Campaign_Otaku RSSフィード Twitter

2014-08-27

下衆の極み過ぎて...絶句。

f:id:y_sequi:20140827091834p:image

不特定多数の人が利用する地下鉄の駅のホームの床は汚さの極致だ。そんな場所で、1人の男がおもむろに床の一部を掃除機でクリーニングし始める。そして、掃除した床に食べ物をぶちまけ、そこがまるでレストランかのように、ナプキンをしてフォークで食べる。更には、床の上を皿に見立ててソースをぶちまけ、そのソースに何かをディップし、食べる。普通で考えれば狂気としか思えない。

これは、北米の掃除器具及びフロアケア市場で20%のシェアを誇る"BISSEL"によるハードフロア用掃除機"Symphony All-in-One"の清掃能力(モップ・洗剤不要。水だけでキレイになる)を主張するスタントであるが...。

D

このパフォーマーは"BISSEL"のブランドマネジャーであり、その身体のはりっぷりは凄いとは思うけど、下品さは如何ともしがたく、ホームに居合わせた他の人の何とも言えない表情を見れば、この企画の不快感がわかります。

防水をエンジョイする

f:id:y_sequi:20140827073900p:image

スマートフォンの防水性能というのは雨や水没などの緊急事態に対応するという意味合いが強いけど、このSony Experia Z1Sの発想は"防水機能をエンジョイする"というもので、その為にわざわざAppをリリースしており、以下のような活用法が用意されている。

端末を水槽に入れてスクリーンに映る水中生物を鑑賞

D

D

スマートフォンで撮影し、現像(よくここに目が行ったなぁ)

D

端末を傘に(これは斬新!)

D

水中で楽しむゲーム"Sink Sunk"

D

雨中でカラオケを楽しむ

D

防水性能の訴求方法として、その機能自体を楽しむという視点はこれまで無かったように思うし、Appの位置づけも面白いです。

2014-08-25

Netflix × Oculus Rift = Oculix

f:id:y_sequi:20140825112239j:image

映画やテレビの見逃し視聴のストリーミングサービスで飛ぶ鳥を落す勢いのNetflixが社内で未来のインターフェースをテーマにハッカソンを開催。そこで飛び出したアイデアが無限空間を彷徨うように視聴したいコンテンツを探すOculus Riftを使ったインターフェース"Oculix"。

D

こんな感じで検索して、そのままSF映画など鑑賞してしまうと、しばらく現実世界に戻れなくなってしまうのでは...。

小さなOreoの物語

f:id:y_sequi:20140825015100j:image

米国のクッキープランド"Oreo"が僅かクウォーターほどのサイズのミニバージョンを送るサービス"Oreo Mini Deliveries"を実施した(8月22日終了)。マイクロサイトで申し込んで、自宅や友人宅に送ることができるこのサービスは、毎日500人限定(先着)となっている。500人に入ることができなかった人にはOreoの愉快なGIFデータがプレゼントされる。

f:id:y_sequi:20140825013203j:image

加えて、米国内で最も小さな50の町を選び、それらの町に暮らす全ての家庭にこの小さなOreoをささやかなプレゼントとして送った。

以下が小さな町に暮らす人々に届けられるまでのイメージだ。(馬車ってのがいいなぁ)

f:id:y_sequi:20140825014711j:image

f:id:y_sequi:20140825014710j:image

f:id:y_sequi:20140825014709j:image

f:id:y_sequi:20140825013127j:image

f:id:y_sequi:20140825014708j:image

"Oreo Mini Deliveries"はOreoが6月にリリースした広告"Mel's Mini Mini Mart"に連動して実施された。

D

"Mel's Mini Mini Mart"という小さな店を覗いてみると、そこには小さなOreoがあった...という物語。ポエム風の語りがとても良い感じです。

"Contagious"によると、サンプリングの方法が秀逸で、規模よりも希少性を追求した所が良かったとのこと。また、素敵な写真を撮ってInstagramで共有したくなるようなイメージ写真がパッケージに同梱されていたようです。

f:id:y_sequi:20140825015947j:image

そして、この"Oreo Mini Deliveries"によって通常サイズの少量パック(甘い物を控え目に食べる健康パック)のOreoが随分売れているようです。

Oreoって誰もが知っている、食べたことがあるクッキーだけに「いつでも手に入る感・知っている感→だから今わざわざ買わなくても...」という既知感バリアを乗り越えるのが大きな問題である訳ですが、小さくするだけで急に魅力的に、かわいく見えてしまうというのが面白い。勿論、広告でのストーリーテリングが伏線になっている訳ですが、興味深いです。

