。

> 政、官、産、学に渡って人脈と見識を築く手助けをしてくれます。
なかなかこういう場ってないですね。情報学だと上の人たちが意外とフランク(多分 私の主観です)なので、人脈や見識は築きやすい気はしていますが、上記のような幅広い出会い難しいです。公なサポートに関してはなかなかないのではないかと思います。

春に JTPA というシリコンバレーの NPO 主催のシリコンバレーツアーに参加するのですが、こういった支援団体ももっとたくさんできたらおもしろいなと思います。

KenKen 2007/01/31 09:30 どうも、はじめまして。とても興味深いお話でした!

ちなみに、日本にも理系研究関連の支援団体はあります。
○NPO法人サイエンス・コミュニケーション
http://scicom.jp/

個人的には上記に加えて研究者からエンジニア寄りの支援団体があればなぁって思いました。

自殺志願者自殺志願者 2007/01/31 10:26 このコミュニティに参加したら、どうこうメリットがあるよというのを
明確に、アピールしてほしいです。
私は今、偽装派遣で働かされていて、2/3ほどピンはねされています。
と言っても他にどうしたらいいのか分からないのです。
団結したい。

shyamamoshyamamo 2007/01/31 10:30 大変共感することが多いです。
SciComさんに協力している身ですが、彼らはAAASを意識してがんばっています。私もそれに乗っかってがんばりたいと思います。

若手理系人の生き方はもっと多様であってよいはずです。

研究を志す高い意識もよし、バックグラウンドを生かして他の道に進むのも、同じくらいAdmireされるべきだと考えています。

理系は絶対負けてはならない!
理系こそが人生をもっとたのしまなくちゃ!
楽しく、明るく、愉快に生きるための理系道を追求していきたいと思います。

primesukiyprimesukiy 2007/01/31 15:00 はじめまして。ニュースサイトから飛んできました。とても興味深い話です。私は理系の人間ではないのですが、思ったことを書かせてください。
昔、j.ガモフやアインシュタインの著作(和訳)を読んだことがあるのですが、彼らの文章は物理の初心者に近い人間にも平易で読みやすく(これは翻訳者の力量もあると思いますが)、また比喩やユーモアが豊かだという印象をうけました。
方程式や数式をほとんど使わず、言葉だけで概念を説明する、というのは、自分の専門分野だけでなく様々な、雑学的なものも含めて、社会全般に対する関心があればこそできるのだと思います(うろ覚えで申し訳ないのですが、たしかアインシュタインはWW気里箸に、反戦運動として兵役拒否運動の講演をしていたはずです。)こういう人たちは、ほんの一握りの存在なのかもしれませんが・・・。
アメリカで(欧州事情はわかりません)有力な支援団体が存在するのは、けっこう古くから専門分野以外のことに興味を持つ文化的土壌があることが関係してるかもしれません。もちろん、当時と現代では事情が全然違うのでしょうが。
日本で、個人レベルではじめられることは、勉強や研究以外の時間をつくって、専門分野以外の興味を持つ、ということでしょうか。最近だと、フジテレビ系で放送された「あるある大辞典供廚亮存灰如璽燭筝Φ羲圓糧言の捏造の問題がありますし。理系の方々は研究などで忙しいでしょうけど。
いきなり大きなネットワークを作ろうとしたら、政府からの「補助金づけ」みたいなことにもなりかねませんし・・・。
長文ですみません。

AHAH 2007/01/31 19:45 はじめまして。たいへん興味深く読ませていただきました。
支援団体として「理系」というくくりが適切なのでしょうか? 
文理を問わない研究者系の団体としては以下のようなものも、一応は、ありますね。
政治的に大きな力があるとは言えませんが。大学の組合ですら組織率は低いですから。
全国大学高専教職員組合: http://www.zendaikyo.or.jp/
全国大学院生協議会: http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/8324/
日本科学者会議: http://www.jsa.gr.jp/
もしポスドクのユニオンのようなものが出来るとしたら「〜学若手の会」みたいなものがベースになるのでしょうか。

sivadsivad 2007/01/31 19:49 皆さんどうもです。そうですね、個人でできることは正直少ないです。特に生活に追われる若い世代は。AAASのボードを見ても分かりますが、成功した人たちが次の世代を支える形になっていますね。それに対して日本のベテラン達は煽ったりシバいたりするばかり。かつて特攻隊を飛ばせた老人達と同じです。少なくとも私達はそうならないようにしたいものですね。

ガウスガウス 2007/01/31 20:17 変に発達すると、ぼくみたいに能力のない理系が就職難とかで迫害されるから、今のままの方がいいなぁ。

sivadsivad 2007/01/31 21:10 >AHさん
そうですねぇ、ポスドクに関してはそうなると思います。ただ任期制に喘いでいる若手は動きが取れないので、中心にはそれなりの人が必要ですね。でも多分アカデミックだけではダメで、技術者を巻き込んでいく必要があると思います。理系アルファブロガー達がブチ上げればもしかすると面白いことになるかもしれませんが。。
>ガウス氏
??

