スマートフォン用の表示で見る

皐月賞

スポーツ

皐月賞

さつきしょう

日本中央競馬会JRA)が中山競馬場の芝2000mで4月中旬に施行する中央競馬重賞GI)競走。

出走条件はサラブレッド系3歳牡馬・牝馬(国際)(指定)。繁殖馬の選定のためせん馬は出走不可。負担重量は定量(牡馬57kg、牝馬55kg)。1着賞金は9700万円(2014年)。

東京優駿日本ダービー)、菊花賞とともに牡馬クラシック三冠競走、及び五大クラシック競走のひとつに数えられる。ダービーが「最も運のある馬が勝つ」、菊花賞が「最も強い馬が勝つ」と言われるのに対し、皐月賞は「最も速い馬が勝つ」と言われている。


1939年イギリス競馬クラシック競走の第一弾、2000ギニーを範として創設された。創設時の名称は「横濱農林省賞典4歳呼馬」、1944年のみ「農商省賞典4歳」、1947年から「農林省賞典」、1949年から「皐月賞」の呼称となった。現在は第3回中山競馬8日目のメインレースとして行われている。1984年グレード制導入とともにGIに格付け。2007年の日本のパートI国昇格により、グレード表記がJpnIに変更されたのち、2010年に国際格付けのGIに改められた。

かつては内国産馬のみに出走資格があったが、2002年から外国産馬に2頭までの出走枠が開放され、2008年には最大7頭まで出走枠が拡大された。2010年から国際競走に指定され、外国調教馬は外国産馬と合わせて9頭まで出走可能とななり、2013年から外国調教馬は9頭まで出走が認められた。

トライアル競走として、弥生賞GII)とスプリングステークスGII)で3着以内、若葉ステークス(オープン)で2着以内に入着した馬には、本競走への優先出走権が与えられる。その他のステップレースとしては、毎日杯GIII)、共同通信杯GIII)、きさらぎ賞GIII)、京成杯GIII)などが挙げられる。

本競走の上位4頭までの入着馬には東京優駿への優先出走権が与えられるほか、2着以内に入賞した地方所属馬にはNHKマイルカップGI)の出走資格が付与される。皐月賞後は、距離適正を考慮して、2400mで施行される東京優駿ではなく、1600mで施行されるNHKマイルカップに向かう馬もいる。

