Hatena::ブログ(Diary)

旧町名をさがす会 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2020-01-01 はじめに このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

かつては東京都内に存在し、そして消えてしまった旧町名。

このページは、行政上は消滅したものの、街角で未だに存在を確認することができた旧町名を紹介するものです。

☆★☆★☆★過去の活動内容☆★☆★☆★

【2006年】引越し先の向かい側で膨大な旧町名の現存を目の当たりに。都内の旧町名探索開始。

【2010年】ブログ『旧町名をさがす会』開始。みちくさ学会に参画・寄稿開始。

2011年東京お台場東京カルチャーカルチャーで開催の、みちくさ学会発表会で旧町名さがしの魅力についてプレゼン《第1回のもよう》《第2回のもよう》

【2012年】デイリーポータルZ『旧町名を探す旅、についていく』で活動紹介。

【2013年】NPO粋なまちづくり倶楽部主催『ブラカグラ』で旧町名さがしの魅力と神楽坂地区の旧町名について講義。

2016年ニッポン放送能町みね子のTOO MUCH LOVER』に旧町名が好きすぎる人として出演。

2017年交通新聞社散歩の達人8月号の『上野周辺 消えた町名の痕跡をたどる』で活動紹介。

Twitter102so

2017-08-22

【世田谷区】喜多見町

f:id:so102:20170122112404j:image

【消滅した年】1971(昭和46)年

【現在の町名】喜多見成城

【感想・雑記】小田急線の駅名として有名な喜多見喜多見駅があるのは喜多見町域の北側で駅が狛江市じゃないかというくらい狛江市のぎりぎりに位置していることで有名な喜多見。今時珍しい9丁目まで存在する喜多見喜多見駅があるのがその9丁目であることで有名な喜多見。そんな喜多見の旧町名が喜多見町です。喜びを多く見ることができる町という文字ですが、かつて5代将軍徳川綱吉時代の喜びとは程遠い悪政の象徴、生類憐みの令に関係する野犬の収容所があったそうです。この喜多見のほかにも3か所存在していて、市ヶ谷、大久保、そして中野。あの有名な中野区囲町です。

[発見日:平成29年1月22日]

2017-08-09

【足立区】栗原町

f:id:so102:20081206122014j:image:left

【消滅した年】1974(昭和49)年

【現在の町名】西新井、栗原、梅島竹の塚島根、六月、栄町

【感想・雑記】今でこそ西新井駅周辺の住所はちゃんと西新井ですが、かつては今回の「栗原町」だったんです。イメージとしては西新井駅を包囲するかのような感じです。一方で栗原町の西に隣接していたのが「西新井町」。昔の西新井は、西新井大師駅を包囲するかのような感じです。

発見したのが初期のころでもちろん東京時層地図なんてあるはずのない環境下での旧町名さがしでしたので、そもそも西新井駅の住所が何で栗原なんだろう?と純粋に疑問に思っていた記憶が甦ります。まだ20代前半の若さがあったんでしょうね。今はそんなことどうでもよくて、そこに旧町名があるか無いかそれだけが関心事になってしまっています。そんな大人にはなるなよ!

[発見日:平成20年12月6日]

2017-07-20

【台東区】谷中清水町

f:id:so102:20091229140757j:image:left

【消滅した年】1967(昭和42)年

【現在の町名】池之端

【感想・雑記】町名の由来は大きく二つあるそうで、ひとつは「上野清水門」、もうひとつは町内に清泉があったこと。場所はかつての愛染川を挟んだちょうど文京区との区境に位置するエリアです。

この写真のものを発見したのがかれこれ8年も前の話ですが、今もこれは残っているのでしょうか。別の場所にデンリョクを1つ現存しているのを確認したこともありますが、これを発見して以降はそれほど立ち寄っても居ないため、その後は不明です。

そういえば、最近このエリアを通過する機会がありました。上野桜木町をさがしたその足で上野花園町に残る旧町名を見に行ったのですが、ちょうどこの谷中清水町を横断していたことに今になって気が付きました。

その横断した日の模様が、明日7月21日発売の「散歩の達人8月号」に掲載されます。

上野御徒町湯島入谷稲荷町エリアの旧町名を紹介するという特集で3ページにもわたって取り上げていただいています。今回のエリアには谷中は含まれていませんでしたので、取材当日は谷中エリアに位置するこの谷中清水町は完全スルーとなったというわけです。

旧町名についてご興味がございましたら、是非書店でお買い求めください。


[発見日:平成21年12月29日]

2017-07-04

【葛飾区】下千葉町

f:id:so102:20170507130106j:image

【消滅した年】1968(昭和43)年

【現在の町名】小菅堀切、東堀切、お花茶屋

【感想・雑記】東京都内の地名というものは、徳川家にちなむものが多いようです。その信ぴょう性は不明ですが。特に、将軍の外出時というシチュエーションが好まれているような気がします。鷹狩なんて鷹を狩るたびに地名が生まれているようなものです。今回の下千葉町の由来はさておき、現町名のお花茶屋なんてまさにそのひとつです。

8代将軍吉宗が例によってこの地に鷹狩に赴いたそうですが、オランダ製の鉄砲を使ったことがきっかけで肩を痛めたそうです。そこでこの地の名主の屋敷に立ち寄って休憩をしていたところ、その名主の娘がたいそう気が利き気品もあり、吉宗のめんどうをよく見た事に吉宗が感動して、茶釜や着物などの褒美を授けたそうです。その茶釜見たさに人が集まっていたので鼻の利く誰かがその屋敷の前に茶屋を開いたところ大繁盛したため、いつしか誰が名付けたか、その地は「お花茶屋」となったのだそうです。ではなぜ「お花」なのか。まさしくその娘の名がお花なのです。

[発見日:平成29年5月7日]