GREEN FIELDから

遊び人が書く、行き当たりばったり日記。
<< 2016/06 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カレンダー

最新タイトル

2016-06-25
[第44回一條記念みちのく大賞典(ルーラーシップ賞)、第44回高知優駿(黒潮ダービー)予想]
2016-06-17
[東海クラウン、第17回大日本プロレスカップ予想]
[京都旗工芸杯第19回かきつばた賞予想]
[関東オークス、兵庫ダービー(ゼンノロブロイ賞)予想]
謎の中毒性
[第62回東京ダービー(ヴィクトワールピサ賞)]
 

2016-06-25

電車が止まらなければこれから夜まで移動しまくりの旅


宝塚記念

◎:3 キタサンブラック (武 豊)

〇:9 ドゥラメンテ   (デムーロ

▲:5 シュヴァルグラン (福永祐一

△:7 ラブリーデイ   (ルメール

△:8 ステファノス   (戸崎圭太

☆:16 マリアライト   (蛯名正義

道悪必至なだけに上位崩れる可能性あり。

ドゥラメンテ海外帰りがどうか。またスタミナが要求される馬場になった場合はこの後のローテーションが大幅に変わる可能性も。

複勝

4 ワンアンドオンリー田辺裕信

6 ラストインパクト (川田将雅

10 カレンミロティック(T・ベリー)

15 サトノクラウン  (岩田康誠

17 ヤマカツエース  (池添謙一

2016-06-18

[]

まずはみちのく大賞典から

◎:4 コミュニティ山本政聡)

〇:6 メテオライト(山本聡哉)

▲:1 ミラクルフラワー村上 忍)

△:3 オメガスパーキング菅原俊吏)

岩手競馬の大一番はナムラタイタン回避してコミュニティ一強モード

そのコミュニティナムラタイタンがいない事で連覇濃厚となった。連勝中のミラクルフラワーなど勢いのある馬が出てくるが、それでも力の違いを見せ世代交代はさせないだろう。

相手筆頭にメテオライト。JRA1000万から転入初戦はミラクルフラワークビ差の2着に敗れたが、転入前の成績から一度使われた事でさらに内容の良いレースが期待出来る。コミュニティ相手にどこまで差を詰められるか。

連勝中のミラクルフラワーは5走前の内容からこの距離大丈夫コース相性ではコミュニティを上回るだけにそれを活かして逆転を狙う。

オメガスパーキングは前走を評価相手揃うも内容が良化しているだけに2着争いで楽しみがある。


高知優駿

◎:10 ディアマルコ佐原秀泰)

〇:4  セイエスパーニャ(吉原寛人金沢))

▲:9  ハルフェスタ西川敏弘)

△:1  ナガラスマイル(岡村卓弥)

△:7  モヒカン永森大智)

☆:5  キューバンボーイ(宮川 実)

ここは全国区の力を持つディアマルコが断然か。

前走のじぎく賞ではGDJ3歳シーズン優勝のクラトイトイトイとの競り合いを制して重賞初制覇を遂げた。逆転優勝の可能性があった関東オークス回避してここに出て来ただけに負けは許されない。

対抗にダービーweek完全騎乗を果たした吉原のセイエスパーニャ。JRA未勝利から転入後7戦4勝2着3回と全て連対果たしており、前々走は黒潮皐月賞で2着、前走はC2・C3戦を圧勝したことからこの世代ではトップクラスの力を持っている。名手吉原騎乗で逆転あるか。

ハルフェスタ黒潮皐月賞は4着に敗れるも前走C1戦を快勝しており、力・実績上位なだけに黒潮皐月賞よりさらに上の着順も期待出来る。

JRA未勝利から転入後3連勝中のナガラスマイルも重賞初挑戦であるが差は無い。千八で2.3秒差ならこの距離対応出来そうで上位争い可能だ。

2016-06-17

行きたいプロレス興行大井競馬が立て続けに被る

[] 09:39

緊急で今日笠松準重賞東海クラウン園田大日本プロレスカップを予想。

まずは東海クラウンから

◎:4 サルバドールハクイ(東川公則)

〇:2 ビービーガザリアス藤原幹生)

