Hatena::ブログ(Diary)

旧町名をさがす会 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2020-01-01 はじめに このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

かつては東京都内に存在し、そして消えてしまった旧町名。

このページは、行政上は消滅したものの、街角の標識などで未だに存在を確認することができた旧町名を紹介するものです。

☆★☆★☆★過去の活動内容☆★☆★☆★

【2002年】進学のため上京。バイトを通じて旧町名という概念を認識する。旧町名よりも再開発予定地の儚さに興味を持つ。

【2004年〜】表現の世界を夢見て主に地下で活動。

【2006年】ようやく地上に出るや否や夢捨てて就職・卒業・引越し。引越し先の向かい側で膨大な旧町名の現存を目の当たりに。都内の旧町名探索開始。

【2010年】ブログ『旧町名をさがす会』開始。みちくさ学会に参画・寄稿開始。

2011年東京お台場東京カルチャーカルチャーで開催の、みちくさ学会発表会で登壇・プレゼン《第1回のもよう》《第2回のもよう》

【2012年】デイリーポータルZ『旧町名を探す旅、についていく』で活動紹介。

【2013年】NPO粋なまちづくり倶楽部主催『ブラカグラ』で講師として講義。

2016年ニッポン放送能町みね子のTOO MUCH LOVER』に旧町名が好きすぎる人として出演。

Twitter102so

2016-08-23

【港区】芝仲門前

f:id:so102:20080930170706j:image:left

【消滅した年】1972(昭和47)年

【現在の町名】芝大門

【感想・雑記】久しぶりに旧町名っぽい旧町名を紹介しますよ!ただし画質が荒いのは昔だから、手ぶれしているのは昔のスマホだからという事情付きですが。そしてこれが果たして今も残っているのか全くわからないくらいに古い写真なんですね。

この写真は旧町名ストックの海に埋もれていてつい最近思い出したかのように見つけたのですが、町だけ無しの旧町名達を吐き出し尽くすまでは温存しておこうと心に決めていた秘蔵中の秘蔵的な旧町名です。これを出すということはマジで残りストックが底をついてきた現れということです。群馬のダムの貯水と私の旧町名ストック、この夏を乗り切れるのは果たしてどっちか。。

そして似た傾向の「芝片門前」という旧町名も存在していましたがこちらは未だに発見できていません。現在の芝大門エリアはとにかく旧町名が無い!古い建物が幾ばくか残っているにもかかわらずですよ。芝土手跡町なんて現存していたら素敵じゃないですか。

[発見日:平成20年9月30日]

2016-08-22

【渋谷区】代々木西原町

f:id:so102:20101226141134j:image

【消滅した年】1963(昭和38)年

【現在の町名】西原、大山町

【感想・雑記】現時点ではデンリョクのみの発見。このデンリョクでは「新宿」と書いてありますが、これはおそらくデンリョクの管轄エリアの名称と思われます。デンリョクについて詳しい考察はみちくさ学会に寄稿していますのでこちらも御覧ください。

西原町はこのような現状ですが、隣の代々木大山町に至っては代々木上原駅を下車するたびに隈なく探しているはずなのですがデンリョクすら発見できず。古い建物は未だに数多く残っているはずなのですがなぜか全く見つから無いんですね。

[発見日:平成22年12月26日]

2016-08-18

【大田区】仲蒲田

f:id:so102:20111204133029j:image:left

【消滅した年】1965(昭和40)年

【現在の町名】蒲田

【感想・雑記】こんな旧町名の消し方があったのか!一見現在の町名ですがあぶり出しのように徐々に浮かび上がってくる旧町名。そう、心で読まずとも仲蒲田と肉眼で確認することができます。これはたしか古びた木造アパートの表札だったと記憶しています。どことは言いませんが、よくありがちな旧町名部分を完全に削り取ってその上に現町名を手書きするもしくは削り取るだけとって放置。このパターンが特に後者が憎いところです。どことは言いませんよ。まさか中野区神明町なんて言いませんけど、同じ旧町名域内で2〜3箇所あったりして思わず流行ってんの?と思ってしまいましたけど、それに比べるとこの消し方のなんて愛のある対応なのでしょうか。ツンデレってやつでしょうか今流行りの。思わず仲蒲田iターンしたくなりましたけど京浜東北線よく止まるのでそれは諦めました。

[発見日:平成23年12月4日]

2016-08-16

【大田区】調布嶺町

f:id:so102:20110605140911j:image

【消滅した年】1970(昭和45)年

【現在の町名】北嶺町、西嶺町、東嶺町、南雪谷、鵜ノ木、南久が原、久が原

【感想・雑記】私はこのブログにおいて再三にわたり、大田区方角抜けがち説いわゆる大田区方角不完全問題を提起してまいりました。蒲田でも大森でもなぜかある方角のついた旧町名がなくなると同時に別の方角のついた現町名が誕生したりだとか、その一方で頑なに現れない方角があったりだとか。その問題はどうやら他の区においても散在している傾向が高まっており、もはや看過することが許されない大きな問題となっているのです。

そしてその問題の発祥の地大田区。やはり今回もありました。何ら方角には触れていない旧町名が消滅したと同時に降って湧いたかのような方角付き町名の乱立、そして南だけがない方角不完全問題。みなみみねまちという町名の読みづらさとの因果関係も取り沙汰されているとかいないとか。どうでもいいけどみねまちって能町さんの略称っぽいね。ナベツネ的な。

最後に、なんで旧町名に「調布」が付くのか。その昔「東調布大字嶺の内」という地名だったからだよ。

[発見日:平成23年6月5日]