歴代優勝馬一覧

回数施行日施行距離優勝馬性齢騎手
第1回1939年4月29日横浜 芝1850ロツクパーク?牡3稲葉幸夫?
第2回1940年5月5日横浜 芝1850ウアルドマイン?牡3野平省三?
第3回1941年3月30日横浜 芝1850セントライト牡3小西喜蔵?
第4回1942年4月5日横浜 芝1850アルバイト牡3小西喜蔵?
第5回1943年4月11日東京 芝1800ダイヱレク?牡3中村広?
第6回1944年5月21日東京 芝1800クリヤマト?牝3境勝太郎
1945年 中止
1946年 中止
第7回1947年5月11日東京 芝2000トキツカゼ牝3佐藤嘉秋?
第8回1948年5月16日東京 芝2000ヒデヒカリ?牝3蛯名武五郎?
1949年 名称を皐月賞に変更
第9回1949年5月3日中山 芝2000トサミドリ牡3浅野武志?
第10回1950年5月5日中山 芝2000クモノハナ?牡3橋本輝雄?
第11回1951年5月13日中山 芝2000トキノミノル牡3岩下密政?
第12回1952年4月27日中山 芝2000クリノハナ?牡3八木沢勝美?
第13回1953年4月26日中山 芝2000ボストニアン牡3蛯名武五郎?
第14回1954年4月18日中山 芝2000ダイナナホウシュウ牡3上田三千夫?
第15回1955年4月24日中山 芝2000ケゴン?牡3野平好男?
第16回1956年4月22日中山 芝2000ヘキラク?牡3蛯名武五郎?
第17回1957年4月21日中山 芝2000カズヨシ?牡3山本勲?
第18回1958年4月20日中山 芝2000タイセイホープ?牡3渡辺正人
第19回1959年4月19日中山 芝2000ウイルデイール?牡3渡辺正人
第20回1960年4月17日中山 芝2000コダマ牡3渡辺正人
第21回1961年4月16日中山 芝2000シンツバメ?牡3野平好男?
第22回1962年4月22日中山 芝2000ヤマノオー?牡3古山良司?
第23回1963年5月12日東京 芝2000メイズイ牡3森安重勝?
第24回1964年4月19日東京 芝2000シンザン牡3栗田勝
第25回1965年4月18日中山 芝2000チトセオー?牡3湯浅三郎?
第26回1966年4月17日中山 芝2000ニホンピローエース?牡3田所稔?
第27回1967年4月30日中山 芝2000リユウズキ?牡3郷原洋行
第28回1968年5月19日中山 芝2000マーチス牡3保田隆芳
第29回1969年4月20日中山 芝2000ワイルドモア?牡3森安重勝?
第30回1970年4月12日中山 芝2000タニノムーティエ牡3安田伊佐夫
第31回1971年5月2日中山 芝2000ヒカルイマイ牡3田島良保
第32回1972年5月28日中山 芝2000ランドプリンス牡3川端義雄?
第33回1973年4月15日中山 芝2000ハイセイコー牡3増沢末夫
第34回1974年5月3日東京 芝2000キタノカチドキ牡3武邦彦
第35回1975年4月13日中山 芝2000カブラヤオー牡3菅原泰夫
第36回1976年4月25日東京 芝2000トウショウボーイ牡3池上昌弘
第37回1977年4月17日中山 芝2000ハードバージ牡3福永洋一
第38回1978年4月16日中山 芝2000ファンタスト牡3柴田政人
第39回1979年4月15日中山 芝2000ビンゴガルー牡3小島太
第40回1980年4月13日中山 芝2000ハワイアンイメージ牡3増沢末夫
第41回1981年4月12日中山 芝2000カツトップエース牡3大崎昭一
第42回1982年4月18日中山 芝2000アズマハンター牡3中島啓之
第43回1983年4月17日中山 芝2000ミスターシービー*1牡3吉永正人
第44回1984年4月15日中山 芝2000シンボリルドルフ牡3岡部幸雄
第45回1985年4月14日中山 芝2000ミホシンザン*2牡3柴田政人
第46回1986年4月13日中山 芝2000ダイナコスモス牡3岡部幸雄
第47回1987年4月19日中山 芝2000サクラスターオー牡3東信二
第48回1988年4月17日東京 芝2000ヤエノムテキ牡3西浦勝一
第49回1989年4月16日中山 芝2000ドクタースパート牡3的場均
第50回1990年4月15日中山 芝2000ハクタイセイ*3牡3南井克巳
第51回1991年4月14日中山 芝2000トウカイテイオー*4牡3安田隆行
第52回1992年4月19日中山 芝2000ミホノブルボン牡3小島貞博
第53回1993年4月18日中山 芝2000ナリタタイシン牡3武豊
第54回1994年4月17日中山 芝2000ナリタブライアン牡3南井克巳
第55回1995年4月16日中山 芝2000ジェニュイン牡3岡部幸雄
第56回1996年4月14日中山 芝2000イシノサンデー牡3四位洋文
第57回1997年4月13日中山 芝2000サニーブライアン牡3大西直宏
第58回1998年4月19日中山 芝2000セイウンスカイ牡3横山典弘
第59回1999年4月18日中山 芝2000テイエムオペラオー牡3和田竜二
第60回*52000年4月16日中山 芝2000エアシャカール牡3武豊
第61回2001年4月15日中山 芝2000アグネスタキオン牡3河内洋
第62回2002年4月14日中山 芝2000ノーリーズン牡3ブレット・ドイル?
第63回2003年4月20日中山 芝2000ネオユニヴァース牡3ミルコ・デムーロ
第64回2004年4月18日中山 芝2000ダイワメジャー牡3ミルコ・デムーロ
第65回2005年4月17日中山 芝2000ディープインパクト牡3武豊
第66回2006年4月16日中山 芝2000メイショウサムソン牡3石橋守
第67回2007年4月15日中山 芝2000ヴィクトリー牡3田中勝春
第68回2008年4月20日中山 芝2000キャプテントゥーレ*6牡3川田将雅
第69回2009年4月19日中山 芝2000アンライバルド*7牡3岩田康誠
第70回2010年4月18日中山 芝2000ヴィクトワールピサ*8牡3岩田康誠
第71回2011年4月24日東京 芝2000オルフェーヴル牡3池添謙一
第72回2012年4月15日中山 芝2000ゴールドシップ牡3内田博幸
第73回2013年4月14日中山 芝2000ロゴタイプ牡3ミルコ・デムーロ
第74回2014年4月20日中山 芝2000イスラボニータ牡3蛯名正義
第75回2015年4月19日中山 芝2000ドゥラメンテ牡3ミルコ・デムーロ
第76回2016年4月17日中山 芝2000ディーマジェスティ*9牡3蛯名正義

*1:父トウショウボーイ(第36回)と父子制覇を達成。

*2:父シンザン(第24回)と父子制覇を達成。

*3:父ハイセイコー(第33回)と父子制覇を達成。

*4:父シンボリルドルフ(第44回)と父子制覇を達成。

*5:スタート直後、ラガーレグルスがゲートから出られず競走中止

*6:父アグネスタキオン(第61回)と父子制覇を達成。

*7:父ネオユニヴァース(第63回)と父子制覇を達成。

*8:父ネオユニヴァース(第63回)と父子制覇を達成。

*9:父ディープインパクト(第65回)と父子制覇を達成。