Hatena::ブログ(Diary)

旧町名をさがす会 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2020-01-01 はじめに このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

かつては東京都内に存在し、そして消えてしまった旧町名。

このページは、行政上は消滅したものの、街角の標識などで未だに存在を確認することができた旧町名を紹介するものです。

☆★☆★☆★過去の活動内容☆★☆★☆★

【2002年】進学のため上京。バイトを通じて旧町名という概念を認識する。旧町名よりも再開発予定地の儚さに興味を持つ。

【2004年〜】表現の世界を夢見て主に地下で活動。

【2006年】ようやく地上に出るや否や夢捨てて就職・卒業・引越し。引越し先の向かい側で膨大な旧町名の現存を目の当たりに。都内の旧町名探索開始。

【2010年】ブログ『旧町名をさがす会』開始。みちくさ学会に参画・寄稿開始。

2011年東京お台場東京カルチャーカルチャーで開催の、みちくさ学会発表会で登壇・プレゼン《第1回のもよう》《第2回のもよう》

【2012年】デイリーポータルZ『旧町名を探す旅、についていく』で活動紹介。

【2013年】NPO粋なまちづくり倶楽部主催『ブラカグラ』で講師として講義。

2016年ニッポン放送能町みね子のTOO MUCH LOVER』に旧町名が好きすぎる人として出演。

Twitter102so

2016-06-28

【墨田区】平川橋

f:id:so102:20110403152301j:image:left

【消滅した年】1967(昭和42年

【現在の町名】業平

【雑記・感想】この平川橋はおろか、業平橋という町名すら消えて無くなってしまった。しかも業平橋に至っては駅名まで奪われてしまう始末。そういえば横川橋横川に変わったしどうも橋は受難だなあと思いきや、江東橋吾妻橋も橋が残ったままだったわ。一概にレッテル貼りはよくないね。

[発見日:平成23年4月3日]

2016-06-27

【下谷區】上根岸町

f:id:so102:20111123161544j:image:left

【消滅した年】1965(昭和40)年

【現在の町名】根岸

【感想・雑記】上、中、下と根岸が3つに分かれていますが、一番容易に発見することができる旧町名ではないでしょうか。jR鶯谷駅下車で言問通りを渡ったあたりにあったような気がします。

[発見日:平成23年11月23日]

2016-06-25

【渋谷区】幡ヶ谷本町

f:id:so102:20110911131927j:image:left

【消滅した年】1960(昭和35年

【現在の町名】本町

【雑記・感想】次のカッコ無いに当てはまる文字を心で読みなさい。(2点)

渋谷(  )本町


確かに消されていますし読め無いですし。行政上だけでなく物理的にも消されてますし。死者にムチ打つような仕打ちですし。でもこのエリアで本町がつくのが消去法で幡ヶ谷本町しかないので信じるほかないのです。

今や住居表示臭全開の町名になってしまっています。現町名の読み方は「ホンマチ」。旧町名は「ホンチョウ」。隣接する中野区本町(ホンチョウ)に配慮した結果だそうですが、悪いのは全部住居表示なんです。町名達に罪はありません。幡ヶ谷が2つの意味で消されたのも英国EU離脱練馬区板橋区離脱も全部住居表示のせいなんです!

[発見日:平成23年9月11日]

2016-06-24

【品川区】大井鮫洲町

f:id:so102:20150628161916j:image:left

【消滅した年】1966(昭和41年

【現在の町名】東大井

【雑記・感想】鎌倉時代品川沖で大量のサメの死骸を漁夫が発見し、そのサメの腹を割いたところ中から観音像が出てきた。その観音は鮫洲観音と呼ばれていたため「鮫洲」という地名が誕生した。

鮫洲という地名そのものの本質には探っていないようにも思えるし、なんてほら吹き野郎だ!)素敵なお話ですね。夢と現実がうまく調和した和製ファンタジーといってもいいのではないでしょうか。(うそくせー)

[発見日:平成27年6月28日]