2014-08-23

アイスバケツチャレンジを利用した下品なプロモーションが登場

f:id:y_sequi:20140823213336j:image

タイムラインを"Ice Bucket Challenge"で占領され、その映像がゲイツやザッカーバーグなど当初のセレブによるチャレンジから徐々に普通の人々へと移行しつつある今日この頃、不謹慎極まり無い企画が放り込まれた。

Samsung Galaxy5Sがその防水性能を活かして誰からも指名されていないにも関らず、自主的に"Ice Bucket Challenge"を実施。iPhone5S, One M8(HTC), Lumia 930(Nokia)という、いずれも防水性能を持っていない機種にチャレンジするよう指名した。

D

ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を知って貰い、寄付を募るための社会的活動を宣伝に利用するとは...。ユーモアのつもりだと思いますが、ユーモアになってないですね。

※追記1: エージェンシーはCheil UK。寄付はしているが金額は非公開。エージェンシー担当者は「意味あることを予想外の方法で成し遂げた。ブランドにとっては絶好の機会だった」と語っている。

※追記2: 氷水をかける前後でバッテリーが64%→56%に急減してることからビデオ自体がフェイクという意見も出ている。

※追記3:コメント欄に批判が飛び交い、関係者総動員で火消しにまわるという展開になっています。

現代人の深刻な悩み「睡眠」問題の解決の決定版!?

f:id:y_sequi:20140823154833j:image

超絶的に忙しい現代人にとって快適な睡眠は喫緊の課題。枕など色んなツールメソッドが販売されているけど、未だ決定打は無い。しかし、このサンフランシスコを拠点とする"Hello"が開発した"Sense"は現代人の深刻な悩みを解決してくれるかも知れない。

f:id:y_sequi:20140823154848j:image

Senseの本体は鳥の巣模様のボールで、照明やノイズ、温度、湿度、アレルギー物質など室内環境をトラッキングする。"Sleep Pill"と呼ばれるクリップ式デバイスは枕に取り付け、いつ眠りに落ち、いつ目を覚ましたかなど、あなたの眠りの状況をトラッキングする(相当小さな動きも検知するらしい)。そして、Appを通じてこれらのデータを管理し、いつ何によって眠りが妨げられたか、あなたの睡眠は100点満点で何点か?...などを把握できる。

また、それらのデータマネジメントによってあなたの睡眠サイクルを把握することができ、あなたが最も快適に起床できるタイミングで静かに起こしてくれる。止めるまで強制的に激しく鳴り続ける目覚まし時計とはおさらばできる訳だ。

D

"Sense"は現在Kickstarterクラウドファンディング実施中であり、目標10万ドルの所、240万ドルの調達に成功している。"睡眠"のテーマの大きさが伺えるレスポンスです。

Airbnbで予約してIKEAで宿泊

f:id:y_sequi:20140823142012j:image

昼間の人混みの中では嫌だけど、夜のひっそりとしたIKEAのモデルルームなら宿泊してみたいと思う人も居るだろう。そんな人は空き部屋シェアの"Airbnb"で予約の上、SydneyのIKEAで宿泊できる。(但し〜8月31日)

f:id:y_sequi:20140823140821p:image

部屋のタイプは3種類。"Rustic Charm""Inner City Living""Modern Elegance"で、いずれも11豪州ドル(=1063JPY)。安上がりに旅したい人にはぴったりだ。

f:id:y_sequi:20140823141444j:image

Airbnbを使うとは凄いアイデアだなぁ。

2014-08-19

私の名前はガザ

f:id:y_sequi:20140810024716j:image

パレスチナ人デザイナー"Jihad Abdul Haq"が、戦いが終わらないガザで生活することの恐怖を訴え、助けを求める広告を配信している。

私の名前はガザ。私の現状を見て欲しい。もし、あなたの居場所が同じような事態になったらどうする?