▲:5 マヤリュウジン山田祥雄)

△:3 ホッコージョイフル吉井友彦)

JRAOP特別2勝で13年スプリンターズステークス3着のマヤリュウジンの再転入初戦。

笠松での出走は10年の岐阜金賞以来5年5ヵ月半ぶりとなる。

名古屋時代金沢重賞MRO金賞などを勝ち、名古屋では8戦全勝だが、笠松では2走して3着、6着なだけに久々のダートよりもコース課題

本命サルバドールハクイは東海クラウンを連勝しており、東海桜花賞で3着に入っているだけにここも軸は揺るがない。

ビービーガザリアスはムラあるも去年のオグリキャップ記念2着の実績あるだけにここも上位争いへ

ホッコージョイフルは格上挑戦も4走前を評価


続けて第17大日本プロレスカップは

◎:10 マイアリエス川原正一

〇:6 アドマイヤロイヤル大山真吾)

▲:1 マークスマン(木村 健)

△:5 コパノジョージ(下原 理)

△:7 クインズハリジャン(松浦政宏)

☆:4 ヒミノオオタカ(杉浦健太

13年のプロキオンステークス覇者で長らく重賞戦線活躍してきたアドマイヤロイヤル転入初戦。

最近大敗続きもこのメンバーならいきなりがありそうで頭から買える。

本命マイアリエス。このメンバーの中で前走唯一馬券圏内(1着)に入り、引き続き相性の良い川原騎乗で連勝狙える。

兵庫ダービー3連覇を達成した木村騎乗マークスマンは前走スタート後に挟まれたのが影響して大敗もその前までの成績からまともなら逆転も

[]

◎:8 ブレイズトレイル村上 忍)

〇:11 ブレイクビーツ齋藤雄一)

▲:6 ダイワマッジョーレ山本聡哉)

△:3 マイネルコランダム菅原俊吏)

△:9 ロケットボール(陶 文峰)

☆:5 ドリームバスケット坂口裕一)

サラブレッドオークションで1700万円で落札され注目を集めている元JRAGII勝ち馬ダイワマッジョーレ転入初戦。

このレースにはOP活躍したブレイズトレイルドリームバスケット、準OPにいたブレイクビーツなど好メンバーが揃った。

本命ブレイズトレイル転入初戦のOP特別圧勝して力の違いを見せた。神戸新聞杯で二四を経験しており、2000で勝っている事から距離は克服できる。

ブレイクビーツ移籍初戦は初めての短距離戦で惨敗もここなら巻き返しが可能。強いのがいるが逆転可能で頭から狙っても

ダイワマッジョーレ最近は短距離中心に使われて来たが、金鯱賞2着など中距離戦でも実績がありこの距離もこなせそう。ただ、馬場が悪くなったほうが走るだけに馬場ポイントか。

2016-06-14

[]

まずは関東オークスから

◎:4 (JRAブライトリビング田辺裕信JRA))

〇:13 (JRAタイニーダンサー戸崎圭太JRA))

▲:5 (JRA)ディーズプラネット勝浦正樹JRA))

△:6 (JRA)アルセナーレ(大野拓弥JRA))

正直このレース地方勢のレベルが酷過ぎてJRA勢が上位を独占する可能性が高い。

本命ブライトリビング新馬戦の内容からこの距離はこなせる。500万勝ち上がってからの挑戦も上位争い期待。

タイニーダンサーJRA移籍してからの2戦が案外も川崎コースに変わって変化を期待してこの印に。もし、ここで結果を残せなかったら今後はかなり厳しくなりそう。

ディーズプラネットOP勝ちがあり実績上位も脚質微妙。ただ、前行く競馬も出来るだけに出来ればそれでやってくれれば。

アルセナーレも脚質とコース微妙。どこまで粘れるか。

地方勢で上位に入り込むとしたらラブミーチャン記念の覇者東京2歳優駿牝馬3着のミスミランダー、左回り克服が課題も着実に力をつけているワカチナ、前走交流特別圧勝エメンタールベルン辺りか。


兵庫ダービー

◎:2 マイタイザン(杉浦健太

〇:12 ハタノキセキ(下原 理)

