Campaign_Otaku RSSフィード Twitter

2014-12-12

PES新作"Submarine Sandwich"

f:id:y_sequi:20141212165624g:image

映像演出家"PES"(この人、とても好き)の新作"Submarine Sandwich"。"Submarine Sandwich"とは棒状のパンを2つにスライスして具材を挟んだサンドウィッチ。潜水艦型であることからこう呼ばれる。サンドウィッチチェーン"SUBWAY"の名前の由来でもある。

今回は肉屋で見かけるスライサーを使って、野球のグラブやボール、ボクシンググローブをスライスし、サンドウィッチをつくるという趣向。

D

どこかで見た1940年代のビンテージスライサーから着想し、叔父がNew Jerseyで経営していたサンドウィッチレストランと結びつき、このアイデアに昇華したとか。その後、Kickstarterで制作費49,000ドルを調達し、2,600の異なるイメージを撮影した。

PESは"Fresh Guacamole"や"Western Spaghetti"でも有名だ。

D

D

この人がPESことAdam Pesapane。以前はMcCann NYに勤務していたそうだ。

f:id:y_sequi:20141212165738j:image

ストップモーション演出の動画は数あれどPESの作品は独特の世界観です。気持ち良いです。

音楽の新しいパッケージングの試み

f:id:y_sequi:20141212155510j:image

音楽をデジタル的に(変な言い方だけど)消費することが一般化した。レコードスリーブもCDジャケットも必要とされなくなりつつある。そういった失われつつある音楽を視覚的に感じる要素みたいなことを考えたプロジェクトがJohn Daviesによる"Soundscape"だ。

マンハッタンの各ブロックに由来する音楽を選出し、それらの曲の音波形でマンハッタンの街並みを再構築するという趣向。NYCの成長と共に築かれていった独自の音楽文化に視点を置いて逆に都市を見つめるという感じだろうか。

例えばGramercyは Iggy and The Stooges"Search & Destroy"(1973)。

f:id:y_sequi:20141212155541j:image

SOHOはNYC Peech Boys"Don't Make Me Wait"(1982)。

f:id:y_sequi:20141212155604j:image

波形によるマンハッタンの街と共にレコードと本をリリースした。

f:id:y_sequi:20141212155630j:image

f:id:y_sequi:20141212155629j:image

このレコードや本を買うとNYCの音の街並みデータがついてくる...とかいうことでは無いのですが、音楽をデータという最小単位で買う時代だけに、音楽のパッケージングは開発の余地が多くあるように思います。

映画館でベッドの寝心地を確かめる

f:id:y_sequi:20141212100204j:image

ベッドを購入する際、寝心地を試したいが、家具屋で長時間試し寝するのは相当肝が据わっていないと難しい。でも、この"IKEA Bedroom Cinema"を利用すれば、90分の映画を観ながら、寝心地をしっかり体験できる。舞台となったのはKhimki(モスクワ)の映画館。館内に17のダブルベッドを持ち込み、自宅の寝室でDVD鑑賞する気分でカップルや友人が映画を楽しんだ。

ベッドを並べるだけで無く、サイドテーブルやランプも用意されている。上映前は記念撮影などで盛り上がる。きっとソーシャルネットワークに投稿するんだろう。

f:id:y_sequi:20141212100337j:image

上映終了後、シーツし取り替えられる。

f:id:y_sequi:20141212100604j:image

映画館の椅子をバラして、17のダブルベッドをセットするメイキング。大がかりだ。

このイベントは12月5日〜14日まで開催される。

IKEAを身近に感じてもらってとか、メディアにも取り上げられてとか、色々ありそうだけど、IKEAの陽気さみたいなのが透けて見えて良いですね。

2014-12-09

赤が無い世界

f:id:y_sequi:20141209225756j:image

上段3つの写真は故障したテレビで観ている番組ではない。ルーマニア放送局"Antena1"の人気ニュース番組のオフィシャルな映像であり、1週間に渡ってこの色調で放送された。壊れたテレビで観ている訳でも無いのに何故、こんな色調なのか?

これはルーマニアで輸血用の血が不足していることを伝えるために三原色"RGB"から"R=RED=赤"を意図的に取り除いた映像。"テレビは故障していない。あなたが生きているのは赤=血液の無い世界"というメッセージだ。

D

結果、キャンペーン開始から6週間で献血に参加する人が80%増加。更に政府が来年の献血活動予算を前年比で300%増加するという決定を下した。

"赤が無い世界"とはうまい。

オーケストラの音と指揮者の動きに反応するプロジェクションマッピング

f:id:y_sequi:20141209220406j:image

"Walt Disney Concert Hall"では、オーケストラの音や指揮者の動き(Kinect活用)を検知し、リアルタイムで映像に変換するプロジェクションマッピングによる視覚的な演出がある。この演出を可能にするソフトウェア"vvv"を開発したのはUCLAの学生"Refik Anadol"。現在は"Ameriques"という曲の演奏時のみ活用されている。

メイキングビデオも用意されている。

D

あらゆる曲に対応しないのは、やはり"オーケストラは聴くもの"というのがあるんでしょうか。それとも演出のバリエーションに限界があるのでしょうか。

2014-12-06

ダンサーの動きを可視化するバレエシューズ

f:id:y_sequi:20141206232345j:image

テクノロジーがスポーツの練習方法や見せ方を変える...という話をカンヌライオンズで拝聴したけど、このLesia Trubatが考案したバレエシューズ"E-traces"もその1つと言える。シューズに取り付けた"Lilypad Arduino Microcontroller Board"が足の動きや足にかかるプレッシャーを検知、モバイルAppに転送し、身体の動きを分析・可視化する。

f:id:y_sequi:20141206232444j:image

f:id:y_sequi:20141206232443j:image

f:id:y_sequi:20141206232442j:image

バレエダンサーは練習後、ビデオフォーマットで自らの身体の動きを確認でき、た、他ダンサーのダンスや他のダンスの動きと比較することで、練習をより効果的に行うことができる。

f:id:y_sequi:20141206232441j:image

可視化の方法が、一筆書きのようなシンプルなイメージで素敵。バレエをよく知らない私にとっては映像演出としても良いのではないかと思えます。

バレエのような比較的狭い世界でもこういったテクノロジーが導入されつつあることにスピードの速さを感じます。こういうテクノロジーはスポーツにエンタテインメント要素を上乗せすることにも使用される訳で、東京五輪の時には過去見たことがある競技でも全く違うものになって、退屈な競技が減りそうです。

2014-12-05

世界一奇妙なロードサイド広告

f:id:y_sequi:20141205213750j:image

このWest London(West Cromwell Roadの南側)にできた流線型のモニュメント国立競技場デザイナーとして有名なZaha Hadidの最も小さな作品であり、彼女が言う所のロードサイド広告における新しい遺伝子"だ。写真で見る限り、大きすぎるのではないかと思うが、彼女は“Slim Dynamic Form”と、その形状について語っている。流線型の中の広告面はデジタルスクリーンになっており、現在はOMEGAが広告主となっている。仕掛けたのは屋外広告大手のJCDecauxだ。

f:id:y_sequi:20141205213922j:image

f:id:y_sequi:20141205213921j:image

f:id:y_sequi:20141205213919j:image

f:id:y_sequi:20141205213918j:image

ビルボードって、広告を引き立てる為に極力主張を抑えるというのが定跡だと思うんだけど、これはそういう概念を吹き飛ばすデザイン。この形状に合わせて広告つくるのも制約が多そうだけど、モニュメント的に主要都市数カ所に展開するというのは良いのではないか。

2014-12-03

Harvey Nichols 自己中心的クリスマスキャンペーン第二弾

f:id:y_sequi:20141203151237p:image

"Cannes Lions 2014"において4部門でグランプリに輝き、一躍業界内で話題となった英国の高級百貨店 Harvey Nichols"Sorry, I Spent It on Myself" 。クリスマスにファミリーで集まり、プレゼントを交換する時、"ごめんなさい。自分のために使っちゃったので"と歯ブラシやタワシなどのつまらないものをプレゼントするキャンペーンであり、言い換えると、大切なのは自分だよ、ということだ。

D

D

そして、その第二弾 "Could I Be Any Clearer?"が立ち上がった。今回は Auntie Valとその孫娘のストーリー。孫娘が突然 Auntie Valを訪れ、カードを手渡す。喜ぶ Auntie Val。しかし、カードを読み進むにつれ、 Auntie Valの顔色が変わっていく。中はHarvey Nicholsのグリーティングカードになっていて、孫娘がクリスマスプレゼントに欲しいもの(Charlotte Olympia silver Octavia sandals)が記されている。そして、有無も言わさず"勿論買ってくれるよね!"Auntie Valを抱きしめる孫娘。

D

ビデオの中の孫娘に習って、自分の欲しいものを選んでカード制作するオンラインツールも用意されている。(こちら)

f:id:y_sequi:20141203151116p:image

年寄りの財布を宛てにするやり方は、これまでもあったと思うけど、これは下心を包み隠していない所が全然違うし、逆に嫌らしくないと感じた。

YouTubeの真昼の情事の向こう側を覗き見

f:id:y_sequi:20141203102338p:image

覗き見という行為は興奮を掻き立てる。このDurex(コンドームブランド)の仕掛けはそんな人間の習性を捉えたものだ。また、これはYouTubeを通じて卑猥な動画を見せる効果的な方法かも知れない。ご存知のように、YouTubeに卑猥な動画をアップすると、それを不快に思う世界中のユーザーに即刻通報され、動画は削除され、悪質な場合はアカウントが閉鎖される。

この動画本編は、1人の配達員が荷物を持ってお届け先を探している動画であり、彼が歩く通り沿いのアパートのあちらこちらの部屋で真昼の情事が繰り広げられているであろうことが示唆されているが、それ自体は過度に興奮をそそるような感じでは無い。

※Durexアカウントの動画は今朝から日本では視聴できない状態になったので、コピー版を埋め込みました。

D

そして、この本編動画が示唆する真昼の情事を覗き見する方法がある。まずはスマートフォンかタブレットにApp"Durex Explore"をダウンロード。そして、音声をオンにした状態で上の動画を再生し、Appの"CONNECT TO FILM"をタップ。すると、本編動画の音声を認識し、覗き見映像がモバイル端末上で再生される。

f:id:y_sequi:20141203103914j:image

この配達員の表情の向こう側で何が起こっているかはお楽しみです。