GREEN FIELDから

遊び人が書く、行き当たりばったり日記。
<< 2016/07 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カレンダー

最新タイトル

2016-07-17
[農林水産大臣賞典第20回マーキュリーカップ]
パソコンの調子が昨日から悪いため
[農林水産大臣賞典第13回ジャパンダートダービー]
[16スターライトカップ、スポーツニッポン杯第39回サマーカップ]
[農林水産大臣賞典第39回帝王賞]
2016-06-25
 

2016-07-17

MUSIC NIGHTの再放送聴くの忘れてた…

特集選曲良かったんだよな…

8月11日に同じ特集でもう1回やってくれないかな…

[]

◎:9  (大井ケイアイレオーネ (的場文男大井))

〇:3  (JRAマイネルバウンス  (丹内祐次JRA))

▲:8  (大井ユーロビート   (吉原寛人金沢))

△:1  (船橋タイムズアロー  (真島大輔大井))

△:10 (JRAマイネルバイカ   (柴田大知JRA))

☆:11 (船橋)クラージュドール  (デムーロJRA))

JRA勢のメンバーが手薄で南関勢にもチャンスが巡ってきた。

本命ケイアイレオーネ大井記念の勝ち方から帝王賞に出ても掲示板が期待出来た馬。左回りよりも急坂が課題だが、今の勢いからして外せない。

対抗にマイネルバウンス。展開に左右される所があるが広いコースに変わるのは歓迎でJRAでは掲示板前後続くもここなら一気に浮上。逆転も期待出来る。

昨年の覇者ユーロビートは勝ち切れない競馬が続くもDGでも上位争いをしており、昨年のように吉原が上手く乗れば連覇も

タイムズアローは昨年4着も2着のソリタリーキングと差が無かった。頭で狙うのはどうかも連に来る可能性は残されているだけに2着・3着狙いで。

マイネルバイカ掲示板に入るまでの成績が続くも川崎記念ホッコータルマエサウンドトゥルーと0.8秒差の競馬だった事からまだ見限れない。頭あっても。

デムーロ騎乗するクラージュドールはマイネルバイカストリングサウザーに先着したダイオライト記念評価ケイアイレオーネユーロビートとは差があるがこの馬も上位に入る可能性は残されている。こちらも2着・3着狙いで。

新聞で印が打たれている馬では他に道営のナムラビクターJRAソリタリーキングストロングサウザーがいるが、ナムラビクター帝王賞で7着に入るも昨年の東京大賞典5着だった時の状態までは遠く及ばず、復調しつつはあるが掲示板までか。

ソリタリーキングはDGでは常に上位争いも3年前のこのレース最後に勝ち星が無く、鉄砲実績はあるが衰えも含めて掲示板を外す可能性も。

ストロングサウザー佐賀記念の後の2走の内容が不満。佐賀記念の内容からここならもっとやれそうだが…

2016-07-13 パソコンの調子が昨日から悪いため

携帯からJDDの予想。

ゴールドドリーム、○バルダッサーレ、▲ケイティブレイブ、△ダノンフェイス、キョウエイギア、☆ストロングバローズ

2016-07-12

[]

7月13日

大井11レース 農林水産大臣賞典第13回ジャパンダートダービーJpnI・3歳)

2000メートル外回り20:10発走


 1 1 サブノクロヒョウ  56  柏木健宏 (阪本一栄) 牡3 東京ダービー7着

 2 2Jダノンフェイス   56J 岩田康誠 (大久保龍志)牡3 ユニコーンステークス6着

 3 3 タービランス    出走取消

 4 4笠キタノアドラーブル 54名 大畑雅章 (栗本陽一) 牝3 日刊スポーツクイーンカップ4着

   5 モリデンルンバ   56  矢野貴之 (坂本 昇) 牡3 東京ダービー11

 5 6Jゴールドドリーム  56J 川田将雅 (平田 修) 牡3 ユニコーンステークス1着

   7Jキョウエイギア   56J 戸崎圭太 (矢作芳人) 牡3 鳳雛ステークス1着

 6 8 バルダッサーレ   56金 吉原寛人 (中道啓二) 牡3 東京ダービー1着

   9Jストロングバローズ 56J デムーロ (堀 宣行) 牡3 ユニコーンステークス2着

 7 10名カツゲキキトキト  56名 木之前葵 (錦見勇夫) 牡3 愛知県知事東海ダービー1着

   11ノーモアゲーム   56J 内田博幸 (浅野洋一郎)牡3 ユニコーンステークス10

 8 12 キーパンチャー   56  笹川 翼 (阪本一栄) 牡3 サンケイスポーツ優駿スプリント6着

   13Jケイティブレイブ  56J 武  豊 (目野哲也) 牡3 兵庫チャンピオンシップ1着

[] 09:45

まずは今日大井のメインの準重賞の16スターライトカップから

◎:8 コンドルダンス(森 泰斗

〇:7 マルカンパンサー的場文男

▲:5 バースフォンテン(本田正重)