rikoukeirikoukei 2007/01/31 23:31 日本では、理工系の地位向上の会 理系の地位を向上させる会
の2つがインターネット上で確認されている理系の支持団体のようです。

dennoupriondennouprion 2007/01/31 23:57 日本は人口あたりの理系(工学部や工業高校卒業者)の数が多いので、団体への加入者が増えたところで需給関係からして待遇はよくならないのでは?

sivadsivad 2007/02/01 00:52 いえいえ。多分野に人脈や見識を持ち且つ政策的なサポートもあれば、職場や分野を有利に選択できますから需給関係自体に影響を与えることができます。起業だって促進されるでしょうしね。

kyoshidakyoshida 2007/02/01 13:40 はじめまして。いつも楽しく拝見しています。話がだいぶ逸れるかも知れませんが、日本の業界誌(「細胞○学」とか「遺伝○医学」とか)のコラムを見ると、経営者から見た効率化の視点で労働規範・訓示垂れまくりで何かと不愉快になること多く、いつしか頁を繰ることを止めて久しいです。一方で国際誌で見かけるオピニオンははるかに科学の公共性を基本に置いたものが多く、ポスドクに対しても生産性向上のためにこうあるべしなどと迫るよりは、権力者のモラルを問い正し、将来の科学を担う若手の権利や自由を擁護する論調が目立つように感じていましたが、今回sivadさんがご指摘になったような事情も背景にあるのかな、と思いました。

rikei-90rikei-90 2007/02/01 16:05 人口あたりの大卒の理系の人数は日本よりアメリカのほうが数倍大きいはずです。
ソースをあげてもらえますか?>dennouprionさん。

dennoupriondennouprion 2007/02/01 21:22 >rikei-90さん

http://www.nikkei.co.jp/tento/trend/20060403m4943000_03.htmlによると理工系の卒業者数は日本20万人、米国6万人で日本のほうが多いようです。アメリカの方が数倍多いという根拠はあるんでしょうか?アメリカのほうが多いのは大学院とかであって、技術者の大部分を占める大学高校卒は少ないのでは?

>sivadさん 

起業や転職をしたところで供給過剰なのは変わらないから、やはり待遇はよくならないんじゃないでしょうか?日本は先進国の中では第二次産業の比率は高いですし、これ以上増やすのは無理があると思います。それに政策で無理やり需要を増やそうとしても長期的にはうまくいかないんじゃないでしょうか?農業や建設業だって過保護にするから、駄目になっていくような気がするんですが。

sivadsivad 2007/02/01 22:53 仮にAAASクラスのものがあれば、良くなると思います。上を読んでいただければ分かると思いますが、無理やりとか、過保護とかいうわけではありません。こういうものがなければ、「団体間の競争原理」が働かないのですよ。そもそも、米国に世界最大の支持団体があることが何よりの証拠です。団体を作る権利は民主主義や資本主義の基本でして、それに対するアレルギーこそ「共産主義」的なんですよ。

sivadsivad 2007/02/01 23:11 んでまあ正確なところは数字が見つからないのですが、供給過剰になっているとすれば、限られた情報を元に似たような分野に殺到するからですね。広いネットワークや見識があればそういう事態も防げるようになるでしょう。

chiruru5150chiruru5150 2007/02/02 13:53 支持団体どころか出身校や先輩自体、就職などに関しては当てにならないことがありますからねえ。

nakamura8nakamura8 2007/02/03 02:16 はじめまして
私自身、以前研究者になりたかった人間なので興味深い話であり、つらい話ですね

理系出身者から政治家になり、理系の待遇改善を求める人を輩出する必要があるかもしれません。もちろん、政治家へのヤミ献金するといったやり方ではなく、正当に研究者、技術者を評価するように働きかけるのです。

日本の今の現状のままでは非常に厳しいです。
Scienceに論文が載るぐらい優秀な方でも助手になれない人がたくさんいます。

nakamura8nakamura8 2007/02/03 02:24 理系の人は、朝早くから夜遅くまでアルバイトするより安いお金で一生懸命頑張っています。めちゃくちゃ優秀なのに。
理系の皆さんが幸せに働くことが出来るような日本になってほしいです。

理系の皆さん、

sivadsivad 2007/02/03 20:02 すみません、趣味嗜好に関する批判は極力控えてください。該当部分を削除して掲載させていただきます。
rikei-90 『>dennouprionさん、
こちらの数倍という話は大学院重点化導入の際の資料です。人口あたりの博士号取得者数を数倍にした根拠です。
dennouprion さんが上げた、このソースの中国32万人、日本20万人、米国6万人の内訳がよくわからないんで教えてください。何を理工系とくくっているのか、また理工系と言っても大学なのか、dennouprionさんが書き込みにあるように工業高校まで含まれるのかなどです。大学に限定してしまうと大学の入学者数が40万人程度で文系のほうが多いはずですから、つじつまが合いません。
また国籍を意味しているのか、それとも大学の所在地なのかもわかりません。』

zhuneizhunei 2007/02/04 22:01 私は社会科学系の博士号を持っているものです。
確かに理系に対する評価は過小ですね。数学や物理は難しいし、受験生並みに勉強しても大学で留年する人も多いですよね。そんな時間があるなら、弁護士や会計士、MBAになるための勉強をした方がよっぽど、コストパフォーマンスが高いと思います。
ただ、日本は学位や専門性に対する尊敬や評価そのものが、極めて低いと思います。私は公的部門にいますが、博士号があっても1年間、学卒の事務員と同じ仕事をさせられるくらいです。給料も実はほぼ同じ、残業代が付けにくい分、実質的には低いです。
日本は、本当の意味での学歴社会に、未だ到達していないと思います。

