Hatena::ブログ(Diary)

旧町名をさがす会 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2020-01-01 はじめに このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

かつては東京都内に存在し、そして消えてしまった旧町名。

このページは、行政上は消滅したものの、街角の標識などで未だに存在を確認することができた旧町名を紹介するものです。

☆★☆★☆★過去の活動内容☆★☆★☆★

【2002年】進学のため上京。バイトを通じて旧町名という概念を認識する。旧町名よりも再開発予定地の儚さに興味を持つ。

【2004年〜】表現の世界を夢見て主に地下で活動。

【2006年】ようやく地上に出るや否や夢捨てて就職・卒業・引越し。引越し先の向かい側で膨大な旧町名の現存を目の当たりに。都内の旧町名探索開始。

【2010年】ブログ『旧町名をさがす会』開始。みちくさ学会に参画・寄稿開始。

2011年東京お台場東京カルチャーカルチャーで開催の、みちくさ学会発表会で登壇・プレゼン《第1回のもよう》《第2回のもよう》

【2012年】デイリーポータルZ『旧町名を探す旅、についていく』で活動紹介。

【2013年】NPO粋なまちづくり倶楽部主催『ブラカグラ』で講師として講義。

2016年ニッポン放送能町みね子のTOO MUCH LOVER』に旧町名が好きすぎる人として出演。

Twitter102so

2017-02-19

【杉並区】和田本町

f:id:so102:20170219125143j:image:left

【消滅した年】1966(昭和41)年

【現在の町名】和田

【町名の由来】曲がった川

【雑記・感想】和田本町という旧町名で現町名が和田。旧町名にありがちな町だけが無いに飽き足らず、本までもが無い状態で極限までそぎ落とされた結果が和田。和田町という旧町名もあるんじゃないかと思わせておきながらあるのは本町だけ。そして今は和田。

ましてや隣接する中野区の現町名が本町。

西町やら千代田町やら道玄町やら、散々いろいろと旧町名をとっ散らかしておいてあっちは本町。こっちは和田。

ふざけんじゃねぇ、こっちは和田だ!

[発見日:平成29年2月19日]

2017-02-17

【北区】田端町

f:id:so102:20150502110611j:image

【消滅した年】1976(昭和51)年

【現在の町名】田端

【町名の由来】田の端のひらけた村

【雑記・感想】町だけない旧町名という若干テンションがさがる案件ですが、それでも北区では幾分マシな部類といえるのです。北区はそもそも瀧野川區と王子區が合併して昭和22年に成立した特別行政区となりますが、田端町は前者の所属でした。この旧瀧野川區内に属する旧町名たち、いや、町名たちの何と体たらくでしょう。

その例を申し上げますと、旧瀧野川區の旧町名が昭和町栄町船堀田端新町、瀧野川、西ヶ原上中里

そして次に現町名が、昭和町栄町船堀田端新町、瀧野川、西ヶ原上中里

何か変えろよ!

牛込地区とは恐らく違うベクトルで昔の町名を残しているのではないでしょうか。

一方、もう一つの北区である王子區に目を向けると、王子區の王『稲付』は根絶やされているなど立派な旧町名の生息地となっていますので、北区をひとくくりにはしない方がよいでしょう。

以上の現状をまとめますと旧町名を見たければ王子區へ、そして昔からの町名を見たければ牛込區へ。そんな北区へぜひ一度お立ち寄りください。

[発見日:平成27年5月2日

2017-02-16

【世田谷区】宇奈根町

f:id:so102:20170122104445j:image

【消滅した年】1971(昭和46)年

【現在の町名】宇奈根

【町名の由来】溝渠=ウナニが転じてウナネ、宇奈根神という穀物の神様説など多数あり。(世田谷区HPより)

【雑記・感想】由来もさることながら、多摩川の対岸にある神奈川県川崎市高津区に同じ「宇奈根」という地名が存在しています。これは何故でしょうか。偶然でしょうか。宇奈根を付ける流行りが行政にあるのでしょうか。今、宇奈根がアツいのでしょうか。

実は、明治の中期ごろまでは多摩川を挟んで両方とも同じ北多摩郡宇奈根村〜砧村でありさらに神奈川県だったのです。ところが明治26年に北多摩郡東京府に移管されるとともに多摩川を境目に東京府神奈川県が分断されてしまったので現在は両都県に同じ名前が残されているんですね。東京宇奈根町を見つけたこの日、もちろん対岸の川崎宇奈根もさがしに行きましたよ。行きましたけれども正確には橋が遠くて行けませんでした。まだ1つの宇奈根のころは渡し舟も運航していたそうですのでそれもさがしましたがもちろん見つからず。渡し舟が失われた今日において、双方の宇奈根人はお互いどのように交流しているのでしょうか。

[発見日:平成29年1月22日]

2017-02-12

【練馬区】北田中町

f:id:so102:20170212122331j:image:left

【消滅した年】1971(昭和46)年

【現在の町名】三原台

【町名の由来】田中新田

【雑記・感想】練馬区って基本的には「町」がなくなったり、方角がなくなったりだとかの正直あまり面白みに欠ける旧町名が多くございますものですから、それほど積極的には赴いていませんでした。例外があるとしたら板橋區当時のものをさがすことくらいがモチベーションの源泉であったと言っても過言ではありません。

そんな中で唯一、今回の「北田中町」だけは練馬区において現行町名として何らかの形ですら残っていない旧町名だったのです。町域も隣接の旧町名と比べても割と狭かったり東京時層地図上ではほぼ農地だったりと悪条件でしたが残されていて安心しました。

旧町名的によくありがちなパターンなのが、例えば旧北田中町で他にも南田中町東田中町が隣接しており全て消滅して現在の町名は「田中」もしくは「田中町」という。しかも西田中町だけはそもそも無いという旧町名あるあるがあるわけでもなく、あるのかないのかはっきりしない表現はさておき、単純に消滅しているだけでした。そして何故南田中町は町だけ無くしつつ「南田中」で現存しているのか。何故両田中らは足並みそろえて上手い連携をとれなかったのでしょう。北田中、南田中でもよかったのでは。どこから出てきた三原よ。

ちなみに板橋区時代の町名は、板橋区石神井田中北町。てっきり現練馬区の町名たちは一律練馬の冠をつけているものと思っていましたが石神井の冠もあったんですね。田中北町は全域さがしてなかったですが南田中には板橋区時代のものがあるかもしれませんね。

[発見日:平成29年2月12日]