情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明 このページをアンテナに追加 RSSフィード


漫画、あるいは小説、もしくはエッセイなどの
印象、あるいは連想、もしくは感想を書いてるBlog。

06-10-24 22:10

[][][]宮崎駿、ロリコンについてコメント 宮崎駿、ロリコンについてコメントを含むブックマーク 宮崎駿、ロリコンについてコメントのブックマークコメント




宮崎駿 1982年6月


クラリスに、“ロリコン”人気が集中しているということですが、ぼくには無関係のことだと思います。

ただ、いまの若い人はロリコンを“あこがれ”の意味で使っているでしょう。思春期にはダレにも体験があることです。

ぼくのばあいも『白蛇伝』の白娘にあこがれた時期がありました。1年後には卒業しましたけどね(笑)。そういうものだと思います。

それと、ぼくらはあこがれを“遊び”にはしなかったし、また、大っぴらに口にすることは恥ずかしかった。“恥じらい”があったんですよね。

それがあったほうがいいかどうかは別問題ですけど、とにかくいまのぼくは“ロリコン”を口で言う男はきらいですね。

    徳間書店アニメージュ 1982年6月号より*1



 この1982年というのは、宮崎駿としてみれば不遇の頃。

 1979年に「ルパン三世カリオストロの城」で劇場アニメ監督デビューを果たしたものの興行的には振るわず、この年の1月から漫画版「風の谷のナウシカ」の連載を始めてはいたものの本職のアニメの仕事は殆ど全く無し。

 そんな頃でした。


 とはいえ、これは四半世紀も前の記事。その後の経過は皆さんご存知の通り。

 宮崎作品のヒロインの傾向はというと、まあアレですな。




 未だビデオが一般に普及していたとは言えず、OVAというのが出てくるのはこの翌年。

 「アニメファン」が買うのはレコードかカセットテープで、コンパクトディスクはこの年の秋になってようやく発売。

 「オタク」という言葉が人口に膾炙するのはもう少し後のこと。

 アニメ・グランプリは日本武道館で1万2千人もの観客を動員して行われていました。

 そんな時代。

 

 1982年 5,6月号


#たまたま出てきた、2冊の1982年のアニメージュからのネタ、もうちょっとだけ続きます。



*1:この記事自体は1981年度を対象とした投票の為、「'81年スポットPEOPLE」となっています

UU 2006/10/25 01:17 おっ、懐かしい表紙ですね。私も持っていますよ。

MM 2006/10/25 16:16 この頃の「ロリコン」は今で言う「萌え」に近いんですかね

an-shidaan-shida 2006/10/25 16:59 はじめまして。そうですねーロリコンセットとかロリコントランプとか普通にあったですねえ。

soorcesoorce 2006/10/25 23:12 コメントありがとうございます。
多分、「萌え」とは違ったんじゃないのかなーと。
5月号の方に米沢嘉博と内山亜紀へのロリコンに関するインタビューが載ってるんで、そのうちテキスト化しますよ。
ただ、その記事では「この夏でブームは終わる」みたいにも言われてたのが、未だに・・・。




Google