DSLerDSLer 2007/05/17 13:52 すごく熱いですね。僕は学部生ですが、理系・技術者の皆さんと支持基盤を作れたら少なくとも現状よりは技術者として幸せになれそうな気がします。熱い発想です。実現の動きがあれば、ぜひ加わりたい。

sivadsivad 2007/05/25 13:29 そうですね。少し考えていることもありますが、私も研究貧乏をやっているのでなかなかです。できる範囲でやってみたいと思います。

jdjd 2008/07/26 11:09 IEEEは、あえて訳すなら米国電気電子技術者協会となります。実態は学会と標準化団体が同居しているようなものです。ここで取り上げられているIEEE-USAは、世界規模に発展したIEEEの米国内の地域ブランチというものです。

sivadsivad 2008/07/26 18:25 コメントありがとうございます。電気系は標準化の問題がありますから必然的にグローバルなんですね。

aagaag 2008/09/26 10:10 こういう話題になるとよくアメリカが比較対照になっていますがナンセンスでは?
まず企業形態が全く違います。
日本とアメリカで従業員1人あたりの純利益比べたら倍ほど差があるのも珍しくありません。
適当に好きな企業をググって比べてみてください。googleとシャープでも良いですし。


早い話が下の事務だの何だのが多すぎるんです。人事部なんてアメリカの企業にありませんよ。
経営者や役員の給料も低いです。搾取なんてとんでもない。
アメリカなんてMBA取った新卒が20万ドルもらってるんですから。
一流企業の役員の基本報酬こんなもんですよね。
文理関係なく優秀な人が報われないのが日本の会社です。
残業代だとか有能な経営者なんて何もわかってないとしか思えません。
アメリカを見習うなら社員を減らせばいいんですよ。
事務作業?伝票処理なんて誰でも出来るよね。ボーナス無しの派遣にやらせます。
これでいいんです。
うだつの上がらない営業マンはアメリカ的な流れに貢献する為に自ら辞表を出しましょう。
まあこうすると5割の人間がサラリーマンさえ名乗れなくなりますが。
アメリカは国土が広いのでこれでも問題ありません。
未だにインフラが整備されてない場所がかなりあるぐらいですから(ケンタッキー州の山の方とか)
田舎で農業をやって暮らしていきますで良いんでしょう。日本では無理です。


と言ってもこの流れは徐々に加速していて今は事務だとかの1/3でしたっけ?は派遣ですから
相対的には既にかなり理系優遇の流れですよね。理系で派遣なんて聞いたことありません。
平均して理系の半分は修士に進むのでそこを基準として考えています。

そもそも文理賃金格差5000万ってのが煽情的すぎだとは思いませんか。
ネタ元はかの朝日新聞ですし、 あれは阪大の文理で比べたらしいんですが
阪大の理系とマーチの文系とで比べても同じだけ差がでるの?と考えればそんなことはありえません。
それならば多くの理系にとって考えるべきなのは文理格差ではなく学歴格差です。


某サイトが「とあるメーカー勤務の日常」なんてアホみたいなこと書いてますけど
コミュニケーション能力が足りずに出世しないのは本人の落ち度です。
まずは理系らしく管理職の文理の割合や開発部の賃金などの具体的なデータを示すべきですよ。
某サイトは300万前後に優良企業が〜なんて書いてますが私はそんな企業知りません。
理系白書も読んでみましたがミクロな実例を挙げてるだけで意味不明です。

理系の待遇は別に悪くないのを把握した上であえて感情的に不遇をアピールして
更に良い待遇を求めてるんなら空気読めなくて申し訳ありません。

sivadsivad 2008/09/26 10:34 どうも。アメリカは企業形態どころか社会形態が全く違いますよね。
資本主義とか民主主義とか取り入れるにしてもそのあたりの前提条件をよく考える必要はあると思います。
その意味で、いわゆる理系の組織化やネットワーク作りが遅れているのは確かだと思いますし、日本の重要な課題かと。
エンジニア派遣は今時普通に聞きますが…。

aagaag 2008/09/26 20:50 こんばんわ、レス有難うございます。
sivadさんはそもそもどのあたりから理系が敗北しているなと感じておられるのですか。
どうも自虐的すぎるような気がするんですよね。
待遇面は上で長々とレスした通り精査が必要だと思いますし。