Campaign_Otaku RSSフィード Twitter

2015-02-06

引越のご案内

ブログを下記URLに引っ越しいたします。若干見づらいかも知れませんが、過去ログも引き継いでおります。

http://campaign-otaku.hatenadiary.com/

2015-02-05

人を見て読ませるか読ませないか判断する本

f:id:y_sequi:20150205233108j:image

"Don't judge a book by its cover"(本は見た目で選んじゃダメ!)...欧米にはこんな言い伝えがあるそうなんだけど、ならば逆に"本自身が読み手判断する本"を作ろうというプロジェクトが"The Cover That Judges You"。ブックカバーにカメラが内臓されており、顔認識技術を使って、読み手の顔の表情からカバーにかかった鍵を開けるかどうか本自身が決定する。因みに、過度にエキサイトしていたり、表情が薄すぎる場合はオープンしない設定になっているとのこと。

D

このシステムは"オランダ・アートディレクターズクラブ"の年鑑に採用されるようだ。

f:id:y_sequi:20150205233130j:image

洒落が利いていて面白い取組み。漫画や映画の世界でやっと発見した宝物が発見主によっては、その人を地獄に落とす...というのがありますが、こんな感じでIoTが使われるのも愉快かも知れません。

未来の音楽シーンを変えるかも知れない、即興で人とセッションするロボット

f:id:y_sequi:20150205224644p:image

Mason Bretan(Georgia Tech/PhD)の研究テーマは"Robotic Musicianship"。その直近の成果によると、ロボットは即興で人間とセッションできる。Masonがドラムやギター、キーボードでWhat I Say(Miles Davis)を演奏し始めると、まず小さい方のロボット"Shimi"が音を分析し、もう一方の"Shimon"が特別なアルゴリズムを使って即興でコード進行をつくり、演奏するという流れだ。

D

開いた口が塞がらない位、凄いです。近い将来、有名ミュージシャンがロボットと共にツアーを回るようなことが起こりそうだし、バック演奏の人たちの職が危機に晒されることもあるかも知れません。

ストリートスポーツで町の活性化

f:id:y_sequi:20150205212517j:image

日本では居場所があまり無く、通報の対象になることもあるストリートスポーツだけど、Haderslevでは(デンマーク)地域活性化の起爆剤として期待されている。この町の港はかつて工業地帯として栄えたものの現在は衰退し、その代役として期待されているのがストリートスポーツ。2014年10月、4,500平米の敷地に"Street Dome"なるストリートカルチャーの拠点が完成した。

スケートボードローラースケートBMXパルクールボルダリングマウンテンバイク、ディスクゴルフ、ストリートバスケットボールといったストリートスポーツに加え、コンサートやカルチャーイベントに対応している。

f:id:y_sequi:20150205211526j:image

f:id:y_sequi:20150205212557j:image

f:id:y_sequi:20141027133114j:image

こういう場を造れば必ずやって来るのがRed Bull。オープニングイベントをRed Bullが実施した模様。

ストリートスポーツって場所的には欠乏感あるので、うまくやれば、町を活性化したり、ビジネスとしてもうまくいく方法はあるかも知れない。

2015-02-03

スーパーボール史上最高の視聴率の中、史上最高に気を滅入らせるCMがオンエアされる悲劇

f:id:y_sequi:20150203213113p:image

450万ドル(30秒)の超高額TVCM枠に投資し、オンエアされたこの60秒CM(なので料金は450万ドルの2倍またはそれに近い金額と予想される)にはこんな不名誉な見出しがつけられている。"This Is Probably The Most Depressing Super Bowl Ad"(恐らくスーパーボール史上最も気を滅入らせるCM)。出稿しない方が良かったのではないか...という悲惨な結末であり、こんな時に限ってスーパーボール史上最高視聴率49.7%を記録した。

D

カワイイ少年が"僕ができないこと"として"自転車に乗れない、空を飛べない、旅行ができない、結婚ができない..."と語る。なぜなら、この少年は死んでいるからだ。これは米国の子供の死因No.1が"家"...風呂での溺死、異物を口に入れる、TVの下敷きになる...であることを伝えるCMであり、広告主は保険会社の"Nationwide Insurance"だ。

この事実はほとんど知られていないため、インパクトがあり、また注意喚起になると判断し、採用された表現のようだが完全に裏目に出た模様。Twitterの反応はすこぶる悪く、"Nationwide Insurance"があざといブランドとして見なされている。RwtweetやFavotite数も多い。

f:id:y_sequi:20150203211156p:image

最もRwtweetやFavotite数が多いのがこのTweet。"僕はケイティ・ペリーハーフタイムショーが観れない"と、CM演出を逆手に取った皮肉を食らわしている。

f:id:y_sequi:20150203211650p:image

1つ前のCMがNFLのCM"No More"。昨年、Ray Rice(レイブンズ)が起こしたDV事件に対する反省の気持ちを表す作品で、ピザ屋に電話するふりをして911に電話する、実録の緊急電話音声を活用している。これが好評だったたようで、その落差も大きすぎたのではないだろうか。

D

約9億円を投じて、大きなダメージを得るという...担当者の胸中察するにあまりあります。

スーパーボールでうまいことやったTweet

f:id:y_sequi:20150203134332p:image

人材紹介会社"Monster"はSuperBowlスポンサーではないけど、うまいやり方で注目を集めている。Monsterが投稿したこのTweetは"Congratulations Seattle !"となっているけど、勝ったのは勿論、New England。終了間際、ゴール前のインターセプトで勝負が決する劇的な幕切れだっただけに、"勇み足したな!"と思ってクリックすると...