△:3 ミヤジマッキー赤岡修次

△:13 アントニオピサ(柏木健宏

☆:10 ジョーラプター坂井英光

人気馬にも不安要素が多くスンナリと決まりそうも無い一戦。

本命コンドルダンス。暖かくなってからさらに成績を挙げて来ており、近5走でも1勝2着2回を記録。

最近は千二・千四と短距離戦を使われてきたが千六でも安定した成績を残しているだけにこのメンバーなら今回も上位争いに。

対抗にマルカンパンサー休み明けの前走はコンドルダンスから3馬身離されるも今回は上積みが見込める事や鞍上が4勝挙げている的場に乗り代わる事から好勝負が期待出来る。

バースフォンテンは昇級戦もこのメンバーならやれそう。7回騎乗して4勝の本田騎乗で穴を開けたい。

ミヤジマッキー転入前もJRAオープンでそこそこの着順を記録し、転入初戦は4着とまずまずの内容。今回は自己条件になるが、右回りでの成績が良くない事からそれを克服出来るかが課題

人気になりそうなプリンセスバリューは前走京成盃グランドマイラーズでレガルスイの、走前のしらさぎ賞ではララベルの2着と好走しているが、地元での成績が微妙な事から馬券圏内から外れてもおかしくない。左回りなら絶対的な軸もここは…


続けて明日笠松のメインの重賞サマーカップ。

◎:6 (兵庫アドマイヤロイヤル大山真吾(兵庫))

〇:9 (兵庫)マルトクスパート川原正一兵庫))

▲:8 ホッコージョイフル吉井友彦)

△:2 トップフライアー今井貴大)

△:7 サルバドールハクイ(東川公則)

兵庫での移籍初戦を快勝したアドマイヤロイヤルが有力。

今の東海古馬のレベルを考えればここでも快勝してもおかしくない。

JRA重賞戦線活躍した力を見せ付け3年ぶりの重賞制覇なるか。

マルトクスパート笠松コースは初ながらも東海桜花賞を勝っている事から力は上位の存在アドマイヤロイヤルにどこまで差を詰められるか。

地元勢では前走東海クラウンを快勝したホッコージョイフルを3番手に。JRA時代も含めて安定した成績が持ち味で重賞でも地元なら崩れる事は無さそう。

サルバドールハクイは前走の内容が不満。巻き返せれば兵庫勢の牙城を崩す事も可能だが。

2016-06-28

[]

6月29日

大井11レース 農林水産大臣賞典第39回帝王賞JpnI

2000メートル外回り20:10発走


△ 1 1J アスカノロマン   57J 太宰啓介 (川村禎彦) 牡5 平安ステークス1着

▲ 2 2J ノンコノユメ    57J ルメール (加藤征弘) 牡4 かしわ記念4着

△ 3 3J コパノリッキー   57J 武  豊 (村山 明) 牡6 かしわ記念1着

  4 4J アムールブリエ   55J 浜中 俊 (松永幹夫) 牝5 平安ステークス8着

  5 5  ナリチュウドラゴン 57  赤岡修次 (岡野尚光) 牡6 デイリー大井記念4着

    6  ジャルディーノ   57  真島大輔 (荒山勝徳) 牡7 デイリー大井記念5着

〇 6 7J サウンドトゥルー  57J 大野拓弥 (高木 登) 騙6 かしわ記念5着

    8兵 リワードレブロン  57兵 寺地誠一 (雑賀伸一郎)牡8 オグリキャップ記念2着

  7 9  ユーロビート     57金 吉原寛人 (渡邉和雄) 騙7 デイリー大井記念3着

◎   10J ホッコータルマエ  57J 幸 英明 (西浦勝一) 牡7 ドバイワールドカップ9着

  8 11北 ナムラビクター   57北 服部茂史 (田中淳司) 牡7 楽天競馬杯赤レンガ記念9着

☆   12J クリソライト     57J 川田将雅 (音無秀孝) 牡6 平安ステークス3着

<<  

上半期のダート競馬の総決算となる今年の帝王賞地方勢に上位に食い込めるような馬がいなくJRA勢が掲示板独占の可能性がかなり高い一戦となった。

そのJRA勢は帝王賞3連勝を目指すホッコータルマエを始め、去年の東京大賞典を勝ったサウンドトゥルーかしわ記念覇者コパノリッキー異次元の末脚が魅力のノンコノユメ、急成長中のアスカノロマンエンプレス杯覇者アムールブリエ、昨年2着のクリソライトと強力なメンバーが揃い上位混戦に。

◎:ホッコータルマエ…去年と同じ川崎記念ドバイワールドカップのローテーションでここに挑んで来た。7歳に加えドバイワールドカップで見せ場を作れなかった事から衰えが出て来ている様に見えるが、それでも川崎記念サウンドトゥルーとの叩き合いを制したように勝負根性はまだまだ衰えてなく3連勝を目指す。不良馬場は3戦して2勝3着1回の成績で問題無さそう。