▲:5 タケマルビクター田中 学)

△:6 ノブタイザン(木村 健)

△:8 ケンキャクハーバー吉原寛人金沢))

☆:11 エイシンニシパ(吉村智洋

地元相手なら負け無しのマイタイザンの相手探しになりそうだが、休み明け2走目でコロッと負ける可能性も秘めている。

成長著しい鞍上の杉浦健太ビッグタイトルの大チャンスなだけに何とか物にして欲しい所。

相手筆頭にハタノキセキ。転入後は7戦4勝3着3回。道営時代にモリデンサンバ、サプール、ザウアーを倒しているだけに逆転する力はある。

タケマルビクター菊水賞シュエットハナ差の2着と惜敗で地元相手なら上位。

ノブタイザンは休み明け後の2戦の内容が良くないも2歳時の実績から完全復調すれば好勝負

今回のダービーウィーク全レース騎乗となる吉原騎乗ケンキャクハーバーは力をつけている事や吉原騎乗で不気味。

2016-06-07 謎の中毒性

演歌百撰とテレビ東京フィラー枠は何故か謎の中毒性がある。

[]

6月8日

大井11レース 第62回東京ダービーヴィクトワールピサ賞・SI・3歳)

2000メートル外回り20:10発走


△1 1 ディーズプリモ   54高 赤岡修次 (内田勝義) 牝3 日刊スポーツ東京湾カップ1着

☆  2 ガーニーフラップ  56  中野省吾 (稲益貴広) 牡3 日刊スポーツ東京湾カップ2着

  2 3 モリデンルンバ   56  矢野貴之 (坂本 昇) 牡3 日刊スポーツ東京湾カップ5着

    4 グランユニヴェール 56  笹川 翼 (米田英世) 牡3 羽田盃5着

△3 5 トロヴァオ      56  本田正重 (荒山勝徳) 牡3 羽田盃2着

◎  6 バルダッサーレ   56金 吉原寛人 (中道啓二) 牡3 3歳500万下1着

  4 7 アンサンブルライフ 56  的場文男 (小久保智) 牡3 羽田盃9着

    8 ラブレオ       56  出走取消

  5 9 サブノクロヒョウ  56  柏木健宏 (阪本一栄) 牡3 羽田盃4着

    10 モダンウーマン   54  山崎誠士 (佐々木仁) 牝3 東京プリンセス賞3着

  6 11 ジャーニーマン   56  真島大輔 (内田勝義) 牡3 羽田盃3着

    12 プレイゲーム   56  左海誠二 (林 正人) 牡3 日刊スポーツ東京湾カップ3着

〇7 13 リンダリンダ     54北 桑村真明 (荒山勝徳) 牝3 東京プリンセス賞1着

    14 スアデラ       54J 戸崎圭太 (佐藤裕太) 牝3 東京プリンセス賞2着

▲8 15 タービランス     56  森 泰斗 (水野貴史) 牡3 羽田盃1着

    16 ウワサノモンジロウ 56  楢崎功祐 (岡田一男) 牡3 日刊スポーツ東京湾カップ8着

1冠目の羽田盃はタービランスがトロヴァオとの接戦を制して京浜盃に次いで重賞連勝としたが、勝ち方があまり強くなかった上に今回は別路線から伏兵が揃った。

雨予報になっているが、馬場はそんなに悪化しないだろう。

◎:バルダッサーレ…前走4月30日東京の500万を快勝。JRAでもやれる力はあるが今になって転入して来たのを見るとこのレースJRA在籍時よりも出走しやすくなるJDDが目標だろう。ダートに移ってから3戦2勝で敗れた唯一のレースも僅差での入線だから今年の南関3歳のレベルを考えれば勝ち負けに持ち込める。同じ生産者・同じ馬主兵庫チャンピオンシップで3着に入った後に大井移籍し、東京ダービーで2着に入ったプーラヴィーダを越えられるか。

〇:リンダリンダ東京2歳優駿牝馬から桜花賞までモダンウーマンに敗れて来たが、ついに前走の東京プリンセス賞で逆転を果たした。血統から距離不安があるモダンウーマンと比べて東京プリンセス賞の内容も含めこちらの方が牡馬相手でも互角にやれそう。今年の南関の3歳牝馬の方はレベルが非常に高く混合でも好勝負を演じられると言われて来ただけにそれを証明させられるか。