f:id:y_sequi:20150203134615p:image

4,394ReTweet,2,638Favoriteを記録。会話の量は普段のTweetに比べて1,500%アップ。SuperBowlはアンブッシュもそれなりに許されていて、盛り上がるのが凄い。

2015-02-02

スーパーボール2015 人気CM TOP10

f:id:y_sequi:20150123162007j:image

Patriotsの劇的な逆転勝利で終わったSuperBowl2015。CMランキングの方はSuperBowlらしいエンタテインメント作品だけではなく、近年のストーリーテリングの傾向通り、SadvertisingやFemvertisingがランキングしている。早速、発表されたばかりの"USA Today Ad Meter"の結果を見てみよう。

1.Budweiser, “Lost Dog”

昨年空前の大ヒットを記録した"Puppy Love"の続編。今回はあの子犬が迷子になり、親友の馬が助けに行くというわかりやすい続編の作り方だ。

D

因みに昨年の"Puppy Love"。

D

2.Always, “Like a Girl”

昨夏、超絶ヒットを記録したヴァイラルビデオ“Like a Girl”を30秒に再編集してオンエア。大人の女性や少年に"女の子らしく走って""女の子らしく投げて""女の子らしく喧嘩して"と要求すると、みんな同じように振る舞う。次いで女の子に同じ質問を投げかけると、全く違う、ありのままの自分を表現する動きをする。

このビデオが問題にしているのは"女の子らしい"というステレオタイプに大人がはめようとするあまり、彼女たちは萎縮し、やがて自分らしさを失ってしまう...というポイント。Always(生理用品)は、そういった部分に疑問を投げかけている。

D

3. Fiat, “Blue Pill”

嫁の招きに応えるべく爺さんがバイアグラを飲もうとするが...。これぞSuperBowl CM。欧州車らしいムードもあって良いです。Fiatのランクインって初めてでは無いか?

D

4. Microsoft, “Braylon”

Microsoftのテクノロジーが生まれながらにして両足に障害を持つ子供を救うというSadvertising。Microsoftの上位ランク入りも珍しいです。SuperBowlにおける、こういった涙の物語への人気の傾斜は時代の変化を感じずにいられません。

D

5. Doritos, “Middle Seat”

トップ争い常連のDoritosが5位。勿論、この作品はユーザージェネレーテッド。自分の隣の席に人を座らせない奴は、当然報いを受ける。(Doritosという至福のスナックを子供に食べられてしまう)

D

6. Dodge, “Wisdom”

"目を開けて、時々黙るんだ""文句を言うな""二の足を踏むな"...結構説教臭い内容。語っているのは皆100才以上の老人で、その経験から語っている。そして、Dodge創業100年の歴史から多くを学んでいる。これが6位...。

D

7. Toyota, “My Bold Dad”

トヨタのTOP10もお初かも。父親の強さと優しさ...家族の価値を伝えるCM、最近多い。これまで散々個人主義を主張し、一家に一台から一人一台へと推進することで家族を崩壊させてきた自動車ブランドのこの手のメッセージには違和感感じずにはいられない。

D

8. Coca-Cola, “Make It Happy

ソーシャルブリング(虐め)が横行する中、あるサーバー管理者が、Coca-Colaをサーバーに零すと、ネットワークにCoca-Colaが流れ、みんなをハッピーにするというCoca-Colaらしい社会問題へのコミットをプッシュする物語。

D

9. Nissan, “With Dad”

レーサーとしてのキャリアか家族か...その狭間でもがく1人のレーサー。そして、後者を選択。

D

10. Doritos, “When Pigs Fly”

豚が空を飛べばDoritosあげるよ!...という男の言葉にのって、豚を飛ばせるキッド。今年のDoritosはランキング的に低調でした。CMのクオリティというより、時代の要請が変わったという感じです。

D

2015-01-30

私たちはなぜユニコーンを見ることができないのか?

f:id:y_sequi:20150130181859j:image

イエティ,人魚,つちのこ,龍...いずれも伝説の生き物とされている。そして、その仲間の1つ"ユニコーン"の秘密が公開された...。

D

天地創造の時代、ノアの方舟に乗せた2頭のユニコーンが共に雄だったという話。これは欧州の放送局"CANAL+"のCM。"物語をつくるのが大好きなんだ"...という"ドラマのCANAL+"を発信する狙いだ。(よって勿論作り話)

このシリーズ、過去にも面白い作品があり、個人的には"Closet"が面白かった。

D

音が出ないレコードから音を出す不思議な仕掛け

f:id:y_sequi:20150130164802j:image

Axtone Records(元Swedish House MafiaのメンバーでAxwellのレコードレーベル)が新しいアーティスト"Shapov"を売り出すためにファーストトラックのプレビュービデオをリリースしたんだけど、ミステリアスなことが大好きなAxtone Recordsらしい内容だ。ビデオに映るのはごく普通のレコードプレーヤー。そこに"Shapov"のレコード盤をセットし、針を乗せる...しかし"ザー"というノイズ音だけが延々と続く...。

D

"#CRACKTHECODE"と題されたこの企画、謎は解けたでしょうか? ヒントはプレーヤーのフロント部分に記された数字。3種類の数字に各々曲が割り当てられており、PCのキーボードで数字キーを押すと、曲が聴ける。数字キーに連動して、各曲の頭にジャンプする仕組み...かと思いましたが、そう単純でもないような...私レベルでは謎です。