〇:サウンドトゥルー…去年の東京大賞典覇者。前走かしわ記念距離が影響したか5着に敗れたが、その前の川崎記念ではホッコータルマエと激しい叩き合いを演じた事から距離が伸びたここは勝ち負けに持ち込める。不良馬場で未勝利なのがどうかだが、本格化した今なら。

▲:ノンコノユメチャンピオンズカップフェブラリーステークス連続して2着した後に挑んだかしわ記念は末脚不発で4着。今度は広い大井コースに変わる事で強烈な末脚を発揮して逆転を狙う。不良馬場はJDDで走っており問題無さそう。

△:アスカノロマン…前走平安ステークス圧勝東海ステークス優勝、アンタレスステークスアウォーディーと僅差の2着、フェブラリーステークス3着と勢い付いている。同型に強力なのがいる事や過去に不良馬場で3着、4着だった事から馬場がどうかだが、今の勢いから見限れない。一線級相手にどこまで粘りこめるか。

△:コパノリッキー…前走かしわ記念圧勝し同レースを連勝。JpnIGI)6勝目を挙げた。この距離ではアテにしにくい所があるが、不良馬場で全て連対している事からもこちらも軽視出来ない。頭でも狙える。

☆:クリソライト…昨年のこのレース2着。3月ダイオライト記念を勝っているが、その前後の着順が微妙な事や今回は相手が強力な事から逆転は考えにくい。3着狙いまでか。

…:アムールブリエダート界で今をときめくヘヴンリーロマンスの産駒でラニの半姉、出ていたら勝ち負けの存在だったアウォーディーの半妹で同馬もエンプレス杯連覇、BGCと名古屋グランプリで1着、川崎記念で3着の実績を持っている。名古屋グランプリの内容から牡馬相手でも通用しそうだが、川崎記念ホッコータルマエサウンドトゥルーから離された上にさらに相手強化、大井コースで2戦して共に4着な事からこのメンバー相手では馬券圏内に加われるかは微妙な所。一族の名を掛けて少しでも上位に来たい所。人気が落ちただけに穴党はこの馬の3着を狙っても。

…:ナリチュウドラゴンB2クラスからの挑戦で前走大井記念は4着も勝ったケイアイレオーネからは1秒2離されている。2歳時にはハイセイコー記念でソルテの3着に入った事があるも自己条件戦でも勝ち切れないだけにこの強力なメンバーでは見せ場も作れない。静観妥当

…:ジャルディーノ…昨年8月から今年の金盃まで5連勝と一気に力を付けて来たように見えたが、前走の大井記念で5着で勢いが止まる。南関馬相手なら上位争いも今回は一線級が揃いまくっただけに掲示板に入れるかどうか。7歳だが大事に使われているだけに南関の重賞戦線ではまだまだやれる。とりあえずここは見せ場を作りたい所。

…:リワードレブロン…このレース兵庫移籍後初のレース。その前は高知所属交流重賞に多く出走し、去年のオグリキャップ記念を優勝するなど地方屈指のステイヤーとして知られているが、ダートグレードでは15戦して5着が最高なだけにここは静観が妥当

…:ユーロビート…去年のマーキュリーカップの後は勝ち切れない成績が続くもダイオライト記念3着などJRA相手でもやれる力はあるが、去年4着の時よりさらに相手が揃い、JBCクラシック6着、東京大賞典10着だった事から昨年のような結果は望めないか。JRA勢の掲示板独占阻止するならこの馬だが果たして

…:ナムラビクターJRA時代は14年アンタレスステークスを勝ち、チャンピオンズカップで2着とダートの強豪として名を馳せた。常に上位争いを演じてきたが、チャンピオンズカップ以降は一気に衰え、ホッカイドウ競馬移籍してからの2戦も冴えない内容のレースが続き、2走前のコスモバルク記念でウルトラカイザーオヤコダカに付いて行けずに直線で脚が上がり脱落した事からさらに上がりが速くなるJRA相手では今の状況では全く期待出来ない。ここを使って向こうで復活する事を期待したいが…

2016-06-25

電車が止まらなければこれから夜まで移動しまくりの旅


宝塚記念

◎:3 キタサンブラック (武 豊)

〇:9 ドゥラメンテ   (デムーロ

▲:5 シュヴァルグラン (福永祐一

△:7 ラブリーデイ   (ルメール

△:8 ステファノス   (戸崎圭太

☆:16 マリアライト   (蛯名正義

道悪必至なだけに上位崩れる可能性あり。

ドゥラメンテ海外帰りがどうか。またスタミナが要求される馬場になった場合はこの後のローテーションが大幅に変わる可能性も。

複勝

4 ワンアンドオンリー田辺裕信

6 ラストインパクト (川田将雅

10 カレンミロティック(T・ベリー)

15 サトノクラウン  (岩田康誠

17 ヤマカツエース  (池添謙一