パリ版の他、ロンドン・上海カイロ・ドバイ版が用意されている。

f:id:y_sequi:20140812222231j:image

f:id:y_sequi:20140807030437j:image

f:id:y_sequi:20140807013816j:image

f:id:y_sequi:20140806033358j:image

英米がイスラエルに肩入れしたり、一方でハマスがガザ市民が避難することを妨害したり、状況が複雑過ぎて早期解決の突破口が見えない状況ですが...祈るしかないのか。

黒づくめのレストラン

f:id:y_sequi:20140819114233p:image

真黒な外観のレストラン。前に停まっている車も真黒。そして、店内は真暗で、ガラスも黒い。恐る恐る店内に入るとそれは"ダイアログ・イン・ザ・ダーク"の世界で、ナイトビジョンゴーグルを装着した店員がアテンドしてくれる。この不気味なレストランの名は"Tim Hortons"。カナダの珈琲&ドーナツチェーンで、この真黒い店舗はケベックにある。

D

店内に入った客が手探り状態で受け取るのが、ブラックロースト珈琲。そう、この黒づくめはブラックロースト珈琲のプロモーションという訳だ。馬鹿馬鹿しいけど、徹底している。

このビデオが80万視聴を超えるとは...大成功ですね。

2014-08-18

広告賞以外の広告に与えられる賞...エミー賞

f:id:y_sequi:20140818154023j:image

週末に開催されたエミー賞で"Outstanding Commercial"が発表された。Cannes Lions, One Show, CLIO...etc 広告業界には色々と賞レースがあるけど、業界の事情や業界内だけのトレンドが反映された賞でもあり、一般的とは言えないだけに、TVCMに限定されているとはいえ、業界外のこういった賞の受賞こそ、価値が大きいのかも知れない。

この名誉ある賞を受賞したのは...

Misunderstood(Apple)

D

昨年のホリデイシーズン前に公開されたこのTVCMは僕も大好きな作品です。家族が続々と集まってきているというのに、いつもスマートフォンばかり触っている少年。家族は少々困った奴だなぁ、という感じ。でも、夜のパーティの時間にその理由がわかる。彼は、家族のクリスマスビデオをつくっていたのだ。まさにMisunderstood=勘違いだった訳だ。

スマートフォン中毒が世に蔓延し、飛交う批判に対するAppleの反撃だったかも知れません。あるいは、Appleはクリエーティブマインドのためにある!ってことかも。カンヌライオンズ2014でこの作品はシルバーだったので、溜飲を下げたことでしょう。

その他、ノミネート4作品です。

Hero's Welcome(Budweiser)

D

スーパーボール2014でオンエアされた帰還兵に敬意を表すCM。このテーマはBudの十八番ですが、いつ見てもうるっと来ます。国を守ってくれている人の存在の大きさを感じます。

Puppy Love(Budweiser)

D

同じくスーパーボール2014でオンエアされたTVCMで、No.1の呼び声が高かった馬と犬の友情物語を描いた作品。

Childlike Imagination(GE)

D

GEで働く母の娘が母の仕事について語る。GEが女性を積極的に雇用する多様性のある企業であることをアピール。

Possibilities(Nike)

D

二の足を踏んでいる奴等に"できるんだぜ!""踏み込もうぜ!"と背中を押す。

ノミネートが全部で5つ。内受賞作は1つ。賞の価値を維持する意味でも、カンヌライオンズもこのぐらいのボリュームが良いのではないか?

予告無しに現れては消えるNike FuelBox

f:id:y_sequi:20140818115247j:image

数年前、Coca-Colaが実施して以来、夥しい数の自販機プロモーションが企画されてきたけど、この"Nike FuelBox"はかなり良い感じ。NYCを皮切りに世界中の街に予告なく現れるこの自販機。売っているのはNikeの帽子やソックス、Tシャツで、それぞれ金額ではなく、500ポイントとか1000ポイントとかポイントで表示されている。つまり、Nike FuelBandの消費エネルギーポイントで交換するシステムで、そのポイントも24時間以内に限定されており、FuelBandの利用促進企画になっている訳だ。

f:id:y_sequi:20140818115521j:image

f:id:y_sequi:20140723143426j:image

そして、自販機は予告なく現れる為、FacebookTwitterInstagramなどの投稿の位置情報を頼りに探す他ないという...本来的なソーシャルメディアの活用を前提としている。企画や商品が良ければ、ブランドにチカラがあれば、過度なインセンティブや告知など必要ないよ...という。

