Hatena::ブログ(Diary)

旧町名をさがす会 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2020-01-01 はじめに このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

かつては東京都内に存在し、そして消えてしまった旧町名。

このページは、行政上は消滅したものの、街角で未だに存在を確認することができた旧町名を紹介するものです。

☆★☆★☆★過去の活動内容☆★☆★☆★

【2006年】引越し先の向かい側で膨大な旧町名の現存を目の当たりに。都内の旧町名探索開始。

【2010年】ブログ『旧町名をさがす会』開始。みちくさ学会に参画・寄稿開始。

2011年東京お台場東京カルチャーカルチャーで開催の、みちくさ学会発表会で旧町名さがしの魅力についてプレゼン《第1回のもよう》《第2回のもよう》

【2012年】デイリーポータルZ『旧町名を探す旅、についていく』で活動紹介。

【2013年】NPO粋なまちづくり倶楽部主催『ブラカグラ』で旧町名さがしの魅力と神楽坂地区の旧町名について講義。

2016年ニッポン放送能町みね子のTOO MUCH LOVER』に旧町名が好きすぎる人として出演。

2017年交通新聞社散歩の達人8月号の『上野周辺 消えた町名の痕跡をたどる』で活動紹介。

Twitter102so

2018-08-16

【井荻町】下井草

f:id:so102:20171216124914j:image:left

【消滅した年】1932(昭和7)年

【現在の町名】(この事例の場合)杉並区沓掛町→杉並区清水、今川、桃井

【感想・雑記】大丈夫、読める読める!心で読めるよ!心で読めるし肉眼でも読めるよ!

昭和7年の杉並区誕生以前の自治体井荻町」が残っていました。実は、この沓掛町と同じ場所に残されていたものなんです。7年ほど前これを発見した時には腰を抜かしそうになったくらいの驚きでした。何せ、その当時はまだまだ東京23区当時の昭和40年前後に消滅した旧町名を追いかけていたところでしたので、いきなり東京35區よりも前の時代のものを発見してしまったので。一応同じ月の初めころに、中野区の前身である中野町栄町通というものも発見していたのですが、まさか同じ月に二度もそのような貴重なものに遭遇するとは思いませんでした。そこからですね、◯◯郡とか、東京府とかの旧町名に遭遇できるようになったのは。旧町名さがしにはそういうレベルが上がる的な成長過程でもあるのでしょうか。ロープレか。むしろポケモンGOの方が近いと思う。

ところでこの「井荻町」ですが、なんとわずか10年しか存在しなかった大変貴重なものなのです。杉並区誕生後は杉並区井荻町として「井荻」の名前が残りましたが、「井荻」という町名は現在は存在しません。

一方で「下井草」は、もともとは「下井草村」という自治体として存在していましたが、明治22年に上井草村、上荻窪村、下荻窪村の4村の合併によって「井荻村」が誕生したため自治体名としては消滅。「井草」と「荻窪」の合成による「井荻村」の軍門に下ったのです。その後杉並区誕生によって杉並区下井草町となり、現在もしっかり下井草という名前は残り続けているのです。

[発見日:平成22年11月20日]

2018-08-15

【足立区】谷在家町

f:id:so102:20180506124300j:image:left

【消滅した年】1987(昭和62)年

【現在の町名】谷在家

【感想・雑記】足立区の西側はとにかく飛び地が入り組んでいてとっちらかっていた影響で住居表示による町域の整理が大変だったみたいですね。その影響なのか、消滅した年も昭和の終わりから平成初頭になっているところが多いように思います。さらに最近までこのエリアは鉄道不毛地帯だったことはあまりに有名ですが、現在は舎人ライナーが通っているどころか、谷在家は駅名にまでなっているのです。

谷在家の由来は、谷に人が家を構えていたから谷在家だの、高野山の谷に住んでいた在家信者が移り住んでいただの言われているようです。そういえばこの近くの埼玉県川口市には領家という町名が存在していますが、何か関係が深そうですね名前的に。

[発見日:平成30年5月6日]

2018-08-14

【世田谷区】三宿町

f:id:so102:20160911155326j:image

【消滅した年】1965(昭和40)年

【現在の町名】三宿

【感想・雑記】由来は文字通りかつてこの地域は大山街道沿いの宿場町だったことによるものなのですが、なぜ三なのかは二つの説があり、一つは水が宿る地で水宿=三宿。もう一つは「上・中・下」3つの宿があったから「三宿」。wikiでは水宿説を本筋にしつつ、通説として3つの宿説も紹介していますが、その3つの宿は世田谷区成立前の世田ヶ谷町大字三宿当時の小字「北宿」「南宿」「本宿」を挙げています。

上中下は手元の文献なのでどちらが正しいかはさらに調べる必要がありますが、私個人としては「3つの宿」説を推したいと思います。


以上を前提にして、それでは今、世田谷区三宿に宿はあるのでしょうか?


調べてみたところ、太子堂と池尻にビジネスホテルなどがあるようですが三宿にはありません。かつての宿場町は遠い昔の話なのでしょうか。

ですが、今年の6月に住宅宿泊事業法が施行され、合法的な民泊という選択肢が誕生しました。三宿自体は何もしなくてもブランドがあるので人は入ってきますが、合法民泊もしくは空き家を改修して簡易宿所に用途変更してかつての宿場町三宿を復活されるまちづくりなんて面白いかもしれませんね。

食・体験・交流みたいな異なる3つのコンセプトに街を分けて、帳場や宿泊場所は空き家、入浴は銭湯食事は地域の飲食店で街ごとホテル的な。最近そういうまちづくりが出来始めているそうですよ。だれか試しに三宿でやってみてください。

[発見日:平成28年9月11日]

2018-08-13

【足立区】東伊興町

f:id:so102:20100522161228j:image:left

【消滅した年】2001(平成13)年

【現在の町名】東伊興

【感想・雑記】つい最近まで存在していた旧町名ですが、現在の東伊興になるまでのつなぎのような存在だったのかもしれません。

元々は東京23区最後の小字としてあまりにも有名な「伊興町◯◯」シリーズが東伊興町の前の旧町名だったのですが、昭和43年の伊興町土地区画整理事業によって伊興町聖堂、伊興町谷下、伊興町五庵、伊興町白幡、伊興町狭間が消滅して東伊興町が誕生します。

これで終わればよかったのですが、伊興町白幡と伊興町狭間の一部の寺が密集するエリアは区画整理事業の対象ではなかったのでそのまま平成まで町名が存続することになります。この二つの町名の一部分は東伊興町になることなく、平成13年に何の因果かその東伊興町とともに住居表示が実施され東伊興に変更となり同時に消滅となりました。

平成まで残っていた旧町名ということもあって目を瞑ってても見つかるはずですよ。

[発見日:平成22年5月22日]