I’ll be here

2007-10-06

[][][]岩波ブックレット『日本の植民地支配』復刊リクエスト

『日本の植民地支配 肯定賛美論を検証する』という本がある。本といっても、ブックレットなので、価格も500円ちょい、分量もわずかなものだ。しかし、ちゃんとした朝鮮史の学者が、ほとんどは歴史には素人である「自由主義史観」側の主張に反論した、という、ほかに類のない本でもある。

目次はこちら。

  • 朝鮮の伝統社会は停滞していたのか?
  • 日本の植民地支配は「未開瘴癘」の台湾に「文明」をもたらしたのか?
  • 朝鮮は清国に服属していたのか?
  • 韓国「併合」は国際情勢から見てやむを得ない選択だったのか?
  • 韓国「併合」は「合法」だったのか?
  • 日本は植民地で政治的・社会的平等を実現しようとしたのか?
  • 近代的な教育の普及は日本の植民地支配の「功績」なのか?
  • 植民地支配は近代的な医療・衛生の発展に寄与したのか?
  • 植民地支配に反対したのは、一部の朝鮮人・台湾人だったのか?
  • 日本支配下で朝鮮の人口は急増したのか?
  • 朝鮮での米の増産は農民を豊かにしたのか?
  • 植民地の工業化・インフラ整備は民衆生活を向上させたのか?
  • 日本は植民地支配で経済的利益を得ていなかったのか?
  • 植民地労働者の戦時動因は強制ではなかったのか?
  • 「慰安婦」問題で日本国家に責任はないのか?
  • 朝鮮の「創氏改名」、台湾の「改姓名」は強制ではなかったのか?
  • 朝鮮人・台湾人志願兵は「自発的」だったのか?
  • 韓国の人たちは「反日的」、台湾の人たちは「親日的」というのは本当なのか?
  • 植民地の開発は、戦後の台湾・韓国の経済発展に寄与したのか?
  • 植民地支配に対する賠償・補償はこれ以上必要ないのか?

このブックレットの初版は2001年だが、6年たった現在見ても、ホットなテーマばかりである。6年前よりも、現在のほうが、なおさら、この本の必要性は高まっていると言えるだろう。

引用ばかりになってしまうが、このブックレットの「はじめに」にある一文を見ても、コンパクトに内容をまとめながら、学問的にも誠実であろうとする著者たちの姿勢が見えると思う。

 肯定・賛美論が例外なく「歯切れのよい」論調であるのに対して、本書には「歯切れの悪い」内容が含まれているかもしれない。しかし、歴史的事実には多面的な性格があり、歴史の真実に忠実であろうとすれば、ある種の「歯切れの悪さ」を抱え込まざるを得ないということを私たちは大切にしたいと思う。

しかし、これって品切れ・重版未定なのだ。そこで、復刊ドットコムで復刊リクエストを出した。よかったら、リクエストにご協力お願いします。(要ユーザー登録)

こっちは、100票集まると、復刊のために出版社と交渉してくれる、ということなのだが、岩波書店に直接リクエストする方法もある。どっちかというと、こっちのほうが早いと思うんだけど、住所氏名を入力するようになっているので、それでも構わんよ、という方は、こちらでお願いします。

さっきやってみたら、Firefox ではうまく動かなかったので、IE エンジンのブラウザでどうぞ。

岩波って、サイト上の「日本の戦後60年」という特集で、この本も紹介してるのに、品切れはひどいなぁ。

2007-09-08

[]来日決定!

昨年は、11月下旬のライブの発表があったのが8月頭だったので、いったいいつ日本公演が発表になるんだろう? と思っていたが、やっと情報が出た。

ソンシギョンPP’07 AUTUMN

会場: 昭和女子大学 人見記念講堂 

日時: 2007年11月4日(日) 17時開場/18時開演

料金: 全席指定 6,800円(税込) (4才以上有料)

一般発売開始:10月7日

軍隊行く前に日本に来る、という言葉をちゃんと守ってくれたわけだ。

「PP」というのは、"Premium Party" のことで、春と同じく、歌とトークで構成される、ということらしい。お値段も今回も抑えめ。日本公演はしたいけど、韓国公演とは別枠で準備せねばならず、スケジュール的にたくさんの曲を練習することができないから、曲数は少ないけど、その分お安くしとくよ、ということだと、勝手に解釈している。

ぼったくりと悪名高いいわゆる韓流スターのまねをせず、リーズナブルな価格設定にしてくれるのは、たいへんありがたい。シギョンくんはもちろん、所属会社も日本でぼろもうけしようなんて考えてないということだろう。

しかし、ぜいたくを言ってはいけないと思うが、たった1公演というのはどうなの? 関東関西2公演ずつやっても、満員になるだろうに。ペイするかどうかよりも、スケジュールの問題なのかしら。

大阪の追加公演が発表になることを、ソウルの方角に祈っておこう。

2006-10-12

[] 日本版ベストアルバム

『季節が戻ってくるように 〜Sung Si Kyung Greatest Hits』

 11月22日発売!

  『春のワルツ』挿入歌「季節が戻ってくるように(日本語Ver.)」ほか14曲

    HMVMusic NAVI新星堂 ほかで予約受付中

2006-08-07

[ソン・シギョン]11月来日決定!

3月の公演から半年もたたないのに、次の来日公演決定のニュースが飛び込んできた。

ソン・シギョン LIVE HOUSE TOUR in Japan

うわー。今年中にまたシギョンくんに会えるとは、まったく思ってなかった。しかも、今回は東京だけではなく、初の大阪公演も。

なんとか、東京は2公演見たい! それが無理でも、ぜったい1日は見るぞ。やっぱりこうなったら、シカオちゃんのほうは、見送りかなぁ。

うちの高校生に聞いてみたら、「行く」という返事だった。親子でライブ行くのって、初めてかな。CD 貸すから、しっかり予習してね。

2006-04-03

[]メーリングリスト立ち上げました

シギョンくんのファンの集まりというと、いまある程度人数がいるのは日本ファンクラブ と、mixiソンシギョン コミュニティだと思う。mixi のほうは、わたしが管理しているのだが、単独コンサートの前後から人数がかなり増えている。でも、mixi はだれでも入れるわけではないし、ファンの集まりの場としては、敷居が高い。以前から非公開でやっている はてなの SSK グループは、ある意味、mixi よりもっと敷居が高い。

シギョンくんのファンだけど、ファンクラブに入るほどではないという人、または入りたいけど、募集期間が短いのでまだ入れないでいる人などが集まる場所がほしいなぁ、と考えていたところに、既存のソンシギョン ML が活動停止することもあり、新しくメーリングリストを立ち上げた。これに伴い、はてなの SSK グループのほうは、メーリングリストに移行することにした。移行といっても、その気のあるメンバーの方は、新たに ML に join してください、というだけのことなのだが。

ということで、シギョン話を中心に、K-POP や韓国映画、さらにメンバーの近況など、雑談、脱線、いろいろありの、ゆるーい場にしていけたらなぁ、と考えている。ファイルや写真を登録したり、チャットの機能などもあるので、おいおい活用していきたい。

興味のある方は、このメールアドレスに空メールを送り、自動応答で届いたメールに返信すれば、参加完了です。とくに承認は必要なく、もちろん、参加するのもやめるのも自由。

ということで、シギョンファンの方、ちょっと興味あるなぁという方、参加資格もなにもありませんので、お気軽にどうぞ。

Connection: close