春先にFuelBandの新規開発が中止になったというニュースがあっただけに、FuelBandユーザーをがっかりさせない為にやったのではないか。それで、ニュースによって渇望感を感じていたユーザーが飛びついて盛り上がる訳だ。インサイトが素晴らしいな。

ロンドンの地下トンネルを改造したHouse of Vansが良い感じ!

f:id:y_sequi:20140818104544p:image

2009年ロンドン地下鉄のトンネルを改造してオープンしたパフォーマンスアートスペース"Old Vic Theatre"をスニーカーブランドの"Vans"が大規模に改造して引き継いだ"House of Vans"は今やロンドンのトレンドスポットとなろうとしている。

Vansのステートメントによると、2780平米のこの広い地下空間は新しいクリエーティビティを育てるスペースとして位置づけられている。まず目につくのはインドアスケートパーク。ここなら口うるさい大人に文句を言われることなく、スケーティングを極めることができる。

f:id:y_sequi:20140818103402j:image

他にも850人収容のミュージックホール、シネマ、ギャラリー&ラボ、2つのバーなどがある。

f:id:y_sequi:20140818104619j:image

f:id:y_sequi:20140818104618j:image

f:id:y_sequi:20140818104617j:image

PVも良い感じ。

D

トンネルアンダーグラウンドな風味全開でかなりイケてる。トンネルに限らず廃墟は潰さずに再利用するような感じがコスト面でもカルチャー面でも良いのではないか。日本にもこういった場所、きっとあるハズだ。

子供の頃に食べるフレンチフライが肥満の原因

f:id:y_sequi:20140818084211j:image

肥満を原因とした心臓など内臓疾患の手術直前から幼少期までの生活を遡っていく映像。ファーストフードやお菓子を食べ、炭酸飲料を飲み、運動はしないという典型的な生活が続き、一番遡っていくと、親がフレンチフライを幼子に差し出している。この映像をリリースしたChildren’s Healthcare of Atlanta(非営利団体)は子供を不幸にするもしないも全ては親次第だと断罪している訳だ。

D

昔、米国人の肥満の原因と食生活についてリサーチしていたことがあって、その時の調査結果とほとんど同じ。当時、米国では幼少期の子供が最も食べる野菜がじゃがいもであり、フレンチフライという形でそれを摂取していた。そして、フレンチフライを食べる際、米国人は多量の塩またはケチャップをそれにつけて食べる。私個人の推論ではこれが最悪で、味の強いケチャップや塩で舌の機能が麻痺し、濃い味しか感じられなくなる。米国のアイスクリームやチョコレートが極端に甘いのは恐らくこれが原因で、濃い味=多量の糖分・塩分により、肥満が加速する。彼らにとって薄味の京料理など何も食べていないのと同じであろう。米国が肥満の呪いから解き放たれることを願う。

Nike 40年に渡るシューズの歴史

f:id:y_sequi:20140818080622p:image

アニメーションスタジオの"Golden Wolf"が制作したNikeのトレーニング&フットボールシューズの歴史"Nike Genealogy of Innovation"。1971年の創世記から現在までをGenesis (1971-94); Reformation (1995-8), Golden Years (1999-2002), Enlightenment (2003-6), Renaissance (2007-10), Transformation (2011-13), Revolution (2014)の7つのチャプターに分けて紹介している。

各チャプターを異なる世界観で表現しながら1つのビデオとして纏める所が難所だったとクリエーターは語っております。全40年の内、最初の"GENESIS"が23年で後は3-4年刻みになっているあたり、ここ15-20年のイノベーションの著しい加速が感じられます。

Webサイトには複雑な系統図が描かれていて、こちらも見ごたえあります。安易に縦横の矢印ボタンクをリックして見ていると、迷子になります。

f:id:y_sequi:20140818080650p:image

f:id:y_sequi:20140818080649j:image

ロンドンには"Nike Genealogy of Innovation"のディスプレイもあるようでWebサイトで描かれている複雑な系統図が具現化されているようです。

f:id:y_sequi:20140818080739j:image

f:id:y_sequi:20140818080738j:image