Hatena::ブログ(Diary)

旧町名をさがす会 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2020-01-01 はじめに このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

かつては東京都内に存在し、そして消えてしまった旧町名。

このページは、行政上は消滅したものの、街角の標識などで未だに存在を確認することができた旧町名を紹介するものです。

☆★☆★☆★過去の活動内容☆★☆★☆★

【2002年】進学のため上京。バイトを通じて旧町名という概念を認識する。旧町名よりも再開発予定地の儚さに興味を持つ。

【2004年〜】表現の世界を夢見て主に地下で活動。

【2006年】ようやく地上に出るや否や夢捨てて就職・卒業・引越し。引越し先の向かい側で膨大な旧町名の現存を目の当たりに。都内の旧町名探索開始。

【2010年】ブログ『旧町名をさがす会』開始。みちくさ学会に参画・寄稿開始。

2011年東京お台場東京カルチャーカルチャーで開催の、みちくさ学会発表会で登壇・プレゼン《第1回のもよう》《第2回のもよう》

【2012年】デイリーポータルZ『旧町名を探す旅、についていく』で活動紹介。

【2013年】NPO粋なまちづくり倶楽部主催『ブラカグラ』で講師として講義。

2016年ニッポン放送能町みね子のTOO MUCH LOVER』に旧町名が好きすぎる人として出演。

Twitter102so

2016-09-20

【品川区】大井海岸町

f:id:so102:20101218145005j:image:left

【消滅した年】1964(昭和39)年

【現在の町名】南大井

【感想・雑記】読めなさそうですが心で読むまでもなく、コツさえつかめば意外と読めてしまう。今回はそんな旧町名のご紹介です。大井シリーズの一つではあるものの、立地的にはどうみても大森の方が近いところにあった旧町名です。ちなみにお隣の大井坂下町に至っては完全に大森駅前といえるほどの大田区へのすり寄りっぷりは必見。

今回の旧町名に「海岸」とあるのは、最寄駅である大森海岸駅と同様に昔は目の前が海岸であったからと言われています。海岸と言われていた場所には今は平和島が存在していますので、かつての面影を伺うことは難しいでしょう。

さて、最後に冒頭言及した旧町名を読解する「コツ」についてですが、普段よく使用する手法としては「区」と「町」という文字を意識してさがすというものです。特に「町」の輪郭、具体的には「田」の部分がWindowsのあの窓のロゴのように歪んでいる場合もあったり縦長だったりと中々難しい作業ではありますが、これさえ捉えられればその「区」と「町」を起点として双方の空間は何文字入りそうか、その文字数が対象としている旧町名と一致するかどうかなどを推測し旧町名であると断定することが可能です。

なお、その文字数を推測し断定する上では、先に捉えた「区」と「町」の文字を包含する円の面積に基づいて円がその空間内に何個入るかどうか。そのような緻密な計算の元で旧町名であると断定するに至っております。

とはいうものの、実務上では意外と光の角度で何となく文字を簡易的に推測することができてしまいますので、上記の手法は簡易的な推測が困難な場合に用いられるものと捉えていただければと思います。

ですが一番大事なのは思い込みなんですね。思い込みといっても「旧町名に違いない」という優しいものではなく、「この旧町名は自分に見つかられたがっているに違いない!」などの高次元の思い込み力が要求されるということを認識いただき、日頃の旧町名さがしをお楽しみください。

[発見日:平成22年12月18日]

2016-09-07

【新宿区】霞岳町 

f:id:so102:20140511150749j:image

【消滅した年】2003(平成15)年

【現在の町名】霞ヶ丘町

【感想・雑記】Twitterフォロワーの方のツイートでそういえば紹介していなかったことに気がつきました。あの隈研吾氏で話題の新国立競技場の目と鼻の先にあった旧町名です。「町」の有無だけ違う旧町名が蔓延る現代社会ですが、こちらはまさかの「ヶ」の有無。しかも新町名が付く方であることがポイントですね。wiki先生曰く、実は霞岳町自体は消滅していなくて、信濃町交番だけそのままとかなんとか言っていますが、そこはうるせえよと目を瞑ることにします。

この写真にもありますが、「都営霞ヶ丘アパート(←ヶが付く!)」が本当に解体中なんですね。この写真を撮りに行った日、私にしては珍しく現地の方、そうあの「外苑マーケソ」の八百屋のご主人に昔の賑わいの様子などの話を聞いたりしていました。

f:id:so102:20140511151112j:image

f:id:so102:20140511145927j:image

f:id:so102:20140511150317j:image

f:id:so102:20140511150459j:image

f:id:so102:20140511151300j:image

f:id:so102:20140511150446j:image

↓こちらのブログから、残念ですが進捗を確認することができてしまっています。関係者の方はさぞかし無念でしょう。わたしも無念です。同潤会上野下アパートもそうですが、なんとか保存もしくは移築できないものでしょうか。

霞ヶ丘アパートを考える会

[発見日:平成26年5月11日]

2016-09-01

【葛飾区】本田町

f:id:so102:20110816145400j:image:left

【消滅した年】1966(昭和41)年

【現在の町名】立石、東四つ木、四つ木

【感想・雑記】これまで長期間にわたりそして小出しに「本田◯◯町」シリーズを紹介してまいりましたが、大トリを飾るのが今回のこちら、THE本田こと本田町です。過去の本田シリーズを紹介している記事を見ていただくとわかりますが、だいたい「読み方」「由来が新田の対義語」「今は地名としては全く面影無し」「警察署名でのみ残っている」この3〜4点を戯言のように繰り返しているはずです。そしてだいたい本田警察署なくなった情報の指摘を受けるというルーティンを繰り返し続けていたこの数年間でした。ついに本田シリーズの在庫が枯渇してしまいましたので、改めて残りの唯一未発見なまま放置していた「本田宝木塚町」に迫りたいと思います。シーズンインまであと一ヶ月弱を切りました。

[発見日:平成23年8月16日]

2016-08-31

【中野区】野方町

f:id:so102:20141129140109j:image:left

【消滅した年】1964(昭和39)年

【現在の町名】野方

【感想・雑記】旧町名の観点から申し上げると、中野駅を挟んで南北は全く異なるエリアであると言えます。ご承知の通り、中野区南側エリア(厳密に言えば中央線沿いの北側も含みますが)は旧町名の名所であり景勝地といっても過言でも無いほどの都内有数の旧町名の密集地帯であります。ご承知の通りこのブログにおいても囲町や中野駅前などわずかな数カ所を除くとほぼ全ての旧町名を網羅できていますので、正直私の中で中野区熱は落ち着いてしまっている現状があるのもご承知の通り事実です。一方でご承知の通り、中野駅北側エリアでは新井や今回の野方など、「町」があるか無いかだけのご承知の通り、いわゆる町だけが居ない僕状態なわけなのです。しかしながらご承知の通り現在旧町名さがしがシーズンオフいわゆる冬眠中の私の旧町名ストックが限界に近づいている現状を踏まえますと、とにかく何でもいいのでご承知の通り旧町名と名のつくものはいわゆるかき集めないといけなくなってしまっています。したがって、シーズンインした暁には野方の更に奥地、更には周辺の練馬区、ご承知の板橋区豊島区、そしていわゆる杉並区のいわゆる町のみ無し達の回収に努めてまいりますので皆様の情報をお待ちしています。情報提供方法は皆様のご承知の通りです。

[発見日:平成26年11月29日]