▲:タービランス…京浜盃羽田盃重賞連勝中。着差は大きくないが勝負根性があるだけに接戦を制す可能性十分。後続を上手く封じ込めて二冠達成なるか。

△:ディーズプリモ…牝馬だが牝馬路線を歩まずに混合戦で戦ってきた。3戦無敗で挑んだクラウンカップで3着に敗れた後に挑んだ前走東京湾カップを制し重賞初制覇を飾った。今回は初の右回りで直線が長い大井コースと条件は厳しくなるが逃げに強い赤岡騎乗と素質の高さでカバーしてアッと言わせたい。アジュディミツオーに次いで2頭目の東京湾カップ馬のダービー制覇を狙う。

△:トロヴァオ…△評価であるが、いつ逆転してもおかしくない。久々のレースとなった羽田盃で接戦を演じ、さらに上積みが見込まれる事から逆転の可能性十分。先月27日に急死した父カネヒキリに捧げる勝利を挙げられるか。

☆:ガーニーフラップ…3連勝でクラウンカップを制し、前走東京湾カップは2着。今回は鞍上中野に戻るが、穴馬に強い事や息の長い脚を持っている事から人気薄でも注意。ただ、頭よりも2着・3着向けか。

…:モリデンルンバ…今年のニューイヤーカップ覇者。それ以来となった前走の東京湾カップは5着。一度使われて上積み見込めるも二千は少し長いか。こなせばそこそこはやれそうだが。

…:グランユニヴェール大井コースは3-3-2-1の成績で重賞でも常に上位争いして来た。しかし、前走羽田盃で5着に敗れたのが気になる所。3着のジャーニーマンからもやや離されているだけにさら相手が揃ったここでは掲示板外す可能性も。馬体がさらに減っていたらさら危険

…:アンサンブルライフ…50代最後、35回目の東京ダービー挑戦となる的場文男騎乗で注目集めているが、この馬はマイルまででこの距離が長過ぎる。京浜盃は何とか見せ場を作っていたが、距離が伸びた京浜盃で大きく離され見せ場を作れず。さすがにここは静観が妥当か。的場文男東京ダービー制覇は60代に持ち越しへ。

…:サブノクロヒョウ…2走前の京浜盃を除いては重賞準重賞では全て掲示板に入っている。着順で見れば安定感はありそうも実際は勝ち馬からかなり離されており、前走の羽田盃も3着のジャーニーマンからは0.4秒離されている。3着狙いならこのメンバーでも買えるが1着・2着では買えない。もう一押し欲しい所。

…:モダンウーマン…去年の2歳女王は年が明けてからユングフラウ賞桜花賞重賞を連勝して。牝馬二冠を目指して挑んだ東京プリンセス賞は馬が掛かってしまい、結果は勝ったリンダリンダから1秒離された3着。馬の気性が悪くなってきた事や血統からこの距離微妙マイルまでなら牡馬相手でも勝ち負けの争い出来るが、この距離では…

…:ジャーニーマン…前走の羽田盃も含め重賞では3度の3着がある。天気がどうかも上位に入る力はあるだけに3着狙いで行くなら。馬場が悪くなった場合は割引。

…:プレイゲームクラウンカップで2着、東京湾カップで3着があるが、いずれも力負けという印象が強く、ガーニーフラップから離されている点からさら相手が揃ったここでは掲示板までか。3歳1組戦で勝ち切れていない事やハイセイコー記念大敗したのも割引材料

…:スアデラ…5戦連続重賞挑戦で前走の東京プリンセス賞は2着。リンダリンダからはやや離されてたが馬場が少しでも悪くなればこの馬にも馬券圏内に入るチャンスが出てくる。良だと割引だが、それ以外の馬場なら狙い。

…:ウワサノモンジロウ…2走前に大井コースで勝っているが、重賞ではクラウンカップ11着、東京湾カップ8着と全く見せ場が無く、さら相手が揃ったここは静観が妥当