Hatena::ブログ(Diary)

旧町名をさがす会 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2020-01-01 はじめに このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

かつては東京都内に存在し、そして消えてしまった旧町名。

このページは、行政上は消滅したものの、街角の標識などで未だに存在を確認することができた旧町名を紹介するものです。

☆★☆★☆★過去の活動内容☆★☆★☆★

【2002年】進学のため上京。バイトを通じて旧町名という概念を認識する。旧町名よりも再開発予定地の儚さに興味を持つ。

【2004年〜】表現の世界を夢見て主に地下で活動。

【2006年】ようやく地上に出るや否や夢捨てて就職・卒業・引越し。引越し先の向かい側で膨大な旧町名の現存を目の当たりに。都内の旧町名探索開始。

【2010年】ブログ『旧町名をさがす会』開始。みちくさ学会に参画・寄稿開始。

2011年東京お台場東京カルチャーカルチャーで開催の、みちくさ学会発表会で登壇・プレゼン《第1回のもよう》《第2回のもよう》

【2012年】デイリーポータルZ『旧町名を探す旅、についていく』で活動紹介。

【2013年】NPO粋なまちづくり倶楽部主催『ブラカグラ』で講師として講義。

2016年ニッポン放送能町みね子のTOO MUCH LOVER』に旧町名が好きすぎる人として出演。

Twitter102so

2016-12-01

【品川区】大井北浜川町

f:id:so102:20150628162256j:image:left

【消滅した年】1964(昭和39)年

【現在の町名】東大井

【町名の由来】浜川(立会川)を挟んで北側

【感想・雑記】大半が暗渠である立会川を挟んで北・南と、浜川町が存在していました。大井北浜川町は今のところこれ1つ、大井南浜川町は0という状況です。ただし南の方で1つ審議中のものがありますので、これを何とかこねくり回して都合のいいように解釈した暁には、必ずやご紹介したいなと考えております。

浜川といえば、あの坂本龍馬も警備についた言われている土佐藩の浜川砲台で有名ですが、今やこの場所も陸地。勝島を超え、八潮を超え、海ははるか向こう側になってしまいました土佐いや、とさ。

[発見日:平成27年6月28日]

2016-11-30

【足立区】北宮城町

f:id:so102:20160702162250j:image

【消滅した年】1989(平成元)年

【現在の町名】宮城江北西新井本町西新井、扇

【町名の由来】豪族の宮城氏の領地

【感想・雑記】かつて荒川を挟んで北宮城町と南宮城町がありました。他にも北堀之内町と南堀之内町、北鹿浜町と南鹿浜町がいずれも荒川を境にしていたのですが、いずれの町名も方角と町が消滅してしまっています。ところで今回の北宮城町の消滅時期を注目いたしますと、平成となっています。ほんの28年前まで存在していたようにも思えますが、これは荒川土手だけに何故か残ってしまっていた部分のようです。もしお手元に東京時層地図がございましたら、このエリアで「高度成長前夜」と「バブル期」を交互に切り替えてみてください。荒川土手に今回の北宮城町をはじめ、冒頭にご紹介したそうそうたる南北町達が名を連ねていることでしょう。ただし、この中に「南宮城町」だけは存在しておらず、代わりに「宮城町」が表示されていることでしょう。さらに、荒川の南側にもかかわらず「北鹿浜町」が食い込んでいる様子もご覧いただけます。確かに「高度成長前夜」の方の地図を見ても南鹿浜町の北西側に微妙に町域の境界線が引かれていることがわかります。

[発見日:平成28年7月2日]

2016-11-28

【千代田区】神田美土代町

f:id:so102:20110917162103j:image:left

【消滅した年】1966(昭和41)年

【現在の町名】内神田神田美土代町

【感想・雑記】厳密にはバリバリ現存している町名なんですが、全盛期は4丁目まであったにもかかわらず戦後そして町名変更の際と、数度にわたり大幅な町域縮小を経て今に至っている点が新宿区戸塚町に通じるものがありますのでご紹介いたします。

千代田区界隈には、昭和30年代に建築されたであろう古いビルがまだまだ存在していますが、他の区と比較してもビル名の表札に旧町名が残っている割合が高いように思えます。三年町しかり神田旭町しかり。(神田材木町というのもありましたがこちらはビルはあるのに表札だけ無くなってしまいましたが。)

美土代町の由来は、東京市町名沿革史(東京市役所編)によると、この神田のあたりは伊勢神宮の領田「御田代(みとしろ)御田(みた)」であったことによるのだそうです。というかそもそも「神田」が領田そのものを指すようですよ。つまり神田美土代町は領田領田町ということになりますね。

[発見日:平成23年9月17日]

2016-11-27

【墨田区】向島請地町

f:id:so102:20161127093216j:image:left

【消滅した年】1964(昭和39)年

【現在の町名】向島押上

【感想・雑記】向島シリーズは何一つ見つけることができずにいたのですが、2013年に@caeruleaaさんのツイートで「向島請地町」という旧町名ごころを揺さぶる文字列が書かれた写真を見つけ、そこから3年にもわたる戦いの始まりとなったのです。夏は光化学スモッグに苦しみ、秋はスカイツリーのビル風に苦しみ、幾度と全域調査を行うものの見つからず眠れる日々を過ごしてきました。特に夢に出てくるわけでもうなされるわけでもないまま時が過ぎ、今回不退転の覚悟を以って最後の全域調査を行いました。

押上方面から始まり東武線の踏切を越え北上。途中秋葉神社で一息つき向島へ。押上エリアは古い家がコロコロ消えそしてマンションがボンボン建築しているような景気良さ。一方向島エリアは空き家は目立つもののまだまだ古い町並みが比較的残っている方でした。とはいえ旧町名を掲げている御宅は昭和40年以前の建築物、無くなっていてもなんらおかしくありません。しかも発見情報から3年。空き地を見るたびに足取りは重くなります。しかし最後の全域調査と心に決めた以上歩みを止めることは許されないのです。東南から北西に縦に伸びる向島請地町、国道6号線を越えいよいよ最北端に到達しました。国道からすぐに古い御宅が顔を覗かせているので最後の希望を以って路地を調査。しかし非常にも旧町名を発見することができませんでした。絶望感に打ちひしがれ薄れゆく意識の中でもう一人の自分が囁きました。「聞けばいいじゃん」

@caeruleaaさんに聞き教えていただいた地番を辿り翌日無事見つかったのでした。本当にありがとうございました。

どうやら国道6号に入って路地に入ったのが間違いだったようです。旧町名は路地にある、囲繞地にある、古家密集地にある。このような固定概念が原因で見つけられなかったという点が大いなる反省点として受け止めることにします。教訓は大通り沿いにもある。そして見つけた人には聞く。人としての基本ですね。ただ以前ラジオで話した「その地域の人には聞かない」だけは意地でも継続してやろうと思います。

請地はもともと「請地村」という自治体名でしたが、本所區誕生の際に編入された町名です。向島の冠を掲げているにもかかわらず向島區ではないのですね。請地の由来は「浮き地=埋立地」という説があるそうです。

[発見日:平成28年11月27日]