Campaign_Otaku RSSフィード Twitter

2014-07-24

Reebokがベーコン?

f:id:y_sequi:20140715002638j:image

Reebokが米国のフィットネス団体"CrossFit"(世界で5000軒の認証ジムを持つ)のメンバーに"Reebok Bacon"を贈った。???って感じなんだけど、"CrossFit"はパレオダイエットを推進していて、パレオダイエットは穀類を食さず、自然に近い状態の肉、魚、野菜、フルーツ、ナッツ、卵、脂質を食べることを推奨しているからだ。特に"Reebok Bacon"は保存処理されておらず、また、硝酸塩や防腐剤、グルタミン酸ナトリウムを一切含んでおらず、パレオダイエットにとても良いらしい。

"Reebok Bacon"は"2014 Reebok CrossFit Games"というイベントの参加ノベルティとして活用される。

f:id:y_sequi:20140724203843j:image

最初はReebokベーコンが全く結びつかなくて、話を聴けば腑に落ちる。只の意外性ではなくて、意味が伴っているのが良いです。

2014-07-23

「音楽ホテル」というアイデア

f:id:y_sequi:20140723180905j:image

"睡眠特化型ホテル"など、日本でも他のホテルとの違いを生み出すべく、色んな工夫がされているけど"Universal Music"と"MTV Europe"の並びにあるベルリンの"nhow"は欧州初の音楽ホテルと言われており、名曲タイトルに拘っている。ホテル内の場所やツールと曲名が絶妙にリンクしており、知っている人間にとってはにやつきっぱなしの滞在になるに違いない。

エントランスには"Welcome to the Jungle"(Guns N Roses)。ツカミにピッタリの曲。

f:id:y_sequi:20140723182042j:image

プッシュドアには"Push it. Push it real good."(Salt n’ Peppa)

f:id:y_sequi:20140723182316j:image

テラスへと続く階段には"Stairway to Heaven"(Led Zeppelin)。いいね!

f:id:y_sequi:20140723184958j:image

エレベータには"Love in an Elevator"(Aero Smith)。「エレベーターの中で愛し合え。落ち目のときこそ派手にやらかそうぜ。エレベーターの中で愛し合え。奈落に落ちるまで愛し合え」...みたいな歌詞なんだけど、どんなドラマがあっただろうか。

f:id:y_sequi:20140723185406j:image

コンシェルジェデスクには“I’ll be there for you”(The Rembrandts)

f:id:y_sequi:20140723185634j:image

通路表示は"Walk this Way"(RUN DMC)。これは気に入った。

f:id:y_sequi:20140723191547j:image

1F EVホール。次ベルリン来る時もヨロシク的な? "One More Time"(Daft Punk)

f:id:y_sequi:20140723191852j:image

"Don't disturb"が"Enjoy the Silence"(Depeche Mode)。なるほど。

f:id:y_sequi:20140723192225j:image

部屋の中の照明スウィッチは"All of the Lights"(Kanye West)

f:id:y_sequi:20140723192750j:image

部屋置きのミント"Sweet dreams are made of this"(Eurythmic)。曲調までピッタリだ。渋い。

f:id:y_sequi:20140723192827j:image

フロントへの電話は"Call me maybe"(Carly Rae Jepsen)。流行ったなぁ。

f:id:y_sequi:20140723193038j:image

石鹸は"Dirty"(Christina Aguilera)

f:id:y_sequi:20140723193334j:image

レストランは"Hungry Eyes"(Eric Carmen)。メニュー1つ1つにもフレーズが割り当てられている。

f:id:y_sequi:20140723193726j:image

f:id:y_sequi:20140723193725j:image

ギターのルームサービスもある。そして、表示されている全ての曲が入ったSpotifyのPlaylistも用意されている。

f:id:y_sequi:20140723194009j:image

f:id:y_sequi:20140723194008j:image

このホテルのプランニング、きっと楽しかっただろうなぁ。

ぐにゃぐにゃシューズは折り曲げてパッケージング

f:id:y_sequi:20140723142020j:image

どんなスニーカーも、箱の中に真っ直ぐ揃って入っているものだけど、ぐにゃぐにゃ曲がるフレキシビリティがセールスポイントの"Nike Free 5.0"はその機能性が強く伝わるように、スニーカーが折り曲った状態で箱の中に収められている。そして専用箱“Nike Free Box”は従来型ボックスの1/3のサイズとなっている。

※ウルグアイで企画されたパッケージであり、日本では現状採用されていない。

f:id:y_sequi:20140723142240j:image

D

凄い所に目が行くなぁ。常識を疑わなければ。

人格矯正テレビ

f:id:y_sequi:20140723132502j:image

顔認識技術を駆使した"Smile TV"。笑顔で視聴しなければ画面にノイズが入るTVだ。考案者である David Hedberg(デザイナー)によると、あらゆる欲しい情報をクリアに手に入れることができるようになった今、自分たち自身がアンテナとなって、他の誰かに対してどのように情報を伝えるか...そのアンテナの精度・態度が求められている...ということを世に啓発する為に開発された。SNSなどでの情報シェアなどにおける意識に言及しているのだろうか。

良い情報も悪い情報も何でも垂れ流し状態で、人に強い影響を与えてきたテレビが、ある種人格を矯正する存在になるとは、面白い発想だなぁ。

2014-07-22

鏡の使ってMeの物語を映し出す

f:id:y_sequi:20140722210216j:image

鏡の前に立って笑うとSelfieしてくれるというシンプルなアイデア。Doveは"Real Beauty"を標榜しており、過剰な化粧や装飾ではなく、あなた本来が持っている美しさを引き出すということを常々主張しているので、よくある困ったときの"笑顔頼み"みたいな企画とは違って、威力を感じる。

こちらはパン・ブランドの"Nutrella"(ブラジル)。街角に大きな鏡を置くと通りすがりの女性は必ずと言って良いほど鏡に映る自分を見る。そして、そんな彼女たちを鏡自身が褒めちぎる。最後にはパンをプレゼントrるんだけど、褒めて貰うとみんな自然に笑顔になって、意外に気持ち良いし、ブランドに対してポジティブな気分になる。

D

鏡を使って自分自身の物語を映し出すという、Selfieに通ずる仕掛けが良いのではないか。カンヌライオンズでもこういった"Me"にフォーカスした作品は結構見たように思う。

蛇口を捻ればクラッシック

f:id:y_sequi:20140722132120j:image

コンサートの休憩時間、トイレに入って洗面所の蛇口を捻ると音が出る。幾つかある蛇口全てが同じ音ではなく、それぞれ異なる楽器音が割り当てられており、同時に蛇口を捻ると1つの曲になる。トイレ利用者は必要の有無は別として、蛇口を開けっ放して音楽を楽しむ...この"Symphony Range"なる企画を仕掛けたのは水回り製品ブランドのCobra(南アフリカ)だ。

D

デザインの良い蛇口って拘りの強いエンドユーザーからの指名だったり、デザイナーからの指名だったりするので、クラッシックのコンサートホールというのは、良いメディアかも知れません。

2014-07-18

甘い物を買う瞬間は歯磨きプロモーションのチャンス

f:id:y_sequi:20140718131111j:image

日本ではあまり見ないけど、米国だと大学キャンパスなどで、キャンディやチョコレートのベンディングマシンは結構ある。この甘い物が一杯詰まったマシンこそ、歯磨き商品をプロモーションする絶好のチャンスであることを発見したのが"Colgate"。既存のベンディングマシンに手を加え、甘い物を買おうとお金を入れると"歯磨きを忘れずに!"というメッセージが表示され、甘い物と一緒に"Colgate"のサンプルがもらえるベンディングマシンにした。

今までメディアじゃなかったものがメディアになるというのが素敵。よくこの機会を発見したなぁ。

2014-07-17

クリエーティブはビジネスにおいて最強のチカラになる

f:id:y_sequi:20140717235610j:image

"DDB Group Asia Pacific"が週明けにリリースした"The Idea Catchers”。広告業界史に燦然と輝く30のケースタディを背景に彼らが主張していることは、クリエイティビティの扱いに対する怒りだ。"クリエーターは普段から観察を繰り返し、思考し、注意深くアイデアを練り上げて言っている"..."業界は大きな危機に直面している。その脅威とはクリエイティビティのコモディティ化であり、文房具を買うが如くアイデアを買う"ような姿勢が散見されるとのこと。

D

とても長いナレーションですが、最後の引用がとても印象的です...

Creativity is the most powerful force in business.

(クリエーティブはビジネスにおいて最強のチカラになる)

アイデアとそれを生み出した人には敬意を払われるべきである...と私も思います。

※ナレーション全文

What value should we put on our ideas?

Ideas that entertain, that convince, that last.

And those who think of them?

How do we value those people? Who think best in the shower? Who can recount a movie they watched when they were seven, or read comics at 34.

Who will study people as they wait to board their plane, and scour every page of the inflight magazine.

Who endlessly daydream. Living on alien planets, in other people’s shoes.

The Idea Catchers.

Those that bring their life and dreams into their work.

Taking experiences they had as a child, or as a parent, or haven’t yet had.

Sharing slices of life with that blank piece of paper that stares up at them every day.

The timesheet its partner in crime.

A great idea can do the job of ten, or twelve.

It could be one insight, one piece of wisdom spoken by an Indian wood carver, when asked, “How do you make the elephant so lifelike?”

“I just cut away the bit that doesn’t look like an elephant.”

It’s that. Insights. Experiences. And that comes at a price we shouldn’t give away.

Creativity takes time. The best solution is never the first one, the obvious one. But the beautiful ones, they just look that way in hindsight.

We are not machines that churn out five-minute headlines on top of Getty stock. It’s about life experiences resulting in an idea you’d never have thought of, yet totally wished they had.

(via Limelight)