Hatena::ブログ(Diary)

旧町名をさがす会 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2020-01-01 はじめに このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

かつては東京都内に存在し、そして消えてしまった旧町名。

このページは、行政上は消滅したものの、街角の標識などで未だに存在を確認することができた旧町名を紹介するものです。

☆★☆★☆★過去の活動内容☆★☆★☆★

【2002年】進学のため上京。バイトを通じて旧町名という概念を認識する。旧町名よりも再開発予定地の儚さに興味を持つ。

【2004年〜】表現の世界を夢見て主に地下で活動。

【2006年】ようやく地上に出るや否や夢捨てて就職・卒業・引越し。引越し先の向かい側で膨大な旧町名の現存を目の当たりに。都内の旧町名探索開始。

【2010年】ブログ『旧町名をさがす会』開始。みちくさ学会に参画・寄稿開始。

2011年東京お台場東京カルチャーカルチャーで開催の、みちくさ学会発表会で登壇・プレゼン《第1回のもよう》《第2回のもよう》

【2012年】デイリーポータルZ『旧町名を探す旅、についていく』で活動紹介。

【2013年】NPO粋なまちづくり倶楽部主催『ブラカグラ』で講師として講義。

2016年ニッポン放送能町みね子のTOO MUCH LOVER』に旧町名が好きすぎる人として出演。

Twitter102so

2016-05-29

【文京区】小日向町

f:id:so102:20140517171205j:image:left

【消滅した年】1966(昭和42)年

【現在の町名】関口

【雑記・感想】小日向町、現町名が小日向ではありません!文京区小日向といえば、高台で高級住宅街というイメージです(※個人の感想です)が、今の文京区小日向の旧町名は「小日向台町」「小日向水道町」などなのです。今回の小日向町は、現小日向から南に下り江戸川橋を渡ったところの新宿区との境目に位置する、現小日向とは真逆の低地のところです。以前ブラタモリでも御一行がこの文京区新宿区の境目を歩いていた描写がありましたね。

この小日向町が誕生したのは明治5年の話ですが、現在の小日向のある小日向台町等々はそれ以前から存在していましたので、今の小日向が小日向であることは間違いではないのですね。

小日向の由来は例によって諸説あるわけですが、以下文献によると、鶴高日向という人の領土だった地が、家が絶えて「古い日向=古日向」と言われ、いつしか「コヒナタ」になったと紹介されています。

[発見日:平成26年5月17日]

[町名由来出典元:東京市町名沿革史/東京市役所編]

2016-05-28

【台東区】浅草三筋町

f:id:so102:20111127144655j:image:left

【消滅した年】1964(昭和39)年

【現在の町名】三筋

【雑記・感想】この住居表示版、現行町名に旧町名が併記されているというとても画期的なものです。台東区内には他にも北清島町(現:東上野)で同じものを見かけました。カメラのサンは今もあるのでしょうか。佐竹は佐竹商店街のことですが、10ヶ月払いってなんだ?

[発見日:平成23年11月27日]

2016-05-27

【石川県】中牧町

f:id:so102:20120713145356j:image:left

【消滅した年】1966(昭和41)年

【現在の町名】金沢市森山

【雑記・感想】もう中牧と聞くだけで暴露本しか思い浮かばないです。彼は後にプロレスデビューし、FMWW★INGIWAジャパン大日本プロレス→大仁田議員秘書という経歴を歩んで行きます。ひっそりとレスラーは引退していたのですね。彼のキャリアハイはIWAジャパンでしょうか。新日本プロレス東京ドーム大会で蝶野正洋選手と試合を行い1分少々で終わった97年頃と思いがちですが、小野浩志選手との血みどろブラザーズというタッグチームを結成した頃のような気がします。とはいえ田舎に住んでいた中学生のわたし週刊プロレスかゴングでしか知らなかったわけですが。漢字4文字で四誤字熟語のように中牧昭二という文字が印字されたTシャツが印象的でした。それはもうデザインってなんだろうねというレベルで。

[発見日:平成24年7月13日]

2016-05-26

【品川区】大井鹿島町

f:id:so102:20100605174100j:image:left

【消滅した年】1964(昭和39)年

【現在の町名】大井

【町名の由来】この地にある鹿島神社

【雑記・感想】大井鹿島町の町域には、鹿島神社がありますしその付近には品川区立品川歴史館もあります。この博物館は、建設中に敷地から縄文時代遺跡が見つかったそうです。大井鹿島遺跡といい、旧町名は遺跡名として残っています。さらに、博物館では庭園や茶室など、品川区の歴史のみならず日本の伝統文化も学べるという大変有意義施設です。しかも、この博物館から5分ほど歩いた場所には、あの日本考古学発祥の地である大森貝塚遺跡もございます。あの品川区なのに大森で有名な名所です。

このように、大井鹿島町大井町随一の文化の殿堂と言っても過言ではないでしょう。品川区民も大森區民も是非一度足をお運びください。

まあ、まだどこにも行ったことないんですけどね。大森貝塚碑のレプリカは見たことあるわ。これは大森側にありました。

[発見日:平成